進化したOPPO Reno3 AをOPPO RenoAとほぼ同額で買えるのは10月23日(金)まで!設定ミス並の安さ!

Pocket
Facebook にシェア

格安SIMの『OCN モバイル ONE』が10月23日(金)の午前11時まで行っている『秋の人気スマホSALE』において、過去最安値となる『13,300円(税込:14,630円)』で販売されているのがOPPOの最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno3 A』。他の店舗で販売されている価格と比較すれば、この価格がどれほど安いか分かります。

しかも今回のセールでは『新規』と『他社からの乗り換え』がどちらも『13,300円(税込:14,630円)』。通常では『新規』が『5,000円』高くなるので、今回は『新規』の人がかなりお買い得な状況です。

そしてさらに『OPPO Reno3 A』の圧倒的な安さを決定づけるのは、前モデルとなる『OPPO Reno A』との価格差。『OPPO Reno A』も『秋の人気スマホSALE』の対象になっているのですが、セール価格は『12,000円(税込:13,200円)』。『OPPO Reno3 A』との価格差は『1,430円』しかありません。『新型をここまで値下げしてしまって大丈夫なのか』と心配になる安さです。

OPPO Reno3 A』が『OPPO Reno A』から進化した内容は以下の通り。

  • レンズの数が2つから4つに。最高解像度は1,600万画素から4,800万画素に。モノクロカメラと超広角カメラが追加された事で、カラー表現がより正確になり、撮れるシーンの幅も豊富に。
  • 電池の容量が3,600mAhから4,025mAhに増量。クイックチャージに対応して急速充電も可能に。
  • 防水性能をIPX 7から最高レベルとなるIPX 8(水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有す)に強化。
  • 標準モデルのストレージ容量が64GBから128GBに倍増。
  • 独自のコーティングを施した事により、まるでオーロラの様に美しいグラデーションが背面に浮かび上がります。

これから行楽シーズンを迎えるので、『カメラ』が活躍する機会は間違いなく増えるはず。最高レベルの防水性能を持つのでどこに持ち歩いても安心して使える『OPPO Reno3 A』。10月23日(金)午前11時までに是非ゲットしましょう!

OPPO Reno3 Aを買うべき7つの理由

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その1『6GBのメモリに128GBのストレージを搭載する大容量モデル』

OPPO Reno3 A』と同じ『Snapdragon 665』を搭載するミッドレンジモデルは他にも存在します。それらのメモリストレージ容量は以下の通り。

メモリは『4GB』、ストレージは『64GB』と共通。『ミッドレンジモデル』のスペックというのはこれが一般的。しかし標準の『ワンランク上』をいくのが『OPPO Reno3 A』です。『OPPO Reno3 A』のメモリは『6GB』、そしてストレージは『128GB』です。

メモリとストレージが大容量になるメリットは、『データ読み書き速度の高速化』と『低消費電力化』です。メモリはストレージと比較してデータの読み書き速度が早く、容量が大きくなればなるほど、沢山のアプリを同時利用する『マルチタスク』を円滑に行えるようになります。そして、ストレージの容量が増える事で『Micro SDカード』を追加する必要が無くなります。

Micro SDカード』は内部ストレージと比較してデータの読み書き回数が増えるので、その分電力を多く消費する事に。ダウンロードした動画の鑑賞や、高解像度による写真、動画の撮影を多く行う場合は、『OPPO Reno3 A』のような大容量ストレージ搭載モデルが適しています。

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その2『処理能力を示すAntutuのベンチマークスコアが高い』

先述している通り、『OPPO Reno3 A』と同じ『Snapdragon 665』を搭載するスマートフォンは他にも存在します。しかし、スマートフォンの処理能力を示すAntutuのベンチマークスコアでは『OPPO Reno3 A』が頭ひとつリード。メモリに『LPDDR4x』、ストレージに『UFS2.1』を搭載している『OPPO A5 2020』より1万以上『MEM』スコアが高いというのは『メモリ』『ストレージ』性能が極めて優れているという証拠。少しでも快適に動作するミッドレンジを求めるなら『OPPO Reno3 A』が正解ですね。

OPPO Reno3 AのAntutuベンチマークスコア

OPPO A5 2020のAntutuベンチマークスコア

Xperia 10 IIのAntutuベンチマークスコア

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その3『世界トップクラスとなるOPPOのアルゴリズムを活かした高画質カメラ』

4,800万画素』の超高解像度撮影に対応する『OPPO Reno3 A』。スマートフォンカメラの高解像度化は進む一方ですが、重要なのは『どのメーカーのスマートフォン』であるかという事。スマートフォンのカメラ画質を左右するのは、データの解析を行う『アルゴリズム』。アルゴリズムが優れなければ、良い画質で撮影する事は出来ません。

OPPO』はカメラ画質をスコア化する世界一有名なサイト『DxOMark』において、『世界第5位』となる『Find X2 Pro』の生みの親。世界を代表するスマートフォンカメラ開発技術を持つトップメーカーです。カメラ以外でも全ての面で高い評価を受ける『OPPO』のスマートフォンは販売台数も『世界第5位』。『Samsung』『Apple』『Huawei』『Xiaomi』と共に世界TOP5に君臨します。

その『世界のOPPO』のカメラ技術が使われている『OPPO Reno3 A』のカメラ。『とりあえず4,800万画素』の他メーカーとは質が違います。実際に『OPPO Reno3 A』で撮影した写真がこちら。『超広角』から『背景ボケ』写真まで自由自在です。色の補正が特にうまく、どちらかと言えば『女性』らしい優しく自然な雰囲気に仕上げてくれます。勿論難しい設定は一切不要。

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その4『ミッドレンジを超える美しいデザイン。見せびらかしたくなるスマートフォン』

スマートフォンは『家電』なので機械的なスペックは勿論大切です。しかし日常的に持ち歩くものなので『見た目』に拘りを持っている人は沢山いるでしょう。『OPPO Reno3 A』であればその『見た目』もワンランク上。高級感を高めるガラス素材の『鏡面加工』はベーシックになりつつありますが、『OPPO Reno3 A』の場合はただ美しく磨き上げられているだけではありません。

独自のコーティングが施されており、光を当てるとまるでオーロラの様に表面色が変化。これまで多くのスマートフォンに触れてきましたが、この感じは初めて。『見た目優先』の人にも十分オススメ出来るレベル。。そして持ち安さを考慮した立体設計がさらに完成度を高めています。最高レベルのフラッグシップモデルを作っている超大手だから可能なこのハイクオリティ。数少ない『見せびらかしたくなるスマートフォン』の一つです。

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その5『最高レベルの防水性能IPX 8に準拠』

OPPO Reno3 A』は『IPX 8』という最高レベルの防水規格に準拠しています。これは水深(常温の水道水)1.5mのところに『OPPO Reno3 A』を沈め、約30分間放置した後でも通信機器として機能する事を意味します。最近は新型コロナウィルスの影響もあり、家に帰ってすぐにスマートフォンを『洗っている』人が増えているでしょう。『IPX 8』はあくまで『常温の水道水』に関して定義されているものなので、洗うのであれば『』を使用する事。お湯やハンドソープは控えましょう。

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その6『発色が美しい有機ELディスプレイ』

ミッドレンジモデルの殆どは、ディスプレイに『液晶』を採用しています。その理由は単純で『コストが安い』から。液晶はバックライトを使って表示を行うのに対し、『有機EL』はピクセルを一つずつ点灯させます。黒の表示はそのピクセルを完全に消灯させるので、その部分は『真っ黒』な状態に。

黒の深さは表現の幅を広げるので、映画鑑賞や写真のプレビューがより感動的に。さらに『ダークモード』を設定すれば黒がメインの表示に切り替わり、大きな低消費電力効果を得る事も可能。発色が美しく電池の持ちを長くしてくれる、それが『有機EL』であり、『OPPO Reno3 A』の持つディスプレイの特性です。

ワンランク上のミッドレンジOPPO Reno3 Aを買うべき理由その7『おサイフケータイに対応する』

一度使ってしまったらあまりに便利で『非対応』端末はつかえなくなる機能。それが『おサイフケータイ』。『定期』『クレジットカード』『会員証』といった様々なカードをスマートフォンの中に収納する事が出来ます。小銭の重さをいつも煩わしく感じていたり、カードが増えすぎてパンパンに膨らんだ長財布を持ち歩いている人、今すぐ『おサイフケータイ』に対応する『OPPO Reno3 A』に乗り換えましょう。これまでは『重たい財布』と『スマートフォン』の両方必須だったのが、これからは『スマートフォン1台』に。『財布を忘れて支払い出来ない』も無くなります。

OCNモバイルONEのSIMは激安なのに激速だった!さらに対応する音楽配信サービスが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

激安でスマートフォンを販売している『OCN モバイル ONE』。実は、利用料金も安いんです。あまりに安いので、肝心の『通信品質』は大丈夫なのかと、やや心配になります。『格安SIM』はキャリアから回線(帯域)をレンタルして通信環境を提供しているので、コストを削減すると通信速度が遅くなります。せっかく安い通信料金設定でも、速度が遅くては意味がありません。そこで、実際に『OCN モバイル ONE』のSIMを使って、混雑が予想される時間帯に速度を計測してみました。

20時50分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

20時からのバラエティ番組を見終わり、21時から始まるドラマに備えてSNSなどをチェックする『20時50分』という時間帯。測定結果は下り『38.86Mbps』上り『9.35Mbps』と申し分なし。

22時31分にOCNモバイルONEの通信速度を計測

次に一日のすべき事を終え、ベッドでくつろぎながらスマートフォンを操作する人が増える『22時31分』に計測。下り『52.72Mbps』、上り『23.82Mbps』という、キャリアも真っ青のスピード違反レベルの速さ。これで文句をつけてしまったらただのクレーマーになってしまいます。

通信量を節約する為の『低速』時のスピードもあわせてチェック。『OCN モバイル ONE』が公表している速度は最大200Kbpsなのですが、なんとこちらもスピードオーバー。下りで『260Kbps』、上りで『370Kbps』という結果となっています。通信速度に関しては、ユーザーからすると『どんどんスピードオーバーしてください!』って感じですよね。

通信品質はどう見ても『超高品質』。さらに驚く程安い利用料金がコチラ。分かりやすくdocomoの料金と比較しています。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:3,150円(税込:3,465円)

通話料:30秒/20円(税込:22円)※家族間無料

最低契約期間:なし

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信1GB音声対応SIM

月額利用料金:1,180円(税込:1,298円)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

月額料金、通話料金共に圧倒的な安さ。通信速度の速さも実証されたので、乗り換えない理由が分からないレベルです。しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でもダントツでお勧めです。

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

ReadMore

iPhone 12 miniは全力が出せない?iPhone SE 2ndとiPad Air 4が最強の組み合わせな理由。

ReadMore

ブラックフライデー本命はFire TV Stick 4K、Fire HD 8、10、Kindle、Echo Show 5

ReadMore

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.