Boseの最新TWSが合計50名、Amazonクーポン500円が3万名に当たる!Amazon Musicを1曲聴くだけ!

Pocket
Facebook にシェア

世界を代表する音響機器メーカー『Bose』が10月15日から発売を開始した初の『アクティブノイズキャンセリング』対応のTWS『QuietComfort Earbuds』。さらに同時発売された『Sport Earbuds』が、Amazonプレゼントキャンペーンで合計『50名』にプレゼント!そしてイヤフォンが外れても500円のAmazonクーポン(2500円以上の購入で利用可能)がなんと『30,000名』に当たります!

キャンペーンへの参加方法は『今すぐ聴いて応募する』ボタンを押した後に『Amazon Music』を1曲聴くだけ!超簡単ですね。しかも1日1回エントリーする事が可能なので、毎日聴けば当選確率がアップ!Amazonプライムデーが終わって燃え尽きている人が沢山いそうですが、プレゼントキャンペーンに応募して気分を切り替えましょう!

プレゼントキャンペーンについて公式サイトより抜粋

【応募期間】

2020年10月15日(木)0時00分から2020年11月4日(水)23時59分まで(日本時間)

【対象者】

Amazon.co.jp にご登録されているすべてのお客様
Amazon Music Unlimited・Amazonプライム会員以外の方も、Amazon Music Freeで無料で音楽を聴いてキャンペーンに参加いただけます。

【キャンペーン参加方法】

当キャンペーンページをAmazonアカウントでサインインした状態で見た後、Amazon Musicで音楽を聴くだけで簡単自動応募。1日1エントリーなので、聴けば聴くほど当選確率アップ。
Amazon Music Unlimited, Prime Music, Amazon Music FreeなどAmazon Musicのすべてのストリーミングサービスでの視聴が対象となります。

Air Pods Pro真の対抗馬!Bose初となるノイズキャンセル機能搭載TWSがついに発売開始!

QuietComfort Earbuds』は、『Bose』初の『ノイズキャンセリング機能』を搭載した『TWS』。『Bose』は音質だけでなく『ノイズキャンセリング機能』の評価がとても高いので、リリースを心待ちにしていた『Bose』ファンは多いでしょう。

QuietComfort Earbuds』の一番の特長は、なんと言っても『ノイズキャンセリング』。『アクティブノイズキャンセリング』と『パッシブノイズキャンセリング』という2つの技術を組み合わせています。

アクティブノイズキャンセリング』は内側外側に設置した2つのマイクを使用して、周囲の音をモニタリング及び解析。それらと逆位相の音波を流す事により音を打ち消します。ノイズキャンセルのレベルは、スマートフォン用の『Bose Musicアプリ』を使用すれば、『NOISE CANCELLING HEADPHONES 700』と同じ『11段階』で調整が可能。

左側のイヤフォンに触れる事で登録した『3段階』のレベル切り替えに対応するので、その都度アプリを開く必要はありません。人通りが多い場所などではノイズキャンセリング機能を弱めにする事で、安全をしっかりと確保出来ます。

パッシブノイズキャンセリング』は、簡単に言えば『耳栓効果』を高めたもの。『Bose』の特許技術を使用した『StayHear® Maxイヤーチップ』は、空気が入らぬような『密閉空間』を生み出す事で低音に深みを与え、さらにどんなに動いても『外れにくいフィット感もあわせて実現しています。耳に触れる部分には全て柔らかい『ソフトシリコン素材』が使用されているので、長時間の装着にも最適です。

また、『アクティブEQテクノロジー』により『高音』と『低音』を音量に合わせて自動調整。本来音を小さくするとチープになりがちな音質をバランスよく保ち、どんな音量でも臨場感溢れれる『Boseサウンド』をしっかりと維持します。

連続使用時間は『6時間』とTWSにしては長目。これは『Air Pods Pro』の『4.5時間』を『1.5時間』上回っています。充電機能はクイックチャージに対応し、15分で『2時間』の再生を可能に。充電ケースは2回分のフル充電(最長12時間)を行う事が出来るので、外出先でも電池切れの心配はありません。充電ケースは『Air Pods Pro』と同様に『ワイヤレス充電(Qi規格)』に対応。ケーブル要らずな『置くだけ充電』で手間を感じさせません。

防水規格は『IPX 4』に準拠。トレーニング中に汗をかいたり、急に雨が降り出した時でも安心して『QuietComfort Earbuds』を利用し続ける事が出来ます。

2つの技術を駆使した高いノイズキャンセル機能』『6時間長時間駆動』『アクティブEQテクノロジーによる高音質』『充電ケースワイヤレス充電対応』。欲しくなるポイントが盛り沢山な『QuietComfort Earbuds』。これは『Air Pods Pro』の真の対抗馬と言えるのではないでしょうか。個人的には『QuietComfort Earbuds』の方が欲しいかも。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vがオススメな6つのポイント

Rakuten UN-LIMIT Vは先着300万名まで1年間の利用料金が無料

Rakuten UN-LIMIT V』の利用料金は月額『2,980円(税込:3,278円)』。docomoSoftbankauといった他の通信キャリアと比較して『利用料金が圧倒的に安い』というのを最大のウリとしています。

実際『データ通信』と『通話』が『放題』になるので、『2,980円(税込:3,278円)』というのはべらぼうに安いです。ただですら安い利用料金が『1年間無料』。合計金額を算出すると『39,336円』に。これだけ得が出来るのに、申し込まない理由は無い筈ですよね。ただし『無料』になるのは『300万名限定』です。5Gサービスも組み込まれた今が間違いなくベストなタイミング!

Rakuten UN-LIMIT Vは『4G+5G』国内データ使い放題

楽天回線エリア内であれば、4G高速データ通信が『使い放題』。さらに5G対応エリアであれば『超高速』データ通信も『使い放題』になります。まだ5Gを利用出来るエリアは狭いですが、それはどこのキャリアも同じ事。『5G』に対応するスマートフォンを所有していて、その速さを『いち早く体験出来る』という意味では、最適なサービスと言えるでしょう。

これからの

広い範囲をカバーするパートナー回線au回線)エリアでは『5GB』まで高速通信の利用が可能。『5GB』を超えても最大『1Mbps』の速度で通信が可能なので、『音楽配信サービス』に加えて、高解像度を求めなければ『動画コンテンツ』の視聴も可能です。

Rakuten UN-LIMIT VはRakuten Linkを使えば国内通話かけ放題、SMSメッセージも使い放題

Androidに加えてiOSにも対応した『Rakuten Link』を使えば、国内への電話は『かけ放題』。『Rakuten Link』のアプリを使った人同士ではなく、『固定電話』や『他の通信業者』へも『かけ放題』になるのがポイントです。さらに『SMS』も『使い放題』。ただし『Rakuten Link』を使用しないと、通話で30秒/20円、SMSは3円/70文字(全角)の利用料金が発生するので注意しましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vは契約事務手数料全額楽天ポイント還元

新たに通信業者と契約する場合は『事務手数料』が発生します。しかし『Rakuten UN-LIMIT V』では、申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』を行うと、『3,300円(税込)』の事務手数料が『全額楽天ポイント還元』。『通話』は普通に使っていれば問題無さそうですが、『SMS』は人によっては使わないので、お試し送信出来る相手を予め見つけておきましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vはオンラインから申し込めば3,000ポイントもらえる

店舗ではなく『オンライン』から申し込みを行うだけで楽天ポイントが『3,000ポイント』もらえるというキャンペーンも同時進行中。時間も限定されませんし、恐らく殆どの人が申し込みは『オンライン』ですよね。ただし『3,000ポイント』もらう為には一定の条件あり。面倒だと思った人、安心してください。やる事は『契約事務手数料全額楽天ポイント還元』で行う事と同じ。申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』の2つ。つまりこの2つを行えば、一気に2つのキャンペーン条件をクリアする事に。合計『6,300ポイント』ゲットですね。

Rakuten UN-LIMIT Vは家族、友達を紹介すれば3,000ポイントもらえる

もらえるポイントが沢山ありすぎて、もらい損ねてしまいそうな楽天モバイルのキャンペーン。下記の楽天モバイルIDをコピーして契約時に入力すると『2,000ポイント』もらう事が出来ます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

楽天モバイルIDは『Rakuten UN-LIMIT V』を契約すると付与されるので、後はそのIDを家族友達に教えれば良いだけ。もちろん教えた相手には『2,000ポイント』が与えられます。紹介出来る人数は最大で『5人』なので、頑張れば『15,000ポイント』ゲットする事が可能。『Rakuten UN-LIMIT V』を契約していない人、まだ沢山いる筈なので、是非探してみましょう。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.