シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

Pocket

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 2340ピクセル)』。リフレッシュレートは『90Hz』と、当時のフラッグシップモデルらしいスペックでした。

Xiaomi Mi 10

Xiaomi Mi 10

2021年に発売が開始された最新モデル『Mi 11』ではディスプレイスペックが大幅にアップ。ガラスは『Mi 10』に採用されたGorilla Glass 5の次世代となる『Gorilla Glass 6』から更に耐久性を高めた『Gorilla Glass Victus』を使用。Gorilla Glass 6と比較して2倍傷に強くなり、2mの高さからの落下にも耐えうる驚きの強度を実現しています。

Xiaomi Mi 11

そして強化されたのは勿論耐久性だけでなく、解像度はFHD+(1080 x 2340ピクセル)から『QHD+(1440 x 3200ピクセル)』に高解像度化。さらにリフレッシュレートは90Hzから『120Hz』へと進化し、1秒間に表示可能なコマ数が30コマ増えています。スクロールした時などの表示がより滑らかに。

Xiaomi Mi 11

しかし解像度とリフレッシュレートを高めに設定すると、表示が美しくなる反面『消費電力』が増加するというデメリットも。『Mi 11』はSocに5nmプロセスサイズで設計された『Snapdragon 888』を搭載しています。

Mi 10が搭載している『Snapdragon 865』と比較して、CPUで25%GPUでも20%それぞれ電力効率が向上。Socの電力効率が上がった事により、『QHD+(1440 x 3200ピクセル)』『120Hz』のハイスペックが実用的に使えるようになっているかを下記の通り検証してみました。

YouTubeの視聴による電池の減りを検証

同じ解像度『1080P』のコンテンツを再生した『検証1』と『検証2』は電池の減り『約2%』と変わらぬ結果に。しかしコンテンツの解像度を『1440P』に上げてみると、電池の減りが『約4%』と2倍程度に増加。再生するコンテンツの内容によって消費電力は増減する事が分かりました。

検証1
  • 解像度:FHD+(2400×1080ピクセル)
  • 再生コンテンツ解像度:1080P
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 輝度:50%
  • 計測時間:15分
  • 電池の減り:約2%
検証2
  • 解像度:WQHD+(1440 x 3200ピクセル)
  • 再生コンテンツ解像度:1080P
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 輝度:50%
  • 計測時間:15分
  • 電池の減り:約2%
検証3
  • 解像度:WQHD+(1440 x 3200ピクセル)
  • 再生コンテンツ解像度:1440P
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 輝度:50%
  • 計測時間:15分
  • 電池の減り:約4%

Antutuベンチマークスコア計測による電池の減り、温度、スコアの違いを検証

Antutuのアプリはスマートフォンの性能をベンチマーク化してくれるだけでなく、測定を行った際の電池の減り、温度変化も表示してくれます。解像度、リフレッシュレートを変更する事で、電池の減り、温度、スコアに変化があるかを検証。電池の減りに変化は無く、スコアは『検証1』が7500程度高い結果に。温度上昇は『検証2』が2度高くなっています。

検証1
  • 解像度:FHD+(2400×1080ピクセル)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 輝度:50%
  • 温度上昇:+9度
  • 電池の減り:6%
  • ベンチマークスコア:715376

Mi 11 Antutu

検証2
  • 解像度:WQHD+(1440 x 3200ピクセル)
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 輝度:50%
  • 温度上昇:+11度
  • 電池の減り:6%
  • ベンチマークスコア:707738

Mi 11 Antutu

こちらはMi 10の計測結果。スコア差は大きいものの、『解像度フルHD+』『リフレッシュレート90Hz』という設定で、『解像度フルHD+』『リフレッシュレート60Hz』の『Mi 11』より温度上昇、電池の減り共に低い結果に。かなり安定している事が実証されました。逆に現状ではMi 11がSocの性能をまだフルに活用出来ていない事が明らかに。今後のアップデートに期待です。

比較(Mi 10)
  • 解像度:FHD+(1080 x 2340ピクセル)
  • リフレッシュレート:90Hz
  • 輝度:50%
  • 温度上昇:+8.7度
  • 電池の減り:4%
  • ベンチマークスコア:558048

Mi 10 Antutu

関連する動画

関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

NTTドコモがahamoを2700円に値下げ!しかしターゲットが明確かつ更に安い格安SIMからのユーザー奪還は厳しいかも

NTTドコモが3月26日から提供を開始する格安プランahamo。サービス開始を前に、利用料金を2,980円(税込:3278円)から2,700円(税込:2,970円)に引き下げました。ahamoは月の利 ...

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

auのpovoが3月23日に始動!選ぶメリット・デメリット。UQモバイル、BIGLOBEモバイルの方がお得で便利な場合も

auの格安プランpovoのサービス提供開始が3月23日に決定しました。私が感じるpovoを選ぶメリットは以下の3点。 povoを選ぶメリット 通信容量が20GB 20GB超過後はも最大通信速度1Mbp ...

格安SIMのIIJmioが4月から料金改定!音声SIMが780円~に値下がり!BIGLOBEモバイルとどっちがお得?

MVNO事業者として格安SIMの提供を行っているIIJは、2月24日に新料金プランの発表を行いました(4月1日スタート)。音声、SMS、データ、eSIMの4種類から用途に合わせてプランを選択する事が可 ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

続きを見る

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

続きを見る

1万円台のXiaomi Redmi 9Tと8万円台のiPhone 12 miniのカメラ画質を比較!ピクセルビニング炸裂

1万円台で購入出来るスマートフォンXiaomi Redmi 9T。格安モデルながら4つのピクセルを1つに統合し、1.6μmの画素サイズを実現する4-in-1 スーパーピクセルというピクセルビニング機能 ...

【解像度VS画素サイズ】1億800万画素とピクセルビニングはどっちが高画質?Xiaomi Mi Note 10で徹底検証

スマートフォンのカメラは、解像度が高い程美しく撮影出来ると思っていませんか?ある一定の条件であれば、解像度が高い=美しいというのも当てはまります。フルHDと4Kのテレビ、4K解像度のコンテンツを綺麗に ...

1億カメラ&120Hz有機ELスマホRedmi Note 10 Proが3万円で登場!33W充電対応デュアルスピーカー

記事に書かれている内容1 3万円で1億カメラにリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ!Xiaomi Redmi Note 10 Proは超実用的なスペックが詰まったスマホ!2 Xiaomi ...

Samsung HM2搭載!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxは1億カメラが使えて2万円台の激安!

記事に書かれている内容1 2万円台でHM2センサーが使える奇跡!Xiaomi Redmi Note 10 Pro Maxはカメラだけで買いなスマホ2 Xiaomi Redmi Note 10 Pro ...

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.