Find X2 ProみたいなOPPO A73が格安SIMで8,000円SALE開始!有機EL+18W充電+4眼カメラ!

Pocket
Facebook にシェア

グローバルレベルの高品質を維持し続け、世界第5位まで上り詰めた巨大なスマートフォンメーカー『OPPO』。その『OPPO』がリリースしている最上位モデルが『Find X2 Pro』です。取り扱いは通信キャリアの『au』のみ。『au』での販売価格は『92,040円(税込)』と性能からは考えられない安さ。しかしこの価格を見て逆に、『また通信料金に上乗せして支払わせる気か』という諦めに近い感情になりました。

Find X2 Pro』のSIMフリーモデルが同じ価格で発売されたら、欲しいと思っていた人は多いでしょう。私も買っていたかもしれません。しかしSIMフリーでは発売されませんでした。つまりそこには『大人の事情』が存在する(Xiaomi Mi 10 Liteも然り)と考えたほうが良いでしょう。しかし『Find X2 Pro』を購入出来なかった人に朗報です。『Find X2 Pro』の『ヴィーガンレザー』と見間違えそうなデザインの『OPPO A73』が11月20日に発売開始されます。勿論今回は『SIMフリーモデル』。

さらに『OPPO A73』はメーカー販売価格『30,800円(税込)』という激安価格ながら、ディスプレイには『OPPO Reno A』や『OPPO Reno3 A』といった上位モデルと同じ『有機EL』を採用。『Find X2 Pro』の様な背面デザインと『有機EL』ディスプレイはまさに『最高』の組み合わせと言えるでしょう。

OPPO A73』の発売開始直前となる『11月18日』から、フライングセールをスタートしたのが格安SIMの『OCN モバイル ONE』。『OCN モバイル ONE』では音声SIMの申し込みとスマートフォン本体を同時に購入する事で、通常時でも大幅な値引きを実施中。『OPPO A73』に関しては『20,000円(税込:22,000円)』で販売中。しかしセール時はそこからさらに『7,000円』プライスダウン。12月23日午前11時までの期間限定で在庫がある限り『13,000円(税込:14,300円)』で『OPPO A73』を購入可能です。

そして他社からの乗り換えであればセール価格から追加で『5,000円OFF』。1万円を切ってなんと『8,000円(税込:8,800円)』!これは思わず衝動買いしてしまうレベル。友だちに自慢したくなるハイデザインスマートフォン『OPPO A73』。品切れ前にぜひゲットして下さいね!

格安SIMはOCNモバイルONEがお勧めな理由

MM総研が2020年5月20日に発表した調査結果(2020年2月時点のもの)によると、スマートフォンユーザーの大部分は月々の通信容量が『5GB以内』。つまり、通信容量『5GB』程度のSIMを契約すれば十分だという事(最近各社が発表している20GBプランは容量が多すぎ)です。よって、利用料金を比較する上では『5GB』を目安に各社の料金プランは選ぶ(5GBプランが無い場合は近い容量のプラン)事に。利用期間は『2年』とします。

docomoの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:ギガライト(5GBまで)

月額利用料金:5,665円(税込)×24カ月=135,960円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 5分以内何度でも=700円(税込:770円)

2年間の通信コスト=135,960円(税込)

auの通信料金

回線:au回線

契約プラン:データMAX 4G LTE

月額利用料金:7,650円(税込:8,415円)×18カ月=151,470円(税込)

最初の6カ月間:6,650円(税込:7,315円)×6カ月=43,890円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,800円(税込:1,980円) 5分以内何度でも=800円(税込:880円)

2年間の通信コスト=195,360円(税込)

Ymobileの通信料金

回線:Softbank回線

契約プラン:スマホベーシックプランM(10GB)

月額利用料金:3,680円(税込:4,048円)×18カ月=72,864円(税込)

最初の6カ月間:2,980円(税込:3,278円)×6カ月=19,668円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:10分以内何度でも=無料

2年間の通信コスト=92,532円(税込)

IIJmioの通信料金

回線:docomo回線/au回線

契約プラン:音声通話SIM 6GB

月額利用料金:2,220円(税込:2,442円)×24カ月=58,608円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【みふぉんダイヤル使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:誰とでも3分以内/家族10分以内何度でも=600円(税込:660円) 誰とでも10分以内/家族30分以内何度でも=830円(税込:913円)※11月4日までキャンペーンで0円

2年間の通信コスト=56,608円(税込)

OCNモバイルONEの通信料金

回線:docomo回線

契約プラン:通信6GB音声対応SIM

月額利用料金:1,980円(税込:2,178円)×24カ月=52,272円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【OCNでんわアプリ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 通話料上位3番号への通話=850円(税込:935円) 10分以内何度でも+通話料上位3番号への通話がセット=1300円(税込:1,430円)

2年間の通信コスト=52,272円(税込)

mineoの通信料金

回線:au回線、docomo回線、Softbank回線

契約プラン:デュアルタイプ6GB

契約プラン:Mプラン 7GB(音声通話つき)

月額利用料金:au回線=2,190円(税込:2,409円)×24カ月=57,816円(税込) docomo回線2,200円(税込:2,420円)×24カ月=60,192円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【mineoでんわ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=850円(税込:935円) 定額30分=840円(税込:924円) 定額60分=1,680円(税込:1,848円)

2年間の通信コスト:au回線=57,816円(税込) docomo回線=60,192円(税込)

nuro mobileの通信料金

回線:au回線、docomo回線

契約プラン:Mプラン 7GB(音声通話つき)

月額利用料金:au回線=2,800円(税込:3,080円)×24カ月=73,920円(税込) docomo回線=2,280円(税込:2,508円)×24カ月=58,080円(税込) Softbank回線=2,800円(税込:3,080円)×24カ月=73,920円(税込)

通話料:【通常】30秒/20円(税込:22円) 【nuro mobileでんわ使用】30秒/10円(税込:11円)

かけ放題:10分以内何度でも=800円(税込:880円)

2年間の通信コスト:au回線=73,920円(税込) docomo回線=58,080円(税込) Softbank回線=73,920円(税込)

UQ mobileの通信料金

回線:au回線

契約プラン:スマホプランR(10GB)

月額利用料金:2,980円(税込:3,278円)×24カ月=78,672円(税込)

通話料:30秒/20円(税込:22円)

かけ放題:時間制限なし=1,700円(税込:1,870円) 10分以内何度でも=700円(税込:770円) 60分定額=500円(税込:550円)

2年間の通信コスト=78,672円(税込)

上記の一覧から、『OCN モバイル ONE』の通信料金最も安い事が分かると思います。しかし、『OCN モバイル ONE』は通信キャリア(MNO)から回線をレンタルしてサービスを提供している『格安SIM(MVNO)』に属します。『格安SIM』は通信業者によってレンタルしている回線数が異なるので『通信速度』がバラバラ。よって、契約する前に必ず実用的な『通信速度』が出ているかを確認する必要があります。

OCN モバイル ONE』は『格安SIM』で『利用料金』の次に気になる『通信速度』において、MM総研が2020年2月に発表した調査結果(docomo回線通信速度)では6社中ダントツの『第1位』を獲得。私はすでに『OCN モバイル ONE』を契約していますが、速度に関して不満を感じた事はありません。

つまり、『OCN モバイル ONE』で『スマートフォンを安く買う』という選択肢は、長い目で見ても間違いなく『超お得』という判断で間違いなし。スマートフォン本体料金通信料金を大幅に節約出来ます。

しかも『OCN モバイル ONE』、『MUSICカウントフリー』という無料オプションまで提供しています。『MUSICカウントフリー』を利用すれば対応している音楽配信サービス通信がなんとノーカウントに。つまり、容量を気にせず音楽を聞きまくれるということ。通勤や通学で音楽を聞き続けると、凄い通信量になりますよね。それが全くカウントされなくなるんです。しかも無料で!夢のようですね。

無料のオプション』は『MUSICカウントフリー』だけではありません。さらに『OCN モバイル ONE』は、全国80,000箇所以上のWi-Fiスポットを利用可能。大容量のデータ通信をそのWi-Fiスポットで行うようにすれば、月々の通信量を大幅に抑える事が出来ます。ユーザーによってコストパフォーマンスをどこまでも高められる『OCN モバイル ONE』。数ある『格安SIM』の中でもダントツでお勧めです。

スレンダーでエレガントな有機ELスマホ。OPPO A73を買うべき8つの理由

OPPO A73を買うべき理由その1『発色が美しく低消費電力効果も期待出来る有機ELディスプレイ』

日本市場に投入されている『ミッドレンジモデル』のスマートフォンは、殆どがディスプレイに『液晶』を採用しています。その理由は単純に『コストが高いから』。最上位モデルとなる『フラッグシップモデル』には『有機EL』を採用して差別化しているのが現状です。

有機EL』ディスプレイ最大のメリットは『黒の表現』が豊かになる事。ピクセル一つ一つを発光させて表示を行うので、黒の調整をとても細かく行えます。そして最終的に『消灯』させれば『真っ暗』な表現も可能に。『液晶』はバックライトで画面全体を照らしているので、『真っ暗』を表現する事は出来ません。。

ピクセルを消灯させれば黒を美しく表現出来るだけでなく、その部分の消費電力は『0』に。最近主流となっている『ダークモード』や『ナイトモード』は『』がメインカラーとなっているので、『有機EL』のディスプレイを利用すれば低消費電力効果は抜群です。

さらにゲーム最適化機能を利用すればタッチサンプリングレートが『180Hz』まで上昇。感度を上げる事でより反応の良い俊敏な操作が可能になります。

OPPO A73を買うべき理由その2『マスク着用時も素早くロックが解除出来るディスプレイ内指紋認証』

最新の『iPhone』には非搭載で、『Android』では使えるもの。それが『ディスプレイ内蔵型指紋認証』です。マスクの着用が一つのマナーとなり、『顔認証』によるロックの解除が困難な状況に。

しかし、一昔前の様に背面に指紋認証を備えるのはデザイン的にいただけない。最新のトレンドデザインをしっかりと抑えつつ、マスク着用時でも素早いロック解除を可能にするのが『ディスプレイ内蔵型指紋認証』。最先端技術がモバイルライフをスマートにサポートしてくれます。

OPPO A73を買うべき理由その3『国内OPPO端末ではじめてeSIMが使える。DSDV対応で2つの通信業者を同時に利用可能』

これまではスマートフォンで通信を行うには、物理的な『SIMカード』が必要でした。サイズは『標準』『Micro 』『nano』と徐々に小さくなりましたが、申し込んでから発送、到着までにタイムラグが発生するのはやはりデメリット。

OPPO A73』はスマートフォン内蔵型となる『eSIM』に、国内でリリースしているOPPO端末ではじめて対応。『eSIM』はサービスを提供する通信業者とのオンライン上のやりとりのみで通信を開通させる事が可能。『OPPO A73』は2回線同時待ち受け『DSDV』に対応しているので、異なる通信業者のSIMを組み合わせて利用する事が出来ます。自分の利用目的に合わせ、コストパフォーマンスの高い通信環境を構築しましょう。

OPPO A73を買うべき理由その4『電池大容量化による長時間駆動と軽量化を同時に実現』

上位モデルとなる『OPPO Reno A』の電池は『3,600mAh』で、重さは『約169.5g』。ディスプレイサイズは『6.4インチ』です。『OPPO A73』は容量を『4,000mAh』に増やし、ディスプレイサイズは『6.44インチ』に拡大。物理的に考えれば重量は増す事に。しかし『OPPO A73』は『約162g』と『7.5g』の軽量化に成功。『長時間駆動』『見やすさ』『軽量化』を同時に実現しました。長時間手に持って利用するスマートフォン。これはOPPOが持つ高い技術ありきの、実用的な進化と言えるでしょう。

OPPO A73を買うべき理由その5『上位モデルを超える最大18Wの超急速充電に対応』

OPPOはこれまでに『OPPO Reno A』『OPPO Reno3 A』といった超人気モデルを日本市場でリリースしています。どちらも『高品質』『低価格』が特長のスマートフォンですが、唯一欠点を述べるなら『充電スピードがやや遅い』という事。『OPPO Reno A』に関しては急速充電に対応しておらず、『OPPO Reno3 A』も最大充電速度は『10W』とやや物足りない内容。しかし『OPPO A73』ではついに最大『18W』の実用的な『超急速充電』に対応。これで充電速度に関する不満は一気に解消されるでしょう。

OPPO A73を買うべき理由その6『優れたAI機能がサポートする高画質4眼カメラ。フロントカメラは夜景撮影に対応』

カメラは『メインカメラ』『超広角カメラ』『モノクロカメラ』『ポートレートカメラ』の4眼仕様。超広角カメラは水平119度の撮影に対応し、メインカメラには収まりきらない広大な景色を1枚の画像として記録。

AIを駆使したOPPOの独自機能『ダズルカラー』は被写体の情報を正確に識別し、最適な色に調整してくれます。スマートフォンの色補正はどうしても大味になりがちですが、『ダズルカラー』はピクセルレベルで補正を行うので色の変化が自然かつ丁寧です。

OPPOの優れたAI機能はフロントカメラの『ビューティーモード』でも利用可能。細かい設定が用意されているので、まるでメイクを行っている様に自然な雰囲気で補正が行えます。

さらにフロントカメラで撮影するのが難しい『夜景』は『ナイトモード』がしっかりサポート。夜の幻想的な雰囲気を背景に、SNS映えする写真を沢山撮りましょう。

動画撮影時は『電子式手ブレ補正』が作動。静止画から動画まで幅広く高画質で撮れるのが『OPPO A73』の4眼カメラです。

OPPO A73を買うべき理由その7『様々な操作をスムーズにこなすSnapdragon 662搭載』

スマートフォンの性能を決めるSocには、上位モデルとなる『OPPO Reno3 A』が搭載する『Snapdragon 665』と同等の『Snapdragon 662』を採用。8コア構成のCPUは最大クロック周波数は2GHz。バランスのとれた安定スペックなので、日常的な操作でもたつきを感じる事は無いでしょう。番号的には下位モデルとなる『Snapdragon 662』ですが、リリース時期が『Snapdragon 665』より新しく、画像の処理を担当する『ISP』を『Specra 165 ISP』から『Specra 340T ISP』に刷新。トリプルレンズのサポートなど、カメラ性能を向上させています。

OPPO A73を買うべき理由その8『Find X2 ProとiPhone 12の良いトコ取りなハイデザイン』

ぱっと見は最上位モデルとなる『Find X2 Pro』の『ヴィーガンレザー』。

フラットエッジデザインは『iPhone 12』シリーズを彷彿とさる『OPPO A73』。

つまり、見た目は完全に『フラッグシップモデル』。僅か『7.45mm』の薄さが美しいデザインを際立たせています。持つ人のセンスのセンスを高めてくれるスマートフォンの新境地を『OPPO A73』で体感しましょう。

ハイガジェ注目トピックス

ベンツのSクラスを体感出来るスマホZenFone 7。中途半端なスペックが嫌なら全て最高性能なコレが正解。今なら5万円台

ReadMore

格安SIMなら200円で買えるRedmi Note 9S。一体何が出来るのか?スマホは毎日使うものだから価格より性能重視

ReadMore

格安SIMの大感謝スマホSALEで『品切れ』になりそうな超人気スマホTOP5!処理能力の高さと価格が優先されてる印象。

ReadMore

イルミネーションを撮るのにお勧めなシャオミとOPPOのカメラスマホはコレ!光るそら豆が証明する圧巻の画質。これがスマホ?

ReadMore

おサイフケータイ+防水+aで5,300円~!OPPOとXperiaの超使えるお勧めスマートフォンはコレ!超限定SALE中

ReadMore

モトローラのスマホって実際どうなの?今なら格安SIMで1,600円のmoto g8 POWERで検証してみた。アレは微妙

ReadMore

シャオミ、OPPO、TCL、Motorola。見た目がお勧めなミッドレンジスマートフォンTOP5!1位はあのカメラスマホ

ReadMore

やっぱりiPhone 12 miniじゃなくてiPhone SE 2ndで良いかも。格安SIMなら23日まで2万円台!

ReadMore

Amazonブラックフライデー、サイバーマンデーが11月27日~開始!Fire HD 8、10、TV Stickが対象に

ReadMore

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

ReadMore

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.