Oculus Quest 2という異次元へのワープマシンを手に入れた!空間が何倍にも広がるぞ!これで3万円台は奇跡の価格

Pocket
Facebook にシェア

私にとって初のVRヘッドセットとなる『Oculus Quest 2』がついに届きました!はじめて購入するジャンルのものはパッケージだけでも興奮しますよね。

フタを開けると早速コントローラーと本体がお目見え。ホワイトを基調とした未来的なデザインにどことなく宇宙を感じます。

同梱品は接続ケーブル、充電器、説明書類、さらにメガネを装着しながら遊べるようなアタッチメントも。アタッチメントは最初何をするものなのか分かりませんでした。

本体の左側にはUSB Type-Cポートとイヤフォンジャック。右側には電源ボタンを備えます。伸縮性のあるバンドを駆使する事で角度と装着感の調整が可能。

レンズ位置は3段階で切り替えられます。個人的にはもう少し微調整出来るようにしてほしかったかも。レンズ位置で調整しきれない分は、バンドをずらして最適な状態に近づける必要があります。ピントが合わないともどかしいですからね。

ここからは実際に『Oculus Quest 2』を使ってみた上での感想です。素人的な言い方をすると、『画面の中に自分が入ったような感覚』を味わう事が出来ます。『Oculus Quest 2』を装着する事で自分の居場所が異次元にワープ。最初の設定で現実世界で移動出来る場所を指定出来るので、遊んでいる最中に物にぶつかる心配はありません。あまりに激しく動くとエリアからはみ出して何かを破壊してしまうかもしれませんが。

それから感動したのは『音の良さ』。通常こういった機器の音響は使い物にならない場合が多いので、別途ヘッドフォンの用意は必須だろうなと思っていました。しかしヘッドフォンが要らないレベルで音が良い!しかし、ヘッドフォンを装着する事で没入感はやはり上がると思うので、今度は『ヘッドフォンあり』で違いを検証してみようと思います。

360度に広がるVRの映像は勿論素晴らしいのですが、私が気になったのは『映画』です。YouTube VRをインストールしたら目の前に自分だけの巨大な映画館が出現!あまりに画面が大きいので驚きました。るろうに剣心コンフィデンスマンJPのダイジェストを観たのですが、るろうに剣心はかなり解像度荒く残念な印象。対照的にコンフィデンスマンJPはめちゃくちゃ綺麗。ダイジェストなので実際の解像度とは違うのだと思いますが、『Oculus Quest 2』を装着してから一番キレイに表示されたのがコンフィデンスマンJPのダイジェスト。今の所『Oculus Quest 2』ではじめて観る映画の候補です!

映画だと特に、下の隙間からわずかに光が入ってしまうのが気になります。しかし探してみたら、それを防ぐための『フィットパック』もしっかりと用意されていました。何かを代用すれば自分でも隙間を埋められそうな気もしますが。

まだ使用時間は短いですが、『Oculus Quest 2』の凄さというのはなんとなく感じ取ることが出来ました。次はいよいよゲームを購入して遊んでみようと思います。『Oculus Quest 2』で遊んでいると完全に『違う世界』にいってしまうので、あっという間に時間が過ぎそうでちょっと怖いです。家の中にいながら違う世界にワープしてみたい人、『Oculus Quest 2』があれば体験出来ますよ!

Oculus Quest 2はココが凄い

Oculus Quest 2』は『Oculus Quest』のアップデートモデルで、スマートフォンで言えば2世代飛ばし程度の大きな性能アップがなされています。

VRヘッドセット』で最も重要視したいのが『解像度』。目の疲れにも直接影響するので『高解像度化』は必須。前モデルとなる『Oculus Quest』の解像度は片目で『1440×1600ドット』。それが『Oculus Quest 2』では『1832 x 1920』とほぼ『2K画質』に向上。両目ではほぼ『4K画質』を実現し、『VRヘッドセット』のディスプレイとして理想的な仕上がりに。

表示速度は設定画面から『90Hz』への切り替えが可能。滑らかな高速表示に対応します。しかし有機ELから液晶に変更されたので、臨場感が損なわれたのではないかと少し心配していました。しかしそれは杞憂。凄まじい臨場感です。驚きます。

また、『Oculus Quest 2』はスタンドアローンなので独立して動作する事が可能(PC接続にも対応)。搭載されるSocは『Snapdragon 835』から5G接続対応の『Snapdragon XR2』に強化。『Snapdragon XR2』は『Snapdragon 865』と同等の処理能力を持ち、CPUGPU性能は『約2倍』、AI処理能力は『約11倍』に大きく向上しています。

スマートフォンを例にすれば、Galaxy S8からGalaxy S20に一気にモデルチェンジしたような訳の分からない状態。これはもはや完全に別物と言えます。メモリも4GBから6GBに増強され、『Oculus Quest』からの買い替えも十分に検討出来るレベルと言えるでしょう。実際に操作してみると分かりますが、動作は極めて滑らか。スマートフォンやタブレットというより、高性能なテレビゲーム機を操作している感覚に近いです。

高解像度化処理能力の大幅アップを果たしながら、駆動時間は前モデルと同じゲーム『2時間』、動画『3時間』をキープ。それでいて重量は『571g』から『503g』に『68g』も軽量化されており、使い心地の面でもしっかりと進化を遂げています。確かに装着していて『重さ』を感じた事は無いですね。重さを感じないので、『異空間』にいるという感覚が余計強くなるのです。

コントローラーは人間工学に基づきより『持ちやすい』形状に。あまりに先進的なデザインなので使い心地が全く想像出来ませんでしたが、素晴らしい持ち安さ。コントローラーを持っているという感覚があまりしません。ゲームによって映像の中ではオリジナルの形状に変化するのもVRのすごいところ。『主人公の気分』を存分に味わえます。

Oculus Questストアには『Oculus Quest 2』に対応するゲームが多数用意(日本語に対応するゲームも今後続々と追加)されています。どれもこれも面白そうで、ハマり過ぎたらどうしようと若干選ぶのが怖いです!

前モデルは64GBモデルが『49,800円(税込:54,780円)』、128GBモデルが『62,800円(税込:69,080円)』だったのに対し、『Oculus Quest 2』は64GBモデルが『33,800円(税込:37,180円』、256GBモデルが『44,800円(税込:49,280円』と大幅値下げ。『Oculus Quest 2』を装着し、『異次元』が広がった瞬間に『3万円台はあり得ない』と思うはず。360度に展開するゲームが遊べて、自分だけの『映画館』が用意されて、異次元に旅行が出来て『3万円台』。あり得ないですよ本当に。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで最もお得に商品を購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大8,762ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。予算のワンランク上のものが買えますね!

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vがオススメな6つのポイント

Rakuten UN-LIMIT Vは先着300万名まで1年間の利用料金が無料

Rakuten UN-LIMIT V』の利用料金は月額『2,980円(税込:3,278円)』。docomoSoftbankauといった他の通信キャリアと比較して『利用料金が圧倒的に安い』というのを最大のウリとしています。

実際『データ通信』と『通話』が『放題』になるので、『2,980円(税込:3,278円)』というのはべらぼうに安いです。ただですら安い利用料金が『1年間無料』。合計金額を算出すると『39,336円』に。これだけ得が出来るのに、申し込まない理由は無い筈ですよね。ただし『無料』になるのは『300万名限定』です。5Gサービスも組み込まれた今が間違いなくベストなタイミング!

Rakuten UN-LIMIT Vは『4G+5G』国内データ使い放題

楽天回線エリア内であれば、4G高速データ通信が『使い放題』。さらに5G対応エリアであれば『超高速』データ通信も『使い放題』になります。まだ5Gを利用出来るエリアは狭いですが、それはどこのキャリアも同じ事。『5G』に対応するスマートフォンを所有していて、その速さを『いち早く体験出来る』という意味では、最適なサービスと言えるでしょう。

これからの

広い範囲をカバーするパートナー回線au回線)エリアでは『5GB』まで高速通信の利用が可能。『5GB』を超えても最大『1Mbps』の速度で通信が可能なので、『音楽配信サービス』に加えて、高解像度を求めなければ『動画コンテンツ』の視聴も可能です。

Rakuten UN-LIMIT VはRakuten Linkを使えば国内通話かけ放題、SMSメッセージも使い放題

Androidに加えてiOSにも対応した『Rakuten Link』を使えば、国内への電話は『かけ放題』。『Rakuten Link』のアプリを使った人同士ではなく、『固定電話』や『他の通信業者』へも『かけ放題』になるのがポイントです。さらに『SMS』も『使い放題』。ただし『Rakuten Link』を使用しないと、通話で30秒/20円、SMSは3円/70文字(全角)の利用料金が発生するので注意しましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vは契約事務手数料全額楽天ポイント還元

新たに通信業者と契約する場合は『事務手数料』が発生します。しかし『Rakuten UN-LIMIT V』では、申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』を行うと、『3,300円(税込)』の事務手数料が『全額楽天ポイント還元』。『通話』は普通に使っていれば問題無さそうですが、『SMS』は人によっては使わないので、お試し送信出来る相手を予め見つけておきましょう。

Rakuten UN-LIMIT Vはオンラインから申し込めば3,000ポイントもらえる

店舗ではなく『オンライン』から申し込みを行うだけで楽天ポイントが『3,000ポイント』もらえるというキャンペーンも同時進行中。時間も限定されませんし、恐らく殆どの人が申し込みは『オンライン』ですよね。ただし『3,000ポイント』もらう為には一定の条件あり。面倒だと思った人、安心してください。やる事は『契約事務手数料全額楽天ポイント還元』で行う事と同じ。申込月の『3カ月後末日まで』に『Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話』『Rakuten Linkを用いたメッセージ送信の1回以上の利用』の2つ。つまりこの2つを行えば、一気に2つのキャンペーン条件をクリアする事に。合計『6,300ポイント』ゲットですね。

Rakuten UN-LIMIT Vは家族、友達を紹介すれば3,000ポイントもらえる

もらえるポイントが沢山ありすぎて、もらい損ねてしまいそうな楽天モバイルのキャンペーン。下記の楽天モバイルIDをコピーして契約時に入力すると『2,000ポイント』もらう事が出来ます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

楽天モバイルIDは『Rakuten UN-LIMIT V』を契約すると付与されるので、後はそのIDを家族友達に教えれば良いだけ。もちろん教えた相手には『2,000ポイント』が与えられます。紹介出来る人数は最大で『5人』なので、頑張れば『15,000ポイント』ゲットする事が可能。『Rakuten UN-LIMIT V』を契約していない人、まだ沢山いる筈なので、是非探してみましょう。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.