最大28,568円相当還元祭開始!Xiaomi Mi Note 10 Liteは3Dゲームもバッチリな超カメラスマホ!

Pocket
Facebook にシェア

月々必ず支払が発生するもの。それは『電気料金』『水道料金』『ガス料金』に加え、『通信料金』です。この中で、最も簡単に『節約』する事が出来るのはどれでしょうか。アパートやマンションで一人暮らしをしている場合、『電気』『水道』『ガス』は、入居時に定められているものを利用する事になります。ガスが都市ガスではなく『プロパンガス』だった場合は、都市ガスより何倍も高い利用料金を支払う事に。

しかし、『通信料金』は違います。自分で『通信業者』を選ぶ事が出来、その気になれば月々の支払いを半額以下に抑えることも。しかし、多くの人はdocomoSoftbankauといったキャリアから離れる事が出来ず、未だに高い通信料金を支払い続けています。『電気料金』『水道料金』『ガス料金』と違って自分で選択肢を選べる筈なのに。これは浪費しているのに近い状況なので、何とかして改善しなければなりません。

そして、高い通信料金を支払っている人は、その支払が生活を圧迫しているので、当然新しいスマートフォンを買う事が出来ません。高い通信料金ボロボロのスマートフォンというのは、まさに最悪の組み合わせ。コストパフォーマンスで言えば『最低』です。しかし、その状況は簡単に変える事が出来るんです。

それは、docomoSoftbankauといったキャリアから、『格安SIM』に乗り換えるだけ。しかし、これまで支払っていた通信料金が、いきなり『半額以下』になるとしたら、不安を覚える人は多いでしょう。しかしその『不安』は、『格安SIM』とは何かを知れば簡単に解消出来ます。『格安SIM』で出来る事は、『データ通信』『音声通話』『SMSメッセージ』など、キャリアと変わりません。しかし、通信環境の提供の仕方が、キャリアとはやや異なります。『格安SIM』は自社で通信する為の『基地局』を持たないので、回線(帯域)をキャリアからレンタルする必要があります。そのレンタルした回線を、各ユーザーに分配するのが『格安SIM』のやり方です。基地局を管理する莫大なコストが発生しないので、通信料金を大幅に削減出来るのが、『格安SIM』の一番のメリットと言えます。

本来回線の数とユーザー数は比例すべきなのですが、一気にユーザーが増えすぎると、一時的に通信速度に遅れが生じます。これが『格安SIM』を使う上でのデメリット。しかし、回線のレンタル数が足りないままにしておくと、その分速度が落ちて利用者が現象。各格安SIM業者はそれを防ぐために、以前よりかなり神経質に回線の管理を行っています。つまり、今がまさに『格安SIM』への乗り換え時ということです。

しかし、キャリアと違って数が多すぎる『格安SIM』。どこを選んで良いのか分かりませんよね。通信料金に関しては、キャリアと比較すると、どこも圧倒的に安いです。通信料金よりも重要視すべきは、現在行われている『キャンペーン』の内容。キャンペーンの特典は各社によって全く異なるので、出来るだけ還元額の大きいところで契約するようにしましょう。

キャンペーン内容を考慮した上で、今最もオススメしたい『格安SIM』が『BIGLOBEモバイル』です。『BIGLOBEモバイル』では、還元率高すぎのとんでもないキャンペーンを実施中。音声通話3GB以上のプランとスマーフォン本体を同時に購入すると、最大20,000円相当のポイント還元が行われるというもの。『20,000円相当』の、MAX還元を受けられる端末は『Xiaomi Redmi Note 9S』『OPPO Reno3 A』そして『Mi Note 10 Lite』の3モデル。

スマートフォンは大きく分けて『エントリー』『ミッドレンジ』『フラッグシップ』に分けられます。このランク付けの基本となるのが『Soc』性能です。高いグレードの『Soc』を搭載するスマートフォンこそが、性能の高いスマートフォンとして定義されてきました。車で言えばエンジンの様なものです。

しかし、その定義を覆して開発されたのが、Xiaomiの『Mi Note 10』シリーズです。『Mi Note 10 』シリーズでは、はじめて『Socよりカメラ』に力を入れた開発が行われました。『処理能力』ではなく、『カメラ画質』を求めるユーザーに向けて作られたコンセプトモデル。言い方を変えれば、『カメラフラッグシップモデル』です。

その『カメラフラッグシップモデル』が、まさか日本で発売される事になるとは。当時は日本でXiaomiのスマートフォンを購入出来るなど思ってもいなかったので、発表された時はかなりの衝撃でした。2019年12月に日本市場に投入された『Mi Note 10』と『Mi Note 10 Pro』。グローバルでは世界第4位のXiaomiですが、日本ではまだ浸透していなかったブランド名。価格が6万円弱~という事もあり、発売から一気に売上を伸ばす事は出来ませんでした。

しかし、時間が経つにつれてそのカメラ画質に圧倒される人が増え、口コミを見てXiaomiのスマートフォンを買う人が徐々に増えました。これこそが、Xiaomiが世界で行ってきた『正しい売り方』です。Xiaomiのブランドが認知され始めたタイミングを見計らって、最新モデルとして日本に投入されたのが、兄弟機とな『Mi Note 10 Lite』です。

Mi Note 10 Lite』はカメラの解像度を『1億800万画素』から『6,400万画素』に落とす事で、価格を6万円弱から3万円台まで大幅にプライスダウン。カメラセンサーはSamsung製からSONYIMX 686へと切り替えられ、解像度は低下したものの、高画質はしっかりと維持しています。もっとも、同じXiaomiのアルゴリズムが使われているので、上位モデル『Mi Note 10』らしさがしっかりと残っています。同じ価格帯の中ではダントツの画質と言えるでしょう。

Mi Note 10 Lite』も、『Mi Note 10』と同じくカメラに最も重点を置いたモデルです。そこで気になってくるのは『手抜きをした』と判断されてもおかしくはない『Soc』です。カメラ画質は『フラッグシップ』でも、Soc性能が『エントリー』だと、流石に買う気が削がれてしまいます。しかし、安心してください。『Mi Note 10 Lite』のSoc性能は『ミッドレンジ』と『フラッグシップ』の中間となる『ハイミッドレンジ』です。通常のミッドレンジには『Snapdragon 600』シリーズが採用されているのに対し、『Mi Note 10 Lite』は上位モデルと同じ『Snapdragon 730G』。600シリーズよりワンランク上のものが搭載されているんです。

最新モデルとなる『OPPO Reno3 A』や『Xperia 10 II 』に採用されているSocが『Snapdragon 665』。スマートフォンの性能は、Antutuのベンチマークで数値化する事が可能です。『OPPO Reno3 A』のベンチマークスコアがコチラ。

そして『Snapdragon 730G』を搭載する『Mi Note 10』のベンチマークがコチラ。8万以上のスコア差が発生。スコアの差は性能の差なので、スマートフォンのあらゆる動作に直結して表れます。高い処理能力、速い動きを求めるのであれば、絶対に『Mi Note 10 Lite』を選ぶべきと言えるでしょう。

Snapdragon 730』シリーズは通常の『Snapdragon 730』と『Snapdragon 730G』の2モデルが存在し、『730G』はGPU性能を強化したゲーム特化型モデル。つまり『Mi Note 10 Lite』ではゲームも快適に遊べるという事です。試しに高い処理能力を必要とする『Call of Duty』をプレイしてみました。カクツキなどは一切なく、動作はいたって快適。しかも『Mi Note 10 Lite』であれば、『最高画質』を設定する事が可能でした。

さらに、ディスプレイは見た目没入感も抜群な3D立体有機EL。ピクセルを消灯させる事で漆黒の黒を表現する事が可能な有機ELは、ダークモード設定時には大幅な低消費電力を可能とするエコ仕様。さらに電池容量は4Gモデルとしては最高クラスとなる5,260mAh。しかも充電速度最大30Wと、こちらもフラッグシップ並み。つまり『Mi Note 10 Lite』は、『Soc』以外はほぼフラッグシップモデルという事になりますね。

ちなみに、『Mi Note 10 Lite』を購入して付与されるGポイントは、120種類以上の提携ポイントに変えることも、現金化も可能な超優良ポイント!キャッシュバックと変わりません。

さらに、『BIGLOBEモバイル』のキャンペーンは20,000円相当のポイント還元だけでは終わりません!なんと6ヶ月間という長期間、通信料が900円割引になるんです。最初の3ヶ月間500円割引というサービスはたまに聞きますが、6ヶ月間というのは長い!しかも金額が900円と大きめです。900円が6ヶ月間割り引かれるので、合計で5,400円もお得!割引サービスがお得なのは勿論のこと、『BIGLOBEモバイル』は、標準の通信料がすでに安い!docomoで通信容量1GBの音声SIMを契約をした場合と、『BIGLOBEモバイル』で通信容量3GB(つまり3倍)で契約した場合の料金比較をご覧ください。

docomoについて

回線:docomoまたはau回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

年間トータルコスト:41,580円

BIGLOBEモバイルについて

回線:docomo回線

契約プラン:通信3GB音声対応SIM

月額利料金:1,600円(税込:1,760円)※6ヶ月間900円割引

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【通話アプリ使用】30秒/10円

かけ放題:660円(税込:1回3分以内)、913円(税込:1回10分以内)

年間トータルコスト:15,180円

月額の料金で、すでに『1,705円』『BIGLOBEモバイル』が安いです。さらに割引が適用され、6ヶ月間はたったの『770円(税込)』!年間にして26,400円もの差がつきます。何も知らずにdocomoと契約していると、これだけ多くの通信料を支払っている事になります。Softbankauといった他のキャリアも同じです。通信料が高いと思っている人は、スマートフォン本体も激安で買える『BIGLOBEモバイル』への乗り換えを検討しましょう!

そして、特典はまだ続きます。『BIGLOBEモバイル』では通話かけ放題など、他社も行っている一般的なオプションの他に、超魅力的な独自のサービスが提供されています。それが『エンタフリーオプション』。その内容は『Youtube』や『Abema TV』といった超人気オンライン動画配信サービスに加え、『Spotify』『Amazonミュージック』などの音楽配信サービス通信がノーカウントになるというもの。

このオプション目当てで『BIGLOBEモバイル』を契約する人も多数。Youtubeが見放題になるというのが、何よりも大きいですよね。オプション料金は480円(税込:528円)と激安。これは入らないと損です。しかも、この『エンタフリーオプション』が、今なら『6ヶ月間無料』で利用出来ちゃうんです!合計で『3,168円』お得!半年間使ってみて、もしそこまで必要無いと感じたら、オプションから外せばいいだけ。この特典が適用されるのは、初回の契約時のみなのでご注意ください!

YouTubeもAmazon MusicもSpotifyも通信ノーカウントになるエンタメフリーオプションを使ってみた!

続きを見る

ここで、BIGLOBEモバイル期間限定特典をフルに活用した場合、どれだけ節約出来るのかを計算してみたいと思います。

  • ポイント還元の対象となるスマートフォンを購入する:20,000ポイント還元
  • 音声通話SIM3GB~利用料6ヶ月間割引:900円×6ヶ月=5,400円
  • エンタメフリーオプション6ヶ月間無料:528円×6ヶ月=3,168円

総額:28,568円相当

docomoSoftbankauから乗り換えた場合は、差額分を更に節約出来る事に。通信料は毎月必ず発生するものなので、『塵も積もれば山となる』です。節約できたお金で、洋服を買ったり、美味しいものを食べたり、しっかりと貯金しましょう!

Xiaomi Mi Note 10 Liteはこんなスマートフォン

Xiaomi Mi Note 10 Liteはゲームに特化したSnapdragon Elite Gaming対応

Qualcommが2018年に発表した『Snapdragon Elite Gaming』。フラッグシップモデル用の最新Socに加え、Soc名の最後に『G』がついているミッドレンジモデルが、このSnapdragon Elite Gamingに対応する事になります。

では、Snapdragon Elite Gamingとは一体どんなものなのか。メインとしては、『グラフィック処理時に20%消費電力削減』『GPUパフォーマンスを最大20%向上』『AI性能を約2倍に強化』『CPU性能が最大45%アップ』『起動時の読込時間を最大10%減少』『オーディオ品質の最適化』などが挙げられます。

そして、新たに追加されたのがGPUドライバ単体でのアップグレード機能。GPUドライバの更新は、これまでパソコン用に行われてきたもの。本来GPUのアップデートは、新しくリリースされたゲームをベストな環境で行う為には必要なもの。ゲームのクオリティが上がり、スマートフォンに求められるスペックが年々高まる中で、GPUドライバの柔軟なアップグレードは、もはや必要不可避な状態になっていました。

つまり、ゲーム環境において『特別扱い』を受けられるのが、最新のフラッグシップモデルと、Socに『G』のついたミッドレンジモデルという事になります。では、ミッドレンジの場合、『G』のついたSocはどれくらい存在するのでしょうか。『Snapdragon 730G』『Snapdragon 720G』『Snapdragon 765G』『Snapdragon 768G』の4モデル。幸いな事に、『Snapdragon 730G』『Snapdragon 720G』搭載モデルは、すでに日本市場で販売済み。それが『Mi Note 10』シリーズと『Redmi Note 9S』です。

Mi Note 10 Lite』は、『G』のついた『Snapdragon 730G』を搭載する、貴重なハイミッドレンジモデル。ゲームに最適化されたプレミアムSocで、Snapdragon Elite Gamingを体感しましょう!

Xiaomi Mi Note 10 Liteは強化ガラスによる両面3D立体加工

Xiaomi 『Mi Note 10 Liteは前面と背面の両面に3D立体デザインを採用。五感を刺激する先進的な設計により、フラッグシップモデルを思わせる圧倒的な存在感を放ちます。素材には、コーニング社のGorilla Glass5を採用。約1.6mの高さから落としても『80%』の確率で割れないという、落下時の耐久性を高めた強化ガラスです。まさに、美しさと堅牢さを兼ね備えた、究極のハイブリッドデザインと言えるでしょう。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは美しさと堅牢さを兼ね備える

Xiaomi 『Mi Note 10 Liteのディスプレイは6.47インチサイズでフルHD+解像度。ダークモード時には大幅な消費電力削減を可能とし、HDR 10コンテンツでは、迫力溢れるハイダイナミックレンジ表示に対応する有機ELを採用します。ノッチの小型化により、ディスプレイ占有率は91.4%に拡大。情報の表示領域が広がり、あらゆる情報を目一杯楽しむ事が出来ます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは6400万画素の超高解像度撮影に対応。超広角、深度測定、マクロの4眼仕様

Xiaomi 『Mi Note 10 Liteは、幅広いシーンに対応するAIクアッド(4眼)カメラを搭載。メインカメラは6,400万画素の超高解像度撮影に対応。カメラセンサーにはSONYのIMX 686を採用しています。IMX 686は、1/1.7インチの巨大なセンサーサイズに加え、4つのピクセルを1つに統合するピクセルビニングテクノロジーに対応。光の少ない低照度な場所においても、手ブレの少ない明瞭な描写を実現します。

Xiaomi Mi Note 10 Lite 6400万画素カメラ

さらに800万画素の『超広角カメラ』、被写体との距離をしっかりと測定し、背景のボケを美しくする『深度測定カメラ』、200万画素の『マクロカメラ』を搭載し、様々なシーンに合わたカメラを使って、ベストショットを撮る事が可能です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite 超広角カメラ

Xiaomi Mi Note 10 Lite 深度測定カメラ

Xiaomi Mi Note 10 Lite マクロカメラ

Xiaomi Mi Note 10 Liteの大容量バッテリーは超急速充電に対応

Xiaomi 『Mi Note 10 Liteは、『5,260mAh』の大容量バッテリーを採用。長時間駆動モデルとして認識される電池の容量は、一般的に4,000mAh以上。『Mi Note 10 Lite』のバッテリーは、それをさらに上回ります。圧倒的な連続駆動時間を実現し、外出時にモバイルバッテリーが不要に。さらに30Wの超急速充電に対応するので、大容量バッテリーモデルにあがりがちな、『充電に時間がかかる』といった不満も解消されます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは上位モデルと同じSnapdragon 730G搭載

Socには上位モデルと同じ『Snapdragon 730G』を搭載。クロック最大周波数は2.2Ghzに及び、端末の操作、ゲームプレイ、AIといった、あらゆる面において高速化を実現。前モデルとなるSnapdragon 710と比較すると、CPU性能は35%、GPUのイメージレンダリング性能は25%、AI性能は2倍に向上。さらに、処理に伴う消費電力も大幅に削減され、相対的な進化を遂げています。

 

Xiaomi Mi Note 10 Liteは高精度なディスプレイ内指紋認証搭載

Xiaomi 『Mi Note 10 Liteは有機ELディスプレイを搭載しているので、『光学式指紋認証センサー』を画面内に埋め込む事が可能。最新技術の採用により、低い温度や手が乾いた状態でも、速いスピードで正確にロックを解除します。

Xiaomi Mi Note 10 Liteはゲーム時に便利なツールボックスに対応

Snapdragon 730GはGPU強化モデル。つまり、ゲームをするのに最適。Xiaomi 『Mi Note 10 Liteには、ゲーム中に特定機能へ簡単にアクセス出来る、ツールボックスが用意されています。ボックス内では、ネットワークの切り替え、通知ブロック、通話への応答、スクリーンショット、メッセージへのクイック返信といった操作が可能に。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは動画を撮るのが楽しくなるVlogモード搭載

動画撮影は『Vlogモード』に対応。編集するのが苦手な人でも、Vlogモードを使う事で、プロが撮って編集したかの様に、映像を格好良くつないでくれます。InstagramやTwitterに投稿すれば、イイネが沢山つくこと間違いなし。

Xiaomi Mi Note 10 LiteはHi-Res音源を高音質で聞ける

Mi Note 10 Liteは、上位モデルと同様にHi-Res音源の再生に対応。3.5mmのイヤフォンジャックを搭載するので、お気に入りのイヤフォンやヘッドフォンをそのまま使い、高音質でゲームや映画鑑賞を楽しめます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは高級感溢れる3色のカラー展開

カラーバリエーションは、男女が選びやすい『ミッドナイトブラック』『グレイシアホワイト』『ネビュラパープル』。独特の質感と光沢を活かした高級感溢れる3色展開。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.