8/29は早起き確定!Fire HD 8、防水Kindle、AI音響4Kテレビ、OfficeがAmazonでSALE祭り

Pocket
Facebook にシェア

8月29日土曜日は、少し早起きをする必要があります。なぜなら、Amazonタイムセール祭り午前9時にスタートするから。割引額が通常のセールより大きくなるので、人気商品はあっという間に売り切れてしまうビッグセール。今回も目玉商品が盛り沢山。一部セールの対象となる製品が発表されているので、簡単に紹介していきたいと思います!

8月29日午前9時開催!Amazonタイムセール祭り

8月29日午前9時開催!タイムセール祭り登場製品その1『Amazon Fire HD 8』

Amazonがリリースしている最新タブレットとなる『Fire HD 8』。『Fire 7』や『Fire HD 10』はこれまで何度かセールに登場していますが、『Fire HD 8』に関しては今回が初登場。つまり、『Fire HD 8』の値下がりを待っていた人達の注文が殺到する事間違いなし。

8インチという絶妙なサイズは、スタンドに立てて動画を観るにも、ベッドに寝転がってネットサーフィンするにも最適です。もしかすると、スマートフォンの出番が殆どなくなってしまうかもしれません。『9,980円~』という販売価格が、一体どこまで値下がりするのか、今から楽しみでたまりません!

すでに『Fire HD 8』を持っているけど、『家と外出用で使い分ける為にもう一台買おう』なんて人も続出しそうな予感。Amazonのデバイスはプライムサービスとの連携が最強なので、ついつい何台も欲しくなってしまうんですよね。1台買ってそのコスパの高さを知ってしまったら尚更の事。

8月29日午前9時開催!タイムセール祭り登場製品その2『Amazon Kindle Paperwhite(防水機能付き)』

読書が大好きだとしても、本を買えば買うほど、その置き場所で部屋が埋め尽くされる事に。だからと言って古本屋に売りに行くのも正直面倒くさいですよね。それにまた読みたくなって、読み返したい時が来るかもしれません。

Kindle Paperwhite』であれば、漫画本約650冊書籍数千冊32GBモデルの場合)を端末内に収納する事が可能です。部屋が本で散らからないだけでなく、読みたい本をすぐ見つけられるのもデジタルのメリットです。言葉の意味が分からない時はページ内にその意味を表示される事も。

また、フロントライトタイプのペーパーディスプレイは光の反射が無いので、長時間読書しても目が疲れにくいのが特長。今回セール対象となっている『Kindle Paperwhite』は『防水機能』つきなので、お風呂で読む事も勿論可能。防水機能を持たないスマートフォンの小さな画面で本を読むより、防水機能のついた『Kindle Paperwhite』で読書した方が何倍も楽しめますよ。

8月29日午前9時開催!タイムセール祭り登場製品その3『LG 50型 4Kチューナー内蔵 液晶 テレビ 50UN8100PJA』

Alexaに対応するLGブランド2020年型の最新4K液晶テレビ。画面サイズは50インチと、リビングに置くには丁度良い大きさ。音声操作が可能なのでリモコンフリーな状態に。また、このテレビの凄いところはそれだけではありません。4.0chのバーチャルAIサウンドに対応し、座る位置や角度に合わせて音を自動的に調整してくれます。まるで『Echo』の最上位モデル『Echo Studio』の様なハイテク機能ですね。

大画面4Kテレビに加えて一度にAI対応のスピーカーまで手に入るというのは、かなりコストパフォーマンスの高い買い物になる事間違いなし。しかも『50UN8100PJA』は『Active HDR』というLG独自のHDR処理技術を採用。フレーム毎に細かく処理を行うので、ハイコントラストな表現がより高精細に美しく。HDRコンテンツをよく見る人にとってはたまらない機能ですね。

8月29日午前9時開催!タイムセール祭り登場製品その4『Microsoft 365 Personal(最新 1年版) インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)』

Office 2019およびOffice 2019 for Mac台数無制限でインストール(同時利用5台まで)可能なスペシャルパッケージ。パソコンからタブレット、スマートフォンにまで幅広く対応しています。テレワークが増えているので、購入すを検討している人は多いはず。『Personal』は通常個人向けですが、日本の場合は商用利用が可能となっているので通常価格はやや割高に。つまり、購入するのであればセールの時がベスト複数の端末にインストール出来るOfficeを探していた人は、絶対にこの大チャンスを見逃せないですね。

5Gスマホは時期尚早。今オススメなスマホはシャオミ、OPPOのミッドレンジだ!超期間限定SALEであり得ない安さに!

続きを見る

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで最もお得に商品を購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大6,377ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。予算のワンランク上のものが買えますね!

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.