AQUOS sense3は5G普及まで使うのにお勧めなスマートフォン。安く買って長く使うなら10月23日までが大チャンス

Pocket
Facebook にシェア

docomo』『au』『Softbank』『楽天モバイル』といった通信キャリアが行っているプロモーションで、ひたすら使われている『5G』。なぜかと言えば、『5G』に対応するスマートフォンが沢山リリースされているからです。しかし、『5G』に対応するスマートフォンを使えば『5G通信』は行えるのか?それは違います。

5G通信』を行う為には、対応するスマートフォン以前に『通信環境』が必要になります。忘れてしまったかもしれませんが、3Gから4Gへの切り替えにもかなりの時間を要しました。そして4Gから5Gでもそれは同様。IDC Japanによる市場予測では、4年後の2024年時点で日本における5G回線普及率は『26.5%』。つまり4年経過しても半数以上の人が『5G』を使えていない状態です。

5G』に対応するスマートフォンで『4G通信』を行った場合、『4G対応』のスマートフォンより高速なのかと言えば、答えは『NO』。完全にオーバースペックな状態が続くという事です。ではなぜ『5G』に対応するスマートフォンばかりが登場しているのかと言えば、スマートフォンは『グローバル市場』に合わせて開発が行われているから。『日本市場』ではなく『世界市場』がターゲットなのです。

しかし、我々がスマートフォンを利用するのはあくまで『日本』です。ここは冷静になって確実に使える『4Gモデル』をセレクトしましょう。そして『4Gモデル』を出来るだけ長く使って、『5G』がしっかり整備された時点で『5G対応スマホ』を購入すれば高いコストパフォーマンスを維持出来ます。

その為には『壊れにくいスマートフォン』をセレクトする必要があります。女性に大人気のスマートフォン『AQUOS sense3』。一番の魅力が何かお分かりでしょうか。それはMIL規格を取得した『壊れにくさ』。MIL規格とは、米軍に調達される物資の耐久基準を満たしたものに与えらる、堅牢性を示す為の規格です。

MIL規格には様々な項目があり、『AQUOS sense3』はその内『19種類』のテストをクリア。ここまでしっかり沢山のテストをクリアして『MIL規格取得』としている製品は少ないです。つまり『壊れにくさ』に関してはずば抜けているという事。『5Gまで使うスマートフォン』としては申し分ありません。

防水性能も『IPX/5/8』という最高レベルの規格に準拠。スマートフォンは電化製品なので、一般的には『衝撃』や『』に弱いです。しかし『AQUOS sense3』であれば『衝撃』や『』によって故障する確率を大幅に低減出来ます。

高い消費電力を必要とする『ディスプレイ』にはSHARPの代名詞とも言える『IGZO』を採用。省エネに特化したディスプレイと『4,000mAh』の大容量バッテリーと組み合わせる事で『動画再生最長20時間』を実現。『IGZO』による低消費電力化は電池の劣化を抑えるので、結果的にスマートフォンの寿命自体を延ばす事に。『故障率』が低く『電池の劣化』が少ない『AQUOS sense3』。『長く使えるスマートフォン』としてベストな選択肢と言えるでしょう。

さらに『おサイフケータイ』機能を搭載しているので、今後加速する『キャッシュレス社会』にもしっかりと対応。『AQUOS sense3』は『故障』に強く『連続駆動時間』が長いので、『スマートフォンが使えなくて支払いが出来ない』といった状況も避けられます。

5G』が一般的に使えるようになるまでのベストな選択肢と言える『AQUOS sense3』は、『docomo』『au』『UQモバイル』『OCN モバイル ONE』といった複数の通信業者で購入する事が出来ます。どの通信業者で購入するのがベストなのかを、これから調べていきたいと思います。

MM総研が2020年5月20日に発表した調査結果(2020年2月時点のもの)によると、スマートフォンユーザーの大部分は月々の通信容量が『5GB以内』。

つまり、通信容量『5GB』程度のSIMを契約すれば十分だという事です。今回は通信容量『5GB』を目安(5GBプランが無い場合は近い容量のプラン)にして、『docomo』『au』『UQモバイル』『OCN モバイル ONE』の4社で利用料金の比較を行いました。利用期間は『2年』を想定。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:ギガライト(5GBまで)

月額利用料金:5,665円(税込)×24カ月=135,960円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

2年間の通信コスト=135,960円(税込)

auの通信料金

回線:au回線

契約プラン:データMAX 4G LTE

月額利用料金:7,650円(税込:8,415円)×18カ月=151,470円(税込)

最初の6カ月間:6,650円(税込:7,315円)×6カ月=43,890円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,800円(税込:1,980円) 5分以内何度でも=800円(税込:880円)

2年間の通信コスト=195,360円(税込)

UQ mobileの通信料金

回線:au回線

契約プラン:スマホプランR(10GB)

月額利用料金:2,980円(税込:3,278円)×24カ月=78,672円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 10分以内何度でも=700円(税込:770円) 60分定額=500円(税込:550円)

2年間の通信コスト=78,672円(税込)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信6GB音声対応SIM

月額利用料金:1,980円(税込:2,178円)×24カ月=52,272円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

2年間の通信コスト=52,272円(税込)

docomo』『au』『UQモバイル』『OCN モバイル ONE』を比較して、最も通信利用料金が安いのは2年間のランニングコストが『52,272円(税込)』の『OCN モバイル ONE』という結果になりました。『docomo』『au』との料金差は『2倍以上』。この金額が生活に直結しているとは恐ろしいですね。

続けて『AQUOS sense3』の端末料金について。『UQモバイル』は残念ながら『品切れ』。圧倒的に安いのは通信料金に続いて『秋の人気スマホSALE』開催中の『OCN モバイル ONE』です。

  • docomo:31,680円(税込)
  • au:27,600円(税込)
  • UQモバイル品切れ
  • OCN モバイル ONE8,910円(税込)※10月23日(金)午前11時までの特別価格

通信料金』と『端末料金』が安いので購入を決めてしまいたいところですが、『OCN モバイル ONE』をお勧めしたい理由がもうひとつ。それは通信の『速さ』です。『OCN モバイル ONE』は自社で基地局を持たない『MVNO(格安SIM)』に分類されるので、通信キャリアから回線を借りて運用を行っています。格安SIMは各社で借りている回線数が異なるので、速度にはバラツキが。よって利用料金と同じレベルで『通信速度』も重要視する必要があるのです。

OCN モバイル ONE』はその『通信速度』において、MM総研が2020年2月に発表した調査結果(docomo回線通信速度)では6社中圧倒的な速さで『第1位』を獲得。私はすでに『OCN モバイル ONE』を契約していますが、速度に関して不満を感じた事はありません。

長く使えるスマートフォン』で利用する通信環境は『長く使いたい』と思えるものでなければなりません。『OCN モバイル ONE』はそれに相応しい通信業者。『秋の人気スマホSALE』は10月23日(金)午前11時までなのでくれぐれもお見逃し無く!

OCNモバイルONEは対応する音楽配信アプリが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

月額利用料金、通話料金、通信品質共に申し分の無い『OCN モバイル ONE』は、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でも、やはりダントツでお勧めです。

AQUOS sense 3はこんなスマートフォン

AQUOS sense 3のIGZOディスプレイはバーチャルHDRに対応

SHARPAQUOSと言えば『IGZO』。『AQUOS sense3』のディスプレイは、アスペクト比が18:9で、フルHD+解像度に対応。デジタルシネマに採用されている標準企画『DCI-P3』に準拠する事で、実際に目に見えている色に近い色彩表現を可能とします。周りの光に合わせて、画面が見やすいように輝度を自動的に調整する機能もしっかり装備。

さらに、通常のSDR画質をHDR画質調に表示するリマスター機能『バーチャルHDR』を搭載。設定をONにすると、動画アプリ再生時、映像が自動的に切り替わります。

AQUOS sense 3は省エネ設計で大容量電池搭載。驚きの長時間駆動

IGZOディスプレイは、勿論表示が美しいだけではありません。透過率を高めることで、LEDバックライトの消費電力を最小限に削減。さらに、静止画を表示する際は必要の無い画面の切り替わりを制御する事で、無駄なエネルギー消費を抑えています。

加えて、AQUOSシリーズで最も大容量となる4,000mAhの電池を採用した事で、HD画質の動画連続再生時間が最大『20時間』、Webブラウジング最大『21時間』、待受時間最大『38時間』という、常識を覆す長時間駆動を実現しています。

AQUOS sense 3のカメラは簡単にしっかり撮れる

AQUOS sense3』は標準カメラと広角カメラの2眼構成。AI機能は9つの被写体とシーンを自動的に識別。ベストな色合いや設定を瞬時に解析し、最高の一枚を誰でも簡単に撮影可能です。

広角カメラは水平121度の撮影をサポート。広大な風景や大人数の集合写真を撮る時に大活躍してくれます。

光の少ない場所では、新画質エンジン『ProPix2』が作動し、AIが被写体を識別。シャッタースピードを自動調整してくれます。さらにノイズの低減も行われ、難しいシーンでも明瞭な画質を得る事が可能。さらに、逆光時は自動でHDR撮影に切り替わり、黒つぶれや白飛びを制御します。

被写体の背景をぼかす『ポートレート撮影』はフロントカメラ、リアカメラの両方に対応。オート撮影とは一味違う雰囲気になる『ポートレート』。被写体によって使い分ける事で、表現の幅がグンと広がります。

BGMつきで15秒のショートムービーを自動的に作成してくれる『AIライブストーリー』機能は、AIが笑顔などベストなシーンを自動的に選定し編集。誰でも簡単に、思い出動画を作成出来ます。

800万画素のフロントカメラは「AQUOS beauty」に対応。「美肌」「小顔」「色合い」「明るさ」「目の大きさ」など、項目に合わせて細かく設定出来るので、メイク感覚で理想的な自撮り画像に。

AQUOS sense 3はバランスのとれた快適なパフォーマンスを実現

AQUOS sense3』は4,000mAhの大容量電池を採用しつつも、幅70mm、重さ約166gという『持ちやすさ』を維持。美しい質感は『アルマイト染色』によるもの。アルマイト染色は、見た目が良くなるだけでなく、剥がれにくいという特性もあります。さらに、負荷がかかった時に変形しにくいように、背面側面一体構造を採用。

AQUOS sense 3は美しい見た目からは想像も出来ないタフ仕様。防水防塵、耐衝撃、広い温度変化にも対応

スレンダーで、どちらかと言えば女性向けにデザインされている『AQUOS sense3』。しかし、その作りはまさに質実剛健。『高温』『低温』『氷結』『落下』など、19項目にも及ぶ『MIL規格(MIL-STD-810H)』に準拠。

さらに防水防塵性能も最高レベル。防水がIPX5/8、防塵がIP6Xとなっています。まさにどんな場所にでも持ち運ばれるタフスマホ。見た目とのギャップはただ驚くばかり。

AQUOS sense 3はおサイフケータイに対応

スマートフォンの必須機能『おサイフケータイ』は、モバイルPASMOモバイルSuicaといった交通機関での利用に加え、複数の『電子マネー』『クレジットカード』『ポイントカード』にも対応。一度使ったら手放せませんよね。

041

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

ReadMore

iPhone 12 miniは全力が出せない?iPhone SE 2ndとiPad Air 4が最強の組み合わせな理由。

ReadMore

ブラックフライデー本命はFire TV Stick 4K、Fire HD 8、10、Kindle、Echo Show 5

ReadMore

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.