ハイパーガジェットチャンネル

AQUOS sense4、OPPO A73、Reno3 A、Redmi Note 9S、楽天ハンドの電池もちを実測比較!

Pocket

人気ミッドレンジスマートフォンの電池もちを実測比較!

スマートフォンを選ぶ時に気になる性能の一つが『電池もち』です。折角処理能力が高かったりカメラ画質が綺麗でも、電池が切れて『電源がOFF』になってしまっては何の意味もありません。

最近は搭載している電池の大容量化が進んでいるのでモバイルバッテリーを持ち歩く人の数は減少。しかし駆動時間の長さを実測してみると、やはりモデルによって『数時間程度』は連続駆動時間に差がある事が分かりました。今回はその実測結果をお届けしたいと思います!

駆動時間の計測にはPCMarkのbattery life利用

駆動時間の計測に利用したのは『PCMark』というアプリの中に含まれる『battery life』。『Webブラウジング』『動画や写真の編集』『文書データ作成』『画像や文字、バーコードの認識』等を想定してスマートフォンを自動操作し、100%から20%まで電池が減るのにかかった時間を教えてくれます。

battery life実測結果一覧

Xiaomi Redmi Note 9Sをbattery lifeで計測した結果【電池容量:5,020mAh】

SHARP AQUOS sense4をbattery lifeで計測した結果【電池容量:4,570mAh】

楽天モバイルRakuten Handをbattery lifeで計測した結果【電池容量:2,750mAh】

OPPO A73をbattery lifeで計測した結果【電池容量:4,000mAh】

OPPO Reno3 Aをbattery lifeで計測した結果【電池容量:4,025mAh】

Snapdragon 720G搭載モデルは駆動時間が長目

最も駆動時間が長かったのはXiaomiの『Redmi Note 9S』で『25時間31分』を記録。続いてSHARPの『AQUOS sense 4』が『24時間35分』、楽天モバイルの『Rakuten Hand』が『18時間57分』と続きます。

これら3モデルの共通点は、Socに『Snapdragon 720G』を搭載。プロセスサイズが8nmと小さめであったり、CPUの構成が高効率重視である事が連続駆動時間を長くするのに大きな影響を与えています。

スナドラ720G搭載スマホ。Redmi Note 9S、AQUOS sense4、Rakuten Handの違いを検証!

続きを見る

Socのプロセスサイズが駆動時間の長さに影響

OPPO A73』は『Snapdragon 662』、『OPPO Reno3 A』は『Snapdragon 665』を搭載。プロセスサイズが『11nm』とやや大きめなので『Snapdragon 720G』搭載モデルと比較して電力効率は低め。電池容量は4千mAh程度とそれなりに大きめながらも『2,750mAh』の『Rakuten Hand』より駆動時間は短めという結果に。

ちなみに『Snapdragon 720G』搭載モデルは駆動時間が長いだけでなく処理能力も高め。『お値段以上』の高性能スマートフォンを探している人にお勧めです。

シャオミ、OPPO、ASUS、Xperia、TCL、motoのスマホが23日午前11時までSALE!処理能力ランキング

続きを見る

たった129gの楽天モバイルRakuten Hand。処理能力は高いけど電池の持ちは微妙な予感。実測してみた結果

続きを見る

記事内容に関連するカテゴリー一覧

XiaomiOPPORakutenRedmi Note 9SAQUOS sense4Rakuten HandOPPO Reno3 AOPPO A73

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, AQUOS sense 4, AQUOS sense4, OPPO, Rakuten, Rakuten Hand, Redmi Note 9S, SHARP, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信