ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomi Redmi Note 10 Proは画面とカメラが絶対買いな理由をRedmi Note 9Sとの比較で解説

Pocket

Redmi Note 10 Proは画面とカメラの性能だけで絶対に買うべき理由。Redmi Note 9Sとの比較で分かりやすく解説

3万円台で購入出来る奇跡のミッドレンジRedmi Note 10 Proのデザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証
Redmi Note 10 Pro実機レビュー!デザイン、カメラ画質、ディスプレイ性能、電池もち、処理能力を徹底比較検証

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Pro本体の外観デザインについて1.1 派手になりすぎない様に配慮された上品で控えめな鏡面仕上げ1.2 最上位モデルを隣に並べても全く見劣りしない ...

続きを見る

記事に書かれている内容

Xiaomi Redmi Note 10 Proは3月31日に日本市場登場。4月16日発売開始

Xiaomiが3月31日に日本市場向けにリリースしたRedmi Note 10 Pro。すでにRedmiのスマートフォンはRedmi Note 9SRedmi 9TRedmi Note 9Tの3モデルが先行投入されています。その3モデルの中で最も高い人気を持ち、日本のスマートフォン市場でXiaomi革命を起こしたのがRedmi Note 9Sです。

日本のスマートフォン市場にXiaomiを浸透させたRedmi Note 9S

Redmi Note 9SRedmi Note 10 ProのSoc、メモリ、ストレージ、充電、ディスプレイ、カメラといった主要性能を比較して、本当に買いと言えるのかを検証していきたいと思います。

Xiaomi Redmi Note 9SとRedmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 9SRedmi Note 10 Pro
SocSnapdragon 720G(8nm)
CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
GPU:Adreno 618(750MHz)
Snapdragon 732G(8nm)
CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
GPU:Adreno 618(810MHz)
容量4GB/64GB、6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS2.1
6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS2.2
電池5,020mAh(最大18W急速充電)5,020mAh(最大33W急速充電)
重量209g193g
画面サイズ:6.67インチ
タイプ:液晶
解像度:FHD+
リフレッシュレート:60Hz
タッチサンプリングレート:170~180Hz(実測)
ピーク輝度:450nits(標準)、
HDR10:対応
素材:ゴリラガラス5
サイズ:6.67インチ
タイプ:有機EL
解像度:FHD+
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート:240Hz
ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
コントラスト比:4,500,000:1
HDR10:対応
素材:ゴリラガラス5
カメラ【メインカメラ】
イメージセンサー:Samsung ISOCELL GM2
解像度:4800万画素
F値:1.79
焦点距離:26mm
センサーサイズ:1/2.0
画素サイズ:0.8µm、1.6µm(ピクセル統合時)
オートフォーカス:PDAF【超広角カメラ】
解像度:800万画素
画角:水平119度
センサーサイズ:1/4.0
F値:2.2
画素サイズ:1.12µm【マクロカメラ】
解像度:500万画素
F値:2.4
オートフォーカス:対応【深度測定カメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
【メインカメラ】
イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
解像度:1億800万画素
F値:1.9
焦点距離:26mm
センサーサイズ:1/1.52
画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
オートフォーカス:デュアルピクセルAF【超広角カメラ】
解像度:800万画素
画角:水平118度
センサーサイズ:1/4.0
F値:2.2
画素サイズ:1.12µm【マクロカメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
オートフォーカス:対応【深度測定カメラ】
解像度:200万画素
F値:2.4
防水防塵撥水コーティングIP53
オーディオシングルスピーカー3.5mmヘッドフォンジャックデュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Xiaomi Redmi Note 10 ProはSocにSnapdragon 732Gを搭載。ゲーム性能でSnapdragon 720Gを上回る

SocはRedmi Note 9SSnapdragon 720GRedmi Note 10 ProSnapdragon 732Gを搭載しています。詳細を見ていくと、CPUの性能はほぼ同じ。GPUもAdreno 618を採用しているので一見同じですが、Snapdragon 732Gの方が60MHz周波数は上。ゲーム性能に関してはRedmi Note 10 Proの方が高いと言えます。

Xiaomi Redmi Note 10 ProはSnapdragon 732Gを搭載

Redmi Note 10 ProをAntutuベンチマーク(ver9)で実測したところ、スコアは352,611となりRedmi Note 9S329,731を上回る結果に。もっとも差が出ているのはGPUの部分なので、上記の内容で間違いなさそうですね。

Redmi Note 10 Proの処理能力を示すAntutuベンチマークスコア

Snapdragon 732Gを搭載するXiaomi Redmi Note 10 ProのAntutuベンチマークスコア

Xiaomi Redmi Note 9SのAntutuベンチマークスコア

Snapdragon 720Gを搭載するXiaomi Redmi Note 9SのAntutuベンチマークスコア

Xiaomi Redmi Note 10 Proはメモリが標準で6GBに増量。ストレージ128GBモデルは新規格UFS2.2を採用

メモリはRedmi Note 9Sの標準モデルは4GBなのに対し、Redmi Note 10 Proは6GBに増量。メモリサイズは複数のアプリを同時に立ち上げた時の動作速度に影響を及ぼすので、ヘビーユーザーの人は重視すべきスペックの一つです。

Redmi Note 10 Proの128GBモデルはUFS2.2を採用

また、Redmi Note 10 Proは64GBと128GBでそれぞれストレージ規格が異なります。64GBにはRedmi Note 9Sと同じUFS2.1128GBには新規格となるUFS2.2を採用。UFS2.1と2.2は読み書き速度に開きがあり、UFS2.2ではデータの処理が素早くなります。つまりRedmi Note 10 Proの128GBモデルは容量が大きい以上に付加価値あり。日本で発売されるのが128GBモデルというのはとても喜ばしいことですね。

Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10のベンチマークを実測
【実測】Xiaomi Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10の性能徹底比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラが主役のスマートフォン2 Redmi Note 10 Proのメインカメラで簡単に試し撮り!予想通りの高画質3 Redmi Note ...

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 10 ProはRedmi Note 9Sと同じ5,020mAhの大容量電池搭載。最大充電速度は2倍近い33W

電池容量は5,020mAhと同じ。ただし充電速度はRedmi Note 9Sが最大18Wなのに対し、Redmi Note 10 Proは最大33W。日本で発売されているスマートフォンはiPhoneも含め充電速度がイマイチ。18Wでも速い部類に入ります。33Wはその2倍近い速度。わずか30分で59%充電を完了。充電に煩わしさを感じる事はなくなるでしょう。

Xiaomi Redmi Note 10 Proは5020mAhの大容量電池搭載。最大充電速度は33W

Xiaomi Redmi Note 10 ProはRedmi Note 9Sと同じ電池容量、ディスプレイサイズなのに16gも軽い

電池容量とディスプレイのサイズが同じなのに、重量はRedmi Note 10 Proの方が16gも軽く193gです。なんと200gを切っています。持った時に差を感じられるレベルですね。スマートフォンは片手に持って使用する事が前提となるので、出来るだけ軽い方が良いのは確か。女性ユーザーが増えそうな予感。

Redmi Note 10 ProはRedmi Note 9Sより16gも軽い。片手で持っても疲れない

Xiaomi Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応

有機ELディスプレイはダークモード設定時に大きな低消費電力効果を得られ、黒の表現が深く美しい

メインアップグレードの一つとなるのがディスプレイ。Redmi Note 9S液晶なのに対し、Redmi Note 10 Pro有機ELを採用。有機ELの特長はピクセル単位で発光を行なう事。黒の表示はピクセルを消灯させるので、黒の領域が増えるダークモード設定では大きな省電力効果を得られます。

Redmi Note 10 Proはダークモード設定時に大きな低消費電力効果を得られる

動画や写真のプレビューでは黒に深みが増して没入感が向上。恐らく沢山の写真を撮ることになるであろうRedmi Note 10 Pro。撮った後も思う存分楽しめます。

Redmi Note 10 Proの有機ELディスプレイは黒の表現が深いので没入感が向上する

応答速度に優れる有機ELは動きの素早い動画を観るのに最適

また、有機ELは液晶と比較して応答速度がはやく、動きの素早い動画を表示した時に残像が残りにくいという特長も。以前液晶と有機ELで実機検証を行ったところ、思っていた以上に大きな差が出ました。最近人気となっている格闘系の動画を観るにも最適です。

Redmi Note 10 Proの最大リフレッシュレートはRedmi Note 9S、iPhone 12シリーズの2倍となる120Hz

Redmi Note 9SiPhoneのディスプレイは最大60Hzリフレッシュレートに対応。Redmi Note 10 Proのディスプレイはその2倍となる最大120Hz。1秒間に最大120回の画面切り替えを行なう事が可能です。この120Hzの滑らかさを如実に体感出来るのはスマートフォンをスクロールした時。SNSや情報系の縦長なサイトを頻繁に見る人にとっては最高の閲覧環境と言えるでしょう。

Redmi Note 10 Proは120Hzのリフレッシュレートに対応。SNSやニュースサイトを観るのに最適

Redmi Note 10 Proのタッチサンプリングレートは240Hz。あらゆる操作が一段と快適に

画面の切り替え速度が120Hzと激速なRedmi Note 10 Proはタッチ感度も優秀。1秒間にディスプレイが反応する回数を示すタッチサンプリングレート240Hz(公表値は240Hzですが、実測したところ340Hzを記録)。

Redmi Note 10 Proは240Hzのタッチサンプリングレートに対応。FPSなどのゲームを優位に戦える

タッチサンプリングレートが高いと手が触れた瞬間に画面が反応。一瞬の判断で勝敗が決まるFPSなどのゲームを優位におすすめる事ができます。日常的な操作性も体感レベルで向上。今使用しているスマートフォンのディスプレイ反応が鈍いと感じている人は、機種変する価値あり。

Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10のベンチマークを実測
【実測】Xiaomi Redmi Note 10 Pro、Redmi Note 9S、Mi Note 10の性能徹底比較

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proはカメラが主役のスマートフォン2 Redmi Note 10 Proのメインカメラで簡単に試し撮り!予想通りの高画質3 Redmi Note ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proのカメラは大型イメージセンサーSamsung ISOCELL HM2を採用

Redmi Noe 10 Proのカメラは1億800万画素で撮れる事がメリットではない

Redmi Note 10 Pro最大のストロングポイントとなるのがカメラです。メインカメラのイメージセンサーには1億800万画素の高解像度撮影に対応するSamsung ISOCELL HM2を採用。

Redmi Note 10 Proが採用するイメージセンサーSamsung ISOCELL HM2

1億800万画素は容量が大きくなるだけで不要。むしろマイナスの要素と感じる人もいるでしょう。しかし ISOCELL HM2が持つピクセルビニングの仕組みを知ると、1億800万画素の解像度で撮る必要はない、むしろ撮らない方が良いという事が分かります。

スマホのカメラは高解像度設定で撮らない方が高画質?画素サイズを優先すればデータ容量が下がって画質はアップする理由。

スマートフォンのカメラの高解像度化が年々進んでいます。日本でも発売されているXiaomi Mi Note 10、Mi Note 10 Pro、Galaxy S20 Ultra、S21Ultraは1億8 ...

続きを見る

ISOCELL HM2は1/1.52インチの大型イメージセンサー

スマートフォンカメラの画質を最も大きく左右するのはイメージセンサーと画素のサイズ。解像度ではありません。ISOCELL HM2のサイズは1/1.52インチRedmi Note 9Sが搭載しているSamsung ISOCELL GM21/2インチ。iPhoneの最上位モデルとなるiPhone 12 Pro MaxのイメージセンサーSONY IMX 6031/1.77インチなので、ISOCELL HM2はそれらのサイズを大きく上回ります。

Redmi Note 10 Proが搭載しているイメージセンサーサイズは1/1.52インチと大型

ピクセル統合により1,200万画素撮影時は画素サイズが2.1umに

1億800万画素で撮影する場合は画素サイズが0.7umになりますが、標準モード(1,200万画素)ではピクセルビニング機能により9つのピクセルを1つに組み合わせて2.1umとして認識。つまり画素サイズも1.7umのiPhone 12 Pro Maxより巨大です。

Redmi Note 10 Proはピクセルビニング機能により画素サイズを2.1umとして認識する事が可能

イメージセンサーと画素サイズが大きいと光の取得量が増します。その結果ノイズが低減されて画質が明瞭に。つまりRedmi Note 10 Proのカメラは1億800万画素ではなく、標準モード(1200万画素)でこそ真価を発揮するのです。

Redmi Note 10 Proのカメラは標準モードで撮影した時に真の力を発揮する

先日ピクセルビニングに対応するXiaomiの最上位モデルMi 11とカメラ画質比較を行ったところ、遜色の無い高画質をみせたRedmi Note 10 Pro。オート以外にもプロモード(マニュアル設定)で撮りたいと思わせてくれる本格的なカメラスマホが34,800円(税込)で誕生。今度のXiaomi革命はスマートフォンだけでなく、カメラ業界にも影響を与えるレベルのものになるでしょう。

Redmi Note 10 ProとXiaomiのフラッグシプモデルMi 11のカメラ画質を比較
Redmi Note 10 ProとシャオミのハイエンドスマホMi 11のカメラ画質を比較【昼編】!価格差は5万円!

label="" name="" bgcolor="" color="" fontawesome="" readmore="on"] 記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proが34 ...

続きを見る

1万円台のXiaomi Redmi 9Tと8万円台のiPhone 12 miniのカメラ画質を比較!ピクセルビニング炸裂

1万円台で購入出来るスマートフォンXiaomi Redmi 9T。格安モデルながら4つのピクセルを1つに統合し、1.6μmの画素サイズを実現する4-in-1 スーパーピクセルというピクセルビニング機能 ...

続きを見る

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

ocnmobileoneのSIMの使い方
スマホを激安で買える『OCNモバイルONE』のSIMを『電池の減りを気にせず』使う方法。シャオミのスマホとは相性抜群!

NTTドコモの傘下となる『NTTコミュニケーションズ』が運営する『OCNモバイルONE』。スマートフォンを安く買える格安SIMとしてもっとも有名なのが恐らくココ。期間限定で行われているセール中は『1円 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

redminote9s miui12.5
【朗報】シャオミのRedmi Note 9S日本モデルが遂にMIUI 12.5へとアップデート!システムが軽量高速化!

2020年6月に日本市場に向けてリリースされ、未だ人気のレジェンドスマホ『Xiaomi Redmi Note 9S』。ヨーロッパの一部でMIUI 12.5へのアップデートを開始したのが8月中旬。それか ...

普段着みたいに使えるスマホRedmi 9T
ガンガン遊べるラクなスマホ!『Xiaomi Redmi 9T』を普段着感覚で使い倒そう!25日まで格安SIMで1円!

家の中で着ている普段着に対して『生地を傷めるから着るのを控えよう』といった気遣いはしないですよね。気遣いしなくて良いからこそ楽に気持ちよく着れるのが『普段着』です。 そんな普段着の様に気兼ねなく使える ...

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

月額550円で1円スマホを維持する方法
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリーも使えるぞ!

本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 OCNモバイルONEより ...

ocnmobileoneのSIMの使い方
スマホを激安で買える『OCNモバイルONE』のSIMを『電池の減りを気にせず』使う方法。シャオミのスマホとは相性抜群!

NTTドコモの傘下となる『NTTコミュニケーションズ』が運営する『OCNモバイルONE』。スマートフォンを安く買える格安SIMとしてもっとも有名なのが恐らくココ。期間限定で行われているセール中は『1円 ...

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

月額550円で1円スマホを維持する方法
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリーも使えるぞ!

本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 OCNモバイルONEより ...

Android 12 アップデート
Android 12にアップデートしたらCPU性能とアプリ動作速度が向上。廉価なスマートフォンの動作が改善されるかも?

GoogleがAndroid 12(正式版)の配信を、自社端末となるPixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 4、Pixel 4a、Pixel 5、Pixel 5aに開始しま ...

ocnmobileoneのSIMの使い方
スマホを激安で買える『OCNモバイルONE』のSIMを『電池の減りを気にせず』使う方法。シャオミのスマホとは相性抜群!

NTTドコモの傘下となる『NTTコミュニケーションズ』が運営する『OCNモバイルONE』。スマートフォンを安く買える格安SIMとしてもっとも有名なのが恐らくココ。期間限定で行われているセール中は『1円 ...

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, Redmi, Redmi Note 10 Pro, Redmi Note 9S, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信