ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 9Sの大画面をNova Launcherでカスタマイズ。設定方法からレイアウトまで!

Pocket

Xiaomiの『Redmi Note 9S』は6.67インチの大画面ディスプレイを搭載しています。アイコンやウィジェットのレイアウトを自由自在にし、この大画面をフル活用させてくれるアプリが『Nova Launcher』です。

私はアプリに課金をした事が殆ど無いのですが、『Nova Launcher』はあまりに気に入ってしまったのと端末を変えてもずっと使えるので、有料版の『Nova Launcher Prime』にアップグレードしました。無料版の『Nova Launcher』でも近い事が出来たと記憶しているのでまずは『Nova Launcher』を試し、気にったら『Nova Launcher Prime』を導入するという流れが良いでしょう。

今回は『Nova Launcher Prime』を『Redmi Note 9S』にインストールして、設定からレイアウトするまでの方法を紹介していきたいと思います!

Nova Launcher(Prime)をXiaomi Redmi Note 9Sにインストールして大画面を使いこなす方法

Nova Launcher Primeをインストールして設定

まずは『Nova Launcher Prime』のアプリケーションを『Google Play』からインストールしてください。

インストールを終えたら『Nova Launcher Prime』を開き、『デスクトップ』の中にある『デスクトップのグリッド数』を縦『10』、横『8』に変更。

アイコンのレイアウト』はアイコンの大きさを『105%』。フォントのサイズを『最小(バーを一番左)』にし、文字の太さは『Condensed』を選択。さらに『単一行』のチェックを外します。

ドックは『ドックアイコン』の項目を『7』にします。『Nova Launcher Prime』側の最低限の設定はこれだけ。他にも色々と微調整出来るので、慣れてきたら是非挑戦してみてください。

デフォルトランチャーをNova Launcherに切り替える

Redmi Note 9S』のデフォルトランチャーは最初『システムランチャー』が設定されています。『設定』→『ホーム画面』→『デフォルトランチャー』の順に選択し、『システムランチャー』を『Nova Launcher』に変更してください。

Googleの検索を配置

画面を長押しして『ウィジェット』を表示させ、その中にある『Google』の『検索』を選択してホーム画面右上に配置。

娯楽系のアプリアイコンを配置

Google検索の下には普段利用している娯楽系のアプリをレイアウト(12個まで可能)していきます。私の場合は『動画観賞』『買い物』『SNS』『読書』『ゲーム』など。

動画観賞アプリ

買い物アプリ

SNSアプリ

読書アプリ

ゲームアプリ

天気予報のウィジェットを配置

天気予報は『ウィジェット』に対応していて見た目が格好良いものを選びましょう。

天気予報アプリ

メールのウィジェットを配置

日常的に使っているメールのウィジェトを配置します。最新のメール内容がホーム画面ですぐに確認出来るように。これで上部分のレイアウトは完了です。

メールアプリ

ニュースのウィジェットを配置

中央には大きめにニュース用のウィジェットを配置。ニュース内容をスライド出来るタイプだと、ウィジェットだけで最新のニュース内容を把握出来ます。

ニュースアプリ

メモのウィジェットを配置

メモアプリへのショートカット用のウィジェットを配置。『Google Keep』の場合は『テキスト』『音声』『手書き』『画像』と1つのウィジェットから4つの方法を選択出来るのでかなり便利。

メモアプリ

音楽のウィジェットを配置

音楽ストリーミングサービスを『無料プラン』で利用していると、サービスによって聴ける楽曲のジャンルはバラバラ。複数のウィジェットを配置しておけば、気分に合わせて曲の変更が自由自在。無料でも音楽をとことん楽しめます。

音楽アプリ

健康管理のウィジェットを配置

Google Fit』は様々なスマートウォッチやスマートバンドとデータを連携させる事が可能。ウィジェットには『歩数』『消費カロリー』『距離』を表示してくれます。

健康管理アプリ

実用的なアプリアイコンを配置

頻繁に使う実用系のアプリは右下にまとめて配置。『翻訳』『電卓』『支払い』『乗り換え』『ナビ』などをこの辺りにまとめておくと効率性が上がります。

実用的なアプリ

ドックに利用頻度の高いアプリアイコンを配置

利用頻度が最も高い『連絡』『ブラウザ』『カメラ』『アプリストア』『音声アシスタント』はドック部分に。7個まで配置出来るので内容は色々とカスタマイズ可能。

実用的なアプリ

Xiaomi Redmi Note 9Sに関する記事

redminote9s miui12.5
【朗報】シャオミのRedmi Note 9S日本モデルが遂にMIUI 12.5へとアップデート!システムが軽量高速化!

2020年6月に日本市場に向けてリリースされ、未だ人気のレジェンドスマホ『Xiaomi Redmi Note 9S』。ヨーロッパの一部でMIUI 12.5へのアップデートを開始したのが8月中旬。それか ...

超スタミナスマホRedmi Note 9SにMIUI 12.5の提供開始!まずはヨーロッパから。今後他地域に配信拡大!

2020年6月に日本スマートフォン市場に投入された『Redmi Note 9S』。早いものですでにそれから1年以上が経過しています。Snapdragon 720Gという700番台の高性能Socを備えつ ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのセール情報

Xiaomi Redmi Note 9Sがついに『1円』に!ゲーム、電池持ち、カメラ画質バッチリな万能スマホが超特価!

2月1日(月)の午前11時から格安SIMの『OCN モバイル ONE』が『人気のスマホセール』をスタート!今回セール内で最安価格となったのは『Redmi Note 9S』でなんと『1円(税込:1円)』 ...

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

喫茶店に入り、コーヒーを一杯飲むのにいくらかかるでしょうか?リーズナブルなドトールのブレンドコーヒーが『224円(税込)』です。格安SIMの『OCN モバイル ONE』が開催している2020年最後の大 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのカスタマイズに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sの大画面をNova Launcherでカスタマイズ。設定方法からレイアウトまで!

Xiaomiの『Redmi Note 9S』は6.67インチの大画面ディスプレイを搭載しています。アイコンやウィジェットのレイアウトを自由自在にし、この大画面をフル活用させてくれるアプリが『Nova ...

千円台!シュピゲンのタフアーマーでシャオミのRedmi Note 9Sを徹底ガード!メーカーの本気が伝わる超お勧めケース

『2万円台』という超低価格ながら、『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 720G搭載』『3Dゲームを快適に遊べる高い処理能力』『HDR10をサポートする6.67インチの大画面ディスプレイ』『低遅 ...

完璧すぎるスマホシャオミ Redmi Note 9S。USB DACでオーディオを強化したらとんでもない事に・・・

『Snapdragon 720G搭載を搭載し、高負荷なゲームも余裕の高い処理能力』『5,020mAhの大容量電池を採用しつつ、さらにSocの電力効率が高いので25時間以上の長時間駆動を実現』『6.67 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi Note 9S, Redmi Note 9S カスタマイズ, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 9S, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信