ハイパーガジェットチャンネル

iPhone 12 mini、ZenFone 7のカメラ性能を実写比較!メイン、超広角、ズーム、ポートレート

Pocket

iPhoneの最新モデル『iPhone 12 mini』とASUSのフラッグシップモデル『ZenFone 7』。どちらも前モデルからカメラ機能が強化され、撮れるシーンや画質がワンランク上にアップしています。今回はこの両モデルのカメラ性能を比較検証していきたいと思います!

iPhone 12 miniとZenFone 7のカメラ性能を比較

iPhone 12 miniとZenFone 7のカメラ構成

iPhone 12 mini』は『1200万画素のメインカメラ(f/1.6)』『1200万画素の超広角カメラ(f/2.4、水平120度)』の2眼構成。光学2倍ズーム機能を備えます。

ZenFone 7』は『6,400万画素のメインカメラ(f/1.8)』『1200万画素の超広角カメラ(f/2.2、水平113度)』『800万画素の望遠カメラ(光学3倍ズーム)』といった3眼構成。フリップ式なので背面カメラを回転させて自撮りをする事も可能です。

iPhone 12 miniとZenFone 7のメインカメラ画質を比較

iPhone 12 mini』の方が全体的に色が淡く柔らかい印象です。『ZenFone 7』は濃淡がハッキリとしていて、葉の色や影の立体感が増しているイメージ。HDRをかけなくてもHDR調といった方が伝わりやすいでしょうか。

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影(オート)

ZenFone 7のメインカメラで撮影(オート)

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影(オート)

ZenFone 7のメインカメラで撮影(オート)

彩度が低めの被写体だとかなり近い雰囲気に。影が多いと『ZenFone 7』の場合はやや暗めな写真に仕上がる傾向にありますね。ただし階調はしっかりと保っているので、輝度が明るめのディスプレイで見ると映えるのは『ZenFone 7』。この辺り評価が分かれそうなところ。

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影(オート)

ZenFone 7のメインカメラで撮影(オート)

光の少ない場所だと『iPhone 12 mini』はやや彩度が低めに。冬の寒さはしっかりと伝わってくるので、これはこれでアリなのかもしれません。『ZenFone 7』は木の部分だけ見ると、冬というよりやや秋っぽさを感じますね。しかし落ち葉が冬を演出しているのでメリハリのある一枚に。

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影(オート)

ZenFone 7のメインカメラで撮影(オート)

iPhone 12 miniとZenFone 7の超広角カメラ画質を比較

空が白飛びしてしまっている場合、『iPhone 12 mini』は手動で露出を微調整する必要があります。何枚か露出を変えて撮影ましたが、どの写真も木の葉のディテールは黒くつぶれてしまいました。『ZenFone 7』は『AF(オートフォーカス)ロック』と『AE(露出)ロック』をそれぞれ別々に指定可能。『AEロック』を白飛び部分に合わせれば適正な露出を得る事が出来るので便利。木の葉も立体感を維持しています。

iPhone 12 miniの超広角カメラで撮影(露出調整)

ZenFone 7の超広角カメラで撮影(AEロック調整)

iPhone 12 miniとZenFone 7の光学ズームを比較

iPhone 12 mini』は光学2倍ズーム機能、『ZenFone 7』は『光学3倍ズーム』に対応する『望遠カメラ』を備えるので、物理的にズームの倍率が異なります。撮影した画像を同じ大きさまで拡大してみると画質には明確な違いあり。

ZenFone 7のメインカメラで撮影(オート)

ZenFone 7の望遠カメラで撮影(光学3倍ズーム)

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影(オート)

iPhone 12 miniの光学2倍ズーム機能で撮影

iPhone 12 mini』はディテールが完全に崩れてしまい、電波塔の格子部分がつぶれてしまっています。『ZenFone 7』はこのレベルまで拡大してもギリギリ構造を判別可能。

ZenFone 7の望遠カメラで撮影(光学3倍ズーム)した画像を拡大

iPhone 12 miniの光学2倍ズーム機能で撮影した画像を拡大

iPhone 12 miniとZenFone 7のデジタルズームを比較

iPhone 12 mini』は2倍、『ZenFone 7』は3倍を超えると画質が劣化する『デジタルズーム』に切り替わります。デジタルズーム時も『ZenFone 7』は『光学3倍』が効いており、ズームした鳥の原型をギリギリ識別可能。水面も滑らかですね。この画質差は動画撮影時にも影響するので、2倍以上の倍率で撮影したい場合には『ZenFone 7』、もしくは光学式手ブレ補正のついた『ZenFone 7 Pro』の購入をお勧めします。

ZenFone 7のデジタルズームで撮影した画像を拡大

iPhone 12 miniのデジタルズームで撮影した画像を拡大

iPhone 12 miniとZenFone 7のポートレートモードを比較

ポートレートモードは焦点焦点距離が異なるので、同じ位置から撮影すると『iPhone 12 mini』の方が広角に。両モデルとも細部まで被写体をしっかりと識別し、適正な距離情報を得て美しい背景ボケを表現しています。撮影距離とピントがしっかりと合っている時の画質は圧巻。『一眼レフカメラはもう必要ない』と本気で思わせてくれます。ピントは『ZenFone 7』の方がやや合わせやすい印象。

ZenFone 7のポートレートモードで撮影

iPhone 12 miniのポートレートモードで撮影

ZenFone 7のポートレートモードで撮影

iPhone 12 miniのポートレートモードで撮影

ZenFone 7のポートレートモードで撮影

iPhone 12 miniのポートレートモードで撮影

関連するカテゴリー

AppleASUSiPhone 12 miniZenFone 7、カメラ比較

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Apple, ASUS, ASUS ZenFone 7, Gadget NEWS, iPhone 12 mini, SIMフリー, ZenFone 7, カテゴリー, カメラ比較, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信