Xiaomi Amazfit ZenBudsを買ってみた!過去最高の装着感と心静まる音の響き。TWSの新たな価値を知る!

Pocket
Facebook にシェア

世界的巨大メーカー『Xiaomi』と提携し、『Mi Band』の製造も行っている『Huami』。『Amazfit』ブランドからは『Amazfit GTR』『Amazfit GTS』といった日本でも大人気のスマートウォッチをリリースしています。

その『Amazfit』名義でリリースしたTWSが『Amazfit ZenBuds』です。『Amazfit ZenBuds』は勿論ただのTWSではありません。スマートウォッチと同様に健康促進に配慮したもの。音楽配信サービスを聴くという一般的な使い方ではなく、あくまで『リラックスさせてコンディションを高める事』を目的として作られています。これまでに無い革新的なコンセプトに魅力を感じ、『Amazfit ZenBuds』を購入してみました。

パッケージは『オーディオ機器』ではなく『ヘルスケア用品』を思わせるデザイン。製品の特長となる『柔らかさ』や『軽さ』がうまく表現されています。

パッケージは二重になっていて、内箱は高級腕時計が入っていてもおかしくないカッチリとした作り。『Amazfit』のロゴが映えます。

内箱を開けると『Amazfit ZenBuds』の充電ケースが登場。包み込むような丸みを帯びたデザインが『癒やし』を連想させます。

同梱品は充電ケース(中に本体あり)、USB充電ケーブル(USB-A→USB Type C)、シリコンプラグ、説明書。カラーは全体的にホワイトとライトグレーで統一されており、アップル製品に近いイメージ。

シリコンプラグ』は『Amazfit ZenBuds』に装着されているものを含め、『SS』『S』『M』『LL』の4種類。とても肌触りが良く、柔軟性に優れる素材が使用されています。

USB充電ケーブルはUSB-A→USB Type-Cの最近では最も汎用的なタイプ。急速充電に対応しているスマートフォンやパソコンの場合は付属のケーブルを使ったほうが良いですが、『Amazfit ZenBuds』の場合は高出力タイプでは無いので、家にあるケーブルをそのまま使っても問題はありません。

男女兼用デザインの充電ケース。下部には滑り止めが備えられているので、充電中ケーブルに引っ張られて机から落下する心配はなし。

充電ケースの前面には電池の残量を確認する為のLEDランプ、後面には充電ポートが搭載されるシンプルな作り。

説明書見れば分かる事ですが、フタは縦開きではなく横にスライドするタイプ。説明書を見ずに『Amazfit ZenBuds』の開封を行う人が殆どだと思うので、無理やり縦開きをして使用前に壊してしまわない様気をつけましょう。私は無理やり縦に開きかけました!

とにかく柔らかくて軽い『Amazfit ZenBuds』の本体。『Air Pods』などの汎用的なTWSとは見た目も質感も大きく異なります。

重さを測ってみると、シリコンプラグも含めてたったの『2.14g』。マイクロリチウムバッテリーを採用しているので、この軽さで連続駆動時間は音楽再生時で約『8時間』、睡眠を検知して途中で再生をOFFにする『スマート再生モード』を利用すればは約『12時間』。TWSとしては驚くほど長いです。

実際に『Amazfit ZenBuds』を耳に装着してみると、着けたと同時に音楽が流れ始めました。装着感はこれまで使ったインナー式イヤフォンやTWSと比較して間違いなく『最高』。耳を締め付けるような感覚が一切無いのに、外の音はしっかりと遮音されています。このデザインのまま、是非汎用モデルを出してほしいですね。

シリコンプラグが耳の内側にしっかりとフィットしているので、頭を思い切り振っても外れる事はありませんでした。1点危惧していたのは、『寝返りを打った時』に『Amazfit ZenBuds』が布団や枕に押し付けられ、結果耳を痛めないか。

実際『Amazfit ZenBuds』を装着した状態でかなり強めに耳を枕に押し付けてみましたが、驚いた事に『Amazfit ZenBuds』に圧がかかった感触は全くありませんでした。これなら着けた状態で何度でも寝返りを打てますし、横向きで寝る事も可能です。

そして秀逸なのが『音の響き方』。単純に『音質が良い』という訳ではなく、響きがとにかく心地良いのです。勿論左右にしっかりと音が分かれた『ステレオ』再生。用意されている音源も素晴らしく、『川』『海』『森』『雨音』などリラックス効果の高いもの。さらに追加でダウンロードする事も可能です。

私は『音楽を聞きながら記事を書く』というのが苦手なのですが、『Amazfit ZenBuds』から流れる音には明らかな違いを感じました。『集中モード』を利用すれば『集中する時間』と『休憩する時間』が明確になりパフォーマンスが向上。脳が疲れた状態で無理に何かをしようとしても、良い結果は生まれない事を気付かされます。『Amazfit ZenBuds』は『快眠』を得るためだけのTWSでは無いのです。

次回は『Amazfit ZenBuds』の設定方法や、実際に何が出来るのかを詳しくお伝えしたいと思います。お楽しみに!

これがEcho Dotの完成形!?第3世代で『音』を大幅改良。第4世代では『聴こえ方』を改善。小型でもココまでイケる!

続きを見る

Xperia 10 IIと相性抜群!ANCノイキャン対応Anker Soundcore Life Q20は全てが心地良い

続きを見る

千円台!シュピゲンのタフアーマーでシャオミのRedmi Note 9Sを徹底ガード!メーカーの本気が伝わる超お勧めケース

続きを見る

999円!?Xperia 10 II用ケースSpigenのラギッドアーマーを買ってみた!コレは他に選択肢が無いレベル!

続きを見る

ハイガジェ注目トピックス

Xperia、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い!超簡単な格安スマホの選び方。2百円でも高性能なスマホが手に入る!

ReadMore

楽天スーパーDEALに最新モデルmoto g PRO、moto g9 playが登場。モトローラスマホ祭り状態に!

ReadMore

楽天お買い物マラソンがスタート!OPPO Reno3 A、OPPO Reno AがスーパーDEALに!凄い還元率だ!

ReadMore

省エネ思考なら『OPPO A73』『OPPO Reno3 A』がお勧めな理由。有機ELディスプレイを目一杯活用しよう!

ReadMore

ブラックフライデー、サイバーマンデーでFire TV StickとEcho買った人は今すぐホームシアター接続!音が劇変!

ReadMore

NTTドコモがahamoを投入しても格安SIMの構図は大して変わらない理由。響くのは極一部。20GBで値下げは意味なし!

ReadMore

4日20時からポイント最大44倍の楽天お買い物マラソン!買いまわりはスマホアクセがお勧め!iPhoneやiPadもお得に

ReadMore

SHARP AQUOS sense 4着弾!Antutuスコアはミッドレンジごぼう抜き!凄いのは処理能力だけじゃなかった

ReadMore

今なら6万円台のZenFone 7とiPhone 12 miniのメイン性能を比較!買うべき5G対応スマホはどっちだ!

ReadMore

オリコン格安SIM満足度調査でBIGLOBEモバイルが1位を獲得!契約月は通信利用料金無料!一番オトクなのは今だ!

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.