おサイフ、カメラ、防水、電池もち、容量、価格が全部満足出来るスマホOPPO Reno3 A!23日まで13,300円!

Pocket
Facebook にシェア

これまで長い期間スマートフォン市場を見てきましたが、選ぶ時に『優先されている』と感じるのが『おサイフケータイ』『カメラ画質』『防水機能』『電池もち』『容量』『価格』の6つ。当然人によって、どの部分を優先したいかは変わってくるでしょう。項目が『2つ』『3つ』程度の場合もあれば、『全部に当てはまらないと買わない』という拘りが強い人も当然いるはず。つまり、6つの内に該当する数が多ければ多い程『求めるユーザー』は増え、満足度の高いスマートフォンという事に。

この『おサイフケータイ』『カメラ画質』『防水機能』『電池もち』『容量』『価格』において、全てが満足出来るレベルに到達しているのが『OPPO Reno3 A』です。SIMフリースマートフォンを代表する人気モデル『OPPO Reno A』は、『OPPO』のスマートフォンではじめて『おサイフケータイ』機能を搭載しました。その事がきっかけとなり日本市場で大ブレイク。『OPPO』の名前と性能の高さを日本市場に知らしめる、最も重要なミッションをしっかりとこなしました。新モデルとなる『OPPO Reno3 A』も、当然『おサイフケータイ』機能を引き継いでいます。

カメラは『OPPO Reno A』が『1,600万画素のメインカメラ』と『深度測定カメラ』のデュアル(2眼)仕様。それが『OPPO Reno3 A』ではメインカメラの解像度が『4倍』になり『4,800万画素』に。これはただ解像度が上がったというだけでなく、ピクセル統合技術が採用された事で、光の取得量も『4倍』に。光の少ない場所でも手ブレやノイズの少ない高画質撮影を実現。

さらに水平119度の『超広角カメラ』の搭載により、撮れるシーンの幅が大きく広がりました。

モノクロカメラ』は色に関する情報を正確に読み取り、『深度測定カメラ』は被写との距離をしっかりと把握。美しい背景ボケや立体感のある描写は『カメラスマホ』として大きな進化を感じられます。

防水機能』は『IPX 7』から最高レベルとなる『IPX 8(常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有すこと)』にアップグレード。より『水のある環境』でも安心して使えるようになりました。日本では『お風呂に長く入る』という文化が根付いているので、防水規格の強化は『お風呂に入りながらスマートフォンを利用する』人からの人気を更に高めるきっかけに。

電池もち』を長くする為の対策もばっちり行われた『OPPO Reno3 A』。電池容量を『3,600mAh』から『4,025mAh』に『425mAh』増量。ついに『スタミナスマホ』に分類される『4,000mAh台』に到達しました。通常電池の容量が増えると比例して重量が重くなってしまうのですが、『OPPO Reno3 A』の場合はたったの『5.5g』しか増えていません。

これは手に持っても気づかないレベル。さらに充電は『クイックチャージ』に対応したことで高速化。『電池の容量は増えても重量はほぼ変わらず、充電時間が短くなっている』という、『OPPO Reno3 A』は目には見えない素晴らしいアップデートが行われている事を、購入前にしっかりと知っておきましょう。

OPPO Reno A』は『楽天モバイルモデル』のみが『128GB』のストレージを採用し、通常モデルは『64GB』でした。『OPPO Reno3 A』では通常モデルの容量が『128GB』と2倍に。ストレージ容量が増えると、Micro SDカードを別途用意する必要が無くなります。Micro SDカードは容量を選んで増設する事が出来ますが、ストレージと比較して読み書きする回数が増えるので、それに伴い『消費電力が上がる』というデメリットも。ストレージにデータを保存する事で『データの安定』と『低消費電力』が可能となり、スマートフォンのパフォーマンスが向上します。

価格』は『OPPO Reno A』の通常販売価格が『39,800円(税込)』だったのに対し、『OPPO Reno3 A』も据え置きで『39,800円(税込)』。ここ最近は原料高により、どこのメーカーも『値上げラッシュ』。ましてや、『OPPO Reno3 A』の様に実用的な性能アップを行っている場合は『値上げ』が行われて当然。『39,800円(税込)』というのは間違いなく『ギリギリ』の価格設定でしょう。

10月23日の午前11時まで格安SIMの『OCN モバイル ONE』は『秋の人気スマホSALE』を開催中。セール内では安すぎる『OPPO Reno3 A』にこれまでで最大の割引が行われています。音声SIMと同時購入する事で、なんと『13,300円(税込:14,630円)』。中古や偽物を疑ってしまうレベルの安さ。『優先されている』と感じるのが『おサイフケータイ』『カメラ画質』『防水機能』『電池もち』『容量』『価格』で満足出来るスマートフォンを探している人。ここにあります。ただし『OPPO Reno3 A』は超人気モデル。品切れだけにはくれぐれもご注意ください。

長く安心して使えるスマホAQUOS sense3。買うなら間違いなく格安SIMがオススメな理由。23日まで8,100円!

続きを見る

最新モデルOPPO Reno3 Aのセール価格が異常!前モデルOPPO RenoAとたったの1300円差!どっちが新型?

続きを見る

Amazonプライムデーで最大3%お得に買う裏技!Fire HD 8、Air Pods、Echo、Kindle全部対象!

続きを見る

5Gスマホは早すぎる!今お勧めなのは格安SIMのOCNモバイルONEと秋の人気スマホSALEで売ってる4Gスマホな理由

続きを見る

OCNモバイルONEのSIMは激安なのに激速だった!さらに対応する音楽配信サービスが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

激安でスマートフォンを販売している『OCN モバイル ONE』。実は、利用料金も安いんです。あまりに安いので、肝心の『通信品質』は大丈夫なのかと、やや心配になります。『格安SIM』はキャリアから回線(帯域)をレンタルして通信環境を提供しているので、コストを削減すると通信速度が遅くなります。せっかく安い通信料金設定でも、速度が遅くては意味がありません。そこで、実際に『OCN モバイル ONE』のSIMを使って、混雑が予想される時間帯に速度を計測してみました。

20時50分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

20時からのバラエティ番組を見終わり、21時から始まるドラマに備えてSNSなどをチェックする『20時50分』という時間帯。測定結果は下り『38.86Mbps』上り『9.35Mbps』と申し分なし。

22時31分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

次に一日のすべき事を終え、ベッドでくつろぎながらスマートフォンを操作する人が増える『22時31分』に計測。下り『52.72Mbps』、上り『23.82Mbps』という、キャリアも真っ青のスピード違反レベルの速さ。これで文句をつけてしまったらただのクレーマーになってしまいます。

通信量を節約する為の『低速』時のスピードもあわせてチェック。『OCN モバイル ONE』が公表している速度は最大200Kbpsなのですが、なんとこちらもスピードオーバー。下りで『260Kbps』、上りで『370Kbps』という結果となっています。通信速度に関しては、ユーザーからすると『どんどんスピードオーバーしてください!』って感じですよね。

通信品質はどう見ても『超高品質』。さらに驚く程安い利用料金がコチラ。分かりやすくdocomoの料金と比較しています。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

最低契約期間:なし

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:1,180円(税込:1,298円)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

月額料金、通話料金共に圧倒的な安さ。通信速度の速さも実証されたので、乗り換えない理由が分からないレベルです。しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でもダントツでお勧めです。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.