ハイパーガジェットチャンネル

ZenFone 7は価格以上に満足出来る至高のフラッグシップスマホ!画面、カメラ、処理能力に大満足!1台3役の超コスパ!

Pocket

スマートフォンは性能によって『エントリー』『ミッドレンジ』『ハイミッドレンジ』『フラッグシップ』に分けられます。最も性能の高いのがフラッグシップです。フラッグシップは基本的に『処理能力』『カメラ』『ディスプレイ』など、主要部分全てがそのメーカーの最高スペック。価格は相応となりますが、スマートフォンは毎日使うもの。お金を費やす価値のあるモノの一つ。しっかり使えばあっという間に元はとれます。

これまでに購入したフラッグシップモデルの中でも、特に気に入ったのがASUSの『ZenFone 7』です。今回は実際に『ZenFone 7』を使ってみて、どの部分が気に入ったのかを紹介していきたいと思います。

『ノッチ』も『パンチホール』も何もない有機ELディスプレイ

まずはやはり『ノッチ』『パンチホール』がどちらも存在しない『ディスプレイ』。『動画を観る』『本を読む』『ゲームで遊ぶ』、様々な瞬間に他のスマートフォンとの『明らかな違い』を体感出来ます。『液晶』から『有機EL』に変更された事で黒の表現力が格段に増し、発色が美しくなったのも『ZenFone 7』が持つディスプレイの特長です。

『90Hz』の高速駆動は情報収集を長時間するのに最適

リフレッシュレートは1.5倍の『90Hz』に進化し、1秒間に90枚の画像切り替えが可能に。動きに対する滑らかさが1.5倍になったので、一般的な『60Hz』と『90Hz』の違いはディスプレイをスクロールした瞬間に分かります。情報量が多いニュースサイト等は、スクロールによる眼の疲れが軽減されるので『ZenFone 7』で見る機会が増えました。スマートフォンで情報収集する人にとって、『高速駆動』は必須機能と言えるでしょう。

ZenFone 7のフリップカメラは自撮りをしなくても満足出来る超高画質

ディスプレイは写真や動画を撮影する時にも大活躍。『ZenFone 7』のメイン機能といえる『フリップカメラ』は、回転させて自撮りをする事が出来ます。YouTubeInstagram用の機材を探しているのであれば、中途半端なカメラを買うより『ZenFone 7』の方が間違いなくお買い得だと思います。

なぜなら私は『自撮り』をせずとも『ZenFone 7』のカメラに大満足しているから。『超広角』『ポートレート』『夜景』『望遠』どれを撮っても別格。この画質で自撮りが出来るなら、機動力が損なわれる大型カメラは選択肢から外れるはず。広角カメラによる動画撮影にも対応しているので、自撮り棒すら不要です。動画撮影時の手ブレ補正を重視するなら、『光学式手ブレ補正』を搭載した『ZenFone 7 Pro』の方が良いかもしれません。静止画であれば『ZenFone 7』で十分すぎます。

一つ弱点を挙げるなら『接写』が出来ない事でしょうか。そこは『Redmi Note 9S』のマクロカメラと使い分けています。

ZenFone 7は全てのレスポンスが激速。動作にストレスを全く感じない

そしてフラッグシップなので当然の如く、『ZenFone 7』はレスポンスが俊敏です。ウインドウの切り替えやアプリの起動など『全て』が激速。この『速さ』にもっとも大きく影響を与えているのが『Snapdragon 865』。このSocを搭載しているお陰で『ZenFone 7』のAntutuベンチマークは『60万』を超えています。

3Dゲームはグラフィックを最高設定で楽しめる。快適に遊べるだけじゃない!

Snapdragon 865』はグラフィックの高速処理を行う『GPU』性能が非常に高いので、3Dゲームを最高のグラフィック設定でプレイ出来ます。ハイミッドレンジ程度の性能があれば『快適に遊ぶ』事は可能な3Dゲーム。しかし一度『ZenFone 7』で『最高のグラフィック』を体感してしまうと『快適』なだけだと物足りなさを感じるはず。ゲーム機が1世代新しくなったかの様な感動を与えてくれます。

ZenFone 7』を1台購入するだけで、最高性能の『ディスプレイ』『カメラ』『ゲーム機』が手に入ります。そう考えれば決して高い買い物では無いのかもしれません。スマートフォンは毎日使うもの。だからこそ最高性のうを選びましょう!

ASUS ZenFone 7/7 Proの主な仕様

ZenFone 7 /7 Pro
Soc
  • ZenFone 7:Snapdragon 865
  • ZenFone 7 Pro:Snapdragon 865 Plus
容量8GB/128GB、 8GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh(最大30W急速充電)
重量235g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:90Hz
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:SONY IMX 686
  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.8
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.73
  • 画素サイズ:0.8µm
  • 望遠:光学3倍
  • オートフォーカス:PDAF
  • 手ブレ補正:光学式(ZenFone 7 Pro)

望遠カメラ

  • 解像度:800万画素
  • センサーサイズ:1/4
  • F値:2.4
  • 焦点距離:80mm
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:PDAF
  • 手ブレ補正:光学式(ZenFone 7 Pro)

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:13mm
  • 画素サイズ:1.12µm
  • 画素サイズ:1.4µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロセンサー、近接センサー、コンパス
オーディオデュアルステレオスピーカー

ASUS ZenFone 7に関する記事

ZenFone 7は価格以上に満足出来る至高のフラッグシップスマホ!画面、カメラ、処理能力に大満足!1台3役の超コスパ!

スマートフォンは性能によって『エントリー』『ミッドレンジ』『ハイミッドレンジ』『フラッグシップ』に分けられます。最も性能の高いのがフラッグシップです。フラッグシップは基本的に『処理能力』『カメラ』『デ ...

iPhone 12 mini、ZenFone 7のカメラ性能を実写比較!メイン、超広角、ズーム、ポートレート

iPhoneの最新モデル『iPhone 12 mini』とASUSのフラッグシップモデル『ZenFone 7』。どちらも前モデルからカメラ機能が強化され、撮れるシーンや画質がワンランク上にアップしてい ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, ASUS, ASUS ZenFone 7, Gadget NEWS, SIMフリー, ZenFone 7, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信