安眠イヤフォンAmazfit ZenBudsは本当に眠りの質を高めてくれるのか?Mi Watch Liteで検証してみた

Pocket

XiaomiMi Bandシリーズを製造し、自社でもスマートウォッチを展開しているHuami。日本でも『Amazfit』のブランド名はすっかり有名に。しかしTWSをリリースしている事はあまり知られていないのではないでしょうか。

安眠効果のあるBluetoothイヤフォンAmazfit ZenBuds

Amazfit ZenBuds

しかもただのTWSではありません。『仕事』『休憩』『安眠』時のリラックス効果を目的としたもの。よって、通常のTWSの様にAmazon MusicSpotifyを聴く事は出来ません。再生出来るのは厳選されたヒーリングMUSICのみ。『川』『海』『森』『雨音』など、ずっと聴いていても飽きない心地のよいものばかりです。

Amazfit ZenBudsには質の高いヒーリング音楽が用意されている

リラックスを目的として開発されているので、装着感は勿論抜群。これまでに使ったどのTWSよりもつけ心地が良いと感じました。シリコンプランは『SS』『S』『M』『LL』の4種類用意されています。

Amazfit ZenBudsには4種類のシリコンプラグが付属

寝ている最中に寝返りをうっても耳が痛くならず、そして外れません。しっかりと耳の内側にフィット。装着したままでも安心して眠る事が出来ます。

Amazfit ZenBudsは装着したまま眠っても違和感なし

しかし装着感が良いだけではただの高い耳栓。今回は『Amazfit ZenBuds』を装着したまま眠り、リラックス効果が本当にあるのかを検証しました。

Amazfit ZenBudsは耳栓効果も高い

眠りの追跡を行ったのは、先日日本でもリリースが決定した『Mi Watch Lite』のグローバルモデル。アプリは『Xiaomi Wear』を利用しました。

Mi Watch Liteを利用して睡眠追跡

まずは『Amazfit ZenBuds』を装着して眠った結果から。眠るまではヒーリング音楽がゆったりと流れ、眠りを検知すると自動的に音楽はOFFになるお利口仕様です。

Amazfit ZenBudsの安眠効果を検証

Xiaomi Wearに表示された睡眠の質は『95点』。平均と比較して『高い』との評価です。詳細をみていくと、深い眠りが『2時間34分』。浅い眠りは『4時間52分』となっています。

Amazfit ZenBudsを装着して眠った睡眠の質について

起きている時間は『0分』。トイレなどに起きてしまった時間はここにカウントされるという事でしょうか。

高得点が表している通り、目覚めはたしかにスッキリとしていました。しかし元々寝付きが悪い方では無いので、これだけでは『Amazfit ZenBuds』に安眠効果があったという証明にはなりません。

翌日は『Amazfit ZenBuds』を外して就寝。すると捏造されたかの様に点数が下がりまさかの『79点』に。特に何かを意識して眠ったつもりは全くありません。

しかし深い眠りは『1時間21分』と1時間以上減っており、浅い眠りが『6時間8分』に増えています。そして目覚めた記憶は一切無いのに、起きている時間が『6分』。

Amazfit ZenBudsを装着せずに眠った睡眠の質について

前日と比べて目覚めの『スッキリ感』も少ないような。点数を見たからでしょうか。体調が悪くは無いのですけどね。

今回は『装着』『未装着』時の効果を判定する短めの検証なので、今度は少し期間を長くして検証の精度を高めていきたいと思います。

同類のイヤフォンは『Amazfit ZenBuds』以外にBoseが『Bose Sleepbuds II』を発売中。両方買って効果を比較したいところですが、中々お高いですね・・・。

Amazfit ZenBuds 仕様
サイズ 約2.53 x 2.08 x 2.13 cm
重さ イヤフォン/約1.78g×2、充電ケース/約50g
バッテリー容量 イヤフォン10mAh、充電ケース280mAh
入力 イヤフォン5V/0.01A、充電ケース5V/0.2A
充電ケース出力 5V/0.02A
周波数応答 20Hz-8kHz
センサー 加速度
無線接続 Bluetooth 5.0 BLE
機能周囲温度 0℃〜45℃
セット内容 左右のイヤフォン、 充電ケース 4組のシリコンサイジングプラグ、 USB Type-C充電ケーブル、 取扱説明書(日本語有り)

関連するカテゴリー

Amazfit

格安SIMに関連する記事

【超節約術】値下げしたBIGLOBEモバイルと楽天モバイルを組み合わせれば1,480円で最安の放題環境が構築出来る!

2月19日、格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金プランを発表。従来と比較して音声通話SIMの月額利用料金が15%~20%値下げされました。そして音声通話SIMよりさらに大きく値下げされたのが、同 ...

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金発表!音声通話SIMが980円~!エンタメフリーオプションは280円に値下げ!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが音声通話SIMの月額利用料金を15%~20%大幅引き下げ!1GB980円~2 動画配信、音楽配信サービスの通信がノーカウントになるエンタメフリーオプシ ...

【節電】Bluetoothでテザリングする方法!Redmi 9TとiPhone、Androidスマホ、パソコンを接続

スマートフォンをルーター代わりにしてテザリングする方法はWi-Fi、USB、Bluetoothの3種類。殆どの人は普段Wi-Fiでテザリングを行っていると思います。私もそうです。 Wi-Fi接続は通信 ...

Xiaomi Redmi 9TでUQモバイル(au回線)と楽天モバイルのSIMが使えるか検証!設定方法から通信状況まで

1万円台で購入出来る超激安スマートフォンXiaomi Redmi 9T。開封レビュー、写真撮影など色々と行っていますが、国内で購入出来る1万円台のSIMスマートフォン(大手メーカーではほぼ無いと思いま ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

明日で終了!格安SIMの人気のスマホセール!シャオミ、OPPO、AQUOS sense、TCL、ZenFoneが1円~

格安SIMの『OCN モバイル ONE』が、スマートフォン本体が『1円~』になる『人気のスマホセール』をスタートしました。開催期間は2月17日(木)の午前11時まで。 『docomo』『Softban ...

続きを見る

初月無料の格安SIMが最大特典31980円相当のキャンペーン開始!iPhone SE 2nd、moto g proがお得

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが限定クーポン配布中!1.1 BIGLOBEモバイルでスマートフォンを購入すると最大2万円相当の還元が受けられる1.2 BIGLOBEモバイルは7ヶ月目 ...

続きを見る

【超進化】大型カメラセンサー搭載!Xiaomi Mi Note 10 LiteにGCamを入れたら弱点無しの神カメラに!

ZenFone 7シリーズと同じカメラセンサー、SONYのIMX 686を搭載するXiaomi Mi Note 10 Lite。一般的なミッドレンジモデルが採用しているカメラセンサーのサイズは、大きい ...

【超節約術】値下げしたBIGLOBEモバイルと楽天モバイルを組み合わせれば1,480円で最安の放題環境が構築出来る!

2月19日、格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金プランを発表。従来と比較して音声通話SIMの月額利用料金が15%~20%値下げされました。そして音声通話SIMよりさらに大きく値下げされたのが、同 ...

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

格安SIMのBIGLOBEモバイルが新料金発表!音声通話SIMが980円~!エンタメフリーオプションは280円に値下げ!

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルが音声通話SIMの月額利用料金を15%~20%大幅引き下げ!1GB980円~2 動画配信、音楽配信サービスの通信がノーカウントになるエンタメフリーオプシ ...

【快適スマホ】OPPO Reno3 AとOPPO A73は動きの激しい動画を素早く表示!操作性に優れる事も検証で明らかに

最近有機ELと液晶の違い、さらにそれぞれの端末が持つタッチサンプリングレートについて検証を行いました。有機ELは液晶と比較して応徳速度が格段に速く、動きの速い動画を表示した時に残像の少ない状態で視聴出 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.