格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

Pocket

格安SIMOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。

格安SIMのOCNモバイルONEが他社からの乗り換えで1万3千円OFFになるキャンペーンを開催中!

OCN モバイル ONEでは通常販売価格がすでに安めに設定されているので、そこからさらに13,000円割引というのはかなりお得。対象端末と割引適用後の価格は以下の通り。

対象端末通常販売価格キャンペーン価格
SHARP AQUOS sense319,100円円(税込:21,010円)19,800円(税込:21,780円)
SHARP AQUOS sense3 Plus34,400円(税込:37,840円)21,400円(税込:23,540円)
SHARP AQUOS sense424,800円(税込:27,280円)11,800円(税込:12,980円)
SHARP AQUOS sense4 Plus32,800円(税込:36,800円)19,800円(税込:21,780円)
SHARP AQUOS zero251,500円(税込:56,650円)38,500円(税込:42,350円)
OPPO A5 202014,900円(税込:16,390円)1,900円(税込:2,090円)
OPPO Reno A20,100円(税込:20,010円)7,100円(税込:7,810円)
OPPO A7319,100円(税込:20,010円)6,100円(税込:6,710円)
OPPO Reno3 A25,800円(税込:28,380円)12,800円(税込:14,080円)
Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GB14,900円(税込:16,390円)1,900円(税込:2,090円)
Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GB18,100円(税込:19,910円)5,100円(税込:5,610円)
Xiaomi Mi Note 10 Lite25,800円(税込:28,380円)12,800円(税込:14,080円)
moto g8 plus19,300円(税込:21,230円)6,300円(税込:6,930円)
moto g pro22,000円(税込:24,200円)9.,00円(税込:9,900円)
moto g9 play13,800円(税込:15,180円)800円(税込:880円)
ASUS ZenFone Max Pro(M2)13,900円(税込:15,290円)900円(税込:990円)
ASUS ZenFone 771,600円(税込:78,760円)58,600円(税込:64,460円)
ASUS ZenFone 7 Pro84,100円(税込:92,510円)71,100円(税込:78,210円)
SONY Xperia 10 II32,800円(税込:36,800円)19,800円(税込:21,780円)
TCL 10 Lite16,500円(税込:18,150円)3,500円(税込:3,850円)

docomo、Softbank、auといった通信キャリアが3月から格安プランをスタート(2,480円~)しますが、OCN モバイル ONEでは通話可能なプランが1,180円~ラインナップ。また、OCNでんわアプリを利用すれば通話料が半額の10円(税込:11円)/30秒に。在宅ワークなどでモバイルによる通信量が減っている人にとっては、スマートフォン本体も安く買えるOCN モバイル ONEの方が間違いなくお得。

格安SIM OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE2020年オリコン顧客度調査端末のラインナップ部門において2年連続第1位を獲得。つまり、格安SIMでスマートフォンの取り揃えが1番充実。キャンペーン期間中はその豊富なラインナップの中から多くの端末が割引の対象に。

格安SIM OCNモバイルONEは端末のラインナップがオリコン調査で第一位

通信速度がやや不安材料となる格安SIMですが、OCN モバイル ONEはMM総研が2020年10月に行ったMVNOネットワーク品質調査において、5社中ダントツとなる1位の速度を記録。これなら安心して契約出来ます。

格安SIM OCNモバイルONEの通信速度は第三者調査で第一位

さらにOCN モバイル ONEでは対象となる音楽配信サービスの通信をノーカウントにするオプションサービスMUSICカウントフリー無料で提供。通信を節約する為に低速設定にしていても、対象サービスの通信は自動的に高速通信に切り替え。この機能、とんでもなく便利です。端末にその都度曲をダウンロードする必要が無くなり、好きな時、好きな場所で音楽が聴き放題!数千万曲が配信されているストリーミングサービスを満喫しましょう。

OCNモバイルONEなら音楽通信カウントフリー

OCNモバイルONEなら音楽通信カウントフリーだからAmazon MusicやSpotifyが聴き放題

そしてOCN モバイル ONEは全国8万箇所以上に設置されたWi-Fiスポットまで使い放題。外出先でパソコンをテザリングしたり、オンラインゲームプレイや動画観賞にも大活躍。うまく使いこなせば通信量を大幅に節約出来ます。

OCNモバイルONEはWi-Fiスポット無料使い放題

記事に書かれている内容

OCNモバイルONE他社から乗り換え13,000円OFFキャンペーンお勧めスマートフォンベスト10!

おすすめスマートフォンランキング第1位!『3Dゲームも快適にこなす6.67インチ大画面スマホ!コスパで右に出るものなし』Xiaomi Redmi Note 9S【実機検証済み】

カメラ:◎ 電池持ち:☆ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水:○ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

Xiaomi Redmi Note 9S SALE

Xiaomi Note 9S Antutuベンチマーク

Xiaomi Note 9S Antutuベンチマーク測定結果

コストパフォーマンスを追求するならXiaomiの『Redmi Note 9S』。このスマートフォンが日本市場に登場した事によって、販売価格と性能のバランスが崩壊したと言っても過言ではありません。ここまで低価格で高性能なスマートフォンが、これまで日本スマートフォン市場には存在しなかったからです。

Snapdragon 720G』を搭載し、スマートフォンの性能を示すAntutuのベンチマークは28万程度。この数値はこれまで中級性能とされてきたミッドレンジの『20万弱』を遥かに上回るもの。圧倒的な処理能力で、『Redmi Note 9S』は3Dゲームもサクサク快適にこなします。

ディスプレイは6.67インチの大画面。ゲームを思う存分楽しめるのはこの大画面ありき。HDR10をサポートするので、ダイナミックレンジの広い臨場感溢れる描写にも対応します。ディスプレイ、背面共に強化ガラスゴリラガラス5を使用する高い耐久性。世界トップクラスとなるXiaomiのスマートフォンカメラ技術を使ったAI4眼カメラ5,000mAhの大容量電池を搭載しつつ、さらに省電力設計なので連続駆動時間は25時間オーバー。どれをとっても満足出来る超人気スマートフォン。

Xiaomi Redmi Note 9Sレビュー。見た目、処理能力、画面、カメラ画質、電池もち、充電速度、音、機能、回線

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 9Sの外観デザインについて1.1 持ち安さと高級感を兼ね備えた立体設計1.2 Redmi Note 9Sを象徴するバランスのとれたシンメト ...

続きを見る

おすすめスマートフォンランキング第2位!『おサイフケータイと最高レベルの防水防塵性能を持つ高性能スマホと言えばコレ!』SHARP AQUOS sense4【実機検証済み】

カメラ:◎ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水:◎ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

AQUOS sense4 SALE

AQUOS sense4 Antutuベンチマーク

AQUOS sense4 Antutuベンチマーク測定結果

自社開発の省エネ『IGZO』ディスプレイを搭載する『AQUOS sense』シリーズ。最高レベルの防塵(IP6X)防水(IPX5/8)規格取得に加え、19項目耐久テストをクリア。『MILスペック』に準拠している事も特長の一つです。つまり色々な意味で長く『エコ』に使えるスマートフォン。

最新モデルとなる『AQUOS sense 4』では『Snapdragon 720G』を搭載する事で処理能力を大幅に強化。さらにカメラは『トリプルレンズ』となり、『光学2倍ズーム』と『超広角撮影』をサポート。AI機能は『夜景撮影』にも対応しました。勿論これまで通り『おサイフケータイ』も使えます。超人気シリーズがいよいよ完全体に。売れない筈がありません。

SHARP AQUOS sense4レビュー。デザイン、処理能力、画面、カメラ画質、電池もち、充電速度、音質、便利機能

続きを見る

おすすめスマートフォンランキング第3位!『予算が許すならやはり最高スペック。圧倒的な処理能力と高速有機ELディスプレイを搭載する超カメラスマホ』ASUS ZenFone 7 / ZenFone 7 Pro【実機検証済み】

カメラ:☆ 電池持ち:◎ ディスプレイ:☆ ゲーム:☆ 防水:△ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 5G:◎ 指紋認証:◎

ZenFone 7 SALE

ASUS ZenFone 7 Antutuベンチマーク

ASUS ZenFone 7 Antutuベンチマーク測定結果

ASUSの最新フラッグシップモデル『ZenFone 7』『ZenFone 7 Pro』。Socには最高クラスの『Snapdragon 865ZenFone 7 ProSnapdragon 865 Plus)』を搭載。Antutuのベンチマークは『60万』うを超える圧倒的なスコアを記録。iPhone 12シリーズに搭載されている『A14 Bionic』を凌ぐ処理能力。『3Dゲーム』から『動画編集』まで、スマートフォンにおける全ての動作を軽々こなします。

さらにディスプレイは『液晶』から『有機EL』へと進化。『60Hz』だったリフレッシュレートも『90Hz』に刷新しています。そしてトレードマークとなるフリップカメラは『2眼』から『3眼』になり、『光学3ズームカメラ』を搭載。画質も大幅に向上し、別次元への進化を果たしました(ZenFone 7 Pro光学式手ブレ補正対応)。『5G』通信も可能。スマートフォンの『最先端』を教えてくれる至極のフラッグシップモデル。

ZenFone 7は価格以上に満足出来る至高のフラッグシップスマホ!画面、カメラ、処理能力に大満足!1台3役の超コスパ!

スマートフォンは性能によって『エントリー』『ミッドレンジ』『ハイミッドレンジ』『フラッグシップ』に分けられます。最も性能の高いのがフラッグシップです。フラッグシップは基本的に『処理能力』『カメラ』『デ ...

続きを見る

iPhone 12 mini、ZenFone 7のカメラ性能を実写比較!メイン、超広角、ズーム、ポートレート

iPhoneの最新モデル『iPhone 12 mini』とASUSのフラッグシップモデル『ZenFone 7』。どちらも前モデルからカメラ機能が強化され、撮れるシーンや画質がワンランク上にアップしてい ...

続きを見る

おすすめスマートフォンランキング第4位!『見た目買いしてしまいそうな美しさ。6400万画素カメラ&ゲーム特化Soc&立体有機ELディスプレイ採用の超贅沢仕様』Xiaomi Mi Note 10 Lite【実機検証済み】

カメラ:☆ 電池持ち:☆ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水:○ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

Xiaomi Mi Note 10 Lite SALE

Xiaomi Mi Note 10 Lite Antutuベンチマーク

Xiaomi Mi Note 10 Lite Antutuベンチマーク測定結果

Xiaomiの最新モデルとなる『Mi Note 10 Lite』は、Socに『Snapdragon 730G』を搭載。これはGoogleの最新モデル『Pixel 4a』と同じもの。性能的にはミッドレンジのワンランク上となる『ハイミッドレンジ』です。

高性能なSocを搭載し、処理能力の高さが魅力の『Mi Note 10 Lite』ですが、メインはやはり『カメラ』です。フラッグシップカメラを有する『Mi Note 10』から受け継がれた高画質は、同価格帯のスマートフォンとは比較にならないクオリティ。『Mi Note 10 Lite』を手にしたら、スマートフォンで写真を撮る事が楽しくてたまらなくなるはず。

他にも『立体有機ELディスプレイ』『5,260mAhの超大容量電池』、『30Wの超急速充電』『特許技術を利用したP2i撥水ナノコーティング』など、Soc以外はフラッグシップモデル、もしくはそれ以上の『Mi Note 10 Lite』。あらゆる面で高性能を求める人にオススメしたい、ハイグレードモデルです。

おすすめスマートフォンランキング第5位!『4800万画素の超高解像度撮影に対応しつつFeliCaチップ搭載でおサイフケータイも使える。防水性能も最高水準!殆どの人はこれで満足』OPPO Reno3 A【実機検証済み】

カメラ:◎ 電池持ち:○ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水防塵:◎ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

OPPO Reno3 A SALE

OPPO Reno3 A Antutuベンチマーク

OPPO Reno3 A Antutuベンチマーク測定結果

日本スマートフォンユーザーの利用動向を調査し、それに合わせて殆どの人が『満足する』であろうスペックで日本向けに発売されたモデル、それが『OPPO Reno3 A』です。

通勤通学、買い物ではいつも通り『おサイフケータイ』が使えて、『防水性能』が高いのでお風呂でのんびり動画を観る事も。4,800万画素の高解像度撮影に対応するAI高画質4眼カメラで撮影した写真はSNS受け抜群。

有機ELディスプレイInstagramの写真やオンライン動画を色鮮やかに映し出し、4,025mAhの大容量電池を搭載する事で外出先で電池切れの心配をする必要もなし。最新OSに対応しているので、表示を一括でダークモードに切り替える事も可能です。

おすすめスマートフォンランキング第6位!『美しいテレビメーカーの作ったディスプレイに6GB/128の大容量仕様。色々アプリを入れてヘビーに使いたいならコレ!』TCL 10 Lite【実機検証済み】

カメラ:◎ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ 処理能力:◎ 防水防塵耐衝撃:△ おサイフケータイ:× ハイレゾ:○ 指紋認証:◎

TCL 10 Lite SALE

TCL 10 Lite Antutuベンチマーク

TCL 10 Lite Antutuベンチマーク測定結果

世界第2位のテレビメーカー『TCL』が手掛ける『TCL 10 Lite』。どんなスマートフォンを作っているのかとても気になったので、スペック的にも充実している『TCL 10 Lite』を実際に購入。その結果はいい意味で予想を裏切るものでした。

ディスプレイ品質』が高いのは勿論の事、『カメラ画質』『処理能力』『UIデザイン』など、要所要所がかなりしっかりと作り込まれている印象。『安いだけの粗悪なスマートフォン』が多数存在する中、『TCL 10 Lite』からは『粗悪な要素』が一切感じられませんでした。ミッドレンジながらメモリ『6GB』、ストレージ『128GB』の大容量モデルである点にも注目!

おすすめスマートフォンランキング第7位!『元祖サクサクスマホ!ゲームが快適に遊べておサイフケータイも使える!防水仕様の有機ELディスプレイ搭載モデル』OPPO Reno A【実機検証済み】

カメラ:◎ 電池持ち:○ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水防塵:◎ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

OPPO Reno A Antutuベンチマーク

OPPO Reno A Antutuベンチマーク測定結果

OPPO Reno A』が搭載している『Snapdragon 710』は、最新モデルとなる『OPPO Reno3 A』が採用する『Snapdragon 665』を処理能力で上回ります。『おサイフケータイ』『防水防塵』という二大人気機能を備え、最強コスパ端末としてOPPOブランドを日本に知らしめた立役者。それがハイミッドレンジ『OPPO Reno A』です。

ゲームが快適』に遊べて、『おサイフケータイ』が使えて、『お風呂』でも使える万能スマートフォン。メモリが『6GB』と大容量なので沢山のアプリを同時に使っても動作がもたつきません。『いろいろと余裕のスマホ』というキャッチコピーがぴったりの『OPPO Reno A』。買って満足しない人はほぼいない筈。

おすすめスマートフォンランキング第8位!『人とは違うお洒落なスマートフォンを探してるなら間違いなくコレ!レザーテクスチャがファッションとの相性抜群』OPPO A73【実機検証済み】

カメラ:○ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ ゲーム:○ 防水:○ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ eSIM:◎ 指紋認証:◎【実機検証済み】

OPPO A73 SALE

OPPO A73 Antutuベンチマーク

OPPO A73 Antutuベンチマーク測定結果

ぱっと見はOPPOの最上位モデル『Find X2 Pro』の『ヴィーガンレザー』、フラットエッジデザインは『iPhone 12』シリーズを彷彿とさせる『OPPO A73』。見た目でスマートフォンを選ぶならダントツの存在と言えるでしょう。

そしてこの『OPPO A73』は『見た目だけのスマートフォン』ではありません。ディスプレイには上位モデルと同じ『有機EL』を採用。マスク着用時でもスピーディーにロックを解除出来る『ディスプレイ内指紋認証』にも対応します。

また、『4,000mAh』と大きめな電池を搭載する事で長時間駆動を実現。充電は最大『18W』の超急速充電もサポート。大容量電池のデメリットとなる『充電時間』を大幅に短縮します。電池容量を増やしつつ重量は『約162g』まで軽量化。スレンダーなボディがレザー調のハイデザインを引き立たせます。

そしてOPPOが日本市場でリリースしたスマートフォンとしてはじめて『eSIM』を搭載。今後さらに物理SIMと組み合わせて柔軟な通信の切り替えが可能に。

【快適スマホ】OPPO Reno3 AとOPPO A73は動きの激しい動画を素早く表示!操作性に優れる事も検証で明らかに

最近有機ELと液晶の違い、さらにそれぞれの端末が持つタッチサンプリングレートについて検証を行いました。有機ELは液晶と比較して応徳速度が格段に速く、動きの速い動画を表示した時に残像の少ない状態で視聴出 ...

続きを見る

おすすめスマートフォンランキング第9位!『仕事もプライベートも1台ですませたいならスタイラスペン搭載モデル。2年間のアップデート保証がついてセキュリティも万全』moto g pro

カメラ:◎ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ 処理能力:○ 防水:○ おサイフケータイ:× 指紋認証:◎

moto g pro SALE

moto g pro』は数少ない専用スタイラスペン付属モデル。スタイラスペンは文字打ちが正確になったり、仕事用のちょっとした資料作成時にとても便利。スタイラスペン本体に収納出来るので見た目もスタイリッシュ。さらに『メーカー修理』と『セキュリティアップデート』が2年間保証され、OSも『Android 12』まではしっかりと更新されるので、安心して大切な情報を預けられます。

カメラは『4,800万画素』の超高解像度撮影に対応。動画撮影時は電子手ブレ補正が作動とカメラが趣味の人でも満足のいく仕上がりに。仕事で疲れた時は写真や動画撮影に出かけて思う存分リフレッシュしましょう。『仕事』にも『プライベート』にも大活躍してくれる2WAYスマートフォン。毎日手放せなくなる事間違いなし!

おすすめスマートフォンランキング第10位!『動画や音楽観賞など、エンタメ重視で使うのにベストな長時間駆動モデル』OPPO A5 2020【実機検証済み】

カメラ:○ 電池持ち:◎ ディスプレイ:○ ゲーム:○ 防塵:○ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020 Antutuベンチマーク

OPPO A5 2020 Antutuベンチマーク測定結果

スマートフォンの主な利用用途が『動画鑑賞』と『SNS』だとしたら、強くオススメしたいのが『OPPO A5 2020』。オンライン動画鑑賞に最適な『超ワイドHDディスプレイ』と『デュアルステレオスピーカーシステム』。さらに長時間駆動を実現する『5,000mAh』の大容量電池を備えます。オンライン動画を存分に楽しめる最高の環境が『OPPO A5 2020』には盛りだくさん。

さらにOPPOの技術が凝縮されたカメラ画質も中々のもの。ポートレートモードで撮影した際の美しい背景ボケは上位モデルさながら。SNSに投稿したら大好評となるでしょう。Socには最新モデル『OPPO Reno3 A』と同じ『Snapdragon 665』を搭載。快適な動作は間違いなくお値段以上。

そして極めて満足度の高いミッドレンジモデルは『音質』にも優れます。フラッグシップモデルを含めた様々なスマートフォンと聴き比べを行いましたが、まったく引けをとらないレベル。コストパフォーマンスの高さは計り知れません。

関連する動画

関連するカテゴリー

格安SIMXiaomiOPPOMotorolaASUSSHARP

格安SIMに関連する記事

OCNモバイルONE人気のスマホセール
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Pro、moto g100、ROG Phone 5がセール!30日迄

格安SIMのOCNモバイルONEが前回のセールから間髪入れずに新たなセールをスタート!期間は6月15日午前11時から6月30日午前11時まで。今回はセールの対象端末が以下の通りガラッと変わっています。 ...

LDACに対応するヘッドフォン
月額980円に値下げしたAmazon Music HDを聴くのに最適なSIMとBluetoothイヤフォン・ヘッドホン

記事に書かれている内容1 Apple Musicが利用料金据え置きでロスレス音源の配信に対応2 遂にAmazon Music HDも980円(プライム会員は780円)に!3 Apple Musicは無 ...

LINEモバイル
LINEMOではなくLINEモバイルがSoftbank回線ユーザー対象に基本料金0円&容量2倍のキャンペーン開始!

2021年3月31日に新規の申し込みを終了したLINEモバイル。しかしサービス提供自体は未だ続いており、ユーザーも存在します。今はすっかり入れ替わった感のあるLINEMOではなくLINEモバイルが、既 ...

楽天モバイルを0円運用するならRakuten Handがベストな理由。物理SIMをeSIMに変えて設定するまでのやり方

記事に書かれている内容1 楽天モバイル契約から一年が経過し無料キャンペーン期間が終了2 通信料を1GB以内に抑えれば国内通話かけ放題で通信利用料金0円3 楽天モバイルはWi-Fi接続時に通話が非通知に ...

motog100がOCNモバイルONEで買える!
moto g100がOCNモバイルONEで乗り換え特価2万円台!?Snapdragon 870搭載機がミッドレンジ価格

記事に書かれている内容1 OCNモバイルONEがSnapdragon 870を搭載するmoto g100の取り扱いを開始!2 Galaxy Note 20 UltraやROG Phone 3と同等性能 ...

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
Leitz Phone 1
Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受 ...

3年待ち!Xiaomi Mi Pad 5らしきタブがヨーロッパの認証機関を通過。ついにグローバルモデルの登場か!

これまで何度となくリリースの噂が出ていたXiaomiの最新タブレットMi Pad 5。しかし未だに実機が姿を見せた事はありません。前モデルとなるMi Pad 4が登場したのは2018年6月。すでに3年 ...

キャンプスマホ
キャンプに持っていきたい高耐久スマホ!Motorola Defy 2021らしき画像とスペックがリーク!

信用度の高い情報提供者Evan Blassが、Motorolaの最新高耐久型スマートフォンMotorola Defy 2021(仮名)に関する画像及びスペックをリークしました。 Motorola De ...

OnePlusがOPPOとのさらなる統合を発表。リソースの共有により品質の向上、安定化、より速いアップデートを目指す!

2021年1月、OnePlusは研究開発(R&D)部門をOPPOと統合する事を発表。元々OnePlusはOPPOから派生した企業になるので不自然な流れではありません。 そして6月16日、One ...

ファントムホワイト
Galaxy Buds Proに白バージョンが出るかも?海外公式サイトにファントムホワイトの画像が追加!

Samsungより Samsungは2021年のはじめにGalaxy Buds Proをリリースしました。カラー展開はファントムブラック、ファントムシルバー、ファントムバイオレットの3色。 Samsu ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, OPPO, SHARP, SIMフリー, SONY, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信