Xperia 10 IIと相性抜群!ANCノイキャン対応Anker Soundcore Life Q20は全てが心地良い

Pocket
Facebook にシェア

アクティブノイズキャンセル機能(ANC)』の付いたヘッドフォンが欲しい。急にそう思い立ってAmazonで色々と物色してみました。その中で目にとまったのが『Anker Soundcore Life Q20』です。価格は『アクティブノイズキャンセル』を搭載しつつ『5,990円』。他にも価格で下回るモデルはありましたが、レビュー内容に不安なものが多く(サクラっぽい)、安心感を優先して有名ブランド『Anker』を選択する事に。

Anker Soundcore Life Q20』はBluetoothに加えてAUX接続にも対応しているので『AUXケーブル』が付属しています。しっかりと金プラグを採用。そして片方が『L字』になっているのはケーブルメーカーとしても有名な『Anker』ならでは。AUX接続時は『ハイレゾ音源』にも対応しています。

充電ケーブルはUSB-A×Micro USBコネクタを採用。コネクタ部分には『Soundcore』と刻印されています。最近はUSB Type-Cが主流となりMicro USBコネクタに対応するケーブルの方が希少になってきました。スマートフォン用の充電ケーブルがMicro USBの場合は、機種変後捨てずにとっておいた方が良いですね。

カラーはブラックとシルバーが用意されており、私が選んだのはベーシックに『ブラック』です。『アクティブノイズキャンセリング』を搭載しているので『使用する素材』や『作り』の部分でコストを節約しそうなものですが、『Anker Soundcore Life Q20』からはそういった『手抜き感』は伝わってきません。『アクティブノイズキャンセリング』を利用した状態で最長『40時間』という長い駆動時間も魅力の『Anker Soundcore Life Q20』。重量がやや重めかと心配でしたが、実際に装着していて『重い』と感じる事はありません。

昔使っていたオーディオテクニカのヘッドフォンは長時間使用していると耳が痛くなってしまったのですが、『Anker Soundcore Life Q20』は画像からも伝わる通りイヤパッド部分が『フワフワ』。寒い時は耳あてとして利用していたいくらい心地良いです。素材は柔らかなソフトレザー

ヘッドバンド部分もソフトレザー素材。しかもクッション性あり。ヘッドフォンは耳もそうですが、長時間使用していると頭のてっぺんが痛くなりますよね。それを避けてヘッドバンドを後ろにまわして聴いている人をたまに見かけます。『Anker Soundcore Life Q20』であればイヤパッドもヘッドバンドも最高のフィット感。手で触った時は少し『柔らかすぎるのでは』と感じたのですが、装着してみて『なぜ柔らかいのか』が理解できました。

ヘッドバンド左右には『ANKER』ロゴの刻印あり。この位置にロゴがあるのと無いのとでは『Anker Soundcore Life Q20』の印象はかなり変わる印象。デザイナーのセンスが光りますね。

右側後面には音量プラスマイナスボタンに加え再生/一時停止ボタンが備えられています。スマートフォンのアプリと接続させた状態であれば、このボタンを使って操作が可能。ゴムではなくプラスチック素材が使われているので、押した時の感覚はちょっと安っぽいですね。耐久性を考えればコチラの方が良いのかもしれませんが。

右側前面にはMicro USB充電ポートイヤフォンジャック。付属の充電ケーブルとAUXケーブルの接続はここから行います。

左側後面には『電源ON/OFFボタン』と『ノイズキャンセリングON/OFFボタン』。『アクティブノイズキャンセリング』はBluetooth接続AUX接続時どちらでも利用可能です。ONにすると緑色にLEDランプが点灯します。

ここからは実際に『Anker Soundcore Life Q20』で音を聴いてみた感想です。スマートフォンは『Xperia 10 II』を使用しました。

とにかく装着感の良い『Anker Soundcore Life Q20』。聴こえる音も『心地よさ』を優先しています。『アクティブノイズキャンセリング』機能についても『完全に雑音が消える』という感じではなく、『程よく周囲の音が軽減される』といった表現が適切かと。

ヘッドフォンは低音強めの『ドンシャリ系』という印象の人が多いと思いますが、『Anker Soundcore Life Q20』は違います(製品ページでは低音増幅機能がアピールされていますが、『低音が強い』とは感じませんでした)。どちらかと言えばまんべんなく丁寧にバランス良く聴かせるタイプです。ハイレゾ対応機器は全体的にこの傾向にあるような。『低音がききすぎて耳が痛くなった事がある』という人は安心してください。『心地いい』レベルの低音です。

ハイレゾ音源』を聴くなら絶対に『AUX』で接続してください。Bluetoothと比較して音量がやや小さめになりますが、『解像度』は分かるレベルで上がります。AUX接続時も『アクティブノイズキャンセル』は機能しますが、聴いてみた結果『OFF』にした方が良いですね。Bluetoothでは『ON』、AUXでは『OFF』の使い分けをお勧めします。との相性は抜群です。

Anker Soundcore Life Q20』を実際に装着してみて、音楽を聴いてみて印象として残っているのは『心地よさ』。何時間音楽を聴いていても『疲れない』のです。『勉強しながら』『通勤通学しながら』『料理を作りながら』『読書をしながら』。『5,990円』で得られる心地よい音のある生活。ハイレゾ対応スマホ『Xperia 10 II』、『音楽聴き放題サービス』との相性は抜群ですね。

OCNモバイルONEは対応する音楽配信アプリが通信ノーカウント、Wi-Fiスポットが使い放題になる無料オプションあり!

月額利用料金、通話料金、通信品質共に申し分の無い『OCN モバイル ONE』は、『MUSICカウントフリー』という無料オプションを提供しています。対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でも、やはりダントツでお勧めです。

聴き放題の音楽配信サービスはAmazon Music Unlimitedがお勧め!

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

Amazonプライム会員』であれば、利用料金は『780円(税込)』の『Amazon Music Unlimited』。他社より『200円』安いんです。この『200円』の影響は、サービスを利用する期間が長くなればなる程大きくなります。例えば一年継続した場合は『2,400円』。なんと『Amazon Music Unlimited』であれば『3カ月分』の利用料金に相当します。とてつもなく大きいですよね。

そして、『Amazon Music Unlimited』をお勧めしたい理由はもう一つ。音楽配信サービスを利用していて、そのサービスを想像以上に気に入ってしまった場合。『もっと良い音で聴きたい』と思うはず。なぜなら私がそうでした。しかし『Amazon Music Unlimited』以外には、さらに上のプランが用意されていないんです。『Amazon Music Unlimited』であれば、ハイレゾ音源が聴ける上位プラン『Amazon Music HD』に移行する事が可能。

Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

利用料金は『+1,000円』になりますが、ハイレゾ音源1曲単位で購入する事を考えれば激安。『本気で音楽を聴きたい』という人でも十分満足出来るのが『Amazon Music HD』です。

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

ReadMore

iPhone 12 miniは全力が出せない?iPhone SE 2ndとiPad Air 4が最強の組み合わせな理由。

ReadMore

ブラックフライデー本命はFire TV Stick 4K、Fire HD 8、10、Kindle、Echo Show 5

ReadMore

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.