置きやすい画面付スマートスピーカーEcho Show 5がAmazonの初売りで5,980円!テレビ電話も楽しめる!

Pocket

ついにスタートした2021年。Amazonでは年が明けて間もないにも関わらず最大級のセールイベント『初売り』がスタートしています。『初売り』には2020年に行われた『プライムデー』で最も売れたAmazonデバイスEcho Show 5が今回も超目玉商品として登場!しかも価格は『40%OFF』の『5,980円(税込)』!ディスプレイ付の高音質Wi-Fiステレオスピーカーが5千円台!信じられません。

Echoシリーズは音楽を聴く為だけのスピーカーではなく、音声アシスタント『Alexa』によって様々な情報を引き出す事が可能です。その『情報のわかり易さ』を格段に高めてくれるのがこのディスプレイ搭載モデル。『スピーカー』の概念を大きく変えてくれます。

普段スマートフォンで動画を観ている人は、そのディスプレイをEcho Show 5に移行すればスマートフォンがフリーな状態に。動画を観ながらSNSをチェックするといった至福の時間を過ごす事が可能になります。これがやってみると本当に便利。デュアルディスプレイですからね。

勿論スピーカーとしても優秀なEcho Show 5。『ミュージックビデオ』はスマートフォンの何倍も良質な迫力ある音で楽しむ事が出来ます。音楽が好きな人にプレゼントしたら、間違いなく喜んでくれるでしょう。

また、Echo Show 5はフロントカメラを搭載しているので、年末には『オンライン帰省』にも大活躍。音声で簡単に操作が行えるので、機械が苦手な人でも簡単に扱えるのもメリット。

プライムデー』において『最も売れたAmazonデバイス』だけあり、『初売り』でも同様に売れまくるのはほぼ確実。つまり『売り切れ』になる可能性が大。『5,980円(税込)』なら誰もが『欲しい』と思いますからね。買い逃しにはくれぐれもご注意を!

記事に書かれている内容

Amazon『Echo Show 5』を開けてみた

Amazon『Echo Show 5』のパッケージはホームセンターに置いてあっても売れそうだけど安すぎるから無理か

Echo』シリーズでお馴染みの真っ青なパッケージ。テレビ通話可能である事が分かりやすくデザインされています。ホームセンターに並べておいたら売れそうですが、セール価格だと安すぎて、Amazonで売らないと利益が出ないでしょうね。

中身は本体、ACアダプタ、簡易説明書。

Amazon『Echo Show 5』のACアダプタはDCコネクタ使用。汎用性は低いけど固定で使うから恐らく不便は感じない

AVアダプタはかなりズンぐりしています。出力は『15W』と高出力。コネクタは残念ながら汎用的なタイプではない『DCコネクタ』。しかしEcho Show 5の場合は使う場所が固定されそうなので、コネクタの形状は特に気にする必要が無いかもしれません。

Amazon『Echo Show 5』はプライバシー保護が万全。女性でも安心して使える仕様

上部には音量音量調整ボタンに加え、『カメラカバー』と『マイクOFF』用のボタンが備えられています。『カメラカバー』と『マイクOFF』に関してはプライバシー保護が徹底されてますね。これなら女性でも安心して使えるでよう。

底面にはゴムがついていて、置いた場所から滑らない様に工夫がされています。地震の揺れで台の上から落下するといったことも防げるでしょう。

Amazon『Echo Show 5』のスピーカーは斜め下に音を反射させるタイプ。置き場所が重要になりそう

スピーカーは斜め下向きに。設置した場所の面に音を響かせるタイプなので、置き場所の素材によって音色が変わりそうです。机の上に置いて音楽を聴いていると、低音で机が振動しているのが分かります。

ディスプレイ側の右上には、ビデオ通話用のフロントカメラ(100万画素)を搭載。前述している通り、使用していない時はカメラカバーでレンズを覆う事が出来ます。

Echo』シリーズ4台目となったEcho Show 5。電源を入れたら、Wi-Fiなどのセットアップは自動的に行われました。やはり1台の『Echo』を登録すると、後は自動化されるみたいですね、便利です。ここからは、私が『Echo Show 5』を実際に使ってみて、『これは便利』と思った機能を紹介していきたいと思います。

Amazon『Echo Show 5』の便利な6通りの使い方

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その1『プライムミュージックで音楽を聴く』

やはりスピーカーなので、音質を確かめる事も含め、まずは音楽鑑賞です。スピーカーは斜め下に向けて音を鳴らすタイプで、低音がかなりハッキリと聞こえます。しっかりと音が反射する場所におかないと、ボーカル音がもやっとして聞こえづらくなりますね。出来るだけ硬い素材の上に置いた方が音がよく響くイメージです。『Echo Show 5』内の『設定』→『サウンド』から『イコライザー』を調整するする事も可能。デフォルトで低音が強めなので、『中音』と『高音』を調整すると、自分好みの音に近づける事が出来ると思います。しかしWi-Fi音質ヤバいですね。Bluetoothのスピーカーが聴けなくなってしまいそうです。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その2『YouTubeを見る』

動画が観られるのはディスプレイ搭載モデルの強み。スマートフォンをスタンドに立てて使う感覚で、手軽に動画配信サービスを利用できます。『AlexaYouTubeつけて』と話しかければ、Youtubeの画面が表示。YouTubeのアプリが入っているわけではなく、『Silky』か『Firefox』を選択して、どちらかのブラウザ経由でYoutubeを見る事が出来ます。『全画面表示モード』を設定すれば、動画を画面一杯に表示する事も可能。スマートフォンで観ている時とほぼ変わりませんね。音が異様に良いくらいです。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その3『プライムビデオを見る』

Alexaプライムビデオ開いて』と言えば、プライムビデオ用の専用画面が表示されます。UIが『Echo Show 5』用にカスタマイズされていて、シンプルで使いやすいですね。

Echo Show 5』はディスプレイ解像度が低めなので、動画系はちょっと厳しいかなと思っていましたが、5.5インチの小型サイズという事もあり、何の問題も無いですね。普通に綺麗です。尚かつ音も良いので『寝る前にちょっと海外ドラマが観たい』といった時には大活躍してくれるでしょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その4『Kindleで本を読んでもらう』

Amazonは『audible』という『聴く』読書サービスを提供しています。本の読み聞かせを利用するには、この『audible』に加入する必要があると思っていました。しかし、なんと『Alexa』が本を読んでくれるんです。『AlexaKindleで買った本表示して』と言えば、これまでに購入した本の一覧が表示されます。その中からタイトルを選び『Alexa、○○読んで』と言えば、ところどころ発音はおかしいですが、一字一字丁寧に読み上げてくれます。この機能、全く知らなかったのでちょっと感動。購入したけど読み途中で止まってしまっている本などがあれば、是非Alexaに読んでもらいましょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その5『ニュースを見る』

私のように特定のジャンルのブログを書いていると、入ってくる情報が偏ってしまい、世の中で一体何が起こっているのか、たまに分からなくなります。『』『』『』に『Echo Show 5』を使ってニュースを見る(聴く)癖をつけておけば、世の中に取り残されるにすみそうです。『Alexa、ニュース見せて』と言った時に表示されるニュースの配信サービスは、Alexaアプリの『その他』→『設定』→『フラッシュニュース』から変更する事が可能。様々なニュースが用意されているので、自分に合ったサービスを見つけましょう。

Amazon『Echo Show 5』の便利な使い方その6『天気表示付きの時計』

大きさが丁度目覚まし時計程度なので、見やすい時計として利用するのにも最適です。操作をしていない時は、『天気』『気温』『時刻』『日付と曜日』がディスプレイに表示されます。『Alexa、午前6時に起こして』と言えば朝のアラームがセットされ、『Alexa、30秒測って』とお願いすればキッチンタイマーへと変化。『ただの時計』ではなく、『Echo Show 5』は音声操作が可能な『超万能時計』です。

Amazon初売り2021でお得に買い物をする方法

最大5000ポイントの還元が受けられるポイントアップキャンペーン

セール期間中は『最大5,000ポイント』の還元が受けられる『ポイントアップキャンペーン』を実施。キャンペーン参加条件は以下の通りです。

  • 12月26日(土)午後12時~1月5日(火)午後11時59分の間にエントリー
  • 1月2日(土)午前9時~1月5日(火)午後11時59分の間に合計1万円(税込)以上の買い物をする

ポイントの還元率は条件により異なります。最も大きな還元を受けられるのは『Amazon Mastercard ゴールド』の利用ですね。

最大10,000ポイントが当たるスタンプラリー

10,000ポイントが100名、1,000ポイントが2,000名、500ポイントが5,000名、50ポイントが全員に当たるスタンプラリー!

  • 12月26日(土)午後12時~1月5日(火)午後11時59分の間にエントリー
  • 期間中にAmazonプライム配送特典の対象商品を1,500円以上買う
  • Prime Videoにある会員特典対象作品を視聴
  • Prime Musicにある曲を1曲聴く
  • Prime Reading対象の本を読む

チャージする度に最大2.5%の還元が受けられるAmazonチャージ

Amazonで最もお得に商品を購入する方法の一つ『Amazonチャージ(現金払い)』。『ブラックフライデー』『サイバーマンデー』以外でも日常的にAmazonを利用している人であれば、チャージ分の消費はあっと言う間。プライム会員が1度に9万円以上のチャージを行えば、還元率はMAXの『2.5%』。『ブラックフライデー』『サイバーマンデー』の激安価格からさらに『2,250円』割引になると考えればかなりお得ですね!ポイントバックの詳細がコチラ

2021年1月11日までの申し込みで『3カ月無料』!聴き放題の音楽配信サービスはAmazon Music Unlimitedがお勧め!

Amazon Music Unlimited
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:980円(税込) Amazonプライム会員は780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Apple Music
  • ビットレート:256kbps
  • 圧縮フォーマット:AAC
  • 配信楽曲数:約6,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
Spotify
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:Ogg
  • 配信楽曲数:約5,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)
AWA
  • ビットレート:320kbps
  • 圧縮フォーマット:不明
  • 配信楽曲数:約7,000万曲
  • 月額利用料金:980円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

Amazonプライム会員』であれば、利用料金は『780円(税込)』の『Amazon Music Unlimited』。他社より『200円』安いんです。この『200円』の影響は、サービスを利用する期間が長くなればなる程大きくなります。例えば一年継続した場合は『2,400円』。なんと『Amazon Music Unlimited』であれば『3カ月分』の利用料金に相当します。とてつもなく大きいですよね。

そして、『Amazon Music Unlimited』をお勧めしたい理由はもう一つ。音楽配信サービスを利用していて、そのサービスを想像以上に気に入ってしまった場合。『もっと良い音で聴きたい』と思うはず。なぜなら私がそうでした。しかし『Amazon Music Unlimited』以外には、さらに上のプランが用意されていないんです。『Amazon Music Unlimited』であれば、ハイレゾ音源が聴ける上位プラン『Amazon Music HD』に移行する事が可能。

Amazon Music HD
  • 平均ビットレート:【HD】850kbps 【Ultra HD】3730kbps
  • 圧縮フォーマット:FLAC
  • 配信楽曲数:約6,500万曲
  • 月額利用料金:1,980円(税込) ※Amazonプライム会員は1,780円(税込)
  • オフライン再生:対応
  • echoでのステレオ再生:対応(Alexa経由、Wi-Fi接続時)

利用料金は『+1,000円』になりますが、ハイレゾ音源1曲単位で購入する事を考えれば激安。『本気で音楽を聴きたい』という人でも十分満足出来るのが『Amazon Music HD』です。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

Xiaomiの最新モデルRedmi Note 10 Proが格安SIMのIIJmioで19,800円
格安SIMのIIJmioならRedmi Note 10 ProがMNPで19,800円!4月16日午前10時に発売開始!

記事に書かれている内容1 IIJmioは4月16日午前10時からRedmi Note 10 Proの発売を開始2 IIJmioなら他社からの乗り換えでRedmi Note 10 Proを19,800円 ...

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

Redmi Note 10 Proは120Hzディスプレイだから電池の持ちが悪い?
シャオミのRedmi Note 10 Proは120Hz対応だから電池持ちが悪そう!Redmi 9TやiPhoneと比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラとディスプレイがフラッグシップなネオミッドレンジ2 Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシ ...

完全にミッドレンジを超えた3万円台スマホRedmi Note 10 Proの夜景画像
Xiaomi Redmi Note 10 Proのカメラは夜景画質も最強だった!これは3万円台で出したらダメなレベル。

記事に書かれている内容1 Xiaomiのスマートフォンは廉価モデルの夜景画質はイマイチな印象2 Redmi Note 10 Proは夜景撮影に適したカメラスペックを備える3 Redmi Note 10 ...

Redmi Note 10 Proのディスプレイ性能をRedmi Note 9S、Note 9T、9Tと実機比較検証!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 ProはMi 11、iPhone 12 miniと同等のカメラ画質を持つ2 Redmi Note 10 Proのディスプレイスペックは国内Xiao ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.