【最終日】高音質Amazon Echoシリーズが最大4千円OFF!Alexa対応のオススメ音楽配信サービスはコレ!

Pocket
Facebook にシェア

Wi-Fi接続に対応するAmazonの高音質スピーカー『Echoシリーズ』。9月12日までEcho DotEcho Dot with ClockEcho Show 5の3モデルがセールの対象となり、なんと『40%OFF』に。『Echoシリーズ』は音声AIアシスタント『Alexa』に対応するので、単体で『Amazon Music Unlimited』『Apple Music』『Spotify』『AWA』などの音楽配信サービスを楽しむ事が出来ます。各サービスの詳細は以下の通り。

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応

ビットレートの高さと楽曲数の豊富さでは、サイバーエージェントとエイベックスが提供している『AWA』がサービスとして優れています。価格は横並びですが、Amazonプライム会員であれば『Amazon Music Unlimited』は月額利用料金が『200円割引』されて『780円(税込)』に。継続的にサービスを利用する事を考えれば、『200円』は大きいかもしれません。

また、最高音質を楽しみたい人のために、Amazonは『Amazon Music Unlimited』の上位プランとなる『Amazon Music HD』を用意しています。『Amazon Music HD』の詳細は以下の通り。

Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応

ビットレートは他のサービスと比較して圧倒的に高く、圧縮フォーマットでも唯一ロスレスとなる『FLAC』に対応しています。月額利用料金も2倍程度に上がりますが、提供されている音質のを高さを考えれば、1,980円(Amazonプライム会員は1,780円)は安すぎるような気も。

私は最初『Amazon Music Unlimited』を契約していたのですが、興味本位で『Amazon Music HD』の無料体験に登録。やられました。ストリーミングでここまでいい音が聴けるのかと感動。もう『Amazon Music Unlimited』には戻れません。つまり、他の音楽配信サービスも無理という事ですね。『Amazon Music HD』は『Echoシリーズ』だけでなく、スマートフォンでも楽しむ事も可能。1日の中で音楽を聴いている時間が長い人は、あっという間に元がとれてしまうでしょう。

OPPO A5 2020で聴くAmazon Musicのハイレゾは格別。OCNモバイルONEの無料オプションで通信無制限

続きを見る

最初は『Amazon Music Unlimited』『Apple Music』『Spotify』『AWA』のいずれかから入り、更に高音質で聴きたくなったら『Amazon Music HD』という流れがベストかもしれません。

Amazon Echo Dot、Echo Dot with Clock、Echo Show 5が4割引は12日で終了!

9月12日まで、Echo DotEcho Dot with ClockEcho Show 5が3モデル揃ってプライスダウン。3モデルの特長はといえば、とにかく『音が良い』事。大きな理由の一つが『Wi-Fi』接続に対応しているから。BluetoothWi-Fiでは、一度に送れるデータの転送量が比較になりません。Wi-Fiはデータを多く送れる分、音質は向上し安定します。

音楽鑑賞を目的として購入するのであれば、Echo DotEcho Dot with Clockで十分だと思います。音楽に加えて『タイマー』や『アラーム機能』を活用したい場合は、数字をスピーカー面に表示してくれるEcho Dot with Clockがベストかと。時計とスピーカーを2つ置くとかさばりますからね。

また、Echo DotEcho Dot with Clockに『GGMM Dot』というモバイルバッテリーを装着すると、ワイヤレス環境で利用する事が可能。置き場所を問わず『Wi-Fi音質』を堪能出来ます。Wi-Fi対応のスピーカーはほとんどがケーブル接続必須になるので、こういった使い方が出来るタイプはかなり珍しいです。

いい音で音楽聴いて、時計や天気を確認して、さらにYou Tubeプライムビデオを見たいという人は5.5インチのディスプレイを搭載する『Echo Show 5』。正直これだけ出来て『6千円』てどう考えても安すぎるんですよね。しかも『Alexa』に対応しているので、当然音声による操作も可能です。

Alexaは音声操作だけでなく、Kindleで購入した本を読み上げてくれるんです。この機能、知らない人は結構いるはず。私は知らなかったので感動しました。

セール期間中はEcho Dot3,600円Echo Dot with Clock4,200円Echo Show 56,000円まで大幅に値下がり。通常販売価格からすでに安すぎる、Amazonオリジナルブランドのセールは、お買い得感が違います。

スマートリモコン『Remo mini』とセットで購入すると、割引額はさらにアップ。『Remo mini』があれば、赤外線通信に対応する『エアコン』や『照明』を外出先から操作する事が可能に。

それだけではなく、『Remo mini』は『温度センサー』を搭載し、『GPS』にも連動するハイテク仕様。慣れてきたら色々な使い方が楽しめます。スマートリモコンEchoシリーズを購入したあとに欲しくなるアイテムナンバー1。セール中に購入する事を強くお勧めします。

OPPO A5 2020で聴くAmazon Musicのハイレゾは格別。OCNモバイルONEの無料オプションで通信無制限

続きを見る

シャオミとOPPOの『ハイミッドレンジ』でフォートナイトしまくった結果。最も快適に遊べるお勧めスマホは意外にもコレだ!

続きを見る

9/8 AQUOS sense3の在庫が奇跡の復活!超人気端末と超格安SIMで2年間のコストを15万円以上節約しよう!

続きを見る

moto g8 power liteはiPhone SEやRakuten miniと相性抜群!最大26568円相当還元中

続きを見る

【終了間近】7周年記念SALEは1円~!シャオミ、OPPO、モトローラ、AQUOSが超安い!9月15日午前11時で終了!

続きを見る

Amazon『Echo Show 5』を開けてみた

Amazon『Echo Show 5』のパッケージはホームセンターに置いてあっても売れそうだけど安すぎるから無理か

Echo』シリーズでお馴染みの真っ青なパッケージ。テレビ通話可能である事が分かりやすくデザインされています。ホームセンターに並べておいたら売れそうですが、セール価格だと安すぎて、Amazonで売らないと利益が出ないでしょうね。

中身は本体、ACアダプタ、簡易説明書。

Amazon『Echo Show 5』のACアダプタはDCコネクタ使用。汎用性は低いけど固定で使うから恐らく不便は感じない

AVアダプタはかなりズンぐりしています。出力は『15W』と高出力。コネクタは残念ながら汎用的なタイプではない『DCコネクタ』。しかしEcho Show 5の場合は使う場所が固定されそうなので、コネクタの形状は特に気にする必要が無いかもしれません。

Amazon『Echo Show 5』はプライバシー保護が万全。女性でも安心して使える仕様

上部には音量音量調整ボタンに加え、『カメラカバー』と『マイクOFF』用のボタンが備えられています。『カメラカバー』と『マイクOFF』に関してはプライバシー保護が徹底されてますね。これなら女性でも安心して使えるでよう。

底面にはゴムがついていて、置いた場所から滑らない様に工夫がされています。地震の揺れで台の上から落下するといったことも防げるでしょう。

Amazon『Echo Show 5』のスピーカーは斜め下に音を反射させるタイプ。置き場所が重要になりそう

スピーカーは斜め下向きに。設置した場所の面に音を響かせるタイプなので、置き場所の素材によって音色が変わりそうです。机の上に置いて音楽を聴いていると、低音で机が振動しているのが分かります。

ディスプレイ側の右上には、ビデオ通話用のフロントカメラ(100万画素)を搭載。前述している通り、使用していない時はカメラカバーでレンズを覆う事が出来ます。

Echo』シリーズ4台目となったEcho Show 5。電源を入れたら、Wi-Fiなどのセットアップは自動的に行われました。やはり1台の『Echo』を登録すると、後は自動化されるみたいですね、便利です。ここからは、私が『Echo Show 5』を実際に使ってみて、『これは便利』と思った機能を紹介していきたいと思います。

Amazon『Echo Show 5』の便利な6通りの使い方

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その1『プライムミュージックで音楽を聴く』

やはりスピーカーなので、音質を確かめる事も含め、まずは音楽鑑賞です。スピーカーは斜め下に向けて音を鳴らすタイプで、低音がかなりハッキリと聞こえます。しっかりと音が反射する場所におかないと、ボーカル音がもやっとして聞こえづらくなりますね。出来るだけ硬い素材の上に置いた方が音がよく響くイメージです。『Echo Show 5』内の『設定』→『サウンド』から『イコライザー』を調整するする事も可能。デフォルトで低音が強めなので、『中音』と『高音』を調整すると、自分好みの音に近づける事が出来ると思います。しかしWi-Fi音質ヤバいですね。Bluetoothのスピーカーが聴けなくなってしまいそうです。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その2『YouTubeを見る』

動画が観られるのはディスプレイ搭載モデルの強み。スマートフォンをスタンドに立てて使う感覚で、手軽に動画配信サービスを利用できます。『AlexaYouTubeつけて』と話しかければ、Youtubeの画面が表示。YouTubeのアプリが入っているわけではなく、『Silky』か『Firefox』を選択して、どちらかのブラウザ経由でYoutubeを見る事が出来ます。『全画面表示モード』を設定すれば、動画を画面一杯に表示する事も可能。スマートフォンで観ている時とほぼ変わりませんね。音が異様に良いくらいです。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その3『プライムビデオを見る』

Alexaプライムビデオ開いて』と言えば、プライムビデオ用の専用画面が表示されます。UIが『Echo Show 5』用にカスタマイズされていて、シンプルで使いやすいですね。

Echo Show 5』はディスプレイ解像度が低めなので、動画系はちょっと厳しいかなと思っていましたが、5.5インチの小型サイズという事もあり、何の問題も無いですね。普通に綺麗です。尚かつ音も良いので『寝る前にちょっと海外ドラマが観たい』といった時には大活躍してくれるでしょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その4『Kindleで本を読んでもらう』

Amazonは『audible』という『聴く』読書サービスを提供しています。本の読み聞かせを利用するには、この『audible』に加入する必要があると思っていました。しかし、なんと『Alexa』が本を読んでくれるんです。『AlexaKindleで買った本表示して』と言えば、これまでに購入した本の一覧が表示されます。その中からタイトルを選び『Alexa、○○読んで』と言えば、ところどころ発音はおかしいですが、一字一字丁寧に読み上げてくれます。この機能、全く知らなかったのでちょっと感動。購入したけど読み途中で止まってしまっている本などがあれば、是非Alexaに読んでもらいましょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その5『ニュースを見る』

私のように特定のジャンルのブログを書いていると、入ってくる情報が偏ってしまい、世の中で一体何が起こっているのか、たまに分からなくなります。『』『』『』に『Echo Show 5』を使ってニュースを見る(聴く)癖をつけておけば、世の中に取り残されるにすみそうです。『Alexa、ニュース見せて』と言った時に表示されるニュースの配信サービスは、Alexaアプリの『その他』→『設定』→『フラッシュニュース』から変更する事が可能。様々なニュースが用意されているので、自分に合ったサービスを見つけましょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その6『天気表示付きの時計』

大きさが丁度目覚まし時計程度なので、見やすい時計として利用するのにも最適です。操作をしていない時は、『天気』『気温』『時刻』『日付と曜日』がディスプレイに表示されます。『Alexa、午前6時に起こして』と言えば朝のアラームがセットされ、『Alexa、30秒測って』とお願いすればキッチンタイマーへと変化。『ただの時計』ではなく、『Echo Show 5』は音声操作が可能な『超万能時計』です。

Amazon Echo Flex開封レビュー!音がハッキリ聴こえるから情報がしっかり伝わる!マイク感度も良好!コスパ高し

続きを見る

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで最もお得に商品を購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大6,377ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。予算のワンランク上のものが買えますね!

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.