iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

Pocket

Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプレイ上で等倍で見る事が前提であれば、解像度による違いを見つけるのはほぼ困難。あまり気にする必要はありません。

Xiaomi Mi 11 Apple iPhone 12 mini
メインカメラ 解像度:1億800万画素
F値:1.9
焦点距離:26mmm
センサーサイズ:1/1.33
画素サイズ:0.8µm
オートフォーカス:PDAF
手ブレ補正:OIS(光学式)
解像度:1200万画素
F値:1.6
焦点距離:26mmm
センサーサイズ:不明
画素サイズ:1.4µm
オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
手ブレ補正:OIS(光学式)
望遠:光学2倍ズーム
超広角カメラ 解像度:1300万画素
F値:2.4
画角:水平123度
センサーサイズ:1/3.06
画素サイズ:1.12µm
解像度:1200万画素
F値:2.4
画角:水平120度
センサーサイズ:1/3.6
画素サイズ:1.12µm
マクロカメラ 解像度:500万画素
F値:2.4
センサーサイズ:1/5.0
画素サイズ:1.12µm
なし

解像度以外の部分では、iPhone 12 miniのメインカメラは光学2倍ズームに対応。Mi 11は光学ズームには非対応。望遠は全てデジタルになります。超広角カメラはほぼ同じ構成。マクロカメラの搭載は『Mi 11』のみです。カメラに関してはスペック上の比較が難しいので、早速実機を使って撮り比べを行いました。

【メインカメラ(オート)】作例1:花

iPhone 11

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

ポートレートモードで撮影していないのですが、どちらの写真もかなり背景がボケています。Mi 11の方がややボケが強いですね。F値は大きいのにちょっと意外。色はiPhone 12 miniが暖色、Mi 11が寒色よりですね。

【メインカメラ(オート、1億800万画素)とマクロカメラ】作例2:花

iPhone 11

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

iPhone 12 miniで撮影した写真の方がやや明るめ。ボケは今回もMi 11の方が強いです。解像度を1億800万画素に切り替えてみると、オート撮影より画質が明るくなりました。ピクセル統合機能により、光の取得量が増えている事が影響しているのでしょう。

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

ちなみにMi 11のマクロカメラを利用するとこの辺りまで寄れます。

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

【メインカメラ(オート)】 作例3:風景

両モデルとも、白飛びしてしまいそうな難しい雲をしっかりと高精細に捉えています。ノイズも目立ちません。ただiPhone 12 miniは色数が少ないのか、Mi 11と比較してやや彩りが物足りません。人工芝部分の階調もMi 11の方が豊かです。

iPhone 11

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

【メインカメラ(オート)と超広角カメラ】 作例3:風景

iPhone 12 miniにしては珍しく、コントラストが強くなりすぎてやや黒つぶれを起こしています。私はメリハリのある画像が好きなので個人的にはアリですが、画質のクオリティからするとやや残念。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

メインカメラから超広角カメラに変更すると、iPhone 12 miniのコントラストはやや弱まった印象。しかし雲には目立たない程度ですがノイズがのってしまいました。Mi 11は細かい枝部分が白っぽくなっているのが少し気になります。広角カメラは広く撮る事がメインなので、あまり細かくチェックするのは良くないかもしれませんね。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影した画像を拡大

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影した画像を拡大

【メインカメラ(ポートレートモード) 作例5:花

iPhone 12 miniはポートレートモードを指定すると選べる画像比率が4:3のみになります。iPhone 12 miniの方がMi 11よりF値が小さいので、被写界深度は浅めでボケ味も大きいです。両モデルともポートレートモードで撮影した写真は、撮影後にF値の変更が可能。3枚めの写真はMi 11で撮影した写真のF値を調整し、iPhone 12 miniのボケ味に近づけています。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

Xiaomi Mi 11で撮影後にF値を1.4に変更

【メインカメラ(ズーム) 作例6:電波塔

iPhone 12 miniには光学2倍ズーム機能が備えられています。Mi 11は光学ズーム非対応なのでデジタルズームのみ。光学ズームは劣化しないので、本来はデジタルズームより高画質。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影(等倍)

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影(等倍)

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影(光学2倍)

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影(デジタル2倍)

しかしiPhone 12 miniとMi 11では逆転減少が起きています。2倍ズームで撮影した画像を拡大してみると、Mi 11のほ方が高精細でした。

iPhone 12 mini

iPhone 12 mini(光学2倍)で撮影した画像を拡大

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11(デジタル2倍)で撮影した画像を拡大

さらにMi 11の1億800万画素で撮影した画像を拡大して比較。ズーム機能を上回って一番高精細だったのがこの画像。1億800万画素設定時は2倍ズームが可能。この程度の倍率であれば、すでにデジタルズームが光学ズームを超えているのですね。

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11(1億800万画素)で撮影した画像を拡大

iPhone 12 mini(

iPhone 12 miniで撮影(デジタル5倍)

Xiaomi Mi 11で撮影

Xiaomi Mi 11で撮影(デジタル5倍)

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影(デジタル10倍)

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影(デジタル30倍)

iPhone 12 miniの最大倍率となる5倍ではさらにその画質差が拡大しています。Mi 11は10倍、30倍までデジタルズームが可能。30倍だと流石に画質がかなり粗いですが、電波塔の輪郭ははっきりと認識出来るレベル。

【メインカメラ(ズーム) 作例7:夜景

iPhone 12 miniは光が少ない場所で撮影しようとすると自動的にナイトモードに切り替わります(手動でも設定可能)。Mi 11は夜景認識と夜景モードの両方に対応。夜景認識と夜景モードでは画質が全く異なるので、しっかり夜景を撮りたい場合は必ず夜景モードに切り替えましょう。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

iPhone 12 miniでしっかり夜景を撮影したのは初めてだったのですが、クオリティの高さに驚きました。夜景は一眼レフでも『ノイズ』『手ブレ』が発生しやすい写真撮影の最難関。しかしスマートフォンで、しかも手持ちなのにこの画質。目立ったノイズも見当たりません。

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

そしてiPhone 12 miniの夜景画質に勝るとも劣らないのがMi 11。iPhone 12 miniと比較すると少しだけ手ブレしやすいと感じましたが(恐らくF値の問題)、揺れないように意識して持てば高いクオリティで撮影出来ました。今回は試し撮り程度でしたが、これは夜景スポットで本格的に撮りまくりたいですね!

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniで撮影

Xiaomi Mi 11

Xiaomi Mi 11で撮影

関連する動画

関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

NTTドコモがahamoを2700円に値下げ!しかしターゲットが明確かつ更に安い格安SIMからのユーザー奪還は厳しいかも

NTTドコモが3月26日から提供を開始する格安プランahamo。サービス開始を前に、利用料金を2,980円(税込:3278円)から2,700円(税込:2,970円)に引き下げました。ahamoは月の利 ...

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

auのpovoが3月23日に始動!選ぶメリット・デメリット。UQモバイル、BIGLOBEモバイルの方がお得で便利な場合も

auの格安プランpovoのサービス提供開始が3月23日に決定しました。私が感じるpovoを選ぶメリットは以下の3点。 povoを選ぶメリット 通信容量が20GB 20GB超過後はも最大通信速度1Mbp ...

格安SIMのIIJmioが4月から料金改定!音声SIMが780円~に値下がり!BIGLOBEモバイルとどっちがお得?

MVNO事業者として格安SIMの提供を行っているIIJは、2月24日に新料金プランの発表を行いました(4月1日スタート)。音声、SMS、データ、eSIMの4種類から用途に合わせてプランを選択する事が可 ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

続きを見る

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

続きを見る

1万円台のXiaomi Redmi 9Tと8万円台のiPhone 12 miniのカメラ画質を比較!ピクセルビニング炸裂

1万円台で購入出来るスマートフォンXiaomi Redmi 9T。格安モデルながら4つのピクセルを1つに統合し、1.6μmの画素サイズを実現する4-in-1 スーパーピクセルというピクセルビニング機能 ...

【解像度VS画素サイズ】1億800万画素とピクセルビニングはどっちが高画質?Xiaomi Mi Note 10で徹底検証

スマートフォンのカメラは、解像度が高い程美しく撮影出来ると思っていませんか?ある一定の条件であれば、解像度が高い=美しいというのも当てはまります。フルHDと4Kのテレビ、4K解像度のコンテンツを綺麗に ...

1億カメラ&120Hz有機ELスマホRedmi Note 10 Proが3万円で登場!33W充電対応デュアルスピーカー

記事に書かれている内容1 3万円で1億カメラにリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ!Xiaomi Redmi Note 10 Proは超実用的なスペックが詰まったスマホ!2 Xiaomi ...

Samsung HM2搭載!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxは1億カメラが使えて2万円台の激安!

記事に書かれている内容1 2万円台でHM2センサーが使える奇跡!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxはカメラだけで買いなスマホ2 Xiaomi Redmi Note 10 Pro ...

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.