Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Pocket

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と大幅に引き下げられており、前モデルと比較するとかなりお買い得。5Gの流通が加速する2021年において、より多くのシェアを獲得しようというSamsungの姿勢が垣間見られます。早速、3モデルのメインスペックを比較してみましょう。

Galaxy S21シリーズ比較

Galaxy S21 5GGalaxy S21 + 5GGalaxy S21 Ultra 5G
ディスプレイサイズ:6.2インチ
解像度:2400×1080ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(48~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1300nits
サイズ:6.7インチ
解像度:2400×1080ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(48~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1300nits
サイズ:6.8インチ
解像度:3200×1440ピクセル
種類:Dynamic AMOLED2X
リフレッシュレート:120Hz(10~120Hz)
素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
ピーク輝度:1500nits
後面カメラ超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、固定焦点
広角カメラ:1200万画素(水平79度、F/1.8、画素ピッチ/1.8um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ:6400万画素(水平76度、F/2.0、画素ピッチ/0.8um、光学式手ブレ補正、3倍ハイブリッドズーム(最大30倍)
超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、固定焦点
広角カメラ:1200万画素(水平79度、F/1.8、画素ピッチ/1.8um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ:6400万画素(水平76度、F/2.0、画素ピッチ/0.8um、光学式手ブレ補正、3倍ハイブリッドズーム(最大30倍)
超広角カメラ:1200万画素(水平120度、F/2.2、画素ピッチ/1.4um、デュアルピクセルAF
広角カメラ:1億800万画素(水平83度、F/1.8、画素ピッチ/0.8um、PDAF、光学式手ブレ補正
望遠カメラ1:1000万画素(水平35度、F/2.4、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正、光学3倍
望遠カメラ2:1000万画素(水平10度、F/4.9、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正、光学10倍(最大100倍)
前面カメラ1000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF1000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/1.22um、デュアルピクセルAF4000万画素(水平80度、F/2.2、画素ピッチ/0.7um、PDAF
SocExynos 2100もしくはSnadragon 888Exynos 2100もしくはSnadragon 888Exynos 2100もしくはSnadragon 888
容量8GB/128GB、8GB/256GB
メモリ:LPDDR5
8GB/128GB、8GB/256GB
メモリ:LPDDR5
12GB/128GB、12GB/256GB、16GB/512GB
メモリ:LPDDR5
電池4000mAh4800mAh5000mAh
充電有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
有線:最大25W
無線:最大15W
逆無線充電:最大4.5W
防水IP68IP68IP68
サイズ71.2×151.7×7.9mm75.6×161.5×7.8mm75.6×165.1×8.9mm
重量171g(mmWave)、169g(sub6)202g(mmWave)、200g(sub6)229g(mmWave)、227g(sub6)
Sペン非対応非対応対応(別売)
背面素材ポリカーボネートガラスガラス
価格799ドル~(約83,000円~)999ドル~(約104,000円~)1,199ドル~(約124,500円~)

『Galaxy S21 5G』と『Galaxy S21+ 5G』に関しては画面サイズ、電池容量以外スペック的な部分は共通。カメラの構成も同じです。ただし『Galaxy S21 5G』の背面にはポリカーボネートが使われているので、質感に拘る人は実機を確認してから購入した方が良いでしょう。また、ディスプレイの解像度が3200×1440ピクセルから2400×1080ピクセルに引き下げられており、この辺りは一部のユーザーから不満の声が聞かれるかもしれません。

Galaxy S21シリーズ

Galaxy S21

手ブレを起こしやすい超広角カメラ、望遠カメラにはどちらにも光学式手ブレ補正機能を搭載。AIによる補正が強化され、最大倍率ズーム時でもブレの少ないしっかりとした描写が得られるとの事。Galaxyのズームはやや画質が粗いというイメージが強いので、どこまで改善がされているかに注目です。

最上位モデルとなる『Galaxy S21 Ultra 5G』は3200×1440ピクセルの高解像度を維持。ピーク輝度も他モデルより200nits高めで、リフレッシュレートは10Hz~120Hzの可変に対応。ディスプレイサイズは6.8インチと最大。3モデルの中で唯一Sペンを利用する事が出来ます(別売り)。メモリ12GB、ストレージ512GBというパソコンなみの大容量が用意されているのも『Galaxy S21 Ultra 5G』のみ。

Galaxy S21+

Galaxy S21+ 5G

メインカメラは1億800万画素の超高解像度に対応し、12ビットによるHDR撮影が可能。夜間撮影用のBrightNightセンサーが改良され、低照度における画質の向上が期待出来ます。また、光学3倍、10倍ズームに対応する望遠レンズを2つ備え、どちらもデュアルピクセルAF、光学式手ブレ補正機能を搭載。光学10倍に関してはレンズのF値が4.9とかなり暗めなので、撮影時には手ブレ補正技術の進化を知る事が出来そうです。

Socは発売する地域によってSamsungのExynos 2100、QualcommのSnapdragon 888と異なったモデルが搭載されます。Exynos 2100のGPUにはkirin 9000と同じArm Mali-G78が採用されており、コア数ではkirin 9000に10劣ります。つまり、GPU性能においてはKirin 9000の方が高め。

Samsung Exynos 2100Qualcomm Snapdragon 888HiSilicon Kirin 9000Apple A14 Bionic
CPU1コア Cortex-X1 @ 2.9GHz
3コア Cortex-A78 @ 2.8GHz
4コア Cortex-A55 @ 2.2GHz
1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
1コア Cortex-A77 @ 3.13GHz
3コア Cortex-A77 @ 2.54GHz
4コア Cortex-A55 @ 2.05GHz
2コア Firestorm (Big cores)
4コア Icestorm (Little cores)
(Fully-custom CPU designs)
GPUArm Mali-G78, 14 コアAdreno 660Arm Mali-G78, 24 コア4コア A14 Bionic
AI / DSPTri-core NPUHexagon 780
(Fused Scalar, Tensor, and Vector)
2コア big core
1コア tiny core
16コアNeural Engine
同時に撮影出来るカメラの数43不明不明
モデム4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.35Gbps download
(integrated Exynos 5123)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3Gbps upload
(integrated Snapdragon X60)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3.5Gbps upload
(integrated Balong 5000)
4G LTE
5G sub-6Ghz & mmWave
7.5Gbps download
3Gbps upload
(external Snapdragon X55)
プロセスサイズ5nm5nm5nm5nm

Youtubeに公開されているSnapdragon 888とKirin 9000のAntutuベンチマーク比較を見ると、Snapdragon 888のGPUスコアはKirin 9000に勝利。この結果から、GPU性能はSnapdragon 888の方が高いという判断が出来ます。ただし、CPUに関してはSnapdragon 888とExynos 2100は同じ構成で、最大クロック周波数はExynos 2100の方が高め。CPU性能を重視するのであればExynos 2100搭載モデル、ゲームなどグラフィック性能が重要な場合は、GPU性能の高いSnapdragon 888搭載モデルを選択した方が良いでしょう。

Sペンを使う機会が無くて、高解像度、望遠に拘りが無ければ『Galaxy S21 5G』か『Galaxy S21+ 5G』で十分な印象です。iPhone 12シリーズ、Galaxy S21シリーズと比較すると、スペック、価格でGoogleのPixelシリーズは完全に置いてけぼりな予感。本格的な価格競争がはじまると差は開く一方かもしれませんね。

関連するカテゴリー

Samsung

格安SIMに関連する記事

楽天モバイルが『モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン』を開始!3ヶ月間データ通信無制限0円も同時開催中!

楽天モバイルより 7月29日、『楽天モバイル』がモバイルWi-Fiルーター『Rakuten WiFi Pocket 2B』の発売を開始しました。製品価格は7,980円(税込)。カラーはホワイトとブラッ ...

Ahamo、LINEMO、povoユーザーにお勧め!格安SIMを活かした『安』くて『快適』なコスパの高いスマホ運用術!

NTTdocomoの『ahamo』、Softbankの『LINEMO』、auの『povo』。通信キャリアが提供している格安通信サービスです。標準プランは月の通信容量がそれぞれ『20GB』で、20GBを ...

OPPOスマホセール
OCNモバイルONEでOPPO Reno Aが1円!最新モデルOPPO Reno5 Aも2万円!SALEは8月2日まで

  格安SIMのOCNモバイルONEでは8月2日(月)の午前11時まで最安1円~の期間限定スマホセールを開催中! 一番安い『1円』で販売されているのはOPPOのレジェンドスマホ『OPPO R ...

8/2迄!OPPO Reno5 A、moto g 100、Redmi Note 10 Proが格安SIMで激安SALE

格安SIMのOCNモバイルONEでは、7月16日(金)午前11時からスマホ1円SALE第二弾をスタート!セール期間は8月2日(月)午前11時まで。後半戦はラインナップがすごいです。 日本SIMフリース ...

BIGLOBEモバイルが16日からMi 11 Lite 5Gを発売開始!実質2万円切り!格安SIM最後の砦が遂に開放!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルならMi 11 Lite 5Gを実質2万円以内で購入可能!2 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!3 BIGLOBEモバイルが ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

Anker Soundcore Life Q35
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。

『LDAC対応』に惹かれてまたヘッドフォンを購入してしまいました。Ankerの『Soundcore Life Q35』です。通常販売価格は『10,990円(税込)』。LDACに対応するヘッドフォンとし ...

楽天モバイルが『モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン』を開始!3ヶ月間データ通信無制限0円も同時開催中!

楽天モバイルより 7月29日、『楽天モバイル』がモバイルWi-Fiルーター『Rakuten WiFi Pocket 2B』の発売を開始しました。製品価格は7,980円(税込)。カラーはホワイトとブラッ ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
シャオミ Mi 11 Lite 5Gが搭載するSnapdragon 780GはSnapdragon Soundに対応!

最大手半導体メーカーQualcommが2021年3月にリリースした最新オーディオ技術『Qualcomm Snapdragon Sound』。先日Xiaomiは公式のWeiboで、同社のBluetoot ...

FlipBuds Pro
遂に来た!XiaomiのTWS『FlipBuds Pro』がアップデートでSnapdragon Soundに世界初対応

7月28日、Xiaomiは同社が提供するBluetoothイヤフォン『FlipBuds Pro』がファームウェア『ver7.6.2.9』へのアップデートにより世界ではじめて『Snapdragon So ...

Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 Aの徹底比較で見えた最上位モデルの優位性

記事に書かれている内容1 OPPO Find X3 Pro、OPPO Reno5 A 5G、OPPO Reno3 AでAntutuのベンチマークスコアを実測比較2 OPPO Find X3 Pro、O ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

国内Xiaomi端末の中で『最軽量』かつ『最高の処理能力』を持つMi 11 Lite 5G。これまでXiaomiが国内に投入したスマートフォンはどれも190gオーバー。女性には少し『重い』と感じられるであろうラインナップがメインでした。しかしMi 11 Lite 5Gはたったの159g。とにかく軽いです。片手で長時間持っていても疲れません。さらにスマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークスコアは50万超え。圧倒的な処理能力で動作も軽い。新たな次元に到達したMi 11 Lite 5G。今の時代に求められているのは恐らくコレです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Galaxy S21 5G, Galaxy S21 Ultra 5G, Galaxy S21+ 5G, SAMSUNG, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信