格安SIMで通信料金大幅節約して貯金しよう!OCNモバイルONEなら安定の高速通信!さらにオススメの最新スマホが安い!

Pocket

『家電(いえでん)』から『ガラケー』に、そして今は『スマートフォン』を殆どの人が利用しています。『ガラケー』が使われ始めた当初は通信料金がまだ制御されていなかったので、『10万円の請求書が届いた』などという人もザラでした。その頃と比較したら、今は大分安くなったイメージ。それでも、月に『1万円以上』のモバイル通信料金を支払い続けている人はまだ沢山います。

総務省が2019年11月に発表した携帯電話の料金等に関する利用者の意識調査

家に光回線が開通しておらず、WiMAXなどを併用していて『1万円以上』の支払いが発生しているというのであれば、ある程度納得も出来ます。しかし、MM総研が5月20日に発表したデータ(2020年2月時点)によると、月に利用しているモバイル通信量が『3GB以下』という人が全体の『6割』。この結果を見ると、光回線の料金は『別に支払っている』と考えるのが妥当でしょう。そうなると、一ヶ月に『1万5千円程度』の通信料金を支払っている人も多数存在するという事に。それではお金がたまりませんよね。

では、『3GB』のモバイル通信を利用するのに、どれくらいの利用料金が発生するでしょうか。通信業者は大きく分けて、回線を直接提供すdocomoauSoftbankといった『MNO(キャリア)』と、キャリアから回線をレンタルしてユーザーに提供する『MVNO(格安SIM)』の2通りに分けられます。

MNO(キャリア)』を利用するメリットは『通信速度』の速さ。しかし基地局の設置やメンテナンスなど、ランニングコストが嵩むのでその分利用料金は高額に。

MVNO(格安SIM)』のメリットはなんと言っても『利用料金』の安さ。『MNO(キャリア)』と違って自ら基地局を持たないので、コストは最小限に抑える事が出来ます。キャリアからレンタルしている回線(帯域)数は各社によってばらつきがあるので、そこはしっかりと選定する必要があります。

しかし、『3GB』程度の通信を行うのに、『通信速度』に優先順位をおいている人が多いとはどうしても思えません。殆どの人が『速度』より『利用料金』をとるでしょう。では、キャリアと『格安SIM』ではどの程度利用料金に差が出るのでしょうか。通信キャリア『au』と『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』で『月間3GB』の通信を想定し、2年間のランニングコストを比較してみました。

auの通信料金+端末料金

回線:au回線

契約プラン:データMAX 4G LTE

月額利用料金:7,650円(税込:8,415円)×18カ月=151,470円(税込)

最初の6カ月間:6,650円(税込:7,315円)×6カ月=43,890円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,800円(税込:1,980円) 5分以内何度でも=800円(税込:880円)

2年間の通信コスト=195,360円(税込)

OCNモバイルONEの通信料金+端末料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信3GB音声対応SIM

月額利用料金:1,480円(税込:1,628円)×24カ月=39,072円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

2年間の通信コスト=52,272円(税込)

au』では最初の6ヶ月間『1,000円』の割引が行われるので、それを含めて計算しています。『au』を利用して2年間にかかる通信コストは『195,360円(税込)』。金額を見ただけで少し高すぎるような気がします。そして格安SIMの『OCN モバイル ONE』はと言えば『52,272円(税込)』。これは、継続すると差額で軽自動車が買えるのでは。

通話料金も専用アプリを利用すればauの半額にかけ放題に関しても『OCN モバイル ONE』の方が豊富に用意されています。

さらに『OCN モバイル ONE』は『格安SIM』でもっとも気になる『通信速度』において、MM総研が2020年2月に発表した調査結果(docomo回線通信速度)では6社中ダントツで『第1位』を獲得。私はすでに『OCN モバイル ONE』を契約していますが、速度に関して不満を感じた事はありません。なので、自信を持って『OCN モバイル ONE』をオススメできます。

固定電話』から『携帯電話』に移行した人は、『携帯電話の利用料金は高いもの』という認識を持っています。私も最初はそうでした。しかし、それは一昔前までの話。『格安SIM』が登場してからは取捨選択が可能になりました。選択肢が増えているのに通信料金の高額な『キャリア』を使い続ける事は、正直日々の生活を苦しくするだけ。逆に言えば、キャリアから格安SIMに切り替える事で、誰でも簡単大幅な節約が可能になります。食費や洋服代を我慢するよりも、よほど健全ですね。

そして、『OCN モバイル ONE』に乗り換えをするのであれば、タイミングも重要です。『OCN モバイル ONE』では音声SIMの契約と同時に購入する事で、スマートフォン本体が大幅割引に。スマートフォンのみを単体で購入する事は出来ないので、これはSIM契約時の特権と言えます。限定セール期間中であれば、1万円以内で購入出来るスマートフォンが盛りだくさん。私は『1円』に値下がりしているスマートフォンを購入しましたが、もちろんしっかり届いて使えています。安く購入する為の『強制加入オプション』などもありません。

生活費を大幅に節約したいなら、通信キャリア(docomoSoftbankau)から『格安SIM』(OCN モバイル ONE)に乗り換え。乗り換えるタイミングは、OCN モバイル ONEのセール時期。この2つを実行すれば、スマートフォンの維持費は信じられないほど安くなります。是非お試しください。

トレンドmoto g8、光学moto g8 power、アクションmoto g8 Plusが7円~は後1日で終わり!

続きを見る

9/8 AQUOS sense3の在庫が奇跡の復活!超人気端末と超格安SIMで2年間のコストを15万円以上節約しよう!

続きを見る

【終了間近】7周年記念SALEは1円~!シャオミ、OPPO、モトローラ、AQUOSが超安い!9月15日午前11時で終了!

続きを見る

秋の人気スマホSALEに1円スマホOPPO A5 2020が登場!桁違いのパフォーマンスを見よ!安定の品切れ候補だ!

続きを見る

OCNモバイルONEは対応する音楽配信アプリが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

月額利用料金、通話料金、通信品質共に申し分の無い『OCN モバイル ONE』は、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でも、やはりダントツでお勧めです。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
Leitz Phone 1
Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受 ...

3年待ち!Xiaomi Mi Pad 5らしきタブがヨーロッパの認証機関を通過。ついにグローバルモデルの登場か!

これまで何度となくリリースの噂が出ていたXiaomiの最新タブレットMi Pad 5。しかし未だに実機が姿を見せた事はありません。前モデルとなるMi Pad 4が登場したのは2018年6月。すでに3年 ...

キャンプスマホ
キャンプに持っていきたい高耐久スマホ!Motorola Defy 2021らしき画像とスペックがリーク!

信用度の高い情報提供者Evan Blassが、Motorolaの最新高耐久型スマートフォンMotorola Defy 2021(仮名)に関する画像及びスペックをリークしました。 Motorola De ...

OnePlusがOPPOとのさらなる統合を発表。リソースの共有により品質の向上、安定化、より速いアップデートを目指す!

2021年1月、OnePlusは研究開発(R&D)部門をOPPOと統合する事を発表。元々OnePlusはOPPOから派生した企業になるので不自然な流れではありません。 そして6月16日、One ...

ファントムホワイト
Galaxy Buds Proに白バージョンが出るかも?海外公式サイトにファントムホワイトの画像が追加!

Samsungより Samsungは2021年のはじめにGalaxy Buds Proをリリースしました。カラー展開はファントムブラック、ファントムシルバー、ファントムバイオレットの3色。 Samsu ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM, 節約
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信