ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 10 Proが3月31日に日本上陸!遂にRedmi Note 9S超えのスマホが登場

Pocket

Xiaomi Redmi Note 10 Proが3月31日日本市場に登場!

Redmi Note 10 Proが3月31日に日本上陸!

Xiaomiが3月8日にグローバルリリースしたRedmi Note 10 Pro。同モデルの日本市場投入がXiaomi Japanからアナウンスされました。リリース予定は3月31日の午後12時。

Redmi Note 10 Proで最も注目されているカメラは、Mi Note 10Mi Note 10 Proと同じ1億800万画素に対応。カメラセンサーには上位モデルとなるRedmi K40 Pro+と同じSamsung HM2を搭載しています。

Redmi Note 10 Proは1億800万画素の高解像度撮影に対応

Xiaomi Redmi Note 10 Proのカメラに使われているイメージセンサーはSamsung HM2

スマートフォンのカメラはイメージセンサーと画素のサイズによって画質が大きく左右されます。Samsung HM2のサイズは1/1.52インチ。先日カメラ性能の高さを全面に出して発売されたフラッグシップモデル、Find X3 Proが採用しているSONY IMX 7661/1.56インチ。Samsung HM2はSONY IMX 766をサイズで上回るので、光の取得量はSamsung HM2の方が上という事に。

Samsung HM2は1/1.52インチ。Find X3 Proが搭載しているSONY IMX 766より大きなサイズ

また、Samsung HM2は9つのピクセルを1つに統合し、2.1μmの画素サイズとして認識する機能(1,200万画素で撮影時)を搭載。ピクセル統合技術の効果は凄まじいので、最新のiPhoneやXperia、その他フラッグシップモデルと比較しても引けをとらない高画質が期待出来ます。

スマホのカメラは高解像度設定で撮らない方が高画質?画素サイズを優先すればデータ容量が下がって画質はアップする理由。

スマートフォンのカメラの高解像度化が年々進んでいます。日本でも発売されているXiaomi Mi Note 10、Mi Note 10 Pro、Galaxy S20 Ultra、S21Ultraは1億8 ...

続きを見る

Redmi Note 10 ProはRedmi K40 Pro+と同じHM2を搭載

Xiaomi Redmi Note 10 Proのディスプレイは有機EL。120Hzのリフレッシュレート、240Hzのタッチサンプリングレートに対応

さらにRedmi Note 10 Proはミッドレンジモデルながら有機ELディスプレイを搭載。有機ELは液晶と比較して応答速度が早く、動きの激しい動画再生しても残像が目立ちません。さらにピクセルを消灯させて黒を表現するので、低消費電力と深い没入感を同時に実現するのも大きな特長です。

Redmi Note 10 Proのディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応する有機EL

基本性能だけでも十分優れる有機ELですが、Redmi Note 10 Proのディスプレイは120Hzのリフレッシュレート240Hzのタッチサンプリングレートに対応。1秒間に120回の画面切り替えと240回のタッチ検出を可能とします。素早く操作した時には、滑らか表示と指に吸い付くような操作性を同時に体感出来るでしょう。

Xiaomi Redmi Note 10 ProはSocにSnapdragon 732Gを搭載。充電は最大33W

SocにはSnapdragon 732Gを採用。Redmi Note 9SMi Note 10 Proを上回る高性能モデルです。5G通信には非対応となりますが、日本の通信環境においては不便を感じる事は無いでしょう。電池容量は5,020mAh、充電速度は最大33Wと申し分無し。

Redmi Note 10 ProはSnapdragon 732G搭載

グローバルモデルは3万円程度というスペックからは到底考えられない価格で販売されているRedmi Note 10 Pro。日本モデルは果たしていくらになるのでしょうか。

普通に考えればMi Note 10より安ければ買い。もしかするとMi Note 10 Liteより安いかもしれません。ついにコスパ最強のRedmi Note 9Sを超えるスマートフォンが日本上陸。3月31日はとんでもない事になりそうです。

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(グローバルモデル)に関する情報まとめ

Xiaomi Redmi Note 10 Proの発売日に関する情報

Xiaomi Redmi Note 10 Proの価格に関する情報

  • 6GB/64GB:279ドル(約30,000円)
  • 6GB/128GB:299ドル(約32,000円)
  • 8GB/128GB:329ドル(約35,500円)

Redmi Note 10 Proは3万円~の激安価格

Xiaomi Redmi Note 10 ProのSocに関する情報

  • Soc:Qualcomm Snapdragon 732(8nm)
    CPU:Kryo 470 Octa Core(2.3GHz)
    GPU:Adreno 618

Snapdragon 732Gはエリートゲーミングに対応

Xiaomi Redmi Note 10 Proのメモリ・ストレージに関する情報

  • 容量:6GB/64GB、6GB/128GB、8GB/128GB
  • ストレージ:64GB(UFS2.1)、128GB(UFS2.2)
  • メモリ:LPDDR4X

Redmi Note 10 Proの128GBモデル以上はUFS2.2を採用。処理職度は前モデルの2倍

Xiaomi Redmi Note 10 Proのディスプレイに関する情報

  • サイズ:6.67インチ
  • 種類:スーパー有機EL
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • HDR10対応
  • ピーク輝度:1200nits
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • DCI-P3(100%)
  • ゴリラガラス5

Redmi Note 10 Proは120Hzのリフレッシュレートに対応する有機ELディスプレイ採用

Redmi Note 10 Proのディスプレイリフレッシュレートは120Hz

Redmi Note 10 Proは動画視聴に便利な有機ELディスプレイ採用

Xiaomi Redmi Note 10 Proのカメラに関する情報

リアカメラ
  • メインカメラ:1億800万画素(F値:1.9、センサーサイズ:1 / 1.52、画素サイズ:0.7µm)
  • 超広角カメラ:800万画素(F値:2.2、画角:水平118度)
  • スーパーマクロカメラ:500万画素(F値:2.4、2倍ズーム)
  • 深度測定カメラ:200万画素(F値:2.4)

Redmi Note 10 Pro Maxのマクロカメラで撮影した画像

フロントカメラ
  • メインカメラ:1600万画素(F値:2.45、画素サイズ:1.0µm)

Redmi Note 10 Pro Maxのフロントカメラは1600万画素

Xiaomi Redmi Note 10 Proの電池に関する情報

  • 電池容量:5020mAh
  • 有線充電速度:最大33W

Redmi Note 10 Proは33Wの超急速充電に対応

Redmi Note 10 Pro Maxは33W急速充電に対応

Xiaomi Redmi Note 10 Proに関するその他情報

  • 側面指紋認証
  • デュアルステレオスピーカー

Xiaomi Redmi Note 10 ProのOSに関する情報

  • MIUI 12(Android 11)

Xiaomi Redmi Note 10 Proのサイズ・重量に関する情報

  • サイズ:164.5 x 76.15 x 8.1 mm
  • 重量:192g

Xiaomi Redmi Note 10 Proを購入可能な店舗

Aliexpress

Xiaomi Redmi Note 10 Proの通信規格に関する情報

  • WLANプロコトル:802.11 a/b/g/n/ac
  • WLAN周波数:2.4G Wi-Fi | 5G Wi-Fi
  • Bluetooth:5.1

Xiaomi Redmi Note 10 Proの対応周波数帯に関する情報

  • 4G:FDD-LTE:B1 / 2/3/4/5/7/8/20/28/32
  • TDD-LTE:LTE TDD B38 / 40/41(2535-2655MHz)
  • 3G:WCDMA:B1 / 2/4/5/8
  • 2G:GSM 850900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(×)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(×)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomi Redmi Note 10 ProのAntutuベンチマークに関する情報

Redmi Note 10 Pro MaxのAntutuベンチマーク

Xiaomi Redmi Note 10 Proの画像に関する情報

Redmi Note 10 Pro Maxは3カラー展開

Redmi Note 10 Pro Max サファイヤピンク

Redmi Note 10 Pro Max スカイブルー

Redmi Note 10 Pro Max ブラック

関連カテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

ぽゔぉ2.0
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は勿論0円!

povoより KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』な環境が ...

mineo パケットPlus
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減らせ!

待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、『サービス手続き完了』のメール内 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi Note 10 Pro, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信