YouTubeもAmazon MusicもSpotifyも通信ノーカウントになるエンタメフリーオプションを使ってみた!

Pocket
Facebook にシェア

前から気になっていた『BIGLOBEモバイル』の『エンタメフリー・オプション』。『BIGLOBEモバイル』で音声SIMを契約している場合、『月額480円(税込:528円)』という激安価格で下記のサービスに関する通信が『カウントフリー』になるというもの。

動画配信(動画視聴のみ)

  • YouTube
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ聴取のみ)

  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック

電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ)

  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo

その他のアプリ

  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

月額480円(税込:528円)』で使えるサービスとしては大満足な内容なのですが、ここで一点注意が必要です。それは『BIGLOBEモバイル』は、キャリアから回線をレンタルして通信事業を運営している『格安SIM(MVNO)』だということ。格安SIMは、キャリアからレンタルする回線ユーザー数のバランスをうまくとる事で、コストをギリギリに抑えて低料金で通信サービスを提供しています。

仮に『エンタメフリー・オプション』を申し込んでいるユーザー全員が、最高解像度で『YouTube』を見始めた場合、回線は確実にパンクしてしまいます。その状況に耐えられる可能性があるのは『キャリア』のみ。Softbankが提供している『ウルトラギガモンスター+』はデータ通信料が『6,500円(税込:7,150円)』で、それでいて時間帯によっては『速度制御あり』。キャリアですら『動画見放題』というのは厳しいのです。対象となるサービスは多いですが、利用料金がやはり高すぎ。そして料金に関する説明が分かりづらすぎ。

格安SIMの場合、回線がパンクすると通信速度が極端に遅くなり、使い物にならない状態に。そうなると、『BIGLOBEモバイル』のサービス自体が成り立たなくなってしまいます。それを回避する為に、『エンタメフリー・オプション』に対応するアプリにはそれぞれ一定の制限が。それを元にした推奨解像度音質がコチラです。

動画配信(動画視聴のみ)

  • YouTube [画質 自動設定] (視聴可能な画質: 360p以下)
  • ABEMA [画質設定 最低以下]
  • U-NEXT [画質 最低画質]
  • YouTube Kids [画質 自動設定] (視聴可能な画質: 360p以下)

音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ聴取のみ)

  • Google Play Music [ストリーミングの質:標準以下]
  • YouTube Music [モバイルネットワーク使用時の音質 標準以下]
  • Apple Music 推奨品質の指定なし
  • Spotify [音質 標準音質以下]
  • AWA [ストリーミング音質 Normal以下]
  • Amazon Music [ストリーミング音質 低以下]
  • LINE MUSIC 推奨品質の指定なし
  • radiko 推奨品質の指定なし
  • らじる★らじる 推奨品質の指定なし
  • dヒッツ 推奨品質の指定なし
  • RecMusic 推奨品質の指定なし
  • 楽天ミュージック 推奨品質の指定なし

実際に『エンタメフリー・オプション』で『YouTube』の動画を再生し、どこまで実用的なのかを検証してみました。画質を144p→240p→360p→480p→720p60に変更しています。動画を見ていただければ分かるのですが、240pまではかなり映像が崩れてしまっていて、実用レベルとは言い難い画質。しかし、360pになるとかなり細かい文字も読める程度に。ここからが実用画質と言えます。

エンタメフリー・オプション』では『360p』が推奨画質となっているので、これは実用レベルという事になります。さらに、480pまで画質を上げても再生が止まることはありませんでした。スマートフォンの画面サイズであれば必要十分。回線に無駄な負荷をかけずに、ギリギリのところでうまくバランスをとっていると言えますね。

次に、『YouTube』の480p画質より、おそらく多くのデータ通信量を必要とする、Amazonハイレゾ音源配信サービス『Amazon Music HD』をチェック。Amazon Musicの推奨ストリーミング音質は『』以下となっているので、その通りであれば、そもそも『Amazon Music HD』の『HD』『UHD』音源は再生すらする事が出来ません。読み込みすら出来ないだろうと予想しつつ、いざ検証してみると予想外な結果に。

最初の読み込みに少し時間はかかりますが、途中で再生が止まる事はありませんでした。ストリーミング設定を『HD/Ultra HD』に切り替えているので、最も通信量のかかる状態。お昼時等は流石に厳しいかもしれませんが、『Amazon Music HD』が聴けてしまうというのは大きなメリットですね。『Amazon Music Unlimited』なら余裕という事でしょう。

BIGLOBEモバイル』の公式情報によれば、『YouTube』(360p)を1日3時間高音質(192kbps)で音楽2時間聴いた場合、1カ月にかかる通信量は『YouTube』が『約21GB以上』、『音楽鑑賞』が『約5GB以上』で合計で『約26GB以上』に。解像度や音質を上げれば、さらに通信量は上乗せされる事になります。つまり、大体『30GB以上』は確保しておかなければなりません。他の通信業者で契約した場合、一体どれくらいの利用料金が発生するでしょうか。『エンタメフリー・オプション』は月額480円(税込:528円)の激安オプションサービス。他のユーザーに迷惑をかけずに、安定的にサービスを楽しめるというのも魅力。これはヘビースマホユーザーにとっては神的なコスパ最強オプションサービスですね。

その『エンタメフリー・オプション』が、音声SIM契約と同時に申し込みをする事で、なんと『6カ月間無料』に。実際に使い勝手を確かめてから継続するかを決める事が出来るんです。利用料金だけ考えても、月額480円(税込:528円)の6カ月分なので『3,168円』得する事ができます。初回のみの特典となるので、申込みを忘れないようにしましょう。

さらに、『BIGLOBEモバイル』では、音声SIMの申し込みとスマートフォンの購入を同時に行う事で、『最大27,868円相当のポイント還元(ポイントは現金化可能)』を受ける事の出来る期間限定キャンペーン8月31日(月)まで開催中。この還元は契約時にしか受ける事が出来ないので、キャンペーン期間内はスマートフォンとの同時購入をオススメします。ラインナップは普段割引を受けるのが難しい人気モデルばかり。こんなチャンス滅多に無いですよ!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.