iPhone SE 2ndとiPhone 12 miniのカメラ画質を比較も大差は無し!Apple品質の高さを知る結果に

Pocket

11月13日に発売が開始された『iPhone 12 mini』。『iPhone SE 2nd』と比較するとシングルカメラがデュアル化し、『超広角カメラ』が加えられています。撮影出来るシーンの幅が広がった事に加え、画質はどこまで向上しているのか。両モデルを撮り比べて比較していきたいと思います!

iPhone 12 mini』のカメラUIは、ワンタッチで切り替えられる倍率が『等倍』と『0.5倍(超広角)』の2種類。『2倍』が無かったので、『光学2倍ズーム機能』を搭載している事に気づかずきませんでした。ぜひ倍率の切り替えに『2倍』も追加して欲しいですね。その方が間違いなく便利です。

iPhone SE 2ndのメインカメラで撮影

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影

メインカメラで撮影した銀杏並木の写真は、それぞれの画質に大きな差は感じられません。流石に同じアルゴリズムを使用しているだけの事はありますね。強いて言えば、『iPhone SE 2nd』の方がコントラストはやや強めな印象。

iPhone 12 miniの超広角カメラで撮影

同じ位置から『iPhone 12 mini』の超広角カメラで撮影すると一気に画角が広くなります。写真に奥行きを出したかったり、広い景色を撮影する機会が多い場合はやはり『iPhone 12 mini』の方がお勧めですね。

iPhone SE 2ndのメインカメラで撮影

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影

次は紅葉を裏側から撮影しました。どちらで撮影したのか見分けがつきません。『iPhone 12 mini』の方が『F1.6』とやや明るめのレンズ(iPhone SE 2ndF1.8)を使用しているので、僅かに光の取り込み量が多くなっています。つまり露出を調整すればさらに近い雰囲気の写真が撮れるという事ですね。

iPhone SE 2ndのメインカメラで撮影

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影

紅葉の景色をやや離れた場所から撮影しても画質に大きな差は感じられません。Androidの場合は各メーカーによってアルゴリズムが異なり、さらにスペックもエントリークラスからフラッグシップと大きく分かれるので、良くも悪くも『同じ様な画質』を見つけるのが困難です。

私の場合はその中から好みの画質を探すのが楽しみだったりするのですが、あまり拘りが無い人は『ハズレが無いiPhone』という選択肢になりがちなのかもしれません。少なくともここまで『iPhone SE 2nd』と『iPhone 12 mini』は同等のクオリティで撮れています。

iPhone SE 2ndのメインカメラで撮影

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影

露出を抑えた画質ではやや差が出ました。明るいレンズを使用している『iPhone 12 mini』の方が明瞭です。ただし『iPhone SE 2nd』と比較してレンズの大きさが一回り大きくなっおり、ハレーションを起こしやすくなっているので何かしらの対策が必要かもしれません。

iPhone 12 mini』はレンズが明るいだけでなく、夜景を綺麗に撮れる『ナイトモード』をサポートしています。『広く撮りたい』『夜景を撮りたい』という人は『iPhone 12 mini』。日中撮影する事が多く、超広角撮影は不要。夜景もソコソコ綺麗に撮れれば良いという人は、『iPhone 12 mini』とほぼ画質が変わらない『iPhone SE 2nd』のカメラで十分満足できるはず。今回はカメラの進化というより、『Apple品質の安定感』を実証する結果となりました。

現在格安SIMの『BIGLOBEモバイル』では、音声通話SIM 3GBと『iPhone SE 2nd』を同時に購入すると『16,000円』相当のGポイント還元が受けられるキャンペーンを開催しています。このGポイントは『現金化』が可能な超優良ポイント。実質的にはキャッシュバックと同じ。

さらにコチラの『限定リンク』では、還元されるGポイントが『3,000円』相当増額されるクーポンコードを配布中。クーポンを利用すると合計で『19,000円』相当の還元を受けられる事になります。普段『iPhone SE 2nd』は値引きの対象にほぼならないので、これはとてつもなくお得。

さらに『BIGLOBEモバイル』では『通信料金の割引キャンペーン』も併せて開催中。通信料金はスマートフォンを利用していれば必ず発生するものなので『割引』の恩恵は最大級。しかも『1,200円』の割引が『6カ月』という長い期間続きます(しかもBIGLOBEモバイル契約初月利用料金無料)。金額にすると『7,200円(さらに初月無料分が追加)』。『iPhone SE 2nd』を購入すると還元される『19,000円』相当のGポイントとあわせればなんと実質『26,200円』の割引。

iPhone SE 2ndの通常販売価格となる44,800円(税込:49,280円)から『26,200円』を割り引くと『23,080円』。実質半額以下で『iPhone SE 2nd』が手に入ります。『iPhone 12 mini』は『74,800円(税込:82,280円)』なので差額は『59,200円』。カメラ画質に大差は無かった両モデル。指紋認証に対応し、マスク着用時のロック解除もスムーズな『iPhone SE 2nd』。価格面を考えるとコスパは相当高いです。

iPhone 11シリーズと同じ処理能力を持ちつつTouch IDに対応するiPhone SE 2nd

iPhone SE 2ndはディスプレイサイズが大きくなり高解像度化

iPhone SEが4インチで解像度はRetina(640x1136)だったのに対し、『iPhone SE 2nd』は4.7インチでRetina HD(1,334×750)に。持ち運びやすいサイズ感はそのままに、ディスプレイ性能をしっかりと向上させています。

iPhone SE 2ndはiPhone 11 Proと同じA13 Bionicを採用

iPhone SEに搭載されていたSocはA9 Bionic。世代が代わると数字が増えていくので、単純に4世代前のものになります。A9 BionicAntutuスコアは20万弱、A13 Bionicは50万前半なので、単純に性能が2.5倍程度アップした事に。当然iPhone 8よりも処理能力は遥かに上です。

iPhone SE 2ndはFelicaチップを搭載。Apple Payでキャッシュレス

iPhone SEは4インチという絶妙なサイズ感から、日常的に持ち歩いていても邪魔にならない事が魅力の一つでした。しかし残念だったのは、タイミング的にFelicaがまだ採用されていなかった事。iPhoneFelicaが採用されたのはiPhone 7から。新型iPhone SEではFelicaにもしっかり対応。Apple Payを使えばキャッシュレス決済を行う事が出来ます。今後モバイルPASMOのサービス開始も決定しているので、さらに価値は上がるでしょう。

iPhone SE 2ndはカメラ性能が大幅に向上。写真も動画も別次元に

カメラはシングルレンズで、見た目はiPhone 8と同じ。価格も安いですし、普通はカメラ画質もiPhone 8と同等、もしくはそれ以下と考えるでしょう。

しかし違います。A13 Bionicの搭載により、画像処理能力が大幅に向上。スマートフォンのカメラ画質は、レンズだけでなくSocの性能に大きく依存します。Socの性能が上がり、AI機能が強化された事で、被写体と背景の識別がより正確に。フロントカメラ、リアカメラの両方が、美しい背景ボケを魅力とするポートレートモードに対応します。

ボケを調整する深度コントロールも可能。

さらにiPhone XSシリーズで新たに追加された『スマートHDR』もサポート。複数の写真からAIがベストなシーンを識別する、いいとこどり画像合成技術により、陰影がハッキリとしたダイナミックレンジの広い、臨場感あふれる写真を簡単に撮る事が出来ます。

iPhone 11 Proと同様に、6つのエフェクト効果を持つポートレートライティングも健在。光の調整による本格的な演出効果を誰でも手軽に行えます。

夜景が綺麗に撮れるナイトモードは公式ページに説明が無いので、恐らく非対応。

iPhone SE 2nd』は、写真だけでなく動画もしっかり撮れる印象。解像度は4K(60fps)に対応し、立体的に音声を記録する『ステレオ録音』も可能。シャッターを長押しすると動画撮影と写真撮影が切り替わる『QuickTake』も便利。

動画撮影時も光学式手振れ補正が機能するので、廉価モデルらしからぬ、想像以上の画質を期待できるかもしれません。

iPhone SE 2ndは防水防塵性能あり

iPhone SEでは非対応だった、日本の大人気性能のひとつ『防水防塵』に対応。水深1mにおいて30分間の耐水性能というのは、かなりしっかりとしたレベル。料理しながら気にせず使えたり、お風呂でシャワーがかかっても問題なし。iPhoneが更に手軽にどこでも使えるように、活躍の場が広がります。

iPhone SE 2ndはワイヤレス充電に対応。Lightning要らずに

これも人によっては、かなり魅力的なスペックアップ。iPhoneのワイヤレス充電機能は、充電が手軽になるというだけでなく、Lightningコネクタから解放されるというメリットもあります。Lightningコネクタ対応のケーブルや充電器は価格が高いので、そこはiPhoneを使う上でのマイナスポイント。しかしワイヤレス充電なら別です。最近では対応端末が増えて、値下がり傾向にあるワイヤレス充電器。充電スピードが少し遅くなっても問題無いという人は、『iPhone SE 2nd』と同時購入に購入する事をオススメします。

iPhone SE 2ndは連続駆動時間が長く

iPhone SEは筐体が小さく、Socも旧型なので電池の持ちがあまり良くありませんでした。しかし『iPhone SE 2nd』はバッテリーサイズが大きくなり、かつ A13 Bionicの搭載により、電力効率が大幅にアップ。動画連続再生時間も最大13時間程度まで伸びました。

iPhone SE 2ndは複数のSIMが使える

iPhone SEはシングルSIMスロットだったので、1枚のSIMカードしか使えませんでした。『iPhone SE 2nd』は物理的なSIMカードに加えてeSIMに対応。これにより、自分のライフスタイルに合わせた、様々な通信プランとの組み合わせ(Dual SIM運用)が可能に。

iPhone SE 2ndは買いなのか?

ぱっと見はiPhone 8です。しかし細かく掘り下げていくと、単純に処理能力が上がったiPhone 8というだけではありません。カメラが想像していた以上に良い出来です。そしてeSIM運用という、廉価モデルらしからぬ使い方も出来ます。超強力Soc『A13 Bionic』搭載なので、当然ゲームをバリバリ遊ぶことも。

これはiPhone 8の見た目をしたiPhone 11なのでは。Face IDが使えない代わりに、未だに支持者が多いTouch IDが使えたり、不足された部分はしっかりと代替え機能で補っています。お値段以上のハイコストパフォーマンスモデルである事は間違いなし。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.