ハイパーガジェットチャンネル

格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

Pocket

OCNモバイルONEが新料金とスマホセールを同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIM月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4月1日スタート)!10GBプランは1,408円もの値引きが行われ、半額近い1,600円(税込:1,760円)に。

OCNモバイルONE新旧料金比較

旧料金プラン新料金プラン
1GB:1,298円1GB:770円
3GB:1,628円3GB:990円
6GB:2,178円6GB:1,320円
10GB:3,168円10GB:1,760円

さらに4月1日の午前11時からは、新料金プランのスタートと同時に恒例のスマホセールを実施。SIMの契約と同時に申し込めば、Xiaomi Redmi 9TOPPO Reno Aといった超人気スマートフォンを1円~という安さで購入する事が可能です。

OCNモバイルONEのセールでOPPO Reno Aが1円に

セール期間中は1円で購入可能なOPPO Reno A

OCNモバイルONEの場合は、利用料金の安さだけが魅力ではありません。低価格からは考えられない下記の様な沢山のメリットが。安かろう悪かろうでは無いのです。

  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 全国8万箇所以上に設置されたWi-Fiスポットが無料で使い放題
  • グローバルIP接続(動的)による安定した通信環境
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額に(4月7日から)
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円
コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

今回のスマートフォンセールは、新料金プランが適用されて初の開催となるので、これまで以上に注文が殺到する可能性が高いです。購入したいモデルを早めに決めて、出来るだけ早めにゲットする事をお勧めします。特に今回はおサイフ・防水防塵・有機EL・メモリ大容量スマホ、OPPO Reno Aの在庫には要注意ですね!

OCNモバイルONE期間限定スマホSALE!コスパで選ぶ格安スマートフォン5選

コスパが高いおすすめスマートフォンその1『元祖サクサクスマホ!ゲームが快適に遊べておサイフケータイも使える!防水仕様の有機ELディスプレイ搭載モデル』OPPO Reno A

カメラ:◎ 電池持ち:○ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水防塵:◎ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

OPPO Reno Aが限定セールで1円に

OPPO Reno A Antutuベンチマーク

OPPO Reno A Antutuベンチマーク測定結果

【セール特価】
6GB/64GB【新規、乗り換え】1円(税込:1円)

OPPO Reno A』が搭載している『Snapdragon 710』は、最新モデルとなる『OPPO Reno3 A』が採用する『Snapdragon 665』を処理能力で上回ります。『おサイフケータイ』『防水防塵』という二大人気機能を備え、最強コスパ端末としてOPPOブランドを日本に知らしめた立役者。それがハイミッドレンジ『OPPO Reno A』です。

ゲームが快適』に遊べて、『おサイフケータイ』が使えて、『お風呂』でも使える万能スマートフォン。メモリが『6GB』と大容量なので沢山のアプリを同時に使っても動作がもたつきません。『いろいろと余裕のスマホ』というキャッチコピーがぴったりの『OPPO Reno A』。買って満足しない人はほぼいない筈。

【1円スマホ】おサイフ防水対応のOPPO Reno Aが格安SIMのセールで爆安!音声対応で770円運用可能!売切注意!

おサイフケータイ対応、IP67規格を取得した高い防塵防水性能、6GBの大容量メモリ、動画視聴に最適で省エネ効果も期待出来る有機ELディスプレイを備え、SIMフリースマートフォン市場を牽引してきた『OP ...

続きを見る

OPPO Reno Aの仕様
SocSnapdragon 710
容量6/64GB
電池3,600mAh
重量約169.5g
画面6.4インチ(フルHD+、有機EL)
素材ディスプレイ:ゴリラガラス5
カメラ
メインカメラ
  • 解像度:1600万画素
  • F値:1.7
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
センサー
  • 磁気センサー
  • 光センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
対応バンド
  • 2G:850/900/1800/1900MHz
  • 3G WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • 4G TDD-LTE:B38/40/41
  • 4G FDD-LTE:
    B1/2/3/4/5/7/8/18/
    19/20/26/28

コスパが高いおすすめスマートフォンその2『格安スマホの代表的存在。電池もちは最高クラス。カメラ性能も確実にお値段以上』Xiaomi Redmi 9T

カメラ:◎ 電池持ち:☆ ディスプレイ:◎ ゲーム:◯ 防水防塵:◯ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

Xiaomi Redmi 9Tが限定セールで1円に

Redmi 9Tの処理能力

Xiaomi Redmi 9TのAntutuベンチマークスコア

【セール特価】
4GB/64GB【新規、乗り換え】1円(税込:1円)

駆動時間の検証では、実測した中ではダントツのスタミナスマホキングとなる『Redmi Note 9S』に迫る電池もちを記録した『Redmi 9T』。『毎日充電するのが面倒』『電池の減りを気にせず長時間ブラウジングしたい』そんな人に強くお勧めしたいスマートフォンです。

また、確実にお値段以上と言えるのがカメラ画質。『Redmi 9T』のメインカメラはピクセル統合機能に対応しており、1.6µmというiPhone並の大きな画素サイズで撮影する事が可能です。少し手を加えてGCamを導入すればさらに画質が向上。自分流にカスタマイズする事で、限界以上の力を発揮してくれます。

 

Xiaomi Redmi 9Tの仕様
SocSnapdragon 662
容量4GB/64GB(LPDDR4X + UFS 2.1)
電池6,000mAh
充電最大18W  逆充電:最大2.5W
重量約198g
画面6.53インチ(フルHD+、液晶)
素材ディスプレイ:ゴリラガラス3
ボディ:プラスチック
カメラ
メインカメラ
  • 解像度:4800万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/2.0
  • 画素サイズ:0.8µm
  • 1.6μm 4-in-1
    スーパーピクセル
  • オートフォーカス:PDAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • 視野角:水平120度
  • F値:2.2
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
センサー
  • 近接センサー
  • 周囲光センサー
  • 加速度センサー
  • 電子コンパス
  • 振動モーター
  • 赤外線ブラスター
ハイレゾ対応
スピーカーステレオ(デュアル)
対応バンド
  • 2G:GSMB2/3/5/8
  • 3G WCDMA:
    B1/2/4/5/6/8/19
  • 4G TDD-LTE:B38/40/41
  • 4G FDD-LTE:
    B1/2/3/4/5/7/8/18/
    19/20/26/28

コスパの高いおすすめスマートフォンその3『超人気のAQUOS senseシリーズがついに5Gネットワークに対応!』SHARP AQUOS sense5G

カメラ:◎ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水:☆ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 5G:◎ 指紋認証:◎

5Gネットワークに対応するAQUOS sense5Gがセール価格に

【セール特価】
4GB/64GB【新規、乗り換え】15,900円(税込:17,490円)

自社開発の省エネ『IGZO』ディスプレイを搭載する『AQUOS sense』シリーズ。最高レベルの防塵(IP6X)防水(IPX5/8)規格取得に加え、19項目耐久テストをクリア。『MILスペック』に準拠している事も特長の一つです。つまり色々な意味で長く『エコ』に使えるスマートフォン。

最新モデルとなる『AQUOS sense5G』では『Snapdragon 690 5G』を搭載する事で5Gネットワークに対応。カメラはトリプル仕様となり、『光学2倍ズーム』と『超広角撮影』をサポート。AI機能は『夜景撮影』にも対応しています。勿論『AQUOS sense』の定番『おサイフケータイ』も利用可能。超人気シリーズの進化版。通信キャリアの格安プランとDual SIM運用するのもアリですね。

AQUOS sense5G
SocSnapdragon 690 5G
容量4GB/64GB
電池4,570mAh
充電USB Power delivery Revision3.0
重量約178g
画面5.8インチ(FHD+、IGZO液晶)
MIL規格MIL-STD-810H(19項目のテストクリア)
カメラ
メインカメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.0
  • 画角:水平83度
  • 焦点距離:24mm
  • 手ブレ補正:電子式
超広角カメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.4
  • 画角:水平121度
  • 焦点距離:18mm
  • 手ブレ補正:電子式
望遠カメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.4
  • 画角:水平45度
  • 望遠:光学2倍
  • 手ブレ補正:電子式
センサー
  • 磁気センサー
  • 光センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
対応バンド
  • 2G:850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz
  • 3G WCDMA:
    B1 / B2 / B5 / B6 / B8 / B19
  • 4G:
    B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 /
    B19 / B20 / B28 / B38 / B39 / B41 / B42
  • 5G:n77 / n78 / n79

コスパの高いおすすめスマートフォンその4『見た目買いしてしまいそうな美しさ。大型イメージセンサー搭載カメラ&ゲーム特化Soc&立体有機ELディスプレイ採用の超贅沢仕様』Xiaomi Mi Note 10 Lite

カメラ:☆ 電池持ち:☆ ディスプレイ:◎ ゲーム:☆ 防水:○ おサイフケータイ:× ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

Xiaomi Mi Note 10 Lite SALE

Xiaomi Mi Note 10 Lite Antutuベンチマーク

Xiaomi Mi Note 10 Lite Antutuベンチマーク測定結果

【セール特価】
6
GB/64GB【新規、乗り換え】10,800円(税込:11,880円)

メインカメラに1/1.7インチの大型イメージセンサー『SONY IMX 686』を搭載する『Mi Note 10 Lite』。ミッドレンジクラスのスマートフォンの中では頭ひとつ抜き出たカメラ画質が魅力のSIMフリースマートフォンを代表するカメラスマホです。

Socには『Pixel 4a』、そして上位モデルの『Mi Note 10』シリーズと同じ『Snapdragon 730G』を搭載。バランスのとれた高性能型で、ゲームからブラウジングまでをそつなくこなします。

他にも『立体有機ELディスプレイ』『5,260mAhの超大容量電池』、『30Wの超急速充電』『特許技術を利用したP2i撥水ナノコーティング』など、Soc以外はフラッグシップモデル並の『Mi Note 10 Lite』。あらゆる面で高性能を求める人にオススメしたいハイグレードモデル。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの仕様
SocSnapdragon 730G
容量6GB/64GB
電池5,260mAh
充電最大30W
重量約204g
画面
  • サイズ:6.47インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:165~170Hz(実測)
  • ピーク輝度:430nits(標準)、600nit(HBM)
  • コントラスト比:400000:1
  • HDR10:対応
素材ディスプレイ:ゴリラガラス5
ボディ:ゴリラガラス5
カメラ
メインカメラ
  • 解像度:6000万画素
  • イメージセンサー:SONY IMX 686
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mmm
  • センサーサイズ:1/1.72
  • 画素サイズ:0.8µm(統合時:1.6µm)
  • オートフォーカス:PDAF、レーザーAF
超広角カメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.2
  • センサーサイズ:1/4.0
  • 画素サイズ:1.12µm
深度測定カメラ
  • 解像度:500万画素
    F値:2.4
マクロカメラ
  • 解像度:200万画素
    F値:2.4
センサー
  • 振動モーター
  • 赤外線ブラスタ
  • 画面内環境光センサー
  • 加速度計
  • ジャイロスコープ
  • 電子コンパス
ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
対応バンド
  • 2G:GSMB2/3/5/8
  • 3G WCDMA:
    B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
  • 4G TDD-LTE:38/40/41
  • 4G FDD-LTE:
    B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
    B18/B19/B20/B26/B28

コスパの高いおすすめスマートフォンその5『おサイフケータイと最高レベルの防水防塵性能を持つ高性能スマホと言えばコレ!』SHARP AQUOS sense4

カメラ:◎ 電池持ち:◎ ディスプレイ:◎ ゲーム:◎ 防水:◎ おサイフケータイ:◎ ハイレゾ:◎ 指紋認証:◎

AQUOS sense4 SALE

AQUOS sense4 Antutuベンチマーク

AQUOS sense4 Antutuベンチマーク測定結果

【セール特価】
4GB/64GB【新規、乗り換え】7,100円(税込:7,810円)

自社開発の省エネ『IGZO』ディスプレイを搭載する『AQUOS sense』シリーズ。最高レベルの防塵(IP6X)防水(IPX5/8)規格取得に加え、19項目耐久テストをクリア。『MILスペック』に準拠している事も特長の一つです。つまり色々な意味で長く『エコ』に使えるスマートフォン。

最新モデルとなる『AQUOS sense 4』では『Snapdragon 720G』を搭載する事で処理能力を大幅に強化。さらにカメラは『トリプルレンズ』となり、『光学2倍ズーム』と『超広角撮影』をサポート。AI機能は『夜景撮影』にも対応しました。勿論これまで通り『おサイフケータイ』も使えます。超人気シリーズがいよいよ完全体に。売れない筈がありません。

AQUOS sense4が格安SIMのセールで7,810円に!人気お勧めスマホを月額770円でお得に運用!4月16日まで

記事に書かれている内容1 4月1日からOCNモバイルONEは利用料金を大幅値下げ!2 OCNモバイルONEを選ぶ理由は利用料金の安さ以外にも盛りだくさん3 OCNモバイルONEでは4月16日午前11時 ...

続きを見る

AQUOS sense4
SocSnapdragon 720G
容量4GB/64GB
電池4,570mAh
充電USB Power delivery Revision3.0
重量約178g
画面5.8インチ(FHD+、IGZO液晶)
MIL規格MIL-STD-810H(19項目のテストクリア)
カメラ
メインカメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.0
  • 画角:水平83度
  • 焦点距離:24mm
  • 手ブレ補正:電子式
超広角カメラ
  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.4
  • 画角:水平121度
  • 焦点距離:18mm
  • 手ブレ補正:電子式
望遠カメラ
  • 解像度:800万画素
  • F値:2.4
  • 画角:水平45度
  • 望遠:光学2倍
  • 手ブレ補正:電子式
センサー
  • 磁気センサー
  • 光センサー
  • 近接センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
ハイレゾ対応
スピーカーモノラル
対応バンド
  • 2G:850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz
  • 3G WCDMA:
    B1 / B2 / B5 / B6 / B8 / B19
  • 4G:
    B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 /
    B19 / B20 / B28 / B38 / B39 / B41 / B42

関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

LINEMOのPayPayボーナスキャンペーンが間もなく減額に!
LINEMOに申し込むなら12月6日までが一番お得!7日からはPayPayボーナスが減額。しかもミニプランは対象外に!

通信キャリアのSoftbankがMVNO並の低料金設定で提供している格安プラン『LINEMO(ラインモ)』。データ量3GBの『ミニプラン』はたったの『990円(税込)』。データ量20GBの『スマホプラ ...

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!
mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!12/9までOCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしては ...

ahamoと楽天モバイルでdocomo回線を使い倒す!
電話するのが大好きな人はahamoと楽天モバイルで決まりでしょ!高品質なdocomo回線を2,970円で使い倒そう!

通信キャリアが提供している格安サービス『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』。ahamoはNTTドコモ、LINEMOはソフトバンク、povo 2.0はauの回線を直接利用する事の出来るMN ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO A54 5Gが楽天SUPERセールで2万円に!
楽天スーパーセールでOPPO A54 5Gが20,850円に!3300枚限定クーポン!今回の目玉はこの5Gスマホだ!

楽天市場では12月4日(土)の午後8時から12月11日(土)午前1時59分まで特大セールイベント『楽天スーパーセール』を開催!セール期間中はOPPOの製品が下記キャンペーンの対象に。 最大40%OFF ...

Xiaomi 11 Lite NE 5GにMIUI12.5 Enhanced
Mi 11 Lite 5Gの弟分、Xiaomi 11 Lite NE 5GにMIUI12.5 Enhanced配信開始

アップデートにより待望の『メモリ増設』機能が追加され、いよいよ『完全体』へと近づいているミドルレンジ最高クラスのスペックを持つ『Xiaomi Mi 11 Lite 5G』。 Mi 11 Lite 5G ...

IGZOが有機ELになって神進化したAQUOS sense6。さらに22g軽量化!
AQUOS sense6の有機EL IGZOが神ってる!22gの軽量化も実現。女性に超モテるスマホの魅力が更にアップ!

SHARPの大人気スマートフォン『AQUOS sense』シリーズが『AQUOS sense4』から『AQUOS sense6』にアップデート。処理能力に特化したモデルでは無いので、近い価格帯で高い処 ...

LINEMOのPayPayボーナスキャンペーンが間もなく減額に!
LINEMOに申し込むなら12月6日までが一番お得!7日からはPayPayボーナスが減額。しかもミニプランは対象外に!

通信キャリアのSoftbankがMVNO並の低料金設定で提供している格安プラン『LINEMO(ラインモ)』。データ量3GBの『ミニプラン』はたったの『990円(税込)』。データ量20GBの『スマホプラ ...

高性能を詰め込んだXiaomi Japan初のハイエンドモデルXiaomi 11T Pro
実はメモリ容量11GBの超ハイエンド。Xiaomi 11T Proの満足度が高すぎぃ!これで6万円台は嘘でしょレベル。

Xiaomi(シャオミ)がはじめて日本に投入したハイエンドスマートフォン『Xiaomi 11T』と『Xiaomi 11T Pro』。ミッドレンジカテゴリーでは最高クラスとなる『Mi 11 Lite 5 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信