ハイパーガジェットチャンネル

マスクと手袋に遮られるスマホロック解除。シャオミ Redmi 9S、Mi Note 10 LiteとMi Bandで解決

Pocket

マスク着用』がマナーとなった昨今。『顔認証』でスマートフォンのロックを解除するのが難しくなりました。iPhoneに関して言えばiPhone SE 2nd以外の現行品は全て『顔認証』による解除がメイン。『使いづらさ』を感じている人が増えている事でしょう。

顔認証』が使いづらい状態となり、人気となっているのが『指紋認証』です。昔ながらの方法にはなりますが、『マスク着用』の影響を受ける事なく素早くロックを解除。一日の内で『スマートフォンのロックを解除する回数』が数十回という人が殆どでしょう。人によっては100回を超えている可能性も。その度にストレスを感じていては、正直身が持ちません。

少し前からフラッグシップモデルは『指紋認証』が『背面』から『ディスプレイ内』に移動し、デザイン的にも大きな改善が行われました。しかし『ディスプレイ内指紋認証』を搭載するには、ディスプレイが『有機EL』である必要があります(液晶に搭載する技術も開発されていますが流通していません)。『有機EL』はコストが上がるので、フラッグシップモデル以外での採用は少なめ。ミッドレンジでは『背面指紋認証』が未だに一般的なので、性能だけでなく見た目でもやや見劣りしてしまいます。

しかし『Redmi Note 9S』は側面に備えられた電源ボタンに『指紋認証機能』を搭載。ボタン部分に触れるとロックが解除されます。背面はフラットになり『フラッグシップモデルっぽさ』が感じられる洗練されたデザインに。

Mi Note 10 Liteは『3万円台』の低価格ながらディスプレイには『有機EL』を採用。『指紋認証』はフラッグシップモデルと同様に『ディスプレイ内蔵型』。全面3D立体加工が施されているので、見た目は一部のフラッグシップモデルと同等、もしくはそれを凌ぐレベルです。

しかし季節はこれから寒い『』を迎えます。冬になると気温が下がるので『手袋』をする人が殆ど。スマートフォンの操作に対応する手袋は多数販売されていますが、『指紋認証』を解除するには『手袋を外す』しかありません。そうなると『マスクを外す』時の不便さを『手袋』でも味わう事に。

 

 

顔認証』に続いて『指紋認証』も使えない。そうなると結局一番面倒な『パスワード認証』を使うしか無いのか。Xiaomiのスマートフォンは違います。なぜなら『第4の選択肢』が用意されているから。それが『Bluetoothデバイスによる認証』です。

ただし、全ての『Bluetoothデバイス』がロックの解除に対応するわけでは無く、『Mi Band』の様に『Xiaomi』と関連のある製品を利用する必要があります。

Mi Band 4』と『Mi Band 5』では実機を使ってロック解除の確認が出来ました。性能はニューモデルとなる『Mi Band 5』の方が上ですが、『ロック解除』を目的とするのであれば、価格が下がっている『Mi Band 4』で十分かと。『Mi Band』の装着はロック解除だけでなく、運動不足の解消にもなるので様々な面でお勧めです。

Mi Band 5』をロック解除用のデバイスとして登録し、『Mi Band 5』を装着した状態で『Redmi Note 9SMi Note 10 Liteのロック画面をスワイプすると、ほぼ同時にロックが解除されます。これは慣れてしまうと『顔認証』『指紋認証』より遥かに楽で快適です。

スマートフォンの『ロック解除』に悩んでいる人は、『Redmi Note 9SMi Note 10 Liteといった『Xiaomi』のスマートフォンと『Mi Band 4』『Mi Band 5』の組み合わせ、かなりお勧めです!

YouTubeや音楽聴き放題ヘビーユーザーはUQモバイル、ワイモバイルの新プランよりBIGLOBEモバイルがお得な理由

続きを見る

格安SIMでシャオミ Redmi Note 9S買うと最大2万6千円相当還元!半年YouTube観放題!音楽聴き放題!

続きを見る

Redmi Note 9SにMIUI 12が到着!フローティングウィンドウが大画面で使える!スーパー壁紙設定方法解説!

続きを見る

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi Note 9S, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 役立ち
-, , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信