久々だ!シャオミ Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9SがWセール!フォートナイトも余裕のハイスペ機

Pocket

日本でもすっかり人気が定着したXiaomi。なぜ人気なのかと言えば、それは圧倒的に『コストパフォーマンスが高い』から。最新モデルとなる『Redmi Note 9S』は『Snapdragon 720G』、『Mi Note 10 Lite』は『Snapdragon 730G』と、どちらも希少なSnapdragon700シリーズを搭載。『700』シリーズはスマートフォン全体で上から2番めのランクとなる『ハイミッドレンジ』カテゴリーに位置します。

スマートフォンの性能を数値化してくれるAntutuのベンチマークスコア。『ゲームが快適に遊べる』基準とされているのが『20万』を超えているかどうか。両モデルのスコアはその『20万』を遥かに超えているので、負荷のかかる3Dゲームも余裕でこなします。

Xiaomi Redmi Note 9S Antutuベンチマーク


Xiaomi Mi Note 10 Lite Antutuベンチマークスコア

Snapdragon700シリーズの凄いところは、これだけのパワーを持ちながら、電力効率に優れる事。両モデルとも『5,000mAh』を超える大容量バッテリーを搭載しているので、その高い電力効率と組み合わせると、連続駆動時間がとんでもない事に。スマートフォンの連続駆動時間を計測してくれる『battery life』で検証した結果、『Redmi Note 9S』の電池残量が100%から20%まで減るのにかかった時間はなんと『25時間31分』。

これまでに多くのスマートフォンの連続駆動時間を検証してきましたが、ここまで長く使えるモデルは初めてで驚きました。ちなみに、『Redmi Note 9S』の電池容量は『5,020mAh』、『Mi Note 10 Lite』は『5,260mAh』とさらに大容量なので、同様もしくはそれ以上の長い駆動時間が期待出来ます。時間がとれずに実機検証を行えていないのですが、近い内に試してみなければ。

Xiaomi Redmi Note 9S battery life 検証結果

処理能力が高く電池持ちも良い。さらにカメラ画質にも優れるのが『Xiaomi』の『ハイミッドレンジ』です。カメラ画質に関しては、上位モデルとなる『Mi Note 10 Lite』の方がはっきり言って格上。カメラに重点を置いてスマートフォンを選ぶのであれば、『Mi Note 10 Lite』を選んだ方が無難でしょう。しかし恐らく殆どの人が、『Redmi Note 9S』のカメラで『これで十分』と満足してしまう気が。私は正直満足しています。『Redmi Note 9S』で撮影した写真がコチラ。

美しい背景ボケから、数センチの距離まで被写体に近寄ったマクロ、さらに撮影するのが難しい夜景まで、難しい設定は不要でシャッターを押すだけ。勿論手持ちです。これはデジタルカメラの出番が無くなってしまいますよね。全ては世界トップクラスのカメラ開発技術を持つ、Xiaomiのアルゴリズムのお陰。

そして次に『Mi Note 10 Lite』で撮影した画像。大型のカメラセンサーSONY IMX 686を備えるので、光の取得量が『Redmi Note 9S』より多め。夜景の撮影画像を比較すると、その違いが明らかに。最大解像度も『Redmi Note 9S』が『4,800万画素』なのに対し、『Mi Note 10 Lite』は『6,400万画素』。ディテールがクッキリとでているのも、撮影サンプルからお分かりいただけるかと思います。しかし、『Redmi Note 9S』の画質もミッドレンジの中ではトップクラス。『Mi Note 10 Lite』の画質がフラッグシップ並に高いので、こういった結果になっています。

Xiamiはアップデートを頻繁に行うメーカーなので、仮に不具合が見つかったとしてもすぐに修正データを配信して対応してくれます。そういった部分も含め、本当に『Redmi Note 9S』と『Mi Note 10 Lite』は非の打ち所のない素晴らしいスマートフォン。そして現在、この両モデルが同時に激安となる『秋の人気スマホSALE』を開催中。

Redmi Note 9S』のセールには限定カラーとなる『インターステラーグレー』も含まれています。この色は他の格安SIMでは購入する事が出来ないのでかなりお勧め。

価格はこれまでのセールを大きく更新する最安値。ちょっと信じられない安さです。音声SIMと同時に購入する事で、『Redmi Note 9S』の4GB/64GBモデルが『6,800円(税込:7,480円)』。そして『Amazonタイムセール祭り』で売り切れになった6GB/128GBモデルは『11,800円(税込:12,980円)』に。なんと売り切れた価格の半額程度。そして他社からの乗り換えであればさらに『5,000円OFF』。4GB/64GBモデルは『1,800円(税込:1,980円)』、6GB/128GBモデルも『6,800円(税込:7,480円)』まで大幅に値下がり。1,800円!?

そして『Mi Note 10 Lite』も最安値更新です。新規申し込みの場合は『18,300円(税込:20,130円)』、他社からの乗り換えの場合は『13,300円(税込:14,630円)』で購入する事が可能です。ハイミッドレンジの上級モデル。こんなに安く売って大丈夫なのか。

Xiaomiの人気は日本でも高まる一方なので、『Redmi Note 9S』『Mi Note 10 Lite』共に品切れだけは十分にご注意ください!

シャオミ、エクスペリア、オッポ、アクオスが1円~!秋の人気スマホSALEがスタート!即買い必須の品切れ候補はコレだ!

続きを見る

シャオミのRedmi Note 9Sが盛大にやらかした!1,800円は流石に無いでしょ!これは安すぎ!絶対に品切れる!

続きを見る

格安SIMでXperia 10 IIが発売記念SALE開始!ご祝儀特価22,800円!まずい安さ!これは品切れるぞ!

続きを見る

格安SIMにXperia 10 IIが遂に登場!Amazon Music Unlimitedの4カ月99円と相性抜群だ!

続きを見る

OCNモバイルONEのSIMは激安なのに激速だった!さらに対応する音楽配信サービスが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

激安でスマートフォンを販売している『OCN モバイル ONE』。実は、利用料金も安いんです。あまりに安いので、肝心の『通信品質』は大丈夫なのかと、やや心配になります。『格安SIM』はキャリアから回線(帯域)をレンタルして通信環境を提供しているので、コストを削減すると通信速度が遅くなります。せっかく安い通信料金設定でも、速度が遅くては意味がありません。そこで、実際に『OCN モバイル ONE』のSIMを使って、混雑が予想される時間帯に速度を計測してみました。

20時50分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

20時からのバラエティ番組を見終わり、21時から始まるドラマに備えてSNSなどをチェックする『20時50分』という時間帯。測定結果は下り『38.86Mbps』上り『9.35Mbps』と申し分なし。

22時31分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

次に一日のすべき事を終え、ベッドでくつろぎながらスマートフォンを操作する人が増える『22時31分』に計測。下り『52.72Mbps』、上り『23.82Mbps』という、キャリアも真っ青のスピード違反レベルの速さ。これで文句をつけてしまったらただのクレーマーになってしまいます。

通信量を節約する為の『低速』時のスピードもあわせてチェック。『OCN モバイル ONE』が公表している速度は最大200Kbpsなのですが、なんとこちらもスピードオーバー。下りで『260Kbps』、上りで『370Kbps』という結果となっています。通信速度に関しては、ユーザーからすると『どんどんスピードオーバーしてください!』って感じですよね。

通信品質はどう見ても『超高品質』。さらに驚く程安い利用料金がコチラ。分かりやすくdocomoの料金と比較しています。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

最低契約期間:なし

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:1,180円(税込:1,298円)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

月額料金、通話料金共に圧倒的な安さ。通信速度の速さも実証されたので、乗り換えない理由が分からないレベルです。しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でもダントツでお勧めです。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

Redmi Note 10 ProとXiaomiのフラッグシプモデルMi 11のカメラ画質を比較
Redmi Note 10 ProとシャオミのハイエンドスマホMi 11のカメラ画質を比較【昼編】!価格差は5万円!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proが34,800円はスペック的にどう考えても安すぎる2 Redmi Note 10 Proと最上位モデル Mi 11のカメラ画質を比較!3 R ...

Redmi Note 10 ProのバックアップにはGoogleフォトよりマイポケット×OCNモバイルONEがお勧め!

記事に書かれている内容1 Xiaomiブランドを日本市場に浸透させるきっかけとなった高いガメラ技術2 Redmi Note 10 ProはMi Note 10の1億800万画素を引き継ぎつつイメージセ ...

OCNモバイルとマイポケットを組み合わせれば1100円でオンラインストレージがいつでもカウントフリー
【超裏技】OCNモバイルONEとマイポケットなら月額1,100円でオンラインストレージの利用がいつでもカウントフリーに!

記事に書かれている内容1 マイポケットはNTTコミュニケーションズが提供。安心して使えるオンラインストレージ2 まもなく楽天モバイルの利用料金無料キャンペーン(通信容量無制限)が終了。オンラインストレ ...

楽天モバイルなら利用料金3ヶ月無料で通信し放題
楽天モバイルが3ヶ月利用料金無料(容量無制限)キャンペーン開始!さらにスマホ同時購入で最大2万5千円相当のポイント還元!

記事に書かれている内容1 楽天モバイルの1年間利用料金無料キャンペーンが4月7日で終了2 楽天モバイルは無料キャンペーンが終わった後も通信量を1GB以内に抑えれば無料運用可能3 楽天モバイルでは新たに ...

Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10のベンチマークを実測
【実測】Xiaomi Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10の性能徹底比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラが主役のスマートフォン2 Redmi Note 10 Proのメインカメラで簡単に試し撮り!予想通りの高画質3 Redmi Note ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.