Fire 7とFire HD 10をどっちも買わないと最高の動画視聴環境は得られない!今なら2台買ってもお値段1台以下!

Pocket

7月24日午前9時に開始されたAmazonのタイムセール祭り。目玉商品になっているのは、Amazonがメーカーとして販売している『Fire 7』と『Fire HD 10』です。普段値下がりしない、両モデルの強烈な特別割引価格は以下の通り。

通常価格がすでにあり得ない安さの『Fire 7』は3,980円~フルHD解像度を持つ高画質タブレット『Fire HD 10』はなんと10,980円~という驚きの安さ。『Fire 7』と『Fire HD 10』を2台購入しても、『Fire HD 10』の通常販売価格1台分よりも安いという奇跡的な状況です。

私が提案したいのは、『Fire 7』と『Fire HD 10』の『2台買い』です。価格が安いというのは勿論一つの理由としてありますが、それだけではありません。『Fire 7』と『Fire HD 10』では、画面のサイズが3インチ以上違います。ディスプレイ解像度もに関しても、『Fire 7』が『1024 x 600』なのに対し、『Fire HD 10』は『1920 x 1200』。普通に考えれば、『Fire HD 10』を購入すれば、『Fire 7』は不要な気がするかもしれません。しかし、両モデルが活躍するシーンは異なります。

Fire 7』の特長は、スマートフォンより一回り大きい画面サイズ、さらに手に持った時の圧倒的な軽さです。そして何より、価格が安いので扱う時に神経質にならずにすむのです。例えばiPhoneの場合、電池の容量が少ないので、動画を観ているとすぐに電池が減ってしまいます。電池が無くなり、充電を繰り返すことでいつの間にか電池は劣化。しかも画面サイズが小さいので、動画視聴に適しているとは言えません。

Fire 7』ならどうでしょう。iPhoneの電池を交換する費用より遥かに安い販売価格で、しかも大画面で動画を思う存分楽しむ事ができます。最新モデルはAlexaに対応するので、スマートホーム用家電のコントローラーとしても利用可能です。洋服で言えば普段気感覚で使いまくれるタブレット、それが『Fire 7』です。

Fire HD 10』はというと、やはりFHD解像度の圧倒的な画面の美しさが魅力です。フルHD解像度を備えつつ、1万円程度で買えるというだけでコストパフォーマンスは高すぎ。しかも、デュアルステレオスピーカーを備えるので、同じ価格帯のタブレットとは比較にならないほ音質に優れます。ハッキリ言ってしまえば、映画を観る用のタブレットであれば、画面表示が美しく、音響に優れていれば他には何もいらないような気がします。

それだけで良い筈なのに、『Fire HD 10』の場合は前モデルから30%も処理速度が向上。さらにAlexaShowモードに対応する事で、スマートディスプレイとしても利用可能。それでいてAmazonのタイムセール祭りなら価格は1万円程度。もうコスパが良いどころの話ではありません。特等席で映画を楽しませてくれつつ、スマートディスプレイとして外部との連絡をとったり、必要な情報を流してくれる秘書的な役割も果たす高機能デバイス。それがワンランク上の『Fire HD 10』です。

プライムビデオを観る為にFireタブレットを購入する人には、尚更『2台買い』をオススメします。それは、プライムビデオの動画コンテンツが『映画』と『テレビ』に分かれているから。

映画の場合は、『2時間程度しっかりと時間をとって、集中して観る』時が多いでしょう。しかしテレビコンテンツは違います。私のお気に入り『いろはに千鳥』は、ベッドやソファに寝転びながら観るのに最適。しっかり身構えて観るのとは少し目的が違います。

また、『映画』と『テレビ』のコンテンツで一番大きく違うのが『画面比率』です。映画の場合は『21:9』というシネ比率を採用。この比率を10.1インチで観るのと、7インチで観るのとでは大きく視野が異なります。そして極めつけは、『Fire HD 10』は『HD(1080p)』というフルHD画質をサポートしているので、他のFireタブレットと比較して、画面の広さに加えて表示する美しさも圧倒的。映画を観るなら間違いなく『Fire HD 10』がベストです。

Fire HD 8とFire HD 10の比較

では、テレビコンテンツの場合はどうでしょう。シネ比率では無いので、『Fire 7』でも、しっかりと全画面で表示する事が出来ます。つまり、映画ほど視野の狭さを感じる事はありません。さらにバラエティ番組などは、映像の美しさよりも内容を重視するので、尚更『Fire 7』で十分だという事になります。

Fire HD 10』と『Fire 7』を『2台買い』する事で、どんなコンテンツでも、どんな場所でも最適な環境でプライムビデオを楽しむ事が出来るようになります。Fireタブレットに関して言えば、大は小を兼ねません。サイズの違う『2台』だからこそ得られる最高の動画視聴環境。Amazonのタイムセール祭りなら、『Fire HD 10』1台分以下のお値段で整います。品切れになると発送時期が大幅に送れるので、くれぐれもご注意ください!

この3つを知れば、Amazon Fire HD 10が確実に欲しくなる

Amazon Fire HD 10が絶対に欲しくなる理由その1『Fireタブレットで唯一フルHD(1080p)表示に対応している』

Fire HD 10』は、Amazonプライムビデオを最高の環境で楽しめるタブレットです。そう言い切れるのは、『Fire 7』『Fire HD 8』『Fire HD 10』と3モデル存在するFireタブレットの中で、FHD(1080p)解像度の表示に対応するのは『Fire HD 10』だけだから。

私は最初、プライムビデオタブレットに対応する最高解像度は『HD(720p)』だと思っていました。確か公式の情報にも『HD』と表記されていたような。しかし、『Fire HD 10』で動画を観ていて、明らかに綺麗すぎるので不信に思っていました。

スマートフォン程度のサイズであれば、『HD』と『FHD』の違いは動画だと分かりづらいです。しかし、10.1インチであれば話は別。やはり何かがおかしい。そして、気づいてしまったのです。『Fire HD 10』で映画を観ている時、左下に『HD(1080p)』と表示されている事に。

Fire HD 8』の場合、『HD 高画質』と表示されます。つまり、『HD画質』には『2種類』あるという事。

なぜFHDという表示に変えないのか謎ですが、『1080p』というのは紛れもなく『FHD解像度』です。FHDは、一般的なパソコンのディスプレイ大型テレビと同じレベルの解像度。その高解像度が10.1インチサイズに凝縮されているのです。

これは流石に気づきます。せっかく映画を観るのであれば、やはり最高の画質で観たいですよね。『Fire HD 10』であれば、最高の画質で、しかもデュアルステレオスピーカーで映画を思う存分楽しめます。高精細な『FHD解像度』に対応する『Fire HD 10』で、思う存分大好きな映画を楽しみましょう。

Amazon Fire HD 10が絶対に欲しくなる理由その2『Playストアを入れてAndroidタブレットとして利用出来る』

なぜFire HD 10にPlayストアを入れる事が出来るのか

まず、どうして『Fire HD 10』にPlayストアを入れる事が出来るのか。それは、Fireタブレットが使用しているFire OSが、Androidベースで開発されているからです。しかしデフォルトでインストールされているのは、Fireタブレット専用のアプリストアのみ。そこに、普段スマートフォンで使っている、Playストアを追加し、Playストアの中にある『サブディスプレイ化用アプリ』をインストールする事が今回の目的です。

Fire HD 10にPlayストアを入れる前に準備するもの

必要なのは、『Fire HD 10』本体とインターネット接続環境のみ。パソコンを使った複雑な作業は不要です。ただし、リスクを考えて、『Fire HD 10』は初期状態のままで作業は行ってください。Micro SDカードを挿入したり、他のアプリは入れずに、まずはPlayストアをしっかりと導入します。

Fire HD 10に必要なファイルをダウンロードする

ダウンロード先に移動してダウンロードボタンを押す

下記のダウンロードリンク1~4に移動すると、『DOWNLOAD APK』と書かれた赤か青のボタンが出てくるので、選択してください。

  • ダウンロードリンク【1
  • ダウンロードリンク【2
  • ダウンロードリンク【3
  • ダウンロードリンク【4

ブラウザがストレージにアクセスする事を許可する

DOWNLOAD APK』を選択すると、最初だけ『ファイルをダウンロードするには、Silkがストレージにアクセス出来るようになっている必要があります』と表示されるので、『続行』を選択。

ブラウザがファイルにアクセスする事を許可する

『Silkブラウザがデバイスの写真、メディアおよびファイルにアクセスすることを許可しますか?』と表示されるので『許可』を選択。

ファイルのダウンロードを許可する

『この種類のファイルはお使いのデバイスに悪影響を与える可能性があります。保存しますか?』という警告文が表示されるので『OK』を選択。

これでファイルのダウンロードは完了します。ファイルはまだ開かずに、ひとまず1~4までのファイルをすべてダウンロードしましょう。

Fire HD 10に必要なファイルをインストールする

ダウンロードしたファイルは、『ファイル』アプリの『ダウンロード』項目の中に保存されています。

『com.google』『com.android』の名前がついているファイルを、保存時間の古いものから順(1→4)にインストールしていきましょう。

ファイルを選択すると、『タブレットおよび個人情報は不明アプリからの攻撃に対して脆弱です。あなたはこのアプリをインストールすることで、その使用の結果タブレットに生じた何らかの損害またはデータ紛失に責任を負うことに合意します。』という警告文が出るので『続行』を選択。

右下に『インストール』の項目が出てくるので、選択するとインストールは完了します。同じ工程で1~4のファイルをインストール。ファイルによっては少しインストールに時間がかかりますが、問題なく終了するので焦らず待ちましょう。

4つのファイルをインストールしてホーム画面に戻ると、スマートフォンで見慣れたPlayストアのアイコンが表示されています。

はじめて作業を行った人は感動したのでは!一度この作業に慣れてしまうと、次からは5分もかからないですね。そして後はいつも通り、Googleのアカウント情報を入力すれば、『Fire HD 10』にAndroid用のアプリをインストールする事が可能となります。

Amazon Fire HD 10が絶対に欲しくなる理由その3『パソコンのサブディスプレイとして使える』

パソコンを使っていて『もう少し表示領域が大きければ』と思った事は無いでしょうか。例えば、画面いっぱいにエクセルの表を表示していて、同時に誰かとチャットしている時などは、画面が2つ欲しいと思いますよね。しかし、専用のディスプレイをもう一台買って、デュアルディスプレイ化する程ではない。そんな時に活躍してくれるのが『Fire HD 10』です『Fire HD 10』のディスプレイサイズは10.1インチ。そして解像度もフルHDと、サブディスプレイには正に最適。普段は当然タブレットとして利用する事が出来るので、『Fire HD 10』が手放せない状況になりますね。

※『Fire HD 10』の『サブディスプレイ化』は、『Playストア』をインストールし、『Android化』してから行う必要があります。

Fire HD 10にサブディスプレイ化用アプリ『spacedesk』をインストールする

ホーム画面から『Play ストア』を開き、『spacedesk』をインストールします。このアプリを使うと、ワンタップで『Fire HD 10』をパソコンのディスプレイとして利用する事が可能に。『色々と難しい設定がありそうだから、サブディスプレイ化など無理』と思っている人は、騙されたと思って入れてみてください。勿論『無料』です。『spacedesk』のインストールが終わったら、『Fire HD 10』でやる事は終了。

パソコンに『spacedesk』をインストールする

Fire HD 10』にインストールした『spacedesk』を、接続するパソコンにも入れていきます。『Windows』と『Mac OS』どちらにも対応していますが、今回はWindows版を使用。サブディスプレイ化までの設定はとてつもなく簡単で、一瞬で終わります。OSを変えても、設定の簡単さは同じでしょう。

まずは『spacedesk』のトップページ右上の『DOWNLOAD NOW』をクリックし、ダウンロード項目に移動します。

対象のOSをクリックすると、ダウンロードが開始されます。殆どの人は『Windows 10 64bit』かと。

spacedesk』のダウンロードが終わったら、インストールしてください。

インストールが完了すると、『spacedesk SERVER』という項目がメニューに追加されるので開いてください。

spacedesk SERVER』を開くと、下記の様な画面が表示されるので、ひとまずそのままの状態にしてください。

Fire HD 10で『spacedesk』を開く

パソコンで『spacedesk SERVER』を開いた状態で、『Fire HD 10』側の『spacedesk』を開いてください。画面上に接続するパソコンのIPアドレスが表示されるので、それを選択。パソコンの画面が『Fire HD 10』に表示され、サブディスプレイ化は完了です。

サブディスプレイの解像度設定をフルHDに変更する

パソコンと『Fire HD 10』はすでに接続され、サブディスプレイ化は完了しています。しかし、『Fire HD 10』に表示されている画面が、少し粗くないですか?それは、パソコン側のディスプレイ設定低い解像度に設定されているから。適正な解像度に設定を変更しましょう。赤枠部分をクリックし、その中から『Display Settings』を選択。

Windowsディスプレイ設定画面が表示されるので『1』を『2に切り替えます。

2』を選択した状態で下にスクロールすると、『ディスプレイの解像度』という項目が見つかると思います。この部分を『1024×768』から『1920×1200』に変更しましょう。

これで『Fire HD 10』に表示される解像度が最適化。全ての設定は完了です。『Fire HD 10』をサブディスプレイとして、そして勿論タブレットとして、思う存分活用してください!

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

Redmi Note 10 ProとXiaomiのフラッグシプモデルMi 11のカメラ画質を比較
Redmi Note 10 ProとシャオミのハイエンドスマホMi 11のカメラ画質を比較【昼編】!価格差は5万円!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proが34,800円はスペック的にどう考えても安すぎる2 Redmi Note 10 Proと最上位モデル Mi 11のカメラ画質を比較!3 R ...

Redmi Note 10 ProのバックアップにはGoogleフォトよりマイポケット×OCNモバイルONEがお勧め!

記事に書かれている内容1 Xiaomiブランドを日本市場に浸透させるきっかけとなった高いガメラ技術2 Redmi Note 10 ProはMi Note 10の1億800万画素を引き継ぎつつイメージセ ...

OCNモバイルとマイポケットを組み合わせれば1100円でオンラインストレージがいつでもカウントフリー
【超裏技】OCNモバイルONEとマイポケットなら月額1,100円でオンラインストレージの利用がいつでもカウントフリーに!

記事に書かれている内容1 マイポケットはNTTコミュニケーションズが提供。安心して使えるオンラインストレージ2 まもなく楽天モバイルの利用料金無料キャンペーン(通信容量無制限)が終了。オンラインストレ ...

楽天モバイルなら利用料金3ヶ月無料で通信し放題
楽天モバイルが3ヶ月利用料金無料(容量無制限)キャンペーン開始!さらにスマホ同時購入で最大2万5千円相当のポイント還元!

記事に書かれている内容1 楽天モバイルの1年間利用料金無料キャンペーンが4月7日で終了2 楽天モバイルは無料キャンペーンが終わった後も通信量を1GB以内に抑えれば無料運用可能3 楽天モバイルでは新たに ...

Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10のベンチマークを実測
【実測】Xiaomi Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10の性能徹底比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラが主役のスマートフォン2 Redmi Note 10 Proのメインカメラで簡単に試し撮り!予想通りの高画質3 Redmi Note ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.