Anker、Bose、Jabra、AKGのノイキャン対応ヘッドフォンがAmazonプライムデーで4193円~!本日最終日

Pocket
Facebook にシェア

良い音で音楽を聴く』というより、『静かな環境で集中して音楽を聴く』というのが的確と言える『ノイズキャンセル』機能。人の声や騒音が多い場所でも『音楽を聴くのに適した環境』を与えてくれるスペシャル機能です。

まわりの騒音をマイクで検知し、逆位相の音波を流して打ち消すのが『アクティブノイズキャンセル機能』。ONにした瞬間、そこには別世界が広がります。大人気の『アクティブノイズキャンセル機能』搭載ヘッドフォンが、今日がラストの『Amazonプライムデー』では大量にプライスダウン。

ノイズキャンセル』は話す側のマイクに搭載されている場合もあり、その事を『ノイズキャンセル機能搭載』と紛らわしくアピールしているメーカーもあるので注意が必要です。今回は『聴く側』の『アクティブノイズキャンセル機能』に対応するオススメ4モデルを紹介したいと思います!

記事に書かれている内容

Amazonプライムデーでオススメのノイズキャンセル機能対応ヘッドフォン4選

Anker Soundcore Life Q20 4,193円

アクティブノイズキャンセルに対応しつつ4千円程度。これはバッテリーのコストを抑えられるAnkerだからこそ実現出来る価格と言えるでしょう。しかもノイズキャンセルをONにした状態でも連続駆動時間は『40時間』程度。競合他社と比較してもこれは最長クラス。OFF時は『60時間』という充電するのを忘れてしまう程の長さです。さらにAUXケーブル接続にも対応するハイブリッド仕様。AUX接続時には『ハイレゾ音源』もサポートします。本当に『4,193円(税込)』で販売してしまって大丈夫なのか。流石『Amazonプライムデー』。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 24,000円

最高の『ノイズキャンセル』性能を求めるなら、40年以上の研究実績を持つ『Bose』が最良の選択。『Bose QuietComfort 35 wireless headphones II』はスマートフォン用アプリ『Bose Connect』に対応し、ノイズキャンセルのレベルを『11段階』で調整する事が可能です。場所に合わせて静音状態を変えられるので、安全もしっかりと確保出来ます。どんな音量でも最高の音質に調整する『オーディオ最適化機能』との組み合わせにより、常にベストな環境で音を聴く事が可能です。

さらにAI音声アシスタント『Alexa』をサポート。音声で『再生』『停止』等を行えるので、ボタン操作やスマートフォンを取り出す手間が省けます。『ノイズキャンセル』『音質』『利便性』に優れる『Bose QuietComfort 35 wireless headphones II』。最高ランクのヘッドフォンが『24,000円』。買うしかありませんね。

Jabra ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Elite 85h 20,280円

柔らかく美しいフォルムを持つ『Jabra』の『Elite 85h』は、ノイズキャンセル機能利用時でも『36時間』の長時間駆動対応モデル。15分間の充電で5時間の再生を可能とする急速充電機能も装備します。集音用に備えられた4つのマイクが周囲の音を正確に検出し、AIがそれを分析する事で最適な設定を選んでくれるオート機能を搭載する『Elite 85h』。一歩進んだノイズキャンセリングヘッドフォンと言えるでしょう。専用アプリによる細かいカスタマイズも可能。『Alexa』『Siri』『Google Assistant』といった複数の音声アシスト機能を利用出来るのも特長の一つです。これで約『2万円』ですからね。2台欲しくなってしまいます。

AKG Y600NC WIRELESS 18,800円

周囲の環境音を聞きやすくする『アンビエントアウェア機能』に加え、音量を下げて会話をしやすくする『トークスルー機能』を搭載する『AKG Y600NC WIRELESS』。ヘッドフォンの着脱で『再生』『停止』を自動的に行ってくれるので、ボタンやスマートフォンを使った操作が不要です。AUXケーブルによる有線接続も可能で、その際もノイズキャンセル機能が使えるのでとても便利。ノイズキャンセルをONにした状態での連続駆動時間は、Bluetooth接続時で『25時間』、AUX接続だと『35時間』となっています。専用の『AKG Headphonesアプリ』が用意され、スマートフォンを使えば各種カスタマイズが可能。『Amazonプライムデー』ならこのヘッドフォンが『1万円台』。価格だけ観たら有名オーディオ機器メーカーのノイキャン対応モデルとは絶対に思いませんよね。

Echo Dot(第3世代)が67%OFFの1,980円で買えるのは今日まで!2台まとめ買いでWi-Fiステレオ完成だ!

続きを見る

Echo Show 8は8インチHDディスプレイとWi-Fiステレオ音響が同時に手に入る!7,490円は今日で終了!

続きを見る

iPad Proより優秀な無線10W充電対応!色々速いFire HD 8 Plusがプライムデーで7,980円!本日終了

続きを見る

聴き放題Amazon Music Unlimited、読み放題Kindle Unlimited99円が今日で終了!

続きを見る

4Kテレビが3万円!?Amazonプライムデーでアイリスオーヤマの価格が強烈!加湿器、エアコン、電気圧力鍋も安い!

続きを見る

観るFire7、HD8、8Plus、10。聴くEcho Flex、Dot、Studioがプライムデーで1490円~の衝撃

続きを見る

Fire TV Stick対応!最高の音が聴ける最上位モデルEcho StudioがAmazonプライムデーで1万5千円

続きを見る

Amazonプライムデーを最大限に楽しむ方法。聴き放題、読み放題99円も今日で終了!

Amazonで沢山買い物をする人は14日までに絶対にやっておくべき!期間限定『Amazonチャージ』がポイント還元増量中

Amazonプライム会員であれば、絶対にやった方が良いのが『Amazonチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ)』です。10月14日までの期間限定ポイント還元率がアップ。通常でもかなりお得な『Amazonチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキングチャージ)』。ページ内の『キャンペーンにエントリーする』ボタンを押すだけで、還元率はなんと最大『3%』です。

Amazonプライムデー』では『最安値』まで下落する商品が多数登場。そこからさらに『3%』差し引かれるというのはとてつもなく大きいですよね。『3%』の還元を受けるには、9万円のチャージを行う必要があります。一見大きな金額ですが、Amazonギフト券の期限はチャージから『10年間』。付与されるポイントの期限は『最後のご購入またはポイント獲得から一年間』。使い切れないという状況は想定しづらいですね。

Amazonで日常的に買い物をしている人は、『9万円』どころではなく『30万円』チャージしても良いくらいです。ちなみに、『30万円』チャージした場合のポイント還元は、Amazonプライム会員の場合なんと『9,000円』相当。『Amazonプライムデー』に登場して超目玉商品になっている『Fire HD 8』に加え、その上位モデルとなる『Fire HD 8 Plus』も余裕で買えてしまいます。1年で最大級のセールイベント『Amazonプライムデー』だからこそ、出来るだけ沢山チャージしてその恩恵をMAXにしましょう。

99円(税込)で4カ月間6,500万曲が聴き放題に!申込みは10月14日まで限定

Amazon Music Unlimited』はAmazonが提供しているサブスクリプション型の音楽配信サービスで、6,500万曲以上が聴き放題に。10月14日までの期間限定で開催されているキャンペーンでは、通常月額『980円(税込)Amazonプライム会員の場合は780円(税込)』の利用料金が、なんと4カ月間99円(税込)』。音楽配信サービスはどこも利用料金が横並びで月額『980円(税込)』程度。Amazonプライム会員であればそれが『780円(税込)』に節約出来るので、キャンペーン終了後の事を考えても間違いなく『お得』です。

99円(税込)で3カ月間200万冊以上の本が読み放題に!申込みは10月14日まで限定

3カ月間99円(税込)』のキャンペーンを行っているのは『Amazon Kindle Unlimited』。通常月額利用料金は『980円(税込)』なので本来3カ月間利用すると『2,940円(税込)』。それが『99円(税込)』は本好きにはたまりませんね。『Amazonプライムデー』で『Fire HD 8』か『Kindle Paperwhite』を狙っている人にとっては間違いなく登録がマスト。200万冊以上の中から読みたい本を選んでおきましょう!キャンペーンへの申込み期限は『Amazon Music Unlimited』と同じく10月14日までなのでお見逃しなく。

Amazonのセールでおなじみ最大5,000ポイント『ポイントアップキャンペーン』

タイムセール祭り』でもおなじみとなっている『最大5,000ポイント』の『ポイントアップキャンペーン』。『Amazonプライムデー』では割引率がMAXになるので非適用かと思いきや、今回もしっかり行われます。合計2万円以上の買い物が対象となるので、購入金額が増える『Amazonプライムデー』は絶好のチャンスと言えますね。

100名に『20,000ポイント』が当たるスタンプラリーは10月21日まで開催中!

10月21日までは『20,000円』相当のポイントが当たる『スタンプラリー』も開催中。

コチラからエントリー後、『Amazonプライム配送特典の対象商品購入(1,500円以上)』『Prime Videoの視聴』『Prime Musicを聴く』『Prime Readingの本を読む』を行うと、4つのスタンプが集まります。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vがオススメな6つのポイント

Rakuten UN-LIMIT Vは先着300万名まで1年間の利用料金が無料

Rakuten UN-LIMIT V』の利用料金は月額『2,980円(税込:3,278円)』。docomoSoftbankauといった他の通信キャリアと比較して『利用料金が圧倒的に安い』というのを最大のウリとしています。

実際『データ通信』と『通話』が『放題』になるので、『2,980円(税込:3,278円)』というのはべらぼうに安いです。ただですら安い利用料金が『1年間無料』。合計金額を算出すると『39,336円』に。これだけ得が出来るのに、申し込まない理由は無い筈ですよね。ただし『無料』になるのは『300万名限定』です。5Gサービスも組み込まれた今が間違いなくベストなタイミング!

Rakuten UN-LIMIT Vは『4G+5G』国内データ使い放題

楽天回線エリア内であれば、4G高速データ通信が『使い放題』。さらに5G対応エリアであれば『超高速』データ通信も『使い放題』になります。まだ5Gを利用出来るエリアは狭いですが、それはどこのキャリアも同じ事。『5G』に対応するスマートフォンを所有していて、その速さを『いち早く体験出来る』という意味では、最適なサービスと言えるでしょう。

これからの

広い範囲をカバーするパートナー回線au回線)エリアでは『5GB』まで高速通信の利用が可能。『5GB』を超えても最大『1Mbps』の速度で通信が可能なので、『音楽配信サービス』に加えて、高解像度を求めなければ『動画コンテンツ』の視聴も可能です。

Rakuten UN-LIMIT VはRakuten Linkを使えば国内通話かけ放題、SMSメッセージも使い放題

Androidに加えてiOSにも対応した『Rakuten Link』を使えば、国内への電話は『かけ放題』。『Rakuten Link』のアプリを使った人同士ではなく、『固定電話』や『他の通信業者』へも『かけ放題』になるのがポイントです。さらに『SMS』も『使い放題』。ただし『Rakuten Link』を使用しないと、通話で30秒/20円、SMSは3円/70文字(全角)の利用料金が発生するので注意しましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vは契約事務手数料全額楽天ポイント還元

新たに通信業者と契約する場合は『事務手数料』が発生します。しかし『Rakuten UN-LIMIT V』では、申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』を行うと、『3,300円(税込)』の事務手数料が『全額楽天ポイント還元』。『通話』は普通に使っていれば問題無さそうですが、『SMS』は人によっては使わないので、お試し送信出来る相手を予め見つけておきましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vはオンラインから申し込めば3,000ポイントもらえる

店舗ではなく『オンライン』から申し込みを行うだけで楽天ポイントが『3,000ポイント』もらえるというキャンペーンも同時進行中。時間も限定されませんし、恐らく殆どの人が申し込みは『オンライン』ですよね。ただし『3,000ポイント』もらう為には一定の条件あり。面倒だと思った人、安心してください。やる事は『契約事務手数料全額楽天ポイント還元』で行う事と同じ。申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』の2つ。つまりこの2つを行えば、一気に2つのキャンペーン条件をクリアする事に。合計『6,300ポイント』ゲットですね。

Rakuten UN-LIMIT Vは家族、友達を紹介すれば3,000ポイントもらえる

もらえるポイントが沢山ありすぎて、もらい損ねてしまいそうな楽天モバイルのキャンペーン。下記の楽天モバイルIDをコピーして契約時に入力すると『2,000ポイント』もらう事が出来ます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

楽天モバイルIDは『Rakuten UN-LIMIT V』を契約すると付与されるので、後はそのIDを家族友達に教えれば良いだけ。もちろん教えた相手には『2,000ポイント』が与えられます。紹介出来る人数は最大で『5人』なので、頑張れば『15,000ポイント』ゲットする事が可能。『Rakuten UN-LIMIT V』を契約していない人、まだ沢山いる筈なので、是非探してみましょう。

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.