スマホのカメラは高解像度設定で撮らない方が高画質?画素サイズを優先すればデータ容量が下がって画質はアップする理由。

Pocket

スマートフォンのカメラの高解像度化が年々進んでいます。日本でも発売されているXiaomi Mi Note 10Mi Note 10 Pro、Galaxy S20 Ultra、S21Ultraは1億800万画素に対応。その未知の高解像度に魅力を感じ、購入に至った人は少なくは無いでしょう。しかしカメラ画質を左右するのは解像度ではありません。最も重要なのはイメージセンサーと画素サイズ。

スマートフォンカメラで重要なのはイメージセンサーのサイズ

イメージセンサーは光を電子信号に変える半導体です。イメージセンサーのサイズが大きくなればなるほど光の取得量が増え、多くの情報を同時に取り込む事が可能に。画素サイズも同じで、1つの画素サイズが大きいほど階調や色の表現が豊かになります。

スマートフォンカメラは画素サイズが大きいことが重要

しかし高解像度化が進むと画素の数が増えるので、その分イメージセンサーに合わせてサイズは縮小。高解像度と高画質の両方を実現するには、物理的にそれに見合った巨大なイメージセンサーが必要になるのです。

高解像度化に合わせてセンサーサイズも勿論拡大していますが、現段階ではHuaweiのP50シリーズに搭載される予定の1インチ(SONY IMX 800)がスマートフォン用センサーの最大サイズ。一眼レフに搭載されているAPS-Cやフルサイズと比較すると大きな開きあり。つまり極端な高解像度撮影には向かないという事です。

スマートフォンカメラのイメージセンサーは一眼レフと比較して小さい

4800万画素~1億800万画素の高解像度撮影に対応するスマートフォンカメラが採用している画素サイズは通常0.7~0.8µmとかなり小さめ。最高解像度で撮影すればイメージセンサーの性能をフルに活用する事が出来ますが、例えば1/2の解像度で撮影した場合は半分の力しか使えません。それはかなり持ったいない状況ですよね。

スマートフォンカメラは高解像度にしすぎると画質が劣化する

解像度を下げつつイメージセンサーをフル活用してくれるのがピクセルビニングという統合機能。ピクセルビニングは複数の画素を1つのグループとして認識し、光の取得量と画素サイズを上げる事が可能です。4,800万画素以上の解像度に対応するスマートフォンカメラに備えられており、この機能により高解像度or高画質の2WAY撮影を実現しています。

ピクセルビニング機能は複数のピクセルを1つに統合して認識。光の取得量を引き上げてくれる

通常標準モード(メインカメラ)で撮影すればこのピクセルビニングが発動。1億800万画素に対応するMi Note 10を使ってピクセルビニングの効果を検証したところ、標準モードでは光の取得量が上がった事ではISOが半分程度に低下。シャッタースピードも劇的に短くなりました。

【解像度VS画素サイズ】1億800万画素とピクセルビニングはどっちが高画質?Xiaomi Mi Note 10で徹底検証

スマートフォンのカメラは、解像度が高い程美しく撮影出来ると思っていませんか?ある一定の条件であれば、解像度が高い=美しいというのも当てはまります。フルHDと4Kのテレビ、4K解像度のコンテンツを綺麗に ...

続きを見る

通常ISOが低いほど画質は上がり、シャッタースピードが速いほど手ブレはしづらくなります。つまり画質が上がるということ。明るい場所ではあまり画質差を感じられませんが、夕暮れや夜間など、低照度な環境では明確な違いが表れます。もし光の少ない場所で高解像度撮影したいのであれば、ISOの数値を手動で下げ、シャッタースピードを遅くして三脚で撮影する事をお勧めします。

最初から1,200万画素と解像度は控えめで、大きめな画素サイズを採用するiPhoneやXperia。カメラ画質は確かに優れていますが、その分価格も高いのが難点。

ピクセルビニング対応モデルであれば、安いものなら1万円台(Redmi 9T)から購入可能。高解像度ではなく、実は高画質が魅力なピクセルビニングスマホ。今のスマホカメラの画質に満足してない人は是非お試しください!

ピクセルビニング機能を搭載するお勧めスマートフォン

Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sのカメラ画質を比較!色、シャッタースピード、距離の認識に違い!

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sのカメラスペックはほぼ同等。しかしISPが異なる2 Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sの主な ...

続きを見る

Xiaomi Redmi 9T×GCamで撮る春の景色。1万円台のスマホだから面白い!限界を超えたワンランク上の画質!

日本市場において1万円台で購入出来るスマートフォンの価値を変えたXiaomiのRedmi 9T。撮影アプリにGCamをインストールすると、オートフォーカス性能、夜景撮影時の画質が大幅に向上。デフォルト ...

続きを見る

【超進化】大型カメラセンサー搭載!Xiaomi Mi Note 10 LiteにGCamを入れたら弱点無しの神カメラに!

ZenFone 7シリーズと同じカメラセンサー、SONYのIMX 686を搭載するXiaomi Mi Note 10 Lite。一般的なミッドレンジモデルが採用しているカメラセンサーのサイズは、大きい ...

続きを見る

【解像度VS画素サイズ】1億800万画素とピクセルビニングはどっちが高画質?Xiaomi Mi Note 10で徹底検証

スマートフォンのカメラは、解像度が高い程美しく撮影出来ると思っていませんか?ある一定の条件であれば、解像度が高い=美しいというのも当てはまります。フルHDと4Kのテレビ、4K解像度のコンテンツを綺麗に ...

続きを見る

ZenFone 7は価格以上に満足出来る至高のフラッグシップスマホ!画面、カメラ、処理能力に大満足!1台3役の超コスパ!

スマートフォンは性能によって『エントリー』『ミッドレンジ』『ハイミッドレンジ』『フラッグシップ』に分けられます。最も性能の高いのがフラッグシップです。フラッグシップは基本的に『処理能力』『カメラ』『デ ...

続きを見る

関連カテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

【超品薄】OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30をゲットするには?狙い目な時間はココ

OCNモバイルONEで開催されているRedmi Note 10 Proとmoto g30の発売記念特価SALEがとんでもない事になっています!当初予想していた通り、セール初日でどちらも品切れ状態に。ア ...

moto g30で楽天モバイルのSIMは使えない?使えるようにする超簡単な方法をわかりやすく解説!1GBまでなら0円運用

先日、Motorolaのmoto g30で楽天モバイルのSIMが使えるか試したところ、デフォルトの状態だと4Gアイコンが半透明になり通信不能。 勿論APN設定は完了しています。VoLTEも点灯している ...

OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活!これがラストチャンスの可能性!

5月11日(火)午前11時から発売記念特価SALEをスタートし、その数時間後には品切れになってしまったRedmi Note 10 Proとmoto g30。前回のセールと同様の動きでした。当日中に在庫 ...

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

5月のAmazonタイムセール祭りでお勧めな家電5選
5月23日~Amazonがタイムセール祭り開始!Anker、ブラウン、象印、シロカの家電、Kindleがプライスダウン

5月23日(日)午前9時からから5月25日(火)午後11時59分まで、Amazonが恒例のタイムセール祭りを開催します。タイムセールの対象商品にはAnker、ブラウン、象印、シロカ、そしてAmazon ...

moto g100は日本モデルとしてSnapdragon 870を初搭載!ゲームを超快適に遊べるスマートフォン!

Motorolaが新たに日本市場に投入した最新スマートフォンmoto g100。日本では初登場となるSnapdragon 870搭載モデルです。Snapdragon 870はSnapdragon 86 ...

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

Xiaomiの最新TWS FlipBuds Pro
シャオミがANCに対応するTWSの最上位モデルFlipBuds Proをリリース!40dbの強烈なノイズキャンセル効果!

イヤフォンジャック非搭載の端末が増え、年々需要が高まるBluetoothイヤフォン。今回XiaomiがリリースしたのはANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWSの最新モデル『FlipBuds ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.