GosundのスマートプラグはONOFFスケジュール管理や消費電力の可視化が出来る!見守りにも使える激安便利アイテム!

Pocket
Facebook にシェア

インターネット接続により、外出先からも操作可能な『スマート家電』。その中で最もお手軽なアイテムの一つが『スマートプラグ』です。一般的な『スマートプラグ』は電源のONとOFFのみですが、『Gosund』の『スマートプラグ』は出来る事が少しだけ多いんです。設定方法も含め、その機能を紹介していきたいと思います!

パッケージはかなりエコロジー。省エネを連想させます。Amazonの明らかに大きすぎるダンボールの中に入っていたので、サイズはやたらと小さく感じました。いつもの事ですが、配送用の包装はエコでは無いですね。

中身はコチラ。本体と簡易説明書のみ。

プラグ部分はプラスチックのカバーでしっかりと保護されています。

スマートプラグ』という格好良い名前はついていますが、あくまで『電源プラグ』。コンセントにさしたままの状態で使用する事になります。『Gosund』の『スマートプラグ』はデザインがミニマムなので、男性、女性問わず、どんな部屋にも馴染んでくれるでしょう。左側の丸い部分がON/OFFボタン、さらにその左が接続状況を知らせるLEDランプになっています。

高さが低めの設計なので、他の差込口の邪魔になる事はありません。『Gosund』の『スマートプラグ』を差し込んだ状態でも、下のコンセントはもちろん利用可能。

続いてスマートフォン側の設定を行います。『スマートプラグ』を利用するには、『Smart Life』か『Gosund』というアプリケーションをインストールする必要があります。私は『Smart Life』を入れてみることに。

インストールが終わったら、『Smart Life』を起動。『デバイスの追加』を選ぶと対応機器の一覧が表示されるので、『コンセント(Wi-Fi)』を選択。

利用する『Wi-Fiネットワーク』を選び、パスワードを入力して『次へ』を選択すると、『スマートプラグ』が自動的に追加されます。一点注意が必要なのは、5GHzには非対応となるので、ネットワークは『2.4GHz』を選択するようにしましょう。

スマートプラグ』の追加が完了すると、『Smart Life』の『マイホーム』に『WP6ミニスマートプラグ』が追加されます。

WP6ミニスマートプラグ』を選択すると操作画面が表示され、画面上から『電源のON/OFF』『ON/OFFのスケジュール設定』『ONの場合はOFF、OFFの場合はONにするまでのカウントダウン』『電力使用量の確認』を行う事が出来るように。

 

スケジュールは『時刻』から『曜日』まで細かく設定可能。『ON』『OFF』どちらににするかも選べます。決まった時間に接続している家電の『ON』と『OFF』を切り替えたい場合に有効活用できますね。

カウントダウン』は非常にシンプル。『ON』か『OFF』にするまでの時間を入力します。消し忘れ防止になりますね。

そしていよいよ、『電気使用量』の確認へ。面白そうなので、色々なタイプの家電を試してみました。まずはAmazonスマートスピーカーEcho Studio』。

音楽を流していない状態で『3.9W』の消費。これが『Echo Studio』の待機電力ということになります。

音楽を流すと消費電力が『6.4W』まで上がりました。音量を上げれば、さらにこの数値は上がるでしょう。しかし待機電力との差はそこまで大きく無いですね。『3.9W』の待機電力が気になる場合は、そんな時こそ『スマートプラグ』の出番です。『スマートプラグ』側の電源をOFFにする事で、無駄な電力消費な『0』になります。

続いて『電気ケトル』と『送風機』を試してみました。どちらも待機電力は『0』。まずは送風機から。消費電力は『33.8W』となり、エアコンと比較すると圧倒的に低い消費電力。この夏は尋常じゃない猛暑が続いているので、エアコンと送風機をうまく組み合わせ、エコに熱中症対策を行いましょう。

そしてラストは『電気ケトル』。熱を扱うものなので、予想通り凄まじい電力消費。圧倒的最高値となる『845.4W』を記録しました。こうやって消費電力を可視化する事で、それぞれの家電がどの程度電力を消費しているか知る出来ます。省エネへの意識向上にも繋がり、メリットは思いの外大きいはず。

『合計電力使用量』は1日ごとにグラフ化されるので、電気を使いすぎた日は一目瞭然に。『スマートプラグ』側でしっかり電源をOFFにしておけば、グラフの上昇は最低限に抑えられるでしょう。

電力消費を把握するだけでなく、高齢者の見守り用途としても使える『Gosund』の『スマートプラグ』。AlexaGoogleアシスタントとも連携出来て、1000円台というコストパフォーマンスの高さ。以前購入したAmazonの純正スマートプラグは電源の『ON』『OFF』のみの対応だったので、個人的には色々出来るコチラの方がオススメですね。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで最もお得に商品を購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大6,377ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。予算のワンランク上のものが買えますね!

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.