省エネ思考なら『OPPO A73』『OPPO Reno3 A』がお勧めな理由。有機ELディスプレイを目一杯活用しよう!

Pocket

世界TOP5に入る大手スマートフォンメーカー『OPPO』が、日本で発売している最新ミッドレンジモデルが『OPPO Reno3 A』と『OPPO A73』です。

OPPO Reno3 A

OPPO A73

両モデルの共通点はミッドレンジながらディスプレイに『有機EL』を採用しているという事。通常ミッドレンジはコストを抑えるために『液晶』を使用しているので、『有機EL』はある意味プレミア仕様。

有機EL』はピクセルを一つずつ点灯させる事で画面表示を行います。バックライトで全体を照らす『液晶』とはここが一番大きく異るところ。ピクセルを『消灯』させて『完全な黒』を表現出来るので、その深い黒の色合いが『有機EL』の価値を何倍にも引き上げています。

量販店に並んでいるテレビの中で、思わず立ち止まって『見入ってしまう』のは殆どが『有機EL』です。しかしテレビになると価格が『液晶』から一桁上がるので、まずは『OPPO Reno3 A』『OPPO A73』のディスプレイで『有機EL』を堪能しましょう。

前述している通り『』は消灯状態になる『有機EL』。消灯状態という事は、その部分は消費電力が『0』に。『液晶』はディスプレイを『OFF』にしないとバックライトが消えないので、黒い表示が増えても消費電力は高いまま。しかし『有機EL』は『』が多いほど低い消費電力で駆動します。

この『有機EL』の恩恵をフル活用してくれるのが『ダークモード』。本来『』が基調となる画面が多いのに対し、ダークモードはその色を反転させて『』メインに。『ダークモード』はアプリ単体でも設定が用意されていますが、一つずつ設定するのはやや面倒。『OPPO Reno3 A』『OPPO A73』が搭載している最新の『Color OS』では、『ダークモードの一括設定』が可能。設定にかかる時間はわずか『5秒』。

上部の『コントロールセンター』から『ダークモード』のアイコンを選択すると一瞬で色が反転。省電力設定の『ダークモード』に切り替わります。

Playストア』も背景が『』から『グレー』に。黒ではありませんが、『グレー』は極限まで光を弱めている状態なので、省電力効果はバッチリです。

さらに低消費電力を追求するのであれば、壁紙も『』メインの画像に交換しましょう。ノッチ部分が隠れて画面が広く見える効果あり、一石二鳥ですね。

OPPO A73ってFind X2 Proみたいに格好良いけどスナドラ662ってぶっちゃけどうなの?実機で検証してみた

続きを見る

OPPO Reno3 Aが超大人気な理由。今なら格安SIMの大感謝スマホSALEで12,300円!過去最安値!品切注意!

続きを見る

【過去最安値】OPPO、シャオミ、ZenFone 7、moto g9、AQUOSが1円~!大感謝スマホSALEは23日迄

続きを見る

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Japanが2月2日に5Gスマホを発表!通信キャリアの格安プランユーザー獲得が目的か。

Xiaomi Japanは1月28日、公式Twitterにおいて2月2日(火)14時から5Gに対応する新製品のリリースを行なう事をアナウンスしました。 / 📣 5Gスマートフォンを再定 ...

Apple iPhone 12がDxOMarkに登場!iPhone 12と同スコア122を記録。小型スマホではダントツ!

カメラ画質の比較において世界一有名なサイトDxOMarkが、Apple iPhone miniのスコアを公開しました。トータルスコアは『122』で先にスコアが公開されていたiPhone 12と同じ。2 ...

mineoがahamo、Softbank on Line、povoへの対策で利用料金値下げへ。通信品質は維持出来るのか

格安SIM(MVNO)のmineoが、新利用料金『マイピタ』を発表しました。各通信キャリアが3月からスタートする格安プラン『ahamo』『Softbank on LINE』『povo』への対抗策と言え ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.