ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 9Sのカメラは『夜景』と『マクロ』が撮れる!2万円台格安スマホの高すぎるポテンシャル

Pocket

一般的な『格安スマホ』に搭載されているカメラでは、撮影するのが難しい『夜景』と『マクロ』。この2つのシーンは専用の『カメラ』か『撮影モード』を備えていないとクオリティの高い画質を得る事が出来ません。しかし『Redmi Note 9S』であれば『夜景モード』と『マクロカメラ』を搭載。ワンランク上の画質が『格安』で手に入ります。

通常の夜景撮影方法は、ISO感度を高めに設定し、シャッタースピードを短くします。しかしISOを高めるとノイズが発生しやすくなり、画質は大幅に低下。『Redmi Note 9S』の『夜景モード』は複数枚の写真を連射し、それをAIアルゴリズムが自動的に解析して合成。『手ブレ』『ノイズ』の少ない明瞭な夜景画像を手持ちで簡単に撮影出来ます。

撮影方法は、カメラアプリを起動して撮影モードから『夜景』を選択するだけ。等倍に加えてデジタルズーム2倍、さらにフロントカメラにも対応しているので、夜景をバックに自撮りを撮る事も。SNS投稿用の映える写真が

さらに『Redmi Note 9S』の『マクロカメラ』は被写体に2cmまで近寄って撮影する事が可能。通常のカメラではピントが合わないので『接写』は出来ません。『マクロ撮影』を行うには右上から設定項目を表示し『マクロ』を選択。

雨上がりの雫や肉眼ではその魅力が伝わりづらい小さな花も、マクロで撮れば感動が何倍にも膨らみます。図鑑に掲載されている様な写真が簡単に撮れるので、はじめての人はきっと驚きますよ。

また、スマートフォンに搭載されているマクロカメラの解像度は『200万画素』が多いのですが、『Redmi Note 9S』の場合は『500万画素』と高め。実用的な解像度でしっかりと記録してくれます。

Xiaomi Redmi Note 9Sのレビューに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sレビュー。見た目、処理能力、画面、カメラ画質、電池もち、充電速度、音、機能、回線

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 9Sの外観デザインについて1.1 持ち安さと高級感を兼ね備えた立体設計1.2 Redmi Note 9Sを象徴するバランスのとれたシンメト ...

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 9Sに関する記事

redminote9s miui12.5
【朗報】シャオミのRedmi Note 9S日本モデルが遂にMIUI 12.5へとアップデート!システムが軽量高速化!

2020年6月に日本市場に向けてリリースされ、未だ人気のレジェンドスマホ『Xiaomi Redmi Note 9S』。ヨーロッパの一部でMIUI 12.5へのアップデートを開始したのが8月中旬。それか ...

超スタミナスマホRedmi Note 9SにMIUI 12.5の提供開始!まずはヨーロッパから。今後他地域に配信拡大!

2020年6月に日本スマートフォン市場に投入された『Redmi Note 9S』。早いものですでにそれから1年以上が経過しています。Snapdragon 720Gという700番台の高性能Socを備えつ ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのセール情報

Xiaomi Redmi Note 9Sがついに『1円』に!ゲーム、電池持ち、カメラ画質バッチリな万能スマホが超特価!

2月1日(月)の午前11時から格安SIMの『OCN モバイル ONE』が『人気のスマホセール』をスタート!今回セール内で最安価格となったのは『Redmi Note 9S』でなんと『1円(税込:1円)』 ...

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

喫茶店に入り、コーヒーを一杯飲むのにいくらかかるでしょうか?リーズナブルなドトールのブレンドコーヒーが『224円(税込)』です。格安SIMの『OCN モバイル ONE』が開催している2020年最後の大 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのカスタマイズに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sの大画面をNova Launcherでカスタマイズ。設定方法からレイアウトまで!

Xiaomiの『Redmi Note 9S』は6.67インチの大画面ディスプレイを搭載しています。アイコンやウィジェットのレイアウトを自由自在にし、この大画面をフル活用させてくれるアプリが『Nova ...

千円台!シュピゲンのタフアーマーでシャオミのRedmi Note 9Sを徹底ガード!メーカーの本気が伝わる超お勧めケース

『2万円台』という超低価格ながら、『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 720G搭載』『3Dゲームを快適に遊べる高い処理能力』『HDR10をサポートする6.67インチの大画面ディスプレイ』『低遅 ...

完璧すぎるスマホシャオミ Redmi Note 9S。USB DACでオーディオを強化したらとんでもない事に・・・

『Snapdragon 720G搭載を搭載し、高負荷なゲームも余裕の高い処理能力』『5,020mAhの大容量電池を採用しつつ、さらにSocの電力効率が高いので25時間以上の長時間駆動を実現』『6.67 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi Note 9S, Redmi Note 9S 撮影, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信