Xiaomi Mi Note 10 Liteが15300円!OPPO Reno Aが8300円!真夏の大SALEスタート

Pocket

格安SIMOCN モバイル ONEが、8月3日から真夏のスマホ大特価セールを開始しました。セール対象となっているのは『Xiaomi Mi Note 10 Lite』『TCL 10 Pro』『moto g8』『moto g8 power』『moto g8 plus』『AQUOS zero2 SH-M13』 『arrows M05』『AQUOS sense3 plus SH-M11』『AQUOS sense3 SH-M12』『OPPO A5 2020』『OPPO Reno A』『Xperia Ace』『moto g7 plus』『ZenFone Max(M2)』と多数。音声SIMと同時に購入する事で、上記の端末が信じられない安さで購入する事が出来ます。

最もオススメしたいのは、ここまで値下がりしているのを見た事が無い、Xiaomiの『Mi Note 10 Lite』です。『Mi Note 10 Lite』は、日本においてはじめてリリースされたXiaomiのスマートフォン『Mi Note 10』の兄弟機。メインカメラの解像度を1億800万画素から6,400万画素に落としつつも、質の高い外観や、有機ELを採用した立体ディスプレイ、Socにはゲームも快適に行えるハイミッドレンジ用の『Snapdragon 730G』を搭載と、カメラ以外は上位モデルを踏襲しています。

Mi Note 10』は現在、正規代理店が58,080円で販売中。セールの時以外はこの価格をほぼ維持しつつ、売上は着実に伸ばしています。

Mi Note 10 Lite』は39,800円となっています。上位モデルの『Mi Note 10』に近いスペックを持ちながら、この価格はかなりのコストパフォーマンスの高さ。

しかし、OCN モバイル ONE真夏のスマホ大特価セールでは、この価格からさらに大幅な値下きが行われ、なんと『20,300円(税込:22,330円)』。半額近い安さに。そして割引はここでは止まりません。他社からの乗り換えであれば追加で5,000円の割引が行われ『15,300円(税込16,830円)』に。前述している通り、6万円弱の『Mi Note 10』と大きく変わらないスペック。それでいて『15,300円(税込16,830円)』。Xiaomiの端末はAppleiPhoneと同様に値崩れを起こしづらいので、この価格で『Mi Note 10 Lite』を購入出来るのは、かなり稀というか奇跡です。

そしてもう一台が『OPPO Reno A』です。カメラと処理能力に関しては『Mi Note 10 Lite』の方が上です。しかし『OPPO Reno A』にも『Snapdragon 710』というハイミッドレンジ用のSocが採用されており、日本市場で販売されているミッドレンジと比較すると、明らかに性能は上。さらにディスプレイも液晶ではなく、発色の美しい『有機EL』です。また、忘れてはならないのが、『OPPO Reno A』には『おサイフケータイ』に対応しています。普段の支払いに加え、通勤、通学で『おサイフケータイ』を利用している人は、非対応端末への機種変を躊躇してしまう人が多いはず。日本で大人気の防水性能(Mi Note 10 Liteも特許プラズマ加工技術による撥水加工あり)も備えるので、トータルでの満足度を求めるなら間違いなくコレです。

OPPO Reno A』は『Mi Note 10 Lite』の半額以下となる8,300円(税込:9,130円)に。他社からの乗り換えなしでこの安さなので、新規で申し込みをするには、躊躇無くオススメできます。ミッドレンジを代表するハイコストパフォーマンスモデルが1万円以下とは信じられません。

Mi Note 10 Lite』『OPPO Reno A』共に市場を代表する超人気端末です。OCN モバイル ONEのセールは割引率が半端ないので、人気端末からあっという間に品切れになるイメージ。少なくとも、この2台はその『品切れ』になる可能性が非常に高いです。超高性能スマートフォンを超特価で手に入れられる大チャンス。絶対にお見逃しの無く!

Xiaomi Mi Note 10 Liteが『Lite』では無い5つの理由。上位モデルも真っ青の圧倒的なポテンシャル!

続きを見る

スマホ買うならOPPO Reno Aな理由。海外と日本の強みを活かした最強ハーフ!9月15日まで7800円!奇跡的な安さ

続きを見る

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.