Air Pods Pro真の対抗馬!Bose初となるノイズキャンセル機能搭載TWSがプライムデー終了と同時に発売開始!

Pocket
Facebook にシェア

現在予約受付中となっている『QuietComfort Earbuds』は、『Bose』初の『ノイズキャンセリング機能』を搭載した『TWS』。『Bose』は音質だけでなく『ノイズキャンセリング機能』の評価がとても高いので、リリースを心待ちにしていた『Bose』ファンは多いでしょう。そしてついに、10月15日から『QuietComfort Earbuds』の発売が開始されます。

QuietComfort Earbuds』の一番の特長は、なんと言っても『ノイズキャンセリング』。『アクティブノイズキャンセリング』と『パッシブノイズキャンセリング』という2つの技術を組み合わせています。

アクティブノイズキャンセリング』は内側外側に設置した2つのマイクを使用して、周囲の音をモニタリング及び解析。それらと逆位相の音波を流す事により音を打ち消します。ノイズキャンセルのレベルは、スマートフォン用の『Bose Musicアプリ』を使用すれば、『NOISE CANCELLING HEADPHONES 700』と同じ『11段階』で調整が可能。

左側のイヤフォンに触れる事で登録した『3段階』のレベル切り替えに対応するので、その都度アプリを開く必要はありません。人通りが多い場所などではノイズキャンセリング機能を弱めにする事で、安全をしっかりと確保出来ます。

パッシブノイズキャンセリング』は、簡単に言えば『耳栓効果』を高めたもの。『Bose』の特許技術を使用した『StayHear® Maxイヤーチップ』は、空気が入らぬような『密閉空間』を生み出す事で低音に深みを与え、さらにどんなに動いても『外れにくいフィット感もあわせて実現しています。耳に触れる部分には全て柔らかい『ソフトシリコン素材』が使用されているので、長時間の装着にも最適です。

また、『アクティブEQテクノロジー』により『高音』と『低音』を音量に合わせて自動調整。本来音を小さくするとチープになりがちな音質をバランスよく保ち、どんな音量でも臨場感溢れれる『Boseサウンド』をしっかりと維持します。

連続使用時間は『6時間』とTWSにしては長目。これは『Air Pods Pro』の『4.5時間』を『1.5時間』上回っています。充電機能はクイックチャージに対応し、15分で『2時間』の再生を可能に。充電ケースは2回分のフル充電(最長12時間)を行う事が出来るので、外出先でも電池切れの心配はありません。充電ケースは『Air Pods Pro』と同様に『ワイヤレス充電(Qi規格)』に対応。ケーブル要らずな『置くだけ充電』で手間を感じさせません。

防水規格は『IPX 4』に準拠。トレーニング中に汗をかいたり、急に雨が降り出した時でも安心して『QuietComfort Earbuds』を利用し続ける事が出来ます。

2つの技術を駆使した高いノイズキャンセル機能』『6時間長時間駆動』『アクティブEQテクノロジーによる高音質』『充電ケースワイヤレス充電対応』。欲しくなるポイントが盛り沢山な『QuietComfort Earbuds』。これは『Air Pods Pro』の真の対抗馬と言えるのではないでしょうか。個人的には『QuietComfort Earbuds』の方が欲しいかも。

発売開始は10月15。くしくも『Amazonプライムデー』の翌日です。『Amazonプライムデー』には『Air Pods Pro』の下位モデルとなる『Air Pods』が登場予定。価格では安い『Air Pods』ですが、『ノイズキャンセル機能』は非搭載。通勤や通学を出来るだけ静かに送りたい人は、『Amazonプライムデー』をスルーして『QuietComfort Earbuds』を購入すべきか!『Amazonプライムデー』開始となる10月13日まで存分に悩みましょう。

Amazon Music Unlimitedが絶対お勧めな理由。4カ月99円聴き放題は10月14日まで!継続メリットあり

続きを見る

電気メーカーSONYのXperia 10 IIを絶対に買うべき理由とは。動画、音楽をとことん楽しめる究極のエンタメスマホ

続きを見る

iPhone SE 2ndにぴったりな『BeatsX』『Powerbeats Pro』がAmazonプライムデーに登場!

続きを見る

本日終了!Amazonプライムデーで更にお得にFire HD 8、Air Pods、Echo、Kindleを購入する方法

続きを見る

Amazonプライムデーで更にお得に買い物をする方法!

Amazonプライムデー』では間違いなくいつもより購入額が増えるはず。そこでお勧めしたいのが『Amazonチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ)』です。Amazonでは『Amazonプライムデー』の開催に先駆けて、『Amazonチャージ』のポイント還元率を10月14日まで限定で大幅にアップ(ページ内になるキャンペーンに登録するボタンを押すと適用)。プライム会員の場合は最大『3.0%』のポイント還元を受ける事が出来ます。仮に『Amazonプライムデー』で20万円分の買い物をするとしましょう。『Amazonチャージ』を利用した場合、『3%還元』なのでなんと『6,000円』相当も得する事が出来ます。『Amazonプライムデー』の激安価格からさらに『6,000円』差し引かれると考えると、これはものすごくお得ですよね。

Amazonプライムデー』が始まってしまうと、恐らく買い物に集中しすぎて『Amazonチャージ』を忘れてしまうかもしれません。開始までの残り期間で『Amazonプライムデー』の予算を決めて、『Amazonチャージ』しておく事をお勧めします。

そしてもう一つが、『Amazonプライムデー』が開催される直前の10月12日23時59分まで行われている日本の中小企業応援キャンペーン。対象の商品を『1,000円以上』購入すると、『1,000円OFF』のクーポンをもらえるというもの。うまく使えば限りなく『100%』に近いリターンを受ける事が出来ます。『マスク』や『シャンプー』といった生活必需品も多く取り揃えられているので、『Amazonプライムデー』前に確認してみましょう。

さらに最大『20,000円』相当のポイントが当たる『スタンプラリー』も開催中。

コチラからエントリー後、『Amazonプライム配送特典の対象商品購入(1,500円以上)』『Prime Videoの視聴』『Prime Musicを聴く』『Prime Readingの本を読む』を行うと、4つのスタンプが集まります。

タイムセール祭りでもおなじみの『ポイントアップキャンペーン』も適用されるので、忘れずにエントリーを行っておきましょう。

最大級のセールイベントだからこそ、最もお得な方法で買い物を。それこそが『Amazonプライムデー』の最高の楽しみ方です!

Amazonプライムデー2020お勧め目玉商品10選

 

Amazonプライムデー2020 目玉商品その1『Amazon Fire HD 8』

Fire 7』が寝転びながらネットサーフィンやYouTubeを観るもの、『Fire HD 10』がスタンドに立ててじっくり映画を楽しむものだとしたら、どちらにも対応出来てしまうのが『Fire HD 8』。2台購入しないなら、間違いなく『Fire HD 8』を1台購入するのがベストです。家の中ではスマートフォン並に利用頻度が増えるであろう『Fire HD 8』が『Amazonプライムデー』に!

まだ一度しかセールに登場した事の無い『Fire HD 8』。前回の『タイムセール祭り』では『6,980円(税込)』まで値下がりしました。『Amazonプライムデー』では当然ながら、さらなる値下がりが期待されます。『5,980円』か『5,480円』辺りまでいけそうな予感!購入するタイミングをじっと待っていた人、『Fire HD 8』を5千円台で購入出来たら羨ましすぎるぞ!

Amazonプライムデー2020 目玉商品その2『Amazon Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB』

読書ブームで利用者が急増しているAmazonの電子書籍リーダー『Kindle』。上位モデルとなる防水機能(最高ランクとなるIPX8)搭載モデル『Kindle Paperwhite』が『Amazonプライムデー』に登場します!300ppiという紙の印刷に近いレベルの解像度を持つので、文字が滲まず読んでいて目が疲れません。

また、防水仕様なのでお風呂の中で本を読む事だって勿論可能。濡れる事を気にせず本の内容に集中したい人に『Kindle Paperwhite』はかなりお勧めです。

前回の『タイムセール祭り』では『広告つきモデル』が『10,980円(税込)』まで値下がり。今回『Amazonプライムデー』に登場すると紹介されているのは『広告なしモデル』。通常販売価格は2,000円高い『15,980円(税込)』。『広告なしモデル』が『10,980円(税込)』まで値下がりしたら、間違いなく『買い』ですね。『Amazonプライムデー』ならありうるかも!

Amazonプライムデー2020 目玉商品その3『Amazon Echo Show 8』

8インチというテレビ電話に丁度いいディスプレイサイズを搭載する『Echo Show 8』。『コロナ禍』で実家に帰省出来ていない人も沢山いる筈。是非この『Echo Show 8』をご家族にプレゼントして『オンライン帰省』を試してみましょう。私は一回り小さい『Echo Show 5』に加えてディスプレイ非搭載モデルを幾つか所有していますが、『ディスプレイがある』のはやはり完全に別物。時計やタイマーとして使えるのは勿論のこと、ニュースや動画、レシピの閲覧にも利用できます。

前回のセールでは通常販売価格『14,980円(税込)』が『9,980円(税込)』まで大幅に値下がりしている『Echo Show 8』。『Amazonプライムデー』ではここから更に値下がりしてしまうのでしょうか。そうなると『8,980円(税込)』辺りが想定価格か!

Echo Show 5』は音がかなり良いのですが、『Echo Show 8』ではスピーカーが更に強化されているので、音楽を聴く目的として購入しても満足度は高いはず。映画を観るディスプレイとスピーカーをセットで購入すると考えれば、かなりお得ですよね。

Amazonプライムデー2020 目玉商品その4『Amazon Echo Dot(第3世代)』

ミニマムサイズで置き場所に困らないAmazonEcho Dot。リリースされたばかりの『Echo Dot(第4世代)』ではなく『Echo Dot(第3世代)』がプライムデーの対象に。『Echo Dot(第3世代)』を選ぶメリットは、『GGMM Dot』と組み合わせて完全ワイヤレス状態で利用出来る事。見た目は正直『Echo Dot(第4世代)』の方が可愛らしいような気も。しかし利便性でいうと間違いなく『Echo Dot(第3世代)』。2台揃えるとAlexa対応の高音質Wi-Fiステレオスピーカーに。新世代が登場したので売り切りの可能性も。価格がどこまで下がるのか大注目です!

Amazonプライムデー2020 目玉商品その5『Apple AirPods with Charging Case』

最も注目される商品の一つになるのが『Apple AirPods with Charging Case』。『Apple H1ヘッドフォンチップ』を採用することでデバイスとの接続を高速化。接続を安定させる事で、ワイヤレス環境ながら高音質を実現しています。1度のフル充電で5時間、充電ケースを使えば24時間の長時間再生を可能に。Siriによる音声操作にも対応し、iPhoneをカバンの中に入れた状態でもメッセージの確認や音楽の操作を行えます。TWSを代表する正統派モデル。これは売り切れ要注意ですね。

Amazonプライムデー2020 目玉商品その6『Bose Companion 2 Series III』

世界を代表する音響機器メーカー『Bose』の『Bose Companion 2 Series III』も『Amazonプライムデー』の対象に。パソコンでオンライン動画やストリーミング音楽を楽しんでいる人にとっては間違いなく最適な選択肢。『価格と大きさからは信じられない良い音が出る』といった評判が後をたたない同モデル。ノートパソコンやPCディスプレイから出ている音に満足していない人は、これを機会に導入してみては。パソコン環境が激変するはず。初『Bose』にもお勧めです。

Amazonプライムデー2020 目玉商品その7『SHURE イヤホン SE215 Special Edition』

なんとSHUREリケーブルイヤフォンも『Amazonプライムデー』に登場!『シングルダイナミック型MicroDriver』を搭載する事で、低域に厚みを増したスペシャルエディション。リケーブルモデルなので、ケーブルを自由に付け替えてカスタマイズする事が可能。市販されているイヤフォンに飽きてしまったり、音質にイマイチ物足りなさを感じている人は、ケーブルで音が変わる『リケーブルイヤフォン』に挑戦してみては。

Amazonプライムデー2020 目玉商品その8『BeatsX』

最も買いやすい価格設定なのは、セール前からすでに一万円を切っている『BeatsX』。『Apple W1 チップ』を採用する事で最長8時間の長時間駆動を実現。僅か5分間約2時間の再生を可能とするスピード充電機能も魅力。

Siriに対応する『RemoteTalkケーブル』を備えるので利便性も抜群です。

Air Pods』からややスポートテイストを強めたデザインは『ブラック』『サテンシルバー』『レジスタンスブラックレッド』の3色展開。スポーツバンドの『Apple Wath』とも間違いなく合いますね。

Amazonプライムデー2020 目玉商品その9『Powerbeats Pro』

上位モデルとなる『Powerbeats Pro』は左右完全分離型の『TWS』。『Air Pods』が『外れやすい』という人にお勧めな、しっかりと耳にかけられる『イヤーフック』タイプ。『Air Pods』と同じ『Apple H1 チップ』を採用する事で、『iPhone』『iPad』『Apple Wath』間の切り替えを更に高速化。たとえ音楽を聴いている最中であっても、前モデルと比較して『2倍』の速さを実現しています。

連続駆動時間は最長『9時間』。これは『Air Pods』の最長『5時間』を遥かに凌ぎます。『Fast Fuel』機能により5分の充電で約1時間半の再生時間を確保。充電ケースを利用すれば、連続駆動時間は『24時間以上』に延長されます。

モーション加速度センサーの搭載により、ワークアウトの中断を検知して自動的に『スリープ』モードに切り替える省エネ機能も。

さらにBluetoothの電波強度は『Class 1』に準拠するので、無線特有の『音の途切れ』をしっかりと回避。『耐汗・耐水性能』はさらに強化。勿論『Siri』にも対応しています。これはちょっと無双すぎる。デザインが気に入れば、性能的には『Air Pods』よりもお勧めですね!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.