Fire HD 10、Fire 7、Kindle、Echo Dotが全部セール対象に!Amazonタイムセール祭り開始!

Pocket

7月24日午前9時から、『Amazonタイムセール祭り』がスタート。事前告知で『Fire HD 10』がセール対象となる事は分かっていました。しかし、他のAmazonデバイスについては何も告げられておらず、今回は『Fire HD 10』のみがセールになる可能性も。しかし、実際にタイムセール祭りがスタートし、売り場を確認すると、とんでもない事に!前回のタイムセール祭りより、セール対象のAmazonデバイスが増えているではありませんか。『Fire HD 10』だけだなんてとんでもない。タイムセール祭りに登場した超人気のAmazonデバイスは以下の通り。

なんと全部で『14モデル』が『Amazonタイムセール祭り』の対象に。Amazonプライムデー並のラインナップ、そして割引額。これではまるで『Amazonデバイス祭り』です。

最も廉価版となるFireタブレットFire 7はたったの3,980円に。3,980円という安さながら、しっかりとAIアシスタントAlexaを搭載。Alexaに対応するスマートホーム用家電もタイムセール祭りでは激安になっているので、組み合わせて使う事で最高のコストパフォーマンスを発揮します。プライムビデオをはじめとした、プライムサービスを、ベッドやソファに寝転びながら楽しむにも最適なサイズ感です。しかし3,980円でタブレットが買える時代。最高ですね!

今回のタームセール祭りの目玉商品となるFire HD 10は、3モデル存在するFireタブレット最上位モデル。唯一FHD解像度に対応し、プライムビデオFHD『1080p』コンテンツを表示する事が可能です。画面を綺麗に表示するだけでなく、デュアルステレオスピーカー立体音響Dolby Atmosをサポート。最高のディスプレイに表示された美しい映像を、臨場感溢れる音楽で盛り上げます。

音声アシスタントAlexaは、音声認識を高める『Showモード』に対応。Fire HD 10スマートスピーカーとして利用することが可能です。また、Playストアをインストールする事でAndroidタブレット化も可能。Androidタブレット化すれば、パソコンの『サブディスプレイ』としてFire HD 10を利用することも。1万円台の高解像度高性能タブレットは、使い方次第でどこまでも進化します。

この3つを知れば、Amazon Fire HD 10が確実に欲しくなる。最も利用頻度の高いガジェットになる可能性大!

続きを見る

長時間読書をしても目を疲れさせない『電子ペーパー』技術を採用した『電子書籍リーダーKindle』は、お手軽版の『Kindle』に加え、様々な自動調整機能を搭載した高解像度防水防塵モデル『Kindle Oasis』もタイムセール祭りの対象に。自粛が必要となる昨今において、お家時間を楽しみつつ、今を『プラス』に変えられる一つが『読書』です。

知識を深める本であったり、大好きな作家の小説であったり、何を読むかは勿論自由。電子書籍リーダーKindleであれば、沢山本を買っても置き場に困る事はありません。この夏に何冊本を読むか目標を定めて、『読書の夏』を謳歌しましょう。

そしてラストはAlexaに対応するスマートスピーカー『Echo Dot』。気温や時間を表示するLEDディスプレイ搭載モデル半額近い安さに。音楽ストリーミングの再生に加え、音声通話にも対応。『Echo Dot』とスマートホーム用家電を組み合わせる事で、スマートホーム化も容易です。『音楽スピーカー』『LED時計』『家電製品を音声操作』など、様々な使い方が出来るスマートスピーカー。まずは1家に1台導入してみる事をオススメします。すると必ず、1部屋に1台欲しくなってしまうでしょう。Amazonタイムセール祭りなら、家族全員分購入しても激安です。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.