ハイパーガジェットチャンネル

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Pocket


Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアーティストが開発に参加して作られた音にも興味がわき悩む間もなくAmazonで注文。2,596ポイントのポイントが付与され、実質1万円程度で買う事が出来ました。この価格で最上位モデルが買えるとは嬉しすぎ。

注文の翌日、実機が届いたので早速レビューを行いたいと思います!パッケージからも感じられるAnkerの並々ならぬ意気込み。低価格モデルとは明らかに作りが違います。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore Liberty Air 2 Pro

側面には『RECOMMENDED BY 10 GRAMMY WINNING ARTISTS & MUSICIANS』というキャッチコピー。音への期待をせずにはいられません。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

パッケージの中身はSoundcore Liberty Air 2 Pro本体、充電ケース、説明書、USB充電ケーブル。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

そして本体に装着されているモノも含め、イヤーチップは全部で9種類同梱されています。3種類くらい試せば、自分にベストなサイズが見つかるはず。イヤーチップ選びは重要です。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

TWSは単色のシンプルなデザインが多い中、Soundcore Liberty Air 2 Proはシルバーとブラックの2トーン。シンボルマークとロゴが綺麗にレイアウトされており、安っぽさは一切感じられません。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

充電ケースのフタはスライド式。前面にLEDランプ、後面にはUSB Type-C充電ポートとON/OFFボタンを備えます。ケーブルを使わない置くだけ充電にも対応。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore Liberty Air 2 Pro

マットな質感で指紋が目立たないのが特長です。フタ部分にシンボルマークが入っているのもアクセントになっていて好印象。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

続いてSoundcore Liberty Air 2 Proの試聴を行います。まずはPlay Storeから専用アプリ『Soundcore』をダウンロード。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore』に対応する製品を買った事がなかったので、このアプリを使うのは初めて。オマケ程度のものかと思いきや、それがとんでもない勘違い。一番感動したのはAnkerの独自開発機能『HearID』。『右耳』『左耳』別々に高音から低音まで様々な音を流し、聴こえ方を細かく確認していくというもの。指紋ならぬ聴紋です。Soundcore Liberty Air 2 Pro

耳の特性に合わせて音を微調整してくれるので、HearIDを有効にした後に聴いた音は完全に別物でした。低価格モデルはHearIDに非対応。この機能を使う為に上位モデルを買う価値あり。凄い機能です。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

ノイズキャンセルは『ノイズキャンセリングモード』『外音取り込みモード』『標準』の3種類から選択する事が可能。YouTubeで電車の音を大音量で流し、各モードで聞こえ方の違いを検証してみました。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore Liberty Air 2 Proはイヤーチップ型なので、『標準モード』でもそれなりの遮音効果があります。『外音取り込みモード』ではその遮音効果を弱める事が可能。周囲の音がはっきりと聴こえるようになります。『全ての外音』と『音声フォーカス』をシーンに合わせて使い分けられるのも便利。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

『ノイズキャンセリングモード』は『交通機関』『屋内』『屋外』『カスタム』に4分類されており、それぞれ異なるノイズキャンセル効果を得る事が出来ます。Youtubeから流れる電車音には、『交通機関』と『屋内』が最も有効でした。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

ノイズキャンセルの効果はハッキリと違いを認識出来るレベルのもの。外音が低減されるので、音楽を無理に大音量で流す必要が無くなります。長時間音楽を聴く場合は、耳にも優しい設定であると言えるでしょう。個人的にはHuawei のFreeBuds 3よりもノイズキャンセリング効果が明らかに高いと感じました。

Soundcore Liberty Air 2 Proの音質

低音:TWSとは思えないくらい、かなりしっかりと出ていて驚きました。無理やりなつぶれ気味の低音ではなく、キレが良いので聴き疲れを起こしません。ハウスやテクノといった低音重視のジャンルを聴くのにも最適。『ノイズキャンセルモード』をONにすると低音がさらに強みを増しました。

ボーカル音:『ノイズキャンセルモード』ではやや音がくもり気味。しかし『標準』に切り替えるとくもりが無くなりクリアに。高音域までしっかりと伸びのある、美しいボーカル音を聴かせてくれます。

楽器音:ピアノのソロ演奏など、アナログ楽器のシンプルな音を聴くのにはあまり向いていない印象。逆に低音重視のジャズベースや、電子楽器との相性は良好です。

Soundcore Liberty Air 2 Proで聴くのに適していると感じたジャンル

ダンス、エレクトロニカ、ポップス、ヒップホップ、ジャズ・ロック、R&B、ハウス、テクノ、EDM

Soundcore Liberty Air 2 Proで聴くのはイマイチだと感じたジャンル

クラシック、オペラ、吹奏楽

TWSに音質を求めるのはナンセンスかもしれませんが、グラミー賞アーティストが監修しているだけあり、抑揚とメリハリがしっかりしていて『音楽が聴けるクオリティ』に仕上がっています。イヤーチップ型はしっかりと耳にフィットし、音を逃さないのも良いですね。そして何より『HearID』最高!これが1万円で買えたのは本当にラッキーでした。駆動時間も長目なので、ガンガン使っていきたいと思います!

製品仕様
再生可能時間・通常モード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大26時間 (充電ケース使用時)
・ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大21時間 (充電ケース使用時)
・外音取り込みモード:最大6.5時間 (イヤホン本体のみ) / 最大23時間 (充電ケース使用時)
充電端子USB Type-C
充電時間約1時間 (イヤホン) / 約1.5時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 約2.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
重さ約62g (充電ケース含む)
防水規格IPX4
通信方式Bluetooth 5
BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC / AAC

 

関連カテゴリー

BluetoothイヤフォンAnker

格安SIMに関連する記事

超人気スマホ
人気絶頂の4Gスマホ!Xiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7700円。お勧めしない理由がない

Xiaomiより 『BCNランキング』や『Amazon売れ筋ランキング』でTOP10の常連になっている超人気スマートフォン『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。Redmi Note 1 ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

ゲームに最強最適なコスパスマホmotog100
究極コスパのゲーム用スマホmoto g100が格安SIMで22900円まで急降下!スナドラ870搭載でありえないでしょ

3Dゲームをする上で重要になるのは『CPU』ではなく『GPU』です。そしてその『GPU』の性能が高いのはAndroid端末ではなくiOS端末。つまり『iPhone』や『iPad』です。最近59,800 ...

大きくなった電子書籍リーダー
大画面最高!Kindle Paperwhiteが6.8インチになって新登場。色調節ライト搭載で14,980円は超破格!

株式会社インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所が2021年8月3日に発表した『電子書籍ビジネス調査報告書2021』によると、2020年度の電子書籍市場規模は前年比28.6%増で『482 ...

超人気スマホ
人気絶頂の4Gスマホ!Xiaomi Redmi Note 10 Proが格安SIMで7700円。お勧めしない理由がない

Xiaomiより 『BCNランキング』や『Amazon売れ筋ランキング』でTOP10の常連になっている超人気スマートフォン『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。Redmi Note 1 ...

Kindle Paper White
Kindle Paperwhiteが近日中に大幅アップグレードか。6.8インチに巨大化して色調調節ライトまで搭載!?

Amazonより 海外メディアgoodereaderがAmazonの電子書籍リーダー『Kindle』の新型に関する情報をリークしました。9月21日に日本のAmazonでラインナップされているのは『Ki ...

iPad 9
じわじわ増えるタブレット需要。iPad 9、iPad mini 6、Xiaomi Pad 5でネットライフを更に楽しく

Appleより 2009年に日本市場に登場した『スマートフォン』。総務省が公表している『情報通信白書のポイント(令和3年版)』によると、世帯保有率はすでに『9割』に届きそうな勢い。過渡期を迎え、新規ユ ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-ANKER, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, Soundcore Liberty Air 2 Pro, カテゴリー, ハイガジェ注目トピックス, 家電実機レビュー, 総合レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信