今だけ『1円』スマホOPPO A5 2020で近所の畑を撮ってみた。世界第5位OPPOが放つ格安ミッドレンジの実力とは!

Pocket
Facebook にシェア

格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、同社の7周年を記念して『人気のスマホセール』を開催中。7周年に因んで『7円』で販売されているモトローラの『moto g8』は早くも品切れ状態に。しかし、『7円』よりさらに安く販売されている『1円』のスマートフォンが存在します。

スマホが7円!?moto g8、moto g8 power、moto g8 PlusがOCNモバイルONEの7周年で祭り

続きを見る

OCNモバイルONE 7周年記念『人気のスマホセール』対象モデル

  • OPPO A5 2020 【新規、乗り換え】1円(税込:1円)
  • OPPO Reno A 【新規、乗り換え】7,800円(税込:8,580円)
  • OPPO Reno3 A 【新規、乗り換え】15,300円(税込:16,830円)
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite 【新規】20,300円(税込:22,330円)【乗り換え】15,300円(税込:16,830円)
  • moto g7 plus 【新規、乗り換え】7円(税込:7円)
  • moto g8 【新規、乗り換え】7円(税込:7円)
  • moto g8 power 【新規、乗り換え】3,100円(税込:3,410円)
  • moto g8 plus 【新規、乗り換え】7,800円(税込:8,58円)
  • AQUOS zero2 SH-M13 【新規、乗り換え】57,700円(税込:63,470円)
  • AQUOS sense 3 plus SH0M11 【新規、乗り換え】22,900円(税込:25,190円)
  • AQUOS sense3 SH-M12 【新規、乗り換え】5,900円(税込:6,490円)
  • ASUS ZenFone Max (M2) 4GB/64GB 【新規、乗り換え】7円(税込:7円)
  • TCL 10 Lite 【新規】11,000円(税込:12,100円)【乗り換え】6,000円(税込:6,600円)
  • TCL 10 Pro 【新規、乗り換え】21,400円(税込:23,540円)

それが世界第5位のスマートフォンメーカー『OPPO』の『OPPO A5 2020』。『1円』という価格を聞いて、そのスマートフォンがまともに使えると思う人は少ないでしょう。『OPPO A5 2020』は『5,000mAh』の大容量電池を搭載しているので、電池のもちが良いです。充電する手間が省けたり、長時間外出先で調べ物をするのには最適。正直『1円』ならそれだけで十分の様な気も。

しかし、それだけの為に『OPPO A5 2020』を使うのは絶対に勿体ないです。なぜなら、『OPPO A5 2020』が搭載しているSocは『OPPO Reno3 A』や『Xperia 10 II』といった高額ミッドレンジと同じ『Snapdragon 665』。さらにゲーム最適化機能『ゲームスペース』が備えられ、『競争モード』を設定すれば『フレームレート(表示速度)』と『タッチサンプリングレート(タッチ応答速度)』が向上。流石に『1円スマホ』で3Dゲームをして遊ぶのは厳しいかと思っていたのですが、実際に『Call of Duty』を遊んでみると余裕でした!『競争モード』の効果抜群です。

ちなみに、スマートフォンの性能を数値化してくれるAntutuで『OPPO A5 2020』のベンチマークスコアを計測すると、結果は『171,190』。

OPPO A5 2020 Antutuベンチマークスコア(競争モード設定時)

ワンランク下の『エントリーモデル』となる富士通arrows M05』のベンチマークスコアは『94,325』なので、『OPPO A5 2020』はその2倍近い性能を持つ事になります。

富士通 arrows M05 Antutuベンチマークスコア

十分な処理能力を持つ『OPPO A5 2020』。『1円』で販売する為には出来る限りのコストダウンが必要です。廉価モデルは外観ボディに『樹脂』素材を使うのが一般的。しかし『OPPO A5 2020』は高級感のある『ガラス素材』を使用。サイドに『アルミ』を使用するハイブリッド仕様で、耐久性にも考慮がなされています。3D設計が施されているので持ちやすく、実用面も含めて安っぽさは微塵も感じられない作りに。

ディスプレイには強化ガラス『Corning®Gorilla®Glass 3』を使用。20:9のアスペクト比は多くの情報を1画面に表示する事を可能とし、ニュースやSNSの閲覧が快適に。

映画鑑賞時には黒枠が少なくなり、画面一杯に映像が表示され没入感が向上。スマートフォンで観ているとは思えない大迫力で、大好きな作品を思う存分楽しめます。

そして映画をさらに盛り上げてくれるのが『OPPO A5 2020』の優れたサウンド機能です。スピーカーは『デュアルステレオ仕様』となっており、外部スピーカーに接続しなくても、スマートフォン単体で臨場感溢れる音を奏でてくれます。

さらに没入感を高めたい場合は、Bluetoothイヤフォンの使用がオススメ。『OPPO A5 2020』は低遅延、高音質コーデック『aptX』『aptX HD』に対応するので、Bluetooth特有の『音声の遅延』を気にする事なく無線環境でストレスなく映画やゲームの音声を聴く事が可能です。

OPPO A5 2020』はハイレゾ音源にも対応しているので、最高音質のストリーミン配信サービス『Amazon Music HD』の音を楽しむのにも最適。個人的なお気に入りは、『Dolby Atmos』と『ハイレゾ音源』の組み合わせ。『OPPO A5 2020』は有線イヤフォンを接続すると最新音響技術Dolby Atmos』の設定が可能になります。

ハイレゾ音源』の透明感に『Dolby Atmos』の立体感が加わり、スマートフォンで音楽を聴いている事を忘れさせてくれるクオリティに。色々なスマートフォンで『ハイレゾ音源』を再生してみましたが、『OPPO A5 2020』の音はフラッグシップモデルを含めても上位です。

処理能力』『デザイン』『ディスプレイ』『サウンド』において、ミッドレンジカテゴリーの中で優れた部類に入る『OPPO A5 2020』。締めくくりとなるのが『カメラ画質』です。低価格なスマートフォンは大体この『カメラ』で手抜きをします。しかし『OPPO A5 2020』は世界第5位のスマートフォンメーカー『OPPO』製。ここまできて『カメラだけ手を抜く』などありえません。

近所の畑を撮影した写真がコチラ。深度測定カメラが立体感を与え、モノクロカメラが植物や空の色を美しく彩っています。生命に溢れるダイナミックな描写を見せてくれた『OPPO A5 2020』。これは『メモ程度のカメラ』ではなく、『また撮りたくなるカメラ』の描写です。

5万円、10万円を出せば、もっと高性能なスマートフォンを買う事は出来ます。しかし、『OPPO A5 2020』のセール価格が『1円』ということを忘れてはなりません。『人気のスマホセール』は9月15日(火)の午前11時まで。しかしそこまで『品切れ』にならないという保証はどこにもありません。前回のセールではかなり早い段階で品切れになってしまった『OPPO A5 2020』。今回も危険です。

OPPO Reno Aを良いスマホだろうなと思って買ったら予想以上に良すぎた!これが7800円じゃ他が売れなくなるだろ!

続きを見る

午前11時でシャオミ Redmi Note 9Sが高くなる!9月8日迄に買った方が良いランク1位の安すぎるお勧めスマホ!

続きを見る

壊れにくいが正義!AQUOS sense3は沢山使うを想定して作られたベストコスパスマホ!人気のスマホセールで5900円

続きを見る

おサイフはOPPO Reno A、PayPayはシャオミ Redmi Note 9Sな理由。最強の2択が今だけ1万円切り

続きを見る

OCNモバイルONEのSIMは激安なのに激速だった!さらに対応する音楽配信サービスが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

激安でスマートフォンを販売している『OCN モバイル ONE』。実は、利用料金も安いんです。あまりに安いので、肝心の『通信品質』は大丈夫なのかと、やや心配になります。『格安SIM』はキャリアから回線(帯域)をレンタルして通信環境を提供しているので、コストを削減すると通信速度が遅くなります。せっかく安い通信料金設定でも、速度が遅くては意味がありません。そこで、実際に『OCN モバイル ONE』のSIMを使って、混雑が予想される時間帯に速度を計測してみました。

20時50分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

20時からのバラエティ番組を見終わり、21時から始まるドラマに備えてSNSなどをチェックする『20時50分』という時間帯。測定結果は下り『38.86Mbps』上り『9.35Mbps』と申し分なし。

22時31分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

次に一日のすべき事を終え、ベッドでくつろぎながらスマートフォンを操作する人が増える『22時31分』に計測。下り『52.72Mbps』、上り『23.82Mbps』という、キャリアも真っ青のスピード違反レベルの速さ。これで文句をつけてしまったらただのクレーマーになってしまいます。

通信量を節約する為の『低速』時のスピードもあわせてチェック。『OCN モバイル ONE』が公表している速度は最大200Kbpsなのですが、なんとこちらもスピードオーバー。下りで『260Kbps』、上りで『370Kbps』という結果となっています。通信速度に関しては、ユーザーからすると『どんどんスピードオーバーしてください!』って感じですよね。

通信品質はどう見ても『超高品質』。さらに驚く程安い利用料金がコチラ。分かりやすくdocomoの料金と比較しています。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

最低契約期間:なし

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:1,180円(税込:1,298円)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

月額料金、通話料金共に圧倒的な安さ。通信速度の速さも実証されたので、乗り換えない理由が分からないレベルです。しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でもダントツでお勧めです。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.