iPhone 12で5Gへの先行投資はNG。格安SIMのiPhone SEとOPPO Reno Aで徹底的に節約が正解!

Pocket
Facebook にシェア

新型コロナウィルスの影響で、例年よりリリースが遅れた『iPhone 12』シリーズ。Socの刷新による『処理能力』及び『電力効率』の向上。『ディスプレイ』の『高解像度化』『有機EL採用』、そして『5G』への対応がアップデートの目玉となっています。

Appleをはじめ、『5G対応』をしきりにアピールするメーカーが増えていますが、IDC Japanの市場予測によると、2024年時点で日本における5G回線普及率は『26.5%』。4年経ってもまだ4分の1程度です。つまり5Gのサービスがスタートしていても、一般的には『使えない』という状況が長く続くという事。

5Gが使えない地域においては、当然これまで通り『4G通信』を使う事になります。これはレース用の車で一般道を走りつづけるくらい意味のない事。5Gが使えるようになる頃にはスマートフォンの電池もちが悪くなり、『4Gしか使ってないのに機種変』という人が沢山いる予感。

コストが高く肝心の『超高速通信』も使えない、かなり『割高』と言える『5G対応スマートフォン』。日本より5Gネットワークの普及が早い海外では購入する価値があるでしょう。しかしここは2024年時点で『26.5%』程度の普及率が予想される日本です。

日本で利用するのにお勧めしたいのは、『4Gに対応する高性能モデル』。スマートフォンは基本的にグローバル市場に合わせて開発が行われるので、この『4Gに対応する高性能モデル』は今後どんどん数が減少していきます。実際、最近リリースされている『フラッグシップ』『ハイミッドレンジ』は9割が『5G対応モデル』です。

4Gに対応する高性能モデル』を今の内に格安で購入しておけば、『5G』が普及するまでの数年間を『快適』に過ごす事が出来ます。今するべきことは5Gへの『先行投資』ではなく、間違いなく5Gに向けての『節約』。そうする事で今の不安定な世界情勢を乗り切り、最高の状態で『真の5G時代』を迎える事が出来るのです。

4Gに対応する高性能モデル』としてお勧めなのが『iPhone SE(第2世代)』とAndroidの『ハイミッドレンジ』。『iPhone SE(第2世代)』はiPhone現行品の中で最も安く最も新しい4G対応モデル』。Socには『iPhone 11』シリーズと同じ『A13 Bionic』を搭載し、3Dゲームも軽々こなす処理能力。『IP67(深さ1mまで、最長30分間』に準拠する高い防水性能。『Apple Pay』や『ワイヤレス充電』による生活の効率化。この先数年使うには十分すぎるスペックと言えるでしょう。

価格をさらに抑えたいなら『Android』への機種変も検討すべき。『OPPO Reno A』であれば『支払い』『防水』『ゲームを快適に遊べる処理能力』を全て持ち合わせています。さらに有機ELの『6.4インチ』大画面。もしかすると機種変したらそのままAndroidユーザーになってしまうかもしれません。

iPhone 12は9万超え。ゲームも快適なおサイフケータイ&防水スマホOPPO Reno Aは1万円台。光り輝くコスパ

続きを見る

現在格安SIMの『BIGLOBEモバイル』では、SIMの申し込みと『iPhone SE(第2世代)』を同時に購入すると最大『30,800円相当』の還元を受けられるキャンペーンを開催中。これほどお得に『iPhone SE(第2世代)を購入出来る機会は滅多に無いでしょう。しかしあまりに安いので、なんと取り扱いを開始した9月18日からたったの2日在庫が無くなってしまいました。長い期間『入荷待ち』になっていましたが、ようやく在庫が復活!しかも現金化可能なポイントの還元が増えています

通信料金の安さに加え、YouTube対応音楽アプリの通信がノーカウントになる『エンタメフリーオプション』が魅力の『BIGLOBEモバイル』。『iPhone SE(第2世代)』を購入するなら間違いなくここがベスト!

iPhone SE 2ndをBIGLOBEモバイルで購入すれば2年で17万円以上節約出来る!?そのお金でiPhoneの最新モデル買えばいいじゃん!

BCN株式会社が発表している10月5日~10月11日の『スマートフォン週間売上げランキング』によると、1位を獲得しているのは通信キャリア『Softbank』が販売しているiPhone SE(第2世代)。2位は『au』、そして5位には『docomo』が取り扱うiPhone SE(第2世代)がランクインしており、iPhone SE(第2世代)人気の凄まじさをデータが証明しています。

これまではキャリアの取り扱いがメインだったiPhone SE(第2世代)ですが、9月18日から格安SIMの『BIGLOBEモバイル』が取り扱いを開始しました。

通信キャリアだから、格安SIMだからと言ってiPhoneの性能に差はありません。同じiPhone SE(第2世代)が販売されています。では、2位の『au』と『BIGLOBEモバイル』、どちらで購入した方が安くiPhone SE(第2世代)を購入する事が出来るでしょうか。『au』でiPhone SE(第2世代)64GBの購入を想定して、公式サイトで月々の支払いに関するシミュレーションを行ってみました。その結果がコチラ。

契約1ヶ月目~6ヶ月目までは『スマホ応援割2』が適用されて『1,000円』割引になります。それでも支払い金額は『8,565円(税込)』とかなり高め。さらに7ヶ月目からは『スマホ応援割2』が終了して支払い金額は『9,665円(税込)』に上がります。ほぼ1万円程度。どう考えてお高すぎでしょう。

しかもこの金額は、『かえトクプログラム』が適用された状態。『かえトクプログラム』は13ヶ月目~25ヶ月目の間に、『au』で取り扱っている端末に買い換える必要があり、その際にiPhone SE(第2世代)回収されてしまいます。iPhoneは丁寧に使っていればそれなりの価格で売る事が出来るので、『かえトクプログラム』を利用するメリットは感じられず、逆に『au縛り』状態になるのでオススメ出来ません。

しかし、『かえトクプログラム』を利用しない場合は24回目の支払額が『26,520円』に。端末料金の支払い金額は23回目まで1,250円(税込)』なので、『かえトクプログラム』の事をしっかり認識せずに契約してしまうと後々大変な事に。iPhone SE(第2世代)の実質負担金が『28,750円(税込)』と書かれていますが、それはこの『かえトクプログラム』ありきの話。適用しない場合は『55,270円(税込)』です。

au』では、月々の通信量が2GB以下の場合は利用料金が『1,480円』自動的に割引に。これは『au』だけでなく、通信キャリアのSoftbankdocomoも似た様な料金形態をとっています。しかし通信量2GB以下でも月々の支払いは7千円以上。端末料金が含まれているとはいえ高すぎです。

MM総研が2020年5月20日に発表した調査結果(2020年2月時点のもの)によれば、月々のデータ通信量が『1GB以内』の人が『29%』、『2GB以内』の人が『16.7%』と、比率的には最も多いです。しかしこれは『必要が無くて使っていない』のではなく、『通信料金が高くなるので使えない』という状況である事が、通信キャリアの料金プランから見てとれます。通信量を頑張って節約しているのに、支払っている料金は『明らかに割高』というなんとも悲惨な状況の人が沢山いるという事です。

au』などの通信キャリアを利用するメリットは『通信速度』の速さ。しかし基地局の設置やメンテナンスなど、ランニングコストが嵩むのでその分利用料金は高額に。

格安SIM(MVNO)のメリットはなんと言っても『利用料金』の安さ。MNO(キャリア)と違って自ら基地局を持たないので、コストは最小限に抑える事が出来ます。『ユーザーが混雑する時間帯に通信速度が遅くなる可能性がある』といったデメリットは存在するので、『高いお金を支払ってでも通信速度を優先する』という人は、通信キャリアとの契約がお勧めです。

では、格安SIMの『BIGLOBEモバイル』でiPhone SE(第2世代)を購入した場合、どれくらいの料金が発生するでしょうか。『au』と同じiPhone SE(第2世代)64GBの価格は『46,200円(税込:50,820円)』。『au』よりは少し安めです。さらに11月3日までは『20,000円相当』のGポイント還元キャンペーンを開催中。このGポイント現金化が可能なので、実質的なキャッシュバック。つまりこの時点で実質『30,820円(税込)』でiPhone SE(第2世代)が購入出来るということに。

さらに『BIGLOBEモバイル』は最初の6ヶ月間通信料金からも割引。最初の3ヶ月割引というキャンペーンはたまに目にしますが、その倍の長さ。総額で7,200円通信料がお得になります。iPhone SE(第2世代)への還元と合計すると『27,200円相当』。

ここで、『au』『BIGLOBEモバイル』でiPhone SE(第2世代)を購入した場合、それぞれ『2年間』でどれだけの支払いが発生するかを計算してみましょう。通信容量は少し余裕をもたせて『6GB』。この程度であれば、極端にモバイル通信を節約する必要はありません。

auの通信料金+端末料金

iPhone SE 2nd(64GB)本体料金:55,270円(税込)

回線:au回線

契約プラン:データMAX 4G LTE

月額利用料金:7,650円(税込:8,415円)×18カ月=151,470円(税込)

最初の6カ月間:6,650円(税込:7,315円)×6カ月=43,890円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,800円(税込:1,980円) 5分以内何度でも=800円(税込:880円)

2年間の合計コスト=250,630円(税込)

BIGLOBEモバイルの通信料金+端末料金

iPhone SE 2nd(64GB)本体料金:30,820円(税込)※11月3日まで20,000円相当のポイント還元(現金化可能)実施中

回線:docomo/au回線(選択可能)

契約プラン:音声通話SIM6GB

月額利用料金:2,150円(税込:2,365円)×18カ月=42,570円(税込)

最初の6カ月間:950円(税込:1,045円)×6カ月=6,270円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【通話アプリ使用】30秒/10円

かけ放題:660円(税込:1回3分以内)、913円(税込:1回10分以内)

2年間の合計コスト=79,660円(税込)

au』で『iPhone SE 2nd』を購入し、2年間運用した場合のトータルランニングコストは『250,630円(税込)』。対する『BIGLOBEモバイル』は『79,660円(税込)』という桁違いの結果が出ました。差額にしてなんと『170,970円(税込)』。iPhoneの最上位モデルや『新型iPad Air』『MacBook Pro』を購入出来てしまいます。

また、『BIGLOBEモバイル』では『6GB』でも通信容量が足りないという人の為に、スペシャルサービス『エンタメフリー・オプション』が用意されています。このオプションを利用すると、『Youtube』『Spotify』『Amazon Music』といった人気の動画や音楽配信アプリの通信が『ノーカウント』に。通常利用料金は480円(税込:528円)と激安です。

しかも、11月3日までのキャンペーン期間中に音声通話SIM3GB以上で契約すると、『エンタメフリー・オプション』が6ヶ月間利用料金無料!『エンタメフリー・オプション』はあくまでオプションサービスなので、加入は自由です。しかし、この6ヶ月間無料特典を受けられるのはSIMの契約時のみなので、ご注意ください。

YouTubeもAmazon MusicもSpotifyも通信ノーカウントになるエンタメフリーオプションを使ってみた!

続きを見る

エンタメフリー・オプション』を追加して『YouTube観放題』『ストリーミング音楽聴き放題』な状態にしても、『au』よりは圧倒的に安い『BIGLOBEモバイル』。iPhone SE(第2世代)の購入を検討している人は、是非『BIGLOBEモバイル』への乗り換えも同時に行ってください。そして浮いたお金で『新型iPad Air』『MacBook Pro』もしくはiPhoneの最新モデルを購入しましょう!

還元されるポイントは汎用性が超高い!現金化も可能

iPhone SE(第2世代)の購入で配布されるポイントは、提携数120を超える他社のポイントや、現金への換金も可能というかなり汎用性の高いもの。これは実質的なキャッシュバックですね。

圧倒的な処理能力を4.7インチの手のひらサイズに凝縮したiPhone SE 2nd

iPhone SE 2ndはディスプレイサイズが大きくなり高解像度化

iPhone SEが4インチで解像度はRetina(640x1136)だったのに対し、iPhone SE(第2世代)は4.7インチでRetina HD(1,334×750)に。持ち運びやすいサイズ感はそのままに、ディスプレイ性能をしっかりと向上させています。

iPhone SE 2ndはiPhone 11 Proと同じA13 Bionicを採用

iPhone SEに搭載されていたSocはA9 Bionic。世代が代わると数字が増えていくので、単純に4世代前のものになります。A9 BionicAntutuスコアは20万弱、A13 Bionicは40万後半なので、単純に性能が2.5倍程度アップした事に。当然iPhone 8よりも処理能力は遥かに上です。

iPhone SE 2ndはFelicaチップを搭載。Apple Payでキャッシュレス

iPhone SEは4インチという絶妙なサイズ感から、日常的に持ち歩いていても邪魔にならない事が魅力の一つでした。しかし残念だったのは、タイミング的にFelicaがまだ採用されていなかった事。iPhoneFelicaが採用されたのはiPhone 7から。新型iPhone SEではFelicaにもしっかり対応。Apple Payを使えばキャッシュレス決済を行う事が出来ます。今後モバイルPASMOのサービス開始も決定しているので、さらに価値は上がるでしょう。

iPhone SE 2ndはカメラ性能が大幅に向上。写真も動画も別次元に

カメラはシングルレンズで、見た目はiPhone 8と同じ。価格も安いですし、普通はカメラ画質もiPhone 8と同等、もしくはそれ以下と考えるでしょう。

しかし違います。A13 Bionicの搭載により、画像処理能力が大幅に向上。スマートフォンのカメラ画質は、レンズだけでなくSocの性能に大きく依存します。Socの性能が上がり、AI機能が強化された事で、被写体と背景の識別がより正確に。フロントカメラ、リアカメラの両方が、美しい背景ボケを魅力とするポートレートモードに対応します。

ボケを調整する深度コントロールも可能。

さらにiPhone XSシリーズで新たに追加された『スマートHDR』もサポート。複数の写真からAIがベストなシーンを識別する、いいとこどり画像合成技術により、陰影がハッキリとしたダイナミックレンジの広い、臨場感あふれる写真を簡単に撮る事が出来ます。

iPhone 11 Proと同様に、6つのエフェクト効果を持つポートレートライティングも健在。光の調整による本格的な演出効果を誰でも手軽に行えます。

夜景が綺麗に撮れるナイトモードは公式ページに説明が無いので、恐らく非対応。

iPhone SE(第2世代)は、写真だけでなく動画もしっかり撮れる印象。解像度は4K(60fps)に対応し、立体的に音声を記録する『ステレオ録音』も可能。シャッターを長押しすると動画撮影と写真撮影が切り替わる『QuickTake』も便利。

動画撮影時も光学式手振れ補正が機能するので、廉価モデルらしからぬ、想像以上の画質を期待できるかもしれません。

iPhone SE 2ndは防水防塵性能あり

iPhone SEでは非対応だった、日本の大人気性能のひとつ『防水防塵』に対応。水深1mにおいて30分間の耐水性能というのは、かなりしっかりとしたレベル。料理しながら気にせず使えたり、お風呂でシャワーがかかっても問題なし。iPhoneが更に手軽にどこでも使えるように、活躍の場が広がります。

iPhone SE 2ndはワイヤレス充電に対応。Lightning要らずに

これも人によっては、かなり魅力的なスペックアップ。iPhoneのワイヤレス充電機能は、充電が手軽になるというだけでなく、Lightningコネクタから解放されるというメリットもあります。Lightningコネクタ対応のケーブルや充電器は価格が高いので、そこはiPhoneを使う上でのマイナスポイント。しかしワイヤレス充電なら別です。最近では対応端末が増えて、値下がり傾向にあるワイヤレス充電器。充電スピードが少し遅くなっても問題無いという人は、iPhone SE(第2世代)と同時購入に購入する事をオススメします。

iPhone SE 2ndは連続駆動時間が長く

iPhone SEは筐体が小さく、Socも旧型なので電池の持ちがあまり良くありませんでした。しかしiPhone SE(第2世代)はバッテリーサイズが大きくなり、かつ A13 Bionicの搭載により、電力効率が大幅にアップ。動画連続再生時間も最大13時間程度まで伸びました。

iPhone SE 2ndは複数のSIMが使える

iPhone SEはシングルSIMスロットだったので、1枚のSIMカードしか使えませんでした。iPhone SE(第2世代)は物理的なSIMカードに加えてeSIMに対応。これにより、自分のライフスタイルに合わせた、様々な通信プランとの組み合わせ(Dual SIM運用)が可能に。

iPhone SE 2ndは買いなのか?

ぱっと見はiPhone 8です。しかし細かく掘り下げていくと、単純に処理能力が上がったiPhone 8というだけではありません。カメラが想像していた以上に良い出来です。そしてeSIM運用という、廉価モデルらしからぬ使い方も出来ます。超強力Soc『A13 Bionic』搭載なので、当然ゲームをバリバリ遊ぶことも。

これはiPhone 8の見た目をしたiPhone 11なのでは。Face IDが使えない代わりに、未だに支持者が多いTouch IDが使えたり、不足された部分はしっかりと代替え機能で補っています。お値段以上のハイコストパフォーマンスモデルである事は間違いなし。

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

ReadMore

iPhone 12 miniは全力が出せない?iPhone SE 2ndとiPad Air 4が最強の組み合わせな理由。

ReadMore

ブラックフライデー本命はFire TV Stick 4K、Fire HD 8、10、Kindle、Echo Show 5

ReadMore

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.