Fire 7より圧倒的に高いパフォーマンス!最強タブFire HD 8が間もなくAmazonプライムデーに登場するぞ!

Pocket
Facebook にシェア

10月13日(火)の0時から10月14日(水)23時59分まで開催される、2020年で最も楽しみなセールイベント『Amazonプライムデー』。平日の、しかも夜中の0時からスタートするので、寝不足で仕事にならない人が続出しそうな予感。すでに『Amazonプライムデー』の為に有給をとった人もいるのでは!

そんな『Amazonプライムデー』の超目玉商品となるのが『Fire HD 8』。Amazonがメーカーとして発売している8インチサイズのタブレットです『Fire 』シリーズには『Fire HD 8』より価格の安い『Fire 7』が存在します。しかしどちらかを選ぶとしたら100%『Fire HD 8』の方がオススメ。その理由を解説していきたいと思います!

Fire 7』は『Fire HD 10』も合わせた3モデルの中で最も価格が安く『買いやすさ』ではナンバーワン。しかし、価格が安いだけあってスペックの低さも一番。タブレットの性能を決めるSocはクアッドコア(プロセッサの数が4つ)で最大クロック周波数は『1.3GHz』。『Fire HD 8』は同じくクアッドコアで最大クロック周波数は『2.0GHz』。よって、処理能力には『1.5倍以上』の差があるということになります。

そしてメモリも『Fire 7』が『1GB』なのに対し『Fire HD 8』は『2GB』と2倍。メモリが増えると高速で処理出来るデータ量が増え、アプリを複数立ち上げた時の『マルチタスク』時も操作が機敏に。Socの性能とメモリの容量は動作に直接影響を与えるので、快適さを求めるなら出来るだけ『ハイスペック』が理想。つまり『快適さ』の面では断然『Fire HD 8』の価値は高いということになります。

処理能力に圧倒的な差がある『Fire 7』と『Fire HD 8』。ディスプレイの違いも『サイズ』だけではありません。『Fire 7』は7インチサイズで『Fire HD 8』との差は1インチ。ここは正直そこまで大きなスペック差にはならないと思います。しかし問題は解像度。

Fire 7』は『1024 x 600 (171ppi)』なのに対し、『Fire HD 8』は『1280 x 800 (189ppi)』。ワンランク上の『HD解像度』に対応しています。スマートフォンも含め、8インチ程度までのディスプレイサイズであれば、解像度は『1280 x 800 (189ppi)』のHD程度がベスト。『1024 x 600 (171ppi)』では文字や映像がややぼやけてしまっても、『1280 x 800 (189ppi)』ではそれがクッキリと表示されるように。

解像度は高くなる程消費電力が上がるので、モバイル製品で一概に『高解像度』を求めると、『解像度の高さはあまり分からないけど電池のもちが悪い』という空回りした状況になるので注意が必要です。過去にSONYXperiaは『4K解像度』のスマートフォンを出して失敗しています。

Fire HD 8』の場合はディスプレイの解像度を高解像度化しつつ、最大連続駆動時間は『12時間』。『Fire 7』は最大『7時間』なので、1.7倍以上長く使えるという事に。美しい高解像度ディスプレイを採用しつつ、圧倒的な『電池もち』を実現した『Fire HD 8』。『Fire 7』だけでなく、他メーカーと比較してもコストパフォーマンスの高さは圧倒的です。

Fire 7』と『Fire HD 8』の性能差はすでにこれでもかというくらい明らかになったと思いますが、さらに『ダメ押し』となるのが『スピーカー』。『Fire 7』はモノラル仕様なので、音声を確認する程度の用途でしかスピーカーを利用する事は出来ません。

しかし『Fire HD 8』ではそれが『デュアルステレオスピーカー』に進化。音の広がりやすさを考慮し、上部に2箇所設置されたステレオスピーカーは、最新音響技術『Dolby Atmos』に対応しています。左右独立したステレオサウンド立体感がプラス。外部スピーカー要らずな環境を実現しました。

私はワイヤレス充電対応モデルの『Fire HD 8 Plus』を所有しているのですが、映画をはじめて観た時、音の豊かさに驚かされました。ここまでしっかりと『距離感』を表現出来るタブレットのスピーカー、殆ど無いのでは。

価格は『Fire 7』が『5,980円(税込)』で『Fire HD 8』が『9,980円(税込)』。一見4千円の差があるように見えますが、『Fire 7』の『5,980円(税込)』は『16GB』モデルの価格。『Fire HD 8』と同じ『32GB』モデルに容量をあわせると『7,980円』になります。これだけの性能差があって、価格差は実質『2,000円』。

Amazonプライムデー』では『Fire HD 8』が超目玉商品として登場。大幅な値引きが期待できます。前回の初セールでは『6,980円(税込)』にて販売されているので、『Fire 7』の『32GB』モデルより安くなるのは確実でしょう。

通常販売価格の『9,980円(税込)』でも十分買う価値ありな『Fire HD 8』。過去最高の売れ方をするであろう『Amazonプライムデー』。これは13日の0時に価格をチェックし、納得したらその時点で購入しておいた方が良さそうですね!

Amazonプライムデーで最大3%お得に買う裏技!Fire HD 8、Air Pods、Echo Show 8、Kindle全部対象!

ついに開催が目前に迫った2020年最大級のセールイベント『Amazonプライムデー』。『何を買おうか』とAmazonのページをチェックする毎日が続いている事でしょう。2020年の『Amazonプライムデー』は13日(火)14日(水)平日ということもあり、開催前に万全の準備をしておかなければ良い買い物は出来ません。『1年の内で最も多く買い物をする日』になる人も多いはず。心してかかりましょう!

Amazonで沢山買い物をする人は14日までに絶対にやっておくべき!期間限定『Amazonチャージ』がポイント還元増量中

Amazonプライム会員であれば、絶対にやった方が良いのが『Amazonチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ)』です。10月14日までの期間限定ポイント還元率がアップ。通常でもかなりお得な『Amazonチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ)』。ページ内の『キャンペーンにエントリーする』ボタンを押すだけで、還元率はなんと最大『3%』です。

Amazonプライムデー』では『最安値』まで下落する商品が多数登場。そこからさらに『3%』差し引かれるというのはとてつもなく大きいですよね。『3%』の還元を受けるには、9万円のチャージを行う必要があります。一見大きな金額ですが、Amazonギフト券の期限はチャージから『10年間』。付与されるポイントの期限は『最後のご購入またはポイント獲得から一年間』。使い切れないという状況は想定しづらいですね。

Amazonで日常的に買い物をしている人は、『9万円』どころではなく『30万円』チャージしても良いくらいです。ちなみに、『30万円』チャージした場合のポイント還元は、Amazonプライム会員の場合なんと『9,000円』相当。『Amazonプライムデー』に登場して超目玉商品になっている『Fire HD 8』に加え、その上位モデルとなる『Fire HD 8 Plus』も余裕で買えてしまいます。1年で最大級のセールイベント『Amazonプライムデー』だからこそ、出来るだけ沢山チャージしてその恩恵をMAXにしましょう。

99円(税込)で4カ月間6,500万曲が聴き放題に!申込みは10月14日まで限定

Amazon Music Unlimited』はAmazonが提供しているサブスクリプション型の音楽配信サービスで、6,500万曲以上が聴き放題に。10月14日までの期間限定で開催されているキャンペーンでは、通常月額『980円(税込)Amazonプライム会員の場合は780円(税込)』の利用料金が、なんと4カ月間99円(税込)』。音楽配信サービスはどこも利用料金が横並びで月額『980円(税込)』程度。Amazonプライム会員であればそれが『780円(税込)』に節約出来るので、キャンペーン終了後の事を考えても間違いなく『お得』です。

99円(税込)で3カ月間200万冊以上の本が読み放題に!申込みは10月14日まで限定

3カ月間99円(税込)』のキャンペーンを行っているのは『Amazon Kindle Unlimited』。通常月額利用料金は『980円(税込)』なので本来3カ月間利用すると『2,940円(税込)』。それが『99円(税込)』は本好きにはたまりませんね。『Amazonプライムデー』で『Fire HD 8』か『Kindle Paperwhite』を狙っている人にとっては間違いなく登録がマスト。200万冊以上の中から読みたい本を選んでおきましょう!キャンペーンへの申込み期限は『Amazon Music Unlimited』と同じく10月14日までなのでお見逃しなく。

Amazonのセールでおなじみ最大5,000ポイント『ポイントアップキャンペーン』

タイムセール祭り』でもおなじみとなっている『最大5,000ポイント』の『ポイントアップキャンペーン』。『Amazonプライムデー』では割引率がMAXになるので非適用かと思いきや、今回もしっかり行われます。合計2万円以上の買い物が対象となるので、購入金額が増える『Amazonプライムデー』は絶好のチャンスと言えますね。

100名に『20,000ポイント』が当たるスタンプラリーは10月21日まで開催中!

10月21日までは『20,000円』相当のポイントが当たる『スタンプラリー』も開催中。

コチラからエントリー後、『Amazonプライム配送特典の対象商品購入(1,500円以上)』『Prime Videoの視聴』『Prime Musicを聴く』『Prime Readingの本を読む』を行うと、4つのスタンプが集まります。

Amazon Fire HD 8を絶対に買って良かったと思える神カスタマイズ!実は出来ちゃうあんな事やこんな事。

続きを見る

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vがオススメな6つのポイント

Rakuten UN-LIMIT Vは先着300万名まで1年間の利用料金が無料

Rakuten UN-LIMIT V』の利用料金は月額『2,980円(税込:3,278円)』。docomoSoftbankauといった他の通信キャリアと比較して『利用料金が圧倒的に安い』というのを最大のウリとしています。

実際『データ通信』と『通話』が『放題』になるので、『2,980円(税込:3,278円)』というのはべらぼうに安いです。ただですら安い利用料金が『1年間無料』。合計金額を算出すると『39,336円』に。これだけ得が出来るのに、申し込まない理由は無い筈ですよね。ただし『無料』になるのは『300万名限定』です。5Gサービスも組み込まれた今が間違いなくベストなタイミング!

Rakuten UN-LIMIT Vは『4G+5G』国内データ使い放題

楽天回線エリア内であれば、4G高速データ通信が『使い放題』。さらに5G対応エリアであれば『超高速』データ通信も『使い放題』になります。まだ5Gを利用出来るエリアは狭いですが、それはどこのキャリアも同じ事。『5G』に対応するスマートフォンを所有していて、その速さを『いち早く体験出来る』という意味では、最適なサービスと言えるでしょう。

これからの

広い範囲をカバーするパートナー回線au回線)エリアでは『5GB』まで高速通信の利用が可能。『5GB』を超えても最大『1Mbps』の速度で通信が可能なので、『音楽配信サービス』に加えて、高解像度を求めなければ『動画コンテンツ』の視聴も可能です。

Rakuten UN-LIMIT VはRakuten Linkを使えば国内通話かけ放題、SMSメッセージも使い放題

Androidに加えてiOSにも対応した『Rakuten Link』を使えば、国内への電話は『かけ放題』。『Rakuten Link』のアプリを使った人同士ではなく、『固定電話』や『他の通信業者』へも『かけ放題』になるのがポイントです。さらに『SMS』も『使い放題』。ただし『Rakuten Link』を使用しないと、通話で30秒/20円、SMSは3円/70文字(全角)の利用料金が発生するので注意しましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vは契約事務手数料全額楽天ポイント還元

新たに通信業者と契約する場合は『事務手数料』が発生します。しかし『Rakuten UN-LIMIT V』では、申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』を行うと、『3,300円(税込)』の事務手数料が『全額楽天ポイント還元』。『通話』は普通に使っていれば問題無さそうですが、『SMS』は人によっては使わないので、お試し送信出来る相手を予め見つけておきましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vはオンラインから申し込めば3,000ポイントもらえる

店舗ではなく『オンライン』から申し込みを行うだけで楽天ポイントが『3,000ポイント』もらえるというキャンペーンも同時進行中。時間も限定されませんし、恐らく殆どの人が申し込みは『オンライン』ですよね。ただし『3,000ポイント』もらう為には一定の条件あり。面倒だと思った人、安心してください。やる事は『契約事務手数料全額楽天ポイント還元』で行う事と同じ。申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』の2つ。つまりこの2つを行えば、一気に2つのキャンペーン条件をクリアする事に。合計『6,300ポイント』ゲットですね。

Rakuten UN-LIMIT Vは家族、友達を紹介すれば3,000ポイントもらえる

もらえるポイントが沢山ありすぎて、もらい損ねてしまいそうな楽天モバイルのキャンペーン。下記の楽天モバイルIDをコピーして契約時に入力すると『2,000ポイント』もらう事が出来ます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

楽天モバイルIDは『Rakuten UN-LIMIT V』を契約すると付与されるので、後はそのIDを家族友達に教えれば良いだけ。もちろん教えた相手には『2,000ポイント』が与えられます。紹介出来る人数は最大で『5人』なので、頑張れば『15,000ポイント』ゲットする事が可能。『Rakuten UN-LIMIT V』を契約していない人、まだ沢山いる筈なので、是非探してみましょう。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.