Xiaomi Redmi Note 9Sのカメラは同じ場所で全く異なる画像が撮れる。情報をしっかり伝える高画質4眼カメラ

Pocket

最近発売されているスマートフォンは背面に複数のレンズを搭載しているので、1台で様々なシーンを撮り分けることが可能です。Xiaomiの『Redmi Note 9S』は『メインカメラ』『超広角カメラ』『マクロカメラ』『深度測定カメラ』と4眼仕様。『Redmi Note 9S』があれば、以下の様に同じ場所でも『美しく』『広く』『近く』『立体的』に全く異なる雰囲気の写真を撮ることが出来ます。

Xiaomi Redmi Note 9Sの超広角カメラで撮影

Xiaomi Redmi Note 9Sのメインカメラで撮影

Xiaomi Redmi Note 9Sのマクロカメラで撮影

Xiaomi Redmi Note 9Sのメインカメラ(ポートレートモード)で撮影

一眼レフでこの様な写真を撮るには、『マクロレンズ』『広角レンズ』『F値の低いレンズ』を用意する必要があります。レンズの購入にかかる費用は安く見積もって『Redmi Note 9S』数台分。スマートフォンのカメラがいかにコストパフォーマンスに優れているかが分かるでしょう。

異なるレンズで撮ることは、被写体に関する情報を『より分かりやすく伝えられる』という大きなメリットを生み出します。その場の雰囲気を含めた『美しさ』は『メインカメラ』でしっかりと。そこに『マクロカメラ』で質感の情報をプラス。ディスプレイ上で画像を拡大しても、ある程度近い情報は得られます。しかし焦点距離が異なるレンズから得られる画像は別物。より正確な情報を伝えるにはやはり『レンズの使い分け』が必要です。

Xiaomi Redmi Note 9Sのメインカメラで撮影

Xiaomi Redmi Note 9Sのマクロカメラで撮影

『広角』と『超広角』であれば、撮影位置を移動することで同じ様な写真を撮ることが出来ます。しかし『マクロ』『背景ボケ』に関しては、それ用のレンズもしくは機能を搭載していなければ撮影不可能。『Redmi Note 9S』は4つのレンズを搭載し『マクロ』『背景ボケ』の撮影に対応。しかも価格は2万円台。これは間違いなくお値段以上。買う価値ありです。

Xiaomi Redmi Note 9Sが対応する4G(LTE)における周波数帯

Band1 / Band2 /Band3 / Band4 /Band5 /Band7 / Band8 / Band18 / Band19 / Band20 / Band26 / Band28

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 主要となる周波数に対応Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONE

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 主要となる周波数に対応Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

YmobileLINEモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 主要となる周波数に対応Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルBIGLOBEモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 主要となる周波数に対応Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomi Redmi Note 9Sのレビューに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sレビュー。見た目、処理能力、画面、カメラ画質、電池もち、充電速度、音、機能、回線

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 9Sの外観デザインについて1.1 持ち安さと高級感を兼ね備えた立体設計1.2 Redmi Note 9Sを象徴するバランスのとれたシンメト ...

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 9Sに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sのカメラは同じ場所で全く異なる画像が撮れる。情報をしっかり伝える高画質4眼カメラ

最近発売されているスマートフォンは背面に複数のレンズを搭載しているので、1台で様々なシーンを撮り分けることが可能です。Xiaomiの『Redmi Note 9S』は『メインカメラ』『超広角カメラ』『マ ...

シャオミ Redmi Note 9Sは2020年最も利用頻度の高かったスマートフォン!その理由を振り返ってみた

記事に書かれている内容1 2020年に最も利用頻度の高かったスマートフォンはXiaomi Redmi Note 9S1.1 家が楽天回線エリアに入りRedmi Note 9Sの利用機会がさらに増えた1 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのセール情報

コーヒー一杯より安い!Redmi Note 9Sが格安SIMで200円!プレミアムカラーも選べる今年最後の激安SALE!

喫茶店に入り、コーヒーを一杯飲むのにいくらかかるでしょうか?リーズナブルなドトールのブレンドコーヒーが『224円(税込)』です。格安SIMの『OCN モバイル ONE』が開催している2020年最後の大 ...

格安SIMがRedmi Note 9Sの『200円SALE』開始!小学生の小遣いか!?注文殺到一瞬で品切れる可能性あり!

ついに『OCN モバイル ONE』がやらかしました。これは価格破壊というレベルではありません。なぜなら、『Snapdragon 720G』を搭載するハイミッドレンジ『Redmi Note 9S』を『2 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sのカスタマイズに関する記事

Xiaomi Redmi Note 9Sの大画面をNova Launcherでカスタマイズ。設定方法からレイアウトまで!

Xiaomiの『Redmi Note 9S』は6.67インチの大画面ディスプレイを搭載しています。アイコンやウィジェットのレイアウトを自由自在にし、この大画面をフル活用させてくれるアプリが『Nova ...

千円台!シュピゲンのタフアーマーでシャオミのRedmi Note 9Sを徹底ガード!メーカーの本気が伝わる超お勧めケース

『2万円台』という超低価格ながら、『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 720G搭載』『3Dゲームを快適に遊べる高い処理能力』『HDR10をサポートする6.67インチの大画面ディスプレイ』『低遅 ...

完璧すぎるスマホシャオミ Redmi Note 9S。USB DACでオーディオを強化したらとんでもない事に・・・

『Snapdragon 720G搭載を搭載し、高負荷なゲームも余裕の高い処理能力』『5,020mAhの大容量電池を採用しつつ、さらにSocの電力効率が高いので25時間以上の長時間駆動を実現』『6.67 ...

Xiaomi Redmi Note 9Sの動画に関する記事




follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.