使って分かる楽天モバイルRakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れる5つのポイント。

Pocket

Xiaomi Redmi Note 9Sが優れる5つのポイント

Rakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れるポイントその1『画面が大きくて見やすい』

Rakuten Hand』の画面サイズは5.1インチ、『Redmi Note 9S』は6.67インチと、両モデルには1.5インチ以上の画面サイズ差があります。処理能力に関しては『Snapdragon 720G』を搭載しているので同等ですが、動画観賞、ゲームプレイ、ウェブブラウジング、電子書籍閲覧といった利用時に『見やすい』と感じるのはやはり大画面。写真や動画を撮影する時にも、全体の構図を把握しやすいので大画面のメリットを感じます。『大は小を兼ねる』という言葉が、ディスプレイには当てはまりますね。

Rakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れるポイントその2『連続駆動時間が長い』

battery life』を利用して電池残量が100%から20%まで減る時間を実測したところ、『Redmi Note 9S』は『25時間31分』。

Rakuten Hand』は『18時間57分』という結果になりました。もっとも、『18時間57分』という時間はスタミナスマホ並の長さで、日常的な利用であれば不便を感じる事は無いでしょう。

つまり、『Redmi Note 9S』の駆動時間が長すぎるのです。しかし駆動時間が長くて『困る』という人はいないはず。『ゲーム』『動画観賞』『動画撮影』といった電力消費が高い用途で利用し続けても、『Redmi Note 9S』であればモバイルバッテリー要らず。性能の高さをフルに活かしてハードに1日中使えます。

Rakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れるポイントその3『カメラ性能が高い』

Redmi Note 9S』と『Rakuten Hand』はどちらも『4,800万画素』の超高解像度撮影に対応しています。加えて『Redmi Note 9S』は『超広角カメラ』『マクロカメラ』を備えるので、撮影出来るシーンが豊富。

さらに『夜景モード』を搭載し、光の少ない場所でも低ノイズで明瞭な写真を手持ちで撮影する事が可能です。

一眼レフの様にF値やシャッタースピードをマニュアルで設定出来る『プロモード』にも対応。『プロモード』は動画撮影時にも大活躍。数値を少しずつ調整する事で映画監督の様な映像を誰でも簡単に。

Rakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れるポイントその4『大容量モデルが用意されている』

Rakuten Hand』は『4GB/64GB』モデルのみなのに対し、『Redmi Note 9S』は『6GB/128GB』モデルを用意。メモリ容量が増えると一度に高速で処理出来るデータ量が増えるので、沢山のアプリを同時に起動した時動作に余裕が生まれます。

ストレージの容量は『Micro SDカード』で増量すれば良いという考えの人が多いと思いますが、『Rakuten Hand』は残念ながら『Micro SDカード』非対応。また、外部ストレージは内部ストレージと比較してデータ読み書き時の消費電力が高め。動画の再生/撮影など、データの読み書きを長い時間継続的に行う場合は内部ストレージを利用した方が明らかに効率的で連続駆動時間が長くなります。

Rakuten HandよりXiaomi Redmi Note 9Sが優れるポイントその5『MIUI採用で便利に使える』

XiaomiのスマートフォンにはAndroidをベースにした『MIUI』が採用されています。『MIUI』には『ゲームターボ』『スピードブースト』『ディープクリーン』といった最適化機能に加え、同じアプリを複製して2アカウントで利用出来る『デュアルアプリ』、データを完全に分離して仕事用、プライベート用に切り替えられる『セカンドスペース』が利用可能。『Rakuten Hand』は楽天のサービス利用を前提としているので、『スマートフォンを便利に使う』事に関しては目立った機能は搭載されていません。

Xiaomi Redmi Note 9Sに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sのカメラは同じ場所で全く異なる画像が撮れる。情報をしっかり伝える高画質4眼カメラ

最近発売されているスマートフォンは背面に複数のレンズを搭載しているので、1台で様々なシーンを撮り分けることが可能です。Xiaomiの『Redmi Note 9S』は『メインカメラ』『超広角カメラ』『マ ...

シャオミ Redmi Note 9Sは2020年最も利用頻度の高かったスマートフォン!その理由を振り返ってみた

記事に書かれている内容1 2020年に最も利用頻度の高かったスマートフォンはXiaomi Redmi Note 9S1.1 家が楽天回線エリアに入りRedmi Note 9Sの利用機会がさらに増えた1 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのセール情報

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

喫茶店に入り、コーヒーを一杯飲むのにいくらかかるでしょうか?リーズナブルなドトールのブレンドコーヒーが『224円(税込)』です。格安SIMの『OCN モバイル ONE』が開催している2020年最後の大 ...

格安SIMがRedmi Note 9Sの『200円SALE』開始!小学生の小遣いか!?注文殺到一瞬で品切れる可能性あり!

ついに『OCN モバイル ONE』がやらかしました。これは価格破壊というレベルではありません。なぜなら、『Snapdragon 720G』を搭載するハイミッドレンジ『Redmi Note 9S』を『2 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのカスタマイズに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sの大画面をNova Launcherでカスタマイズ。設定方法からレイアウトまで!

Xiaomiの『Redmi Note 9S』は6.67インチの大画面ディスプレイを搭載しています。アイコンやウィジェットのレイアウトを自由自在にし、この大画面をフル活用させてくれるアプリが『Nova ...

千円台!シュピゲンのタフアーマーでシャオミのRedmi Note 9Sを徹底ガード!メーカーの本気が伝わる超お勧めケース

『2万円台』という超低価格ながら、『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 720G搭載』『3Dゲームを快適に遊べる高い処理能力』『HDR10をサポートする6.67インチの大画面ディスプレイ』『低遅 ...

完璧すぎるスマホシャオミ Redmi Note 9S。USB DACでオーディオを強化したらとんでもない事に・・・

『Snapdragon 720G搭載を搭載し、高負荷なゲームも余裕の高い処理能力』『5,020mAhの大容量電池を採用しつつ、さらにSocの電力効率が高いので25時間以上の長時間駆動を実現』『6.67 ...

楽天モバイル Rakuten Handに関する記事

楽天モバイルRakuten HandにGCamを入れたらカメラ画質が驚くほど向上!諦めていた夜景モードまで使えるように!

楽天モバイルが発売している129gの超軽量スマホ『Rakuten Hand』。背面には『4,800万画素』の超高解像度撮影に対応するメインカメラと、深度測定カメラが備えられています。 実際にデフォルト ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.