Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Pocket

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と大幅に引き下げられており、前モデルと比較するとかなりお買い得。5Gの流通が加速する2021年において、より多くのシェアを獲得しようというSamsungの姿勢が垣間見られます。早速、3モデルのメインスペックを比較してみましょう。

Galaxy S21シリーズ比較

Galaxy S21 5G Galaxy S21 + 5G Galaxy S21 Ultra 5G
ディスプレイ サイズ:6.2インチ
解像度:2400×1080ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(48~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1300nits
サイズ:6.7インチ
解像度:2400×1080ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(48~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1300nits
サイズ:6.8インチ
解像度:3200×1440ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(10~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1500nits
後面カメラ 超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、固定焦点
広角カメラ:1200万画素(水平79度、F/1.8、画素ピッチ/1.8um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ:6400万画素(水平76度、F/2.0、画素ピッチ/0.8um、光学式手ブレ補正、3倍ハイブリッドズーム(最大30倍)
超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、固定焦点
広角カメラ:1200万画素(水平79度、F/1.8、画素ピッチ/1.8um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ:6400万画素(水平76度、F/2.0、画素ピッチ/0.8um、光学式手ブレ補正、3倍ハイブリッドズーム(最大30倍)
超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、デュアルピクセルAF
広角カメラ:1億800万画素(水平83度、F/1.8、画素ピッチ/0.8um、PDAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ1:1000万画素(水平35度、F/2.4、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正、光学3倍
望遠カメラ2:1000万画素(水平10度、F/4.9、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正、光学10倍(最大100倍)
前面カメラ 1000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF 1000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF 4000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/0.7um、PDAF
Soc Exynos 2100もしくはSnadragon 888 Exynos 2100もしくはSnadragon 888 Exynos 2100もしくはSnadragon 888
容量 8GB/128GB、8GB/256GB
メモリ:LPDDR5
8GB/128GB、8GB/256GB
メモリ:LPDDR5
12GB/128GB、12GB/256GB、16GB/512GB
メモリ:LPDDR5
電池 4000mAh 4800mAh 5000mAh
充電 有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
防水 IP68 IP68 IP68
サイズ 71.2×151.7×7.9mm 75.6×161.5×7.8mm 75.6×165.1×8.9mm
重量 171g(mmWave)、169g(sub6) 202g(mmWave)、200g(sub6) 229g(mmWave)、227g(sub6)
Sペン 非対応 非対応 対応(別売)
背面素材 ポリカーボネート ガラス ガラス
価格 799ドル~(約83,000円~) 999ドル~(約104,000円~) 1,199ドル~(約124,500円~)

『Galaxy S21 5G』と『Galaxy S21+ 5G』に関しては画面サイズ、電池容量以外スペック的な部分は共通。カメラの構成も同じです。ただし『Galaxy S21 5G』の背面にはポリカーボネートが使われているので、質感に拘る人は実機を確認してから購入した方が良いでしょう。また、ディスプレイの解像度が3200×1440ピクセルから2400×1080ピクセルに引き下げられており、この辺りは一部のユーザーから不満の声が聞かれるかもしれません。

Galaxy S21シリーズ

Galaxy S21

手ブレを起こしやすい超広角カメラ、望遠カメラにはどちらにも光学式手ブレ補正機能を搭載。AIによる補正が強化され、最大倍率ズーム時でもブレの少ないしっかりとした描写が得られるとの事。Galaxyのズームはやや画質が粗いというイメージが強いので、どこまで改善がされているかに注目です。

最上位モデルとなる『Galaxy S21 Ultra 5G』は3200×1440ピクセルの高解像度を維持。ピーク輝度も他モデルより200nits高めで、リフレッシュレートは10Hz~120Hzの可変に対応。ディスプレイサイズは6.8インチと最大。3モデルの中で唯一Sペンを利用する事が出来ます(別売り)。メモリ12GB、ストレージ512GBというパソコンなみの大容量が用意されているのも『Galaxy S21 Ultra 5G』のみ。

Galaxy S21+

Galaxy S21+ 5G

メインカメラは1億800万画素の超高解像度に対応し、12ビットによるHDR撮影が可能。夜間撮影用のBrightNightセンサーが改良され、低照度における画質の向上が期待出来ます。また、光学3倍、10倍ズームに対応する望遠レンズを2つ備え、どちらもデュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正機能を搭載。光学10倍に関してはレンズのF値が4.9とかなり暗めなので、撮影時には手ブレ補正技術の進化を知る事が出来そうです。

Socは発売する地域によってSamsungのExynos 2100、QualcommのSnapdragon 888と異なったモデルが搭載されます。Exynos 2100のGPUにはkirin 9000と同じArm Mali-G78が採用されており、コア数ではkirin 9000に10劣ります。つまり、GPU性能においてはKirin 9000の方が高め。

Samsung Exynos 2100 Qualcomm Snapdragon 888 HiSilicon Kirin 9000 Apple A14 Bionic
CPU 1コア Cortex-X1 @ 2.9GHz
3コア Cortex-A78 @ 2.8GHz
4コア Cortex-A55 @ 2.2GHz
1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
1コア Cortex-A77 @ 3.13GHz
3コア Cortex-A77 @ 2.54GHz
4コア Cortex-A55 @ 2.05GHz
2コア Firestorm (Big cores)
4コア Icestorm (Little cores)
(Fully-custom CPU designs)
GPU Arm Mali-G78, 14 コア Adreno 660 Arm Mali-G78, 24 コア 4コア A14 Bionic
AI / DSP Tri-core NPU Hexagon 780
(Fused Scalar, Tensor, and Vector)
2コア big core
1コア tiny core
16コアNeural Engine
同時に撮影出来るカメラの数 4 3 不明 不明
モデム 4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.35Gbps download
(integrated Exynos 5123)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3Gbps upload
(integrated Snapdragon X60)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3.5Gbps upload
(integrated Balong 5000)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3Gbps upload
(external Snapdragon X55)
プロセスサイズ 5nm 5nm 5nm 5nm

Youtubeに公開されているSnapdragon 888とKirin 9000のAntutuベンチマーク比較を見ると、Snapdragon 888のGPUスコアはKirin 9000に勝利。この結果から、GPU性能はSnapdragon 888の方が高いという判断が出来ます。ただし、CPUに関してはSnapdragon 888とExynos 2100は同じ構成で、最大クロック周波数はExynos 2100の方が高め。CPU性能を重視するのであればExynos 2100搭載モデル、ゲームなどグラフィック性能が重要な場合は、GPU性能の高いSnapdragon 888搭載モデルを選択した方が良いでしょう。

Sペンを使う機会が無くて、高解像度、望遠に拘りが無ければ『Galaxy S21 5G』か『Galaxy S21+ 5G』で十分な印象です。iPhone 12シリーズ、Galaxy S21シリーズと比較すると、スペック、価格でGoogleのPixelシリーズは完全に置いてけぼりな予感。本格的な価格競争がはじまると差は開く一方かもしれませんね。

関連するカテゴリー

Samsung

格安SIMに関連する記事

【超節約術】値下げしたBIGLOBEモバイルと楽天モバイルを組み合わせれば1,480円で最安の放題環境が構築出来る!

2月19日、格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金プランを発表。従来と比較して音声通話SIMの月額利用料金が15%~20%値下げされました。そして音声通話SIMよりさらに大きく値下げされたのが、同 ...

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金発表!音声通話SIMが980円~!エンタメフリーオプションは280円に値下げ!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが音声通話SIMの月額利用料金を15%~20%大幅引き下げ!1GB980円~2 動画配信、音楽配信サービスの通信がノーカウントになるエンタメフリーオプシ ...

【節電】Bluetoothでテザリングする方法!Redmi 9TとiPhone、Androidスマホ、パソコンを接続

スマートフォンをルーター代わりにしてテザリングする方法はWi-Fi、USB、Bluetoothの3種類。殆どの人は普段Wi-Fiでテザリングを行っていると思います。私もそうです。 Wi-Fi接続は通信 ...

Xiaomi Redmi 9TでUQモバイル(au回線)と楽天モバイルのSIMが使えるか検証!設定方法から通信状況まで

1万円台で購入出来る超激安スマートフォンXiaomi Redmi 9T。開封レビュー、写真撮影など色々と行っていますが、国内で購入出来る1万円台のSIMスマートフォン(大手メーカーではほぼ無いと思いま ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

明日で終了!格安SIMの人気のスマホセール!シャオミ、OPPO、AQUOS sense、TCL、ZenFoneが1円~

格安SIMの『OCN モバイル ONE』が、スマートフォン本体が『1円~』になる『人気のスマホセール』をスタートしました。開催期間は2月17日(木)の午前11時まで。 『docomo』『Softban ...

続きを見る

初月無料の格安SIMが最大特典31980円相当のキャンペーン開始!iPhone SE 2nd、moto g proがお得

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが限定クーポン配布中!1.1 BIGLOBEモバイルでスマートフォンを購入すると最大2万円相当の還元が受けられる1.2 BIGLOBEモバイルは7ヶ月目 ...

続きを見る

【超進化】大型カメラセンサー搭載!Xiaomi Mi Note 10 LiteにGCamを入れたら弱点無しの神カメラに!

ZenFone 7シリーズと同じカメラセンサー、SONYのIMX 686を搭載するXiaomi Mi Note 10 Lite。一般的なミッドレンジモデルが採用しているカメラセンサーのサイズは、大きい ...

【超節約術】値下げしたBIGLOBEモバイルと楽天モバイルを組み合わせれば1,480円で最安の放題環境が構築出来る!

2月19日、格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金プランを発表。従来と比較して音声通話SIMの月額利用料金が15%~20%値下げされました。そして音声通話SIMよりさらに大きく値下げされたのが、同 ...

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金発表!音声通話SIMが980円~!エンタメフリーオプションは280円に値下げ!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが音声通話SIMの月額利用料金を15%~20%大幅引き下げ!1GB980円~2 動画配信、音楽配信サービスの通信がノーカウントになるエンタメフリーオプシ ...

【快適スマホ】OPPO Reno3 AとOPPO A73は動きの激しい動画を素早く表示!操作性に優れる事も検証で明らかに

最近有機ELと液晶の違い、さらにそれぞれの端末が持つタッチサンプリングレートについて検証を行いました。有機ELは液晶と比較して応徳速度が格段に速く、動きの速い動画を表示した時に残像の少ない状態で視聴出 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.