Air Podsも良いけど長時間駆動&ハイブリッドANC対応のSoundLiberty 94は1万円以下!超お勧めTWS

Pocket
Facebook にシェア

イヤフォンカテゴリーで圧倒的な人気を持つ左右分離型完全ワイヤレスイヤフォンTWS』。株式会社BCNが2019年9月27日~9月27日にかけて行った調査結果によると、『TWS』を購入した理由で最も多いのは『便利そうだった』で55.2%、次が『使いやすそう』で43%、3番目が『通勤しながら使いたい』で24%となっています。『何となく買った』という人が多い比較的多いようですね。

そして、実際に『TWS』を購入してどういった使い方をしているかについて、2020年3月11日に同じく株式会社BCNが発表した結果がコチラ。『通勤通学時』が53%、『散歩ウォーキング』が30.6%、『その他移動中』が29.8%という結果に。ケーブルの無い完全ワイヤレスの特性を活かし、『何かしながら音楽を聴く』という使い方がメインとなっています。

ここで重要になるのが、『何かしながら音楽を聴く』というのであれば、『音質』に強くこだわる必要は無いということ。『駆動時間の長さ』『ノイズキャンセリング機能』『防水性能』などに重点を置いて選んだ方が、間違いなくコスパは上がります。

ノイズキャンセリング機能は、マイク側(CVCなど)と聴く側の2種類が存在するので『ノイズキャンセリング対応』と書いていても内容には注意する必要があります。また、聴く側の『ノイズキャンセリング機能ANC)』をONにすると電力消費が激しくなるので、長時間駆動モデルを選択するのが無難と言えるでしょう。

TaoTronicsの『SoundLiberty 94』は『フィードフォード』と『フィードバック』という2つのノイズキャンセリング方式を採用。外側耳元2箇所検出用のマイクが備えられ、検出したノイズはノイズキャンセリング回路が解析

逆位相(逆の信号)の音を流す事により、環境騒音を35dBまで低減。これは深夜の郊外に該当するレベルの静けさ。静まり返った街の外れで音楽を聴いているかのような没入感を味わえます。

検出用マイクは『外音取り込みモード』に設定すれば周囲の音を聞き取る事も可能。車や人通りの多い場所での安全の確保もバッチリです。

さらに『SoundLiberty 94』の連続駆動時間単体で最大『8時間』とかなり長目。これはAirPodsの最大『5時間』を遥かに凌ぎます。ノイズキャンセリングを『ON』にしても駆動時間はAirPodsと同等の最大『5時間』。さらに付属の充電ケースを利用すれば、最大『32時間』、ノイズキャンセリング利用時でも最大『20時間』の長時間駆動を実現します。充電ケースUSB Type-Cに対応し、フル充電にかかる時間はわずか2時間。駆動時間、充電どちらに関してもパフォーマンスはかなり高め。

防水規格は『IPX4』に準拠。トレーニング中にかいた汗や、急に降り出した雨を気にすることなく音楽を楽しめます。防水規格の対応により、『何かしながら音楽を聴く』という『TWS』の利用目的を幅広いシーンでサポートする事に。

これだけで『TWS』に求められるスペックが十分すぎる『SoundLiberty 94』。TaoTronicsは長年Bluetoothイヤフォンの開発を続けているメーカーだけあり、『音質』にもこだわっています。φ9.2mmの大型ドライバーには『PEEK』と『TPU』2つの素材を使って二重構造に。バランスのとれた中音域、豊かで迫力のある低音域を実現しています。これだけ揃って価格は『1万円以内』。

そして『TWS』と相性抜群なのが音楽のサブスクリプションサービス。インターネット環境さえあれば大好きな音楽が『聴き放題』。1曲ずつ購入するより間違いなく安いです。後はどのサービスを利用するか。Amazonプライム会員であれば『Amazon Music Unlimited』がダントツの安さ。ビットレートと配信曲数の数では『AWA』がオススメです。ベストな『TWS』と『サブスク』の組み合わせで日々の生活をとことん盛り上げましょう!

オススメの音楽配信サービスはコチラ

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
Apple Watch SEと格安SIMのiPhone SE 2ndが同時に発売開始!最大26568円相当の還元あり!

続きを見る

Amazon echo plusが17980円OFFの衝撃。同時購入で高音質Wi-Fiステレオ環境が1万円台で手に入る!

続きを見る

シャオミ、OPPO、Motorolaの最新スマホに最大28568円相当のそんなに大丈夫ですか?的な超還元キャンペーン開始

続きを見る

9月19日開始のAmazonタイムセール祭りはシャオミのRedmi Note 9SとAnkerの長時間駆動TWSで決まり

続きを見る

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで最もお得に商品を購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大8,762ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。予算のワンランク上のものが買えますね!

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.