スナドラ720G搭載スマホ。Redmi Note 9S、AQUOS sense4、Rakuten Handの違いを検証!

Pocket

高い処理能力と電力効率を併せ持つ高性能Soc『Snapdragon 720G』。Xiaomiの『Redmi Note 9S』に続き、SHARPの『AQUOS sense 4』、そして『楽天モバイル』の『Rakuten Hand』が新たにリリースされました。今回は『Snapdragon 720G』を搭載する3モデルを比較して、その違いを検証していきたいと思います。

Snapdragon 720G搭載『Redmi Note 9S』『AQUOS sense4』『Rakuten Hand』の違いとは

6GB/128GBモデルがあるのはRedmi Note 9Sのみ

Xiaomi Redmi Note 9S
  • 4GB/64GB、6GB/128GB
SHARP AQUOS sense4
  • 4GB/64GB
楽天モバイル Rakuten Hand
  • 4GB/64GB

Redmi Note 9S』『AQUOS sense 4』『Rakuten Hand』は3同じ『Snapdragon 720G』を搭載しています。しかし6GB/128GBモデルを発売しているのは『Redmi Note 9S』のみ。基本的にどの端末も動作は軽いですが、アプリを複数立ち上げる『マルチタスク』を日常的に多様していたり、高解像度で『写真』や『動画』を頻繁に撮影したい人は『メモリ』『内部ストレージ』が大容量の『Redmi Note 9S』を購入した方が良いでしょう。

カメラは『最大解像度』『レンズの種類』『撮影モード』に注目

Xiaomi Redmi Note 9S
  • カメラの構成:メインカメラ(水平79度/4800万画素)、超広角カメラ(水平119度/800万画素)マクロカメラ(距離2~10cm/500万画素)、深度測定カメラ(200万画素)
  • 最大解像度:4800万画素(写真)、4K/30FPS(動画)
  • 写真撮影モード:夜景、マクロ、マニュアル、ポートレート、AIオート、HDR
  • 動画撮影モード(手ブレ補正あり):タイムラプス、ショートビデオ、スローモーション(720P/960FPS、)、マクロ
シャオミ Redmi Note 9Sのカメラは動画撮影も優秀!PROモードのUIが驚く程使い易い!これなら誰でも映画監督

続きを見る

SHARP AQUOS sense4
  • カメラの構成:メインカメラ(水平83度/1200万画素)、超広角カメラ(水平118度/1200万画素)望遠カメラ(光学2倍ズーム/800万画素)
  • 最大解像度:1200万画素(写真)、4K(動画)
  • 写真撮影モード:AIオート、背景ぼかし、HDR
  • 動画撮影モード(手ブレ補正あり):タイムラプス、スロービデオ
SHARP AQUOS sense4レビュー。デザイン、処理能力、画面、カメラ画質、電池もち、充電速度、音質、便利機能

続きを見る

楽天モバイル Rakuten Hand
  • カメラの構成:メインカメラ(4800万画素)、深度測定カメラ(200万画素)
  • 最大解像度:4800万画素(写真)、フルHD(動画)
  • 写真撮影モード:AIオート、HDR
  • 動画撮影モード:標準のみ
楽天モバイル Rakuten Handカメラレビュー!小型ミラーレスで撮ってる様な不思議な感覚!このサイズは2眼で正解。

続きを見る

3モデルはそれぞれ『最大解像度』『カメラの種類』『撮影モード』が異なります。試写画像だけ見て購入すると、自分が撮りたいシーンが撮れないかもしれません。まずはカメラの詳細を確認してから『画質』の比較を行いましょう。

最高解像度は『Redmi Note 9S』と『Rakuten Hand』が『4800万画素』と高め。印刷用途であったり、トリミングを必要とする場合は高解像度撮影対応モデルを購入した方が良いでしょう。高解像度撮影に加え、レンズの種類、撮影モードが圧倒的に豊富なのは『Redmi Note 9S』。フォーカスやシャッタースピードを調整してマニュアルで撮る事も。

AQUOS sense 4』はAI機能が優秀なので高画質を手軽に撮れるイメージ。色の調整が素晴らしいので、撮った後に一手間がかかりません。唯一『光学2倍ズーム』を備える事も特長です。

Rakuten Hand』は深度測定カメラを備えるので『背景ボケ』が美しく、小さな筐体からは考えられない描写を連発。129gの軽量はポケットに入れてお散歩用に持ち歩くのにも適しています。

ディスプレイサイズは『大』『中』『小』がバランス良くラインナップ

Xiaomi Redmi Note 9S
  • ディスプレイサイズ:6.67インチ
  • 種類:液晶
  • 解像度:フルHD+(2400×1080ピクセル)
  • HDR:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
SHARP AQUOS sense4
  • ディスプレイサイズ:5.8インチ
  • 種類:液晶
  • 解像度:フルHD+(2280×1080ピクセル)
  • HDR:対応
  • 素材:不明
楽天モバイル Rakuten Hand
  • ディスプレイサイズ:5.1インチ
  • 種類:有機EL
  • 解像度:HD+(1520×720ピクセル)
  • HDR:対応
  • 素材:不明

Redmi Note 9S』は『6.67インチ』、『AQUOS sense 4』が『5.8インチ』、そして『Rakuten Hand』は『5.1インチ』とサイズは大、中、小から選べます。ガラスは『Redmi Note 9S』のみが素材を公表しており強化仕様の『ゴリラガラス5』。

AQUOS sense 4』も耐衝撃性能の高さを証明する『MIL規格』に準拠しているので、しっかりとした強化ガラスが使われていると考えるのが妥当でしょう。自社開発となる『IGZOディスプレイ』のパフォーマンスも抜群です。

Rakuten Hand』は3モデルの中で唯一『立体有機ELディスプレイ』を採用。解像度はHD+とやや低めですが、画面サイズが小さめなので解像度の低さは全く気になりませんでした。

『おサイフケータイ』『Google Pay』には対応してる?

Xiaomi Redmi Note 9S
  • 非対応
SHARP AQUOS sense4
  • 対応
楽天モバイル Rakuten Hand
  • 対応

AQUOS sense 4』『Rakuten Hand』はFeliCaチップを内蔵しているので、『おサイフケータイ』や『Google Pay』の利用が可能です。今使っている端末がFeliCaチップ搭載の場合は、『AQUOS sense 4』『Rakuten Hand』を選んだ方がスムーズに移行出来るでしょう。支払いがQRコード決済メインの場合は非搭載の『Redmi Note 9S』でも問題ないですね。

お風呂場やキッチンで使うならAQUOS sense4一択

Xiaomi Redmi Note 9S

撥水:P2iナノコーティング

SHARP AQUOS sense4

防水:IPX5/IPX8

楽天モバイル Rakuten Hand

防滴:IPX2

AQUOS sense 4』は唯一最高レベルの防水規格(IPX5/IPX8)に準拠。しかもIGZOディスプレイは水に濡れた状態でも操作する事が可能です。『お風呂場』や『キッチン』で使いたい人は『AQUOS sense 4』が間違いなくベストな選択肢。

docomo、Softbank、au、楽天モバイルどこの回線が使える?同時待ち受けは可能か

Xiaomi Redmi Note 9S(物理SIM)

同時待ち受け(DSDV):対応

Band1 / Band2 /Band3 / Band4 /Band5 /Band7 / Band8 / Band18 / Band19 / Band20 / Band26 / Band28

通信キャリア対応状況

docomo(1、3、19):◎ Softbank(1、3、8):◎ au(1、3、18、41):◎ 楽天(3、18):◎

SHARP AQUOS sense4(物理SIM×2、eSIM)

同時待ち受け(DSDV):対応

Band1 / Band3 / Band5 / Band8 / Band12 / Band17 / Band18 / Band19 / Band39 / Band41

通信キャリア対応状況

docomo(1、3、19):◎ Softbank(1、3、8):◎ au(1、3、18、41):◎ 楽天(3、18):◎

楽天モバイル Rakuten Hand(eSIM)

同時待ち受け(DSDV):非対応

Band 1/ Band 2 / Band 3/ Band 4 / Band  / Band 7 / Band 18 / Band 19 / Band 26 Band 28

通信キャリア対応状況

docomo(1、3、19):◎ Softbank(1、3、8):○ au(1、3、18、41):◎ 楽天(3、18):◎

Redmi Note 9S』『AQUOS sense 4』は『docomo』『Softbank』『au』『楽天』どの回線でも快適に利用する事が可能です。2つのSIMを使った同時待ち受け(DSDV)にも対応します。

Rakuten UN-LIMIT VとOCNモバイルONEのDual SIMをAQUOS sense4に設定する方法

続きを見る

Rakuten Hand』は『eSIM』のみ対応なので、原状で使えるのは『docomo』と『楽天』回線のみ。『eSIM』の取り扱い業者も限定されるので、汎用的とは言えません。楽天モバイルが自らリリースしている端末なので、あくまで『Rakuten UN-LIMIT V』の利用を前提として購入した方が良いでしょう。

Xiaomi Redmi Note 9Sに関する記事

Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10のベンチマークを実測
【実測】Xiaomi Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10の性能徹底比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラが主役のスマートフォン2 Redmi Note 10 Proのメインカメラで簡単に試し撮り!予想通りの高画質3 Redmi Note ...

Xiaomi Redmi Note 10 Proが絶対に買いな理由。画面とカメラの性能が高すぎる
Xiaomi Redmi Note 10 Proは画面とカメラが絶対買いな理由をRedmi Note 9Sとの比較で解説

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 10 Proは3月31日に日本市場登場。4月16日発売開始2 Xiaomi Redmi Note 9SとRedmi Note 10 Pro ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのセール情報

Xiaomi Redmi Note 9Sがついに『1円』に!ゲーム、電池持ち、カメラ画質バッチリな万能スマホが超特価!

2月1日(月)の午前11時から格安SIMの『OCN モバイル ONE』が『人気のスマホセール』をスタート!今回セール内で最安価格となったのは『Redmi Note 9S』でなんと『1円(税込:1円)』 ...

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

喫茶店に入り、コーヒーを一杯飲むのにいくらかかるでしょうか?リーズナブルなドトールのブレンドコーヒーが『224円(税込)』です。格安SIMの『OCN モバイル ONE』が開催している2020年最後の大 ...

SHARP AQUOS sense4に関する記事

AQUOS sense4が格安SIMのセールで7,810円に!人気お勧めスマホを月額770円でお得に運用!4月16日まで

記事に書かれている内容1 4月1日からOCNモバイルONEは利用料金を大幅値下げ!2 OCNモバイルONEを選ぶ理由は利用料金の安さ以外にも盛りだくさん3 OCNモバイルONEでは4月16日午前11時 ...

AQUOS sense5GのSIMフリーモデルが3月12日から発売開始!AQUOS sense4との違いを比較検証!

SHARPが3月12日から発売を開始するAQUOS sense5GのSIMフリーモデル(SH-M17)。見た目はAQUOS sense4と同じAQUOS sense5G。一体どこが違うのかスペックを比 ...

SHARP AQUOS sense4のセール情報

SHARP AQUOS sense4、AQUOS sense4 Plusが激安になる人気のスマホセール開始!品切れ注意!

格安SIMの『OCN モバイル ONE』が2月17日(木)の午前11時までの期間限定で『人気のスマホセール』をスタート!中でも注目となるのがSHARPの大人気モデル『AQUOS sense4』『AQU ...

完璧過ぎるスマホAQUOS sense 4をお得に購入する方法。ランニングコストも考えるとコレがベスト。但し売り切れ注意

楽天モバイル Rakuten Handに関する記事

ランニングコスト『0円』!Rakuten HandとRakuten miniが最強のおサイフケータイ&通話用スマホに進化

NTTドコモが『ahamo』、Softbankは『Softbank on LINE』、そしてauは『povo』と、通信キャリアが立て続けに月額利用料金2,480円~2,980円(税別)の格安プランをリ ...

Xiaomi Redmi Note 9T 5Gのバッテリー持続時間を検証。Redmi Note 9Sを超えられるのか!?

2月2日(火)の14時にXiaomi Japanがリリースするであろう『Redmi Note 9T 5G』。長いバッテリー持続時間が特長との事。 / 📣 5Gスマートフォンを再定義&# ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

5月のAmazonタイムセール祭りでお勧めな家電5選
5月23日~Amazonがタイムセール祭り開始!Anker、ブラウン、象印、シロカの家電、Kindleがプライスダウン

5月23日(日)午前9時からから5月25日(火)午後11時59分まで、Amazonが恒例のタイムセール祭りを開催します。タイムセールの対象商品にはAnker、ブラウン、象印、シロカ、そしてAmazon ...

moto g100は日本モデルとしてSnapdragon 870を初搭載!ゲームを超快適に遊べるスマートフォン!

Motorolaが新たに日本市場に投入した最新スマートフォンmoto g100。日本では初登場となるSnapdragon 870搭載モデルです。Snapdragon 870はSnapdragon 86 ...

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

Xiaomiの最新TWS FlipBuds Pro
シャオミがANCに対応するTWSの最上位モデルFlipBuds Proをリリース!40dbの強烈なノイズキャンセル効果!

イヤフォンジャック非搭載の端末が増え、年々需要が高まるBluetoothイヤフォン。今回XiaomiがリリースしたのはANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWSの最新モデル『FlipBuds ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.