ハイパーガジェットチャンネル

今さらHuawei P40を買ってみた!GMS非対応スマホがどの程度使いづらいのかまずは検証。クセは有るけど悪くない!

Pocket

今更ながら、Huawei P40を購入しました。GMS(Googleモバイルサービス)非対応となってからは初めてのHuwai機。カメラを目的に買ったのですが、GMSが使えないスマーフォン環境というのもやはり気になります。実際にどの程度不便を感じるのか、P40を実際に使って検証してみました。

Googleモバイルサービスが使えないHuawei P40の使い勝手はいかに

Huawei P40ではGoogle Playが使えない。しかしAppGalleryの品揃えが思いの外豊富

GMS非対応なので、当然Google Playは使えません。代わりにAppGalleryが用意されています。私がGMS以外で常用している『OneDrive』『Twitter』『Instagram』『乗換案内』『Send Anywhere』『LINE』『PayPay』『楽天市場』『Aliexpress』といったアプリは全て使う事が出来ました。

HuaweiのスマートフォンはGoogle Playの代わりにAppGalleryがインストールされている

Huawei P40ではAsphalt 9、フォートナイトなど人気ゲームが遊べる!60FPS設定も可能

ゲームも『Asphalt 9』『フォートナイト』といった有名どころが遊べます(PUBGは起動出来ませんでした)。Asphalt 9に関しては60FPS設定可能。Fireタブレットに用意されているAmazonアプリストアと比較するとラインナップはAppGalleryの方が明らかに多いです。

Huawei P40ではAsphalt 9が60FPS設定で遊べる

Huawei P40ではフォートナイトがプレイ可能

Huawei P40はブラウザ経由でGoogleのサービスが使える。レスポンシブデザインに対応してるので使い勝手は良好

Googleのサービスに関してはホーム画面にショートカットを配置出来るのでそこからワンタップ。検索画面の右上から各サービスへは簡単に移動出来ます。

Huawei P40はホーム画面にGoogleへのショートカットを配置可能

Huawei P40はブラウザ経由でGoogleのサービスが使える

Googleのサービスはレスポンシブデザインに対応しているのでブラウザ経由でも使いやすい

YouTube』や『Keep』といった主要サービスはスマートフォン用のレスポンシブデザインに対応しているので使いづらさは感じませんでした。GメールはOutlook.jpで一元管理してしまえば良いかと。

YouTubeはレスポンシブデザインに対応しているのでブラウザ経由でも使いやすい

Google Keepはレスポンシブデザインに対応しているのでHuaweiのスマホでも使いやすい

Huawei P40に最適な無料ナビアプリはまさかのGoogle Maps

ブラウザ経由では使えないGoogleのサービス。それがGoogle Mapsのナビ機能です。ナビ機能を使用するにはブラウザではなくアプリを起動する必要があります。無料で使えるナビアプリを探していたら、トヨタの『TCスマホナビ』にたどり着きました。3D表示も可能でGoogle Mapsの代用としては十分。しかしタイミング悪く3月31日でサービス終了のお知らせが。リニューアル版となるmoviLinkP40に対応するかは定かではありません。

TCスマホナビは3月31日でサービスの提供終了

ナビタイムのプレミアム会員になればナビ機能は使えます。しかし月額の利用料金が発生。頻繁に使うものでは無いので、出来れば出費は抑えたいところ。ダメ元でGoogle MapsのAPKファイルをダウンロードしてP40に直接インストールしてみたところ、驚いた事に使えました!音声案内にもしっかり対応しています。P40でナビは無理かと諦めかけていたので、これはまさかの嬉しい展開でした。

Huawei P40ではGoogle Mapsが使える

Huawei P40で文字入力するならSimejiが最適

スマートフォンの文字入力にGoogle日本語入力を使っている人は大勢いるでしょう。APKファイルを直接インストールすればGoogle Mapsと同様に使えます。しかしP40に入れてみてGoogle日本語入力より使いやすいと感じたのが『Simeji』です。シンプルなUIでGoogle日本語入力よりも打ちやすい印象。

Huawei P40にお勧めな文字入力はSimeji

Huawei P40のAntutu、GeekBench、3DMarkベンチマークスコア

P40はSocにKirin 990 5Gを搭載するフラッグシップモデルです。Antutuのベンチマークスコアは45万程度。最新モデルとなるMate 40 Proは60万を超えているのでそれよりは性能的に劣りますが、操作していて動作が遅いと感じる事はありません。むしろデータのダウンロードからアプリの読み込みまで、全ての面において速いです。

Huawei P40のAntutuベンチマークスコアは446855

CPUの性能を計測するGeekbench5のスコアはシングルコアが750、マルチコアが2960。HuaweiのMate 30 ProやOnePlus 7T Proと同等のスコア。

Huawei P40のGeekbenchスコア

GPU性能を示す3DMark Sling Shot Extremeの計測結果は5,661。性能としてはSnapdragon 855相当。CPUと比較するとやや弱めです。最新モデルとなるKirin 9000でGPU性能が大幅に高められたので、写真を撮ってゲームもしたいという人はMate 40 Proの方がお勧め。お値段2倍以上ですが。

Huawei P40の3DMarkスコア

GMS非対応のHuawei P40を使ってみた感想

P40はカメラを目的として購入しているので、他の使い勝手が悪くても仕方ないかなと思っていました。しかし良い意味で予想外。普段使っているアプリに加え、Google Mapsが使えた事は大きいですね。他のGoogleサービスもブラウザ経由での使い勝手が優秀なので不便は感じません。サブ機としてRakuten HandなどのFeliCa搭載小型端末を導入すれば、さらに利便性は上がるでしょう!

Huawei P40の仕様

Huawei P40
SocKirin 990 5G
容量8GB/128GB(LPDDR4X + UFS 3.0)
電池3,800mAh
充電最大22.5W
重量約175g
画面6.1インチ(フルHD+、有機EL)
素材ガラス、アルミ
カメラ【メインカメラ】

解像度:5000万画素

F値:1.9

焦点距離:23mm

センサーサイズ:1/1.28

画素サイズ:1.22µm

オートフォーカス:PDAF

手ブレ補正:光学式

 

【望遠カメラ】

解像度:800万画素

F値:2.4

焦点距離:80mm

オートフォーカス:PDAF

手ブレ補正:光学式

望遠:光学3倍

 

【超広角カメラ】

解像度:1600万画素

F値:2.2

焦点距離:17mm

センサー赤外線顔認証、ディスプレイ内光学式指紋認証、
加速度計、ジャイロ、近接、コンパス、カラースペクトル
ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
対応バンド2G:GSM 850/900/1800 / 1900-SIM1およびSIM2

3G:HSDPA 800/850/900/1700(AWS)/ 1900/2100

4G:1、2、3、4、5、6、7、8、9、12、17、18、19、20、26、28、32、34、38、39、40、41

5G:1、3、28、38、41、77、78、79 SA / NSA

Huawei P40を購入可能な店舗

Aliexpress

Huawei P40にお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Huawei P40にお勧めな格安SIM

docomoの4G/5G周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONE

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの4G/5G周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G/5G周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Huawei

格安SIMに関連する記事

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13シリーズ
新しいiPhoneを安く長持ちさせたい人にはahamo、LINEMO、povoがお勧めな理由。ハイエンドならMNO。

Appleより スマートフォンで最も大きく電力を消費しているのが『ディスプレイ』。動画を観ている時、ディスプレイをOFFにして音楽を聴いている時では電池の減りがまるで違いますよね。つまりディスプレイを ...

povo2.0
povo2.0で#ギガ活すればLINEMOやahamoの最高のパートナーに!とっても楽しい基本料金0円サービス誕生!

KDDIより 9月13日、KDDIは同社のオンライン専用格安プラン『povo』のバージョンを『2.0』にアップデート。サービス内容と利用料金の刷新を発表しました。刷新したサービスの提供は9月下旬から。 ...

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

IIJmioならいつでも11円/30秒!専用アプリを使う必要なしに。通話用サブ回線が858円(2GB)~ならアリでしょ

株式会社インターネットイニシアティブは、同社が提供する『IIJmioモバイルサービス ギガプラン、モバイルサービス、モバイルプラスサービス』の国内音声通話料金を22円/30秒から11円/30秒に、同一 ...

follow us in feedly
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

iPad mini 6 ゲーム
iPad mini 6はゲーム神機の予感。このGPUスコアで5万円台は安すぎ。Appleストアでは既に4~6週間待ち!

Appleより スマートフォンの性能を知る上で有効なベンチマーク測定ツール。中でも最も名が知れているのが『Antutu』です。そのAntutuがAppleの最新デバイスとなる『iPhone 13』『i ...

人気お勧めスマホ
スマホ売れ筋ランキング上位には『シャオミ』あり。グローバルの人気が日本市場にもいよいよ浸透。安くて高性能が良ければコレ

ついにAppleがiPhone 13シリーズをリリースしました。私はiPhoneにTouch IDが復活するまでは、今回リリースされた中で唯一Touch IDに対応するiPad mini 6と、価格が ...

ArcHybrid Mag
SpigenがiPhone12、13シリーズで使えるMagSafe対応5,000mAhバッテリーパックを海外リリース!

Spigenより 大手スマートフォンアクセサリーメーカーSpigenが、iPhone 13 Mini、iPhone 13 、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone ...

iphone13pro
速くなったiPhone 13 Proシリーズを長く快適に使いたい人は格安SIMで1円のAndroidスマホを買おう!

Appleより 先日AppleはiPhone 13シリーズのリリースを行いました。予約も開始され、SNSはiPhoneの話題でもちきり。Androidと比較して、ユーザーの利用期間が長いイメージのiP ...

iPhone 13への機種変ではなくiPad mini 6を買う人が勝ち組になれる理由。Touch IDの軽視は危険

Appleより 先日最新iPhoneの予約がスタートしました。Apple公式ストアでは早くも発送日の後ずれが発生し始めています。品薄になればなるほど欲しくなるのが人間の心理。最近では他社も真似している ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, HUAWEI, Huawei P40, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信