QualcommがSnapdragon 480 5Gをリリース!1万円台の5G対応スマホが日本市場に登場するかも!

Pocket

2020年第3四半期はMediaTekにトップシェアの座を譲ったQualcomm。その原因は廉価な『5G対応Soc』開発の遅れでした。

グローバル市場では『5G対応モデル』の需要がさらに高まりを見せる中、ついにQualcommの最も廉価なSoc『Snapdragon 400』シリーズが『5G』に対応しました。

新たにリリースされた『Snapdragon 480 5G』の詳細は以下の通り。

  • 型番 – SM4350
  • プロセスサイズ – 8nm
  • CPU – Kryo 460 octa-core processor clocked at 2.0GHz
  • GPU – Adreno 619; OpenGL ES 3.2, Vulkan 1.1, Open CL 2.0
  • モデム – Snapdragon X51 5G with support for sub-6GHz and mmWave
  • Wi-Fi – 802.11a/b/g/n, 802.11ax-ready (Wi-Fi 6), 802.11ac Wave 2; 2.4GHz and 5GHz bands
  • Bluetooth – Bluetooth 5.1
  • Qualcomm FastConnect – Qualcomm FastConnect 6200
  • 位置 – Beidou, Galileo, GLONASS, Dual-frequency GNSS, NavIC, GPS, GNSS, QZSS, SBAS

前モデルとなるSnapdragon 460の『11nm』から、プロセスサイズが『8nm』にサイズダウン。大幅な電力効率の改善を実現しています。CPUに『Kryo 460』、GPUには『Adreno 619』を採用し、どちらにおいてもパフォーマンスが『100%』向上。DSPは上位モデルとなる『600シリーズ』にも搭載されている『Hexagon686』。AI性能も『70%』アップと、順当なアップグレードを果たしています。

モデムには『Snapdragon X51 5G』を採用。SA/NSAモードに両対応し、5Gミリ波、サブ6Ghzをサポート。さらにISPを『Spectra 345』に変更した事で最大解像度は『6,400万画素』に上昇。3台のカメラによる同時撮影も可能です。保存形式は『HEIF』『HEVC』に対応し、高画質、高圧縮による撮影環境を提供します。

ディスプレイのリフレッシュレートは『120Hz(フルHD解像度)』をサポート。充電は『Quick Charge4+』対応と、フルスペックであればミッドレンジモデルと遜色ない仕上がりに。今後HMDグローバル、OnePlus、OPPOが『Snapdragon 480 5G』搭載モデルを順次リリース予定。想定販売価格は1万円台。MediaTekからのシェア奪還が急ピッチで進みそうな予感です。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

日本で発売されるかも?Xiaomi Redmi Note 9T 5GのパフォーマンスをRedmi Note 9Sと比較!

日本で発売される可能性が高いXiaomiの5G対応スマートフォン『Redmi Note 9T』。Socには日本でメジャーなQualcommではなく、MediaTekの『Dimensity 800U』が ...

Xiaomi Japanが2月2日に5Gスマホを発表!通信キャリアの格安プランユーザー獲得が目的か。

Xiaomi Japanは1月28日、公式Twitterにおいて2月2日(火)14時から5Gに対応する新製品のリリースを行なう事をアナウンスしました。 / 📣 5Gスマートフォンを再定 ...

Apple iPhone 12がDxOMarkに登場!iPhone 12と同スコア122を記録。小型スマホではダントツ!

カメラ画質の比較において世界一有名なサイトDxOMarkが、Apple iPhone miniのスコアを公開しました。トータルスコアは『122』で先にスコアが公開されていたiPhone 12と同じ。2 ...

mineoがahamo、Softbank on Line、povoへの対策で利用料金値下げへ。通信品質は維持出来るのか

格安SIM(MVNO)のmineoが、新利用料金『マイピタ』を発表しました。各通信キャリアが3月からスタートする格安プラン『ahamo』『Softbank on LINE』『povo』への対抗策と言え ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.