ハイパーガジェットチャンネル

YouTubeもAmazon MusicもSpotifyも通信ノーカウントになるエンタメフリーオプションを使ってみた!

Pocket

前から気になっていた『BIGLOBEモバイル』の『エンタメフリー・オプション』。『BIGLOBEモバイル』で音声SIMを契約している場合、『月額480円(税込:528円)』という激安価格で下記のサービスに関する通信が『カウントフリー』になるというもの。

動画配信(動画視聴のみ)

  • YouTube
  • ABEMA
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ聴取のみ)

  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック

電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ)

  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo

その他のアプリ

  • Facebook Messenger
  • au PAY マーケット

月額480円(税込:528円)』で使えるサービスとしては大満足な内容なのですが、ここで一点注意が必要です。それは『BIGLOBEモバイル』は、キャリアから回線をレンタルして通信事業を運営している『格安SIM(MVNO)』だということ。格安SIMは、キャリアからレンタルする回線ユーザー数のバランスをうまくとる事で、コストをギリギリに抑えて低料金で通信サービスを提供しています。

仮に『エンタメフリー・オプション』を申し込んでいるユーザー全員が、最高解像度で『YouTube』を見始めた場合、回線は確実にパンクしてしまいます。その状況に耐えられる可能性があるのは『キャリア』のみ。Softbankが提供している『ウルトラギガモンスター+』はデータ通信料が『6,500円(税込:7,150円)』で、それでいて時間帯によっては『速度制御あり』。キャリアですら『動画見放題』というのは厳しいのです。対象となるサービスは多いですが、利用料金がやはり高すぎ。そして料金に関する説明が分かりづらすぎ。

格安SIMの場合、回線がパンクすると通信速度が極端に遅くなり、使い物にならない状態に。そうなると、『BIGLOBEモバイル』のサービス自体が成り立たなくなってしまいます。それを回避する為に、『エンタメフリー・オプション』に対応するアプリにはそれぞれ一定の制限が。それを元にした推奨解像度音質がコチラです。

動画配信(動画視聴のみ)

  • YouTube [画質 自動設定] (視聴可能な画質: 360p以下)
  • ABEMA [画質設定 最低以下]
  • U-NEXT [画質 最低画質]
  • YouTube Kids [画質 自動設定] (視聴可能な画質: 360p以下)

音楽・ラジオ配信(音楽再生/ラジオ聴取のみ)

  • Google Play Music [ストリーミングの質:標準以下]
  • YouTube Music [モバイルネットワーク使用時の音質 標準以下]
  • Apple Music 推奨品質の指定なし
  • Spotify [音質 標準音質以下]
  • AWA [ストリーミング音質 Normal以下]
  • Amazon Music [ストリーミング音質 低以下]
  • LINE MUSIC 推奨品質の指定なし
  • radiko 推奨品質の指定なし
  • らじる★らじる 推奨品質の指定なし
  • dヒッツ 推奨品質の指定なし
  • RecMusic 推奨品質の指定なし
  • 楽天ミュージック 推奨品質の指定なし

実際に『エンタメフリー・オプション』で『YouTube』の動画を再生し、どこまで実用的なのかを検証してみました。画質を144p→240p→360p→480p→720p60に変更しています。動画を見ていただければ分かるのですが、240pまではかなり映像が崩れてしまっていて、実用レベルとは言い難い画質。しかし、360pになるとかなり細かい文字も読める程度に。ここからが実用画質と言えます。

エンタメフリー・オプション』では『360p』が推奨画質となっているので、これは実用レベルという事になります。さらに、480pまで画質を上げても再生が止まることはありませんでした。スマートフォンの画面サイズであれば必要十分。回線に無駄な負荷をかけずに、ギリギリのところでうまくバランスをとっていると言えますね。

次に、『YouTube』の480p画質より、おそらく多くのデータ通信量を必要とする、Amazonハイレゾ音源配信サービス『Amazon Music HD』をチェック。Amazon Musicの推奨ストリーミング音質は『』以下となっているので、その通りであれば、そもそも『Amazon Music HD』の『HD』『UHD』音源は再生すらする事が出来ません。読み込みすら出来ないだろうと予想しつつ、いざ検証してみると予想外な結果に。

最初の読み込みに少し時間はかかりますが、途中で再生が止まる事はありませんでした。ストリーミング設定を『HD/Ultra HD』に切り替えているので、最も通信量のかかる状態。お昼時等は流石に厳しいかもしれませんが、『Amazon Music HD』が聴けてしまうというのは大きなメリットですね。『Amazon Music Unlimited』なら余裕という事でしょう。

BIGLOBEモバイル』の公式情報によれば、『YouTube』(360p)を1日3時間高音質(192kbps)で音楽2時間聴いた場合、1カ月にかかる通信量は『YouTube』が『約21GB以上』、『音楽鑑賞』が『約5GB以上』で合計で『約26GB以上』に。解像度や音質を上げれば、さらに通信量は上乗せされる事になります。つまり、大体『30GB以上』は確保しておかなければなりません。他の通信業者で契約した場合、一体どれくらいの利用料金が発生するでしょうか。『エンタメフリー・オプション』は月額480円(税込:528円)の激安オプションサービス。他のユーザーに迷惑をかけずに、安定的にサービスを楽しめるというのも魅力。これはヘビースマホユーザーにとっては神的なコスパ最強オプションサービスですね。

聴き放題の音楽配信サービスはAmazon Music Unlimitedがお勧め!

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
LINE MUSIC
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:非対応
Google Play Music
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約4,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:非対応
Rakuten Music
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約4,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:非対応

Amazonプライム会員』であれば、利用料金は『780円(税込)』の『Amazon Music Unlimited』。他社より『200円』安いんです。この『200円』の影響は、サービスを利用する期間が長くなればなる程大きくなります。例えば一年継続した場合は『2,400円』。なんと『Amazon Music Unlimited』であれば『3カ月分』の利用料金に相当します。とてつもなく大きいですよね。

そして、『Amazon Music Unlimited』をお勧めしたい理由はもう一つ。音楽配信サービスを利用していて、そのサービスを想像以上に気に入ってしまった場合。『もっと良い音で聴きたい』と思うはず。なぜなら私がそうでした。しかし『Amazon Music Unlimited』以外には、さらに上のプランが用意されていないんです。『Amazon Music Unlimited』であれば、ハイレゾ音源が聴ける上位プラン『Amazon Music HD』に移行する事が可能。

Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

利用料金は『+1,000円』になりますが、ハイレゾ音源1曲単位で購入する事を考えれば激安。『本気で音楽を聴きたい』という人でも十分満足出来るのが『Amazon Music HD』です。

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

真夏のドライブにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo。通信量を気にせず音楽を聴きまくろう!
車で音楽聴くのにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo!夏のドライブが最高に盛り上がる!

夏と言えば車でドライブ。その最高のお供になるのが『音楽』です。スマートフォンを使って車の中で音楽を聴く方法は、カーオーディオとBluetoothもしくは有線接続、Amazon Echo AutoやFM ...

Snapdragon 695 5Gを搭載するスマートフォン
色々選べるスナドラ695搭載スマホ!シャオミ 、OPPO、モトローラ、AQUOS、Xperia、あなたはどれを買う?

スマートフォンの性能を決めるのは『Soc』です。2022年、日本モデルへの採用が目立つSocはQualcommの『Snapdragon 695 5G』。 Xiaomiより 『Xiaomi Redmi ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, エンタメフリーオプション, カテゴリー, スピードニュース, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信