OPPO A5 2020とarrows M05が1円SALE開始!格安SIMと組み合わせて最強コスパ!買うのはどっちだ!

Pocket

スマートフォンの大人気モデルが一斉にプライスダウンしているビッグセールOCN モバイル ONE真夏のスマホ大特価セール。音声SIMと同時に購入する事で、最も安いモデルは『1円』で購入する事が可能です。

しかし、日本には『安物買いの銭失い』ということわざがあります。『安物は品質が悪くてすぐに壊れてしまうので、修理代などが発生して結局は高くつく』といった意味合いのもの。そういった意味では、『1円スマホ』は間違いなく『安物買いの銭失い』的なイメージでしょう。

1円で販売されている『arrows M05』と『OPPO A5 2020』は、そんな日本のことわざを全否定する事に。なぜなら、『arrows M05』はIPX8/IPX5IP6Xの高い防水防塵規格に加え、米国国防総省の耐衝撃基準(MIL-STD-810G)にまで準拠。ここまで『壊れにくさ』を追求しているスマートフォンは中々ありません。

OPPO A5 2020』に関しても、イヤフォンのプラグ差し込みテスト『10000回』、電源ボタンの耐久テスト『200000回』、音量ボタン耐久テスト『100000回』をクリア。OPPOが行っている世界トップレベルの品質管理の元、製造されています。この時点で、両モデルが『安物買いの銭失い』には該当しないということがお分かりいただけたかと思います。

高品質であることは間違い無い『arrows M05』と『OPPO A5 2020』ですが、スマートフォンのタイプ的には全く異なるこの2つ。『arrows M05』は防塵防水に加え、『おサイフケータイ』という、日本で最も人気のある機能を搭載しています。モバイルSuicaモバイルPASMOを使えば、券売機に並ばなくてもスマートフォンで定期の購入を行う事が出来るように。お店での支払いもこれ1台。

さらに片手での操作や、画面の見やすさを追求することでユーザビリティを向上。Google Pixelシリーズの様なシンプルで洗練された外観デザインは、ファッションの一部として毎日のライフスタイルにさり気なく溶け込んでくれます。スマートフォンライフをよりスマートに、そして快適にしてくれるのが『arrows M05』です。

OPPO A5 2020』はと言えば、スマートフォンの性能を決めるSocに、最新のミッドレンジモデルとなる『OPPO Reno3 A』や『Xperia 10 II』と同じ『Snapdragon 665』を搭載。

効率性を重視したSocの搭載により、品質だけでなく、安定した動作を保証。ゲームプレイ時は、OPPOの独自機能となる『Game Boost 2.0』を作動させる事で、操作性、表示がゲームに最適化。プレイ環境が大幅に完全されます。

さらに、5,000mAhという超大容量電池を搭載するのも、この端末の魅力。長時間駆動を実現するだけでなく、リバース充電にも対応。つまり、モバイルバッテリーとしても利用出来るんです。スマートフォンを2台持ちしている人や、Bluetoothイヤフォンの充電にも最適。

そして、OPPOの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』にも注目。夜景撮影専用モードや、119度の広角撮影に対応する超広角カメラを装備。動画撮影時はEIS(電子式手ブレ補正)が作動し、アクションカメラで撮影したかのような、滑らかな映像を実現します。

音楽を楽しみたい時は、デュアルステレオスピーカーが大活躍。イヤフォンを接続すれが立体音響『Dolby Atmos』をサポートします。

家電らしさをあまり感じさせず、生活をさり気なくサポートしてくれる印象の『arrows M05』。

かたや、ユーザーを楽しませる事に余念のない『OPPO A5 2020』。これだけしっかりと作り込まれていて、今なら『1円』のスマートフォン。これからは安物買いの銭失いではなく、自分に合ったモノをしっかりと見極め、安く賢く買う時代です。

 

Rakuten Miniより画面が大きい富士通のarrows M05が『1円』に!防水防塵に耐衝撃まで!これは品切れ注意

続きを見る

OPPO A5 2020をなめていた!このスマホが1円はあり得ない!調べて分かった高性能!これは品切れ警報だ!

続きを見る

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.