1円のOPPO A5 2020とarrows M05がW品切れ!moto g8とZenFone Max (M2)も危険!

Pocket
Facebook にシェア

OCN モバイル ONE』が開催中の『真夏のスマホ大特価セール』で非常事態が起きています。なんと、『1円』で販売している『OPPO A5 2020』と『arrows M05』がWで売り切れ!これは前回までのセールでは起こり得ない事。つまり、皆さんスマートフォンの購入価格を出来るだけ抑えたいという事ですね。

OPPO A5 2020』と『arrows M05』の在庫が復活するという保証は無いので、『1円』よりは高くなりますが、購入価格を抑えつつコスパの高い2モデル、Motorolaの『moto g8』とASUSの『ZenFone Max (M2)』を紹介したいと思います!

まずは『moto g8』から!『3,700円(税込:4,070円)』という『1円』の次に安いセール価格(moto g7 Plusの方が安かったです)ながら、フロントカメラはパンチホール式の最先端のデザインを採用。

スマートフォンの核となるSocには、ミッドレンジの最新モデルとなる、『Xperia 10 II』や『OPPO Reno3 A』と同じ『Snapdragon 665』を搭載。価格差を考えると尋常じゃないコスパです。

背面には、レーザーオートフォーカスマクロ撮影に対応するトリプルAIカメラを搭載。さらに電池容量は4,000mAhとスタミナスマホ並。お手頃なミッドレンジとしては文句なしのスペックでしょう。そもそもこの価格で買えるスマートフォン、本来エントリークラスでも無いんですけどね・・・。

続いて『moto g8』より少しだけ高い、セール価格は『4,400円(税込:4,840円)』となっているASUSの『ZenFone Max (M2)』。

自社開発の『ZenUI』ではなく、カスタマイズされていない『Pure Android』を採用するZenFoneの中では極めて珍しいモデル。

Pure Android』を採用する事で無駄なメモリの消費が抑えられ、動作が警戒に。さらに消費電力も下がるので、電池の持ちが長くなります。『ZenFone Max (M2)』は4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、『Pure Android』との相性は抜群。連続待ち受け時間最大『33時間』、連続通話時間最大『35時間』、連続Webブラウジング最大『22時間』と、同じ電池容量を搭載するモデルと比較しても、長目の駆動時間を実現しています。

Socには前モデルからパフォーマンスを1.75倍向上させた『Snapdragon 632』を搭載。4GBのメモリと組み合わせる事で、マルチタスクをスムーズに処理します。しかしSocに関しては『moto g8』の方がスペックは上なので、電池持ちではなく処理能力重視の場合は、『moto g8』をセレクトしましょう。

トレンドに合わせたデザインに加え、様々なシーンに対応するAIトリプルカメラを備えるトレンドスマホmoto g8』。『Pure Android』を搭載し、無駄を抑えて快適な動作と駆動時間を実現しているエコスマホ『ZenFone Max (M2)5,000円以内で買えるスマートフォンとしては十分すぎるスペック。次に『品切れ』になるのは、恐らくこのどちらかですよ!

Rakuten Miniとarrows M05のAntutuや駆動時間を実機で徹底検証!使える1円スマホはどっちだ!

続きを見る

壊れにくいおサイフケータイarrows M05とAQUOS sense 3が1円~!真夏の大SALE開催中!スマホ代節約

続きを見る

今だけ7800円で買える、OPPO Reno Aというモンスター。最新機種OPPO Reno3 Aを駆逐する問題スマホ!

続きを見る

1円スマホが品切れ!Xiaomi Mi Note 10、OPPO Reno A、moto g8もやばそう!波乱のSALE

続きを見る

OCNモバイルONEのSIMは激安なのに激速だった!

激安でスマートフォンを販売している『OCN モバイル ONE』。実は、利用料金も安いんです。あまりに安いので、肝心の『通信品質』は大丈夫なのかと、やや心配になります。『格安SIM』はキャリアから回線(帯域)をレンタルして通信環境を提供しているので、コストを削減すると通信速度が遅くなります。せっかく安い通信料金設定でも、速度が遅くては意味がありません。そこで、実際に『OCN モバイル ONE』のSIMを使って、混雑が予想される時間帯に速度を計測してみました。

20時50分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

20時からのバラエティ番組を見終わり、21時から始まるドラマに備えてSNSなどをチェックする『20時50分』という時間帯。測定結果は下り『38.86Mbps』上り『9.35Mbps』と申し分なし。

22時31分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

次に一日のすべき事を終え、ベッドでくつろぎながらスマートフォンを操作する人が増える『22時31分』に計測。下り『52.72Mbps』、上り『23.82Mbps』という、キャリアも真っ青のスピード違反レベルの速さ。これで文句をつけてしまったらただのクレーマーになってしまいます。

通信量を節約する為の『低速』時のスピードもあわせてチェック。『OCN モバイル ONE』が公表している速度は最大200Kbpsなのですが、なんとこちらもスピードオーバー。下りで『260Kbps』、上りで『370Kbps』という結果となっています。通信速度に関しては、ユーザーからすると『どんどんスピードオーバーしてください!』って感じですよね。

通信品質はどう見ても『超高品質』。さらに驚く程安い利用料金がコチラ。分かりやすくdocomoの料金と比較しています。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

最低契約期間:なし

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:1,180円(税込:1,298円)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

月額料金、通話料金共に圧倒的な安さ。通信速度の速さも実証されたので、乗り換えない理由が分からないレベルです。しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

moto g8はこんなスマートフォン

moto g8はAIを駆使した本格的な3眼カメラ搭載

moto g8は人工知能に対応したトリプルカメラを搭載。簡単にベストショットが撮れる様に、周りの環境に合わせてAIシステムが設定を最適化。水平118度の視野を持つ800万画素の『超広角カメラ』、1600万画素のメインカメラ、さらに200万画素のマクロカメラを備えます。ディスプレイ面のパンチホール式フロントカメラは800万画素。独自のカメラソフトシステムによる『スポットカラー』『シネマグラフ』モードにも対応。動画撮影はタイムラプス、スローモーション撮影が可能です。

1600万画素のメインカメラは、AIが周囲の環境を自動的に識別し、光の少ない難しい撮影条件下でも明瞭な画質をキャプチャ。一眼レフの様な背景にも対応します。

通常の約4倍の広さを、1枚の画像に収める事が出来る超広角カメラ。広大な風景や大人数の集合写真も、余すことなくしっかりと記録します。

わずか2cmの至近距離まで、被写体に近寄って撮影することの出来るマイクロカメラ。目の前に広がる景色とは違った、新しい世界をカメラ越しに発見出来ます。

moto g8のカメラで撮影した画像(Instagramより)

 

この投稿をInstagramで見る

 

César Dergarabedian(@dergarabedian)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

★Marcin Michno★(@marcinmichno)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

★Marcin Michno★(@marcinmichno)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

★Marcin Michno★(@marcinmichno)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobilna fotografia(@fotografia_mobilna_dk)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobilna fotografia(@fotografia_mobilna_dk)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobilna fotografia(@fotografia_mobilna_dk)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Selma 📸(@selmagnellibativa_fotografia)がシェアした投稿 -

moto g8はSnapdragon 665搭載により動作環境及びカメラ画質が向上

SocにはQualcomm®Snapdragon™665オクタコアプロセッサを搭載し、オンラインゲームプレイ時には快適な動作を提供。さらにカメラのAI機能が強化され、様々なシーンにより柔軟に対応。セキュリティも向上しています。4GBメモリと組み合わせる事で、複数のアプリケーションを同時に実行する事も可能です。

moto g8は画面いっぱいに動画やゲームを表示

縦横比率19:9のMax Visionディスプレイを採用。ゲームや動画を画面一杯に表示させる事で迫力が倍増。圧倒的な臨場感と没入感を得る事ができます。

moto g8は大容量電池搭載で長時間駆動

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大40時間の連続駆動時間を実現。約15分で8時間分の充電を可能とする、ターボチャージにも対応します。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.